山岳猟兵用背嚢(Gebirgsjäger Rucksack) その2

もうすぐ10月ですね。苦手な夏が終わって食欲旺盛の秋、一日一本は焼き芋を食べているエーデルマンです。
さて、今回は前回に引き続き、山岳猟兵用背嚢(Gebirgsjäger Rucksack)をアップします。

GBRruck(k)_3.jpg

だいたいナップサック位の大きさです。この背嚢には制式な名称はありませんが、コレクターの間では小型山岳猟兵用背嚢(Kleines Gebirgsjäger Rucksack)や突撃背嚢(Sturmrucksack)と呼ばれています。

GBRruck(k)_17.jpg 
当時の写真。
GBRruck(k)_8-2.jpg    
山岳猟兵用M31背嚢と小型背嚢の比較。小型は一泊分の荷物がやっと入る大きさです。駐屯地から周辺の偵察、デポ地点から頂上へのアタックに使われたのでしょうか。
 

GBRruck(k)_4-7.jpg      
形はまさに袋(Sack)、非常にシンプルですね。雨蓋は一本のストラップで閉じられるようになっています。

GBRruck(k)_5.jpg 
山岳猟兵用の背嚢はビルトインのショルダーベルトが特徴です。よく砲兵用背嚢(Artillery-Rucksack)と間違えられますが、背面を見ると明らかな違いがあります。

orig_rucks_rear.jpg
こちらが砲兵用背嚢です。砲兵用背嚢はショルダーストラップは無く、Yサスペンダーに接続するDリングがあるのみ。
山岳猟兵用背嚢にショルダーベルトがビルトインされているのは、山岳部隊にはYサスペンダーが支給されなかったことが理由と言われています。確かに今までYサスをした山岳猟兵の写真を見たことがありません。

Yサスに背嚢を装着する方式が山岳部隊に導入されなかった理由として、この方式の欠点である装備の取り外しに時間がかかるところにあったのではないかと考えています。
GBRruck(k)_20.jpg 
山登りをされた方ならお分かりかと思いますが、急な斜面の登り降りや、トラバース時などの場合、背嚢を外してバランスを取ることが頻繫にあります。このような時に4点留めのYサス方式では素早い対応ができません。

それでは、ショルダーベルトの詳細点を見ていきます。



GBRruck(k)_12.jpg 
ショルダーベルトは左右で違う金具で接続されています。

GBRruck(k)_13.jpg 
こちら側はバックルで固定されています。

GBRruck(k)_14.jpg 
こちら側はDリングとフックで繋がっています。M31山岳猟兵用背嚢も同様に、簡単に取り外しができるようになっています。滑落の際など素早く背嚢を外す必要があり、これに対応したものと思われます。
GBRruck(k)_6.jpg 
雨蓋を開いたところ。主室の口は紐で縛ります。内側にベークライト製のボタンが見えます。

GBRruck(k)_16.jpg 
裏返したところ。ボロボロですが、主室は一枚の布で仕切りられており、ベークライト製のボタンで留めます。

GBRruck(k)_11.jpg

Carro Veloceが映っているのでイタリア戦線でしょうか。今回は山岳猟兵マニアの方以外にはつまらないネタですが、備忘録的に取り上げてみました。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

山岳猟兵用M31背嚢(Gebirgsjäger Rucksack 31)

こんにちはエーデルマンです。三連休をいかがお過ごしでしょうか?私は日本列島に上陸した台風18号のせいで引き籠り状態です。(天気が良くても、家でダラダラしていると思いますが・・・)

さて、今日はドイツ軍山岳猟兵(Gebirgsjäger)のM31背嚢(Rucksack)をサックと(失礼)紹介したいと思います。

GBRruck_18-3.jpg 

まずは背嚢の定義から。

リュックサック(独: Rucksack、蘭: rugzak:背に負う袋の意)は、荷物を入れて担ぐための袋である。登山、軍事などその用途は広く日常生活でもよく用いられる。そのためさまざまな呼ばれ方をする。背嚢(はいのう)、リュック、ザック(独: Sack)、バックパック(英: backpack)、ナップサック(英: knapsack)など。

ー「Wikipedia」よりー

GBRruck_0-1.jpg

こちらは山岳猟兵に支給されたM31背嚢です。ランドセル型のM34及びM39背嚢(Tornister)や、後に一般歩兵に支給された袋型背嚢に比べて収納スペースやポケットの数が多くなっています。山岳部隊は物資の調達が難しい土地で活動することが多く、また道の険しい山岳地帯は輜重車両が随伴できません。よってできるだけ多くの弾薬や食糧を人力で運べるように設計されています。さらに登山道具も運搬しなければならないことも関係していると思われます。
GBRruck_6-1.jpg 
雨蓋を開けたところ。主室の口は紐で縛って、中身が外に飛び出さないようになっています。
GBRruck_6-5.jpg     
雨蓋の裏にも収納スペースがあります。中身がこぼれ出ないよう、3本のストラップで留めます。

GBRruck_22.jpg  
雨蓋の上部には革のループが5つあり、M31ツェルトバーン毛布M31飯盒などを装備用ストラップで括り付けることができます。

GBRruck_7.jpg 
こちらはフロントポケット。すぐに取り出せるモノを入れる場所です。2本のストラップで留めます。

GBRruck_19.jpg 
サイドポケットは缶詰やパンなど行動糧食にちょうど良い大きさです。

GBRruck_20.jpg  
ショルダーベルトは荷物の重量を支えられるよう、頑丈な牛革で作られています。Yサスペンダーと同じで主ベルトと補助ベルトの組み合わせです。

GBRruck_24.jpg 
主ベルトは弾盒の金具に引っ掛けるフック金具があり、補助ストラップは片側が背嚢本体に縫いけられ、バックルで接続されています。

GBRruck_25.jpg  
補助ベルトはショルダーベルトとナス環をつかってワンタッチで取り外すことができます。

GBRruck_12.jpg 
フック金具のクローズアップ。ウエストベルトに付けた装備品に引っ掛けます。

GBRruck_13.jpg 
現代のザックのようにヒップベルトやインターナルフレームなんてものは無く、当時の背嚢を担いで長時間歩くことは大変だったと思います。また防水処理も無く、雨に濡れたら数倍の重さとなって肩に食い込んだことでしょう。
GBRruck_16.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

配給カード(Lebensmittelkarten)

こんにちは。まだまだ残暑が厳しいですが、夜はだいぶん涼しくなりましたね。
さてドイツ軍ファンとして『月刊アームズマガジン 』の連載記事「リエナクトメントのススメ」をいつも楽しく読んでいるのですが、現在発売中の10月号には戦時中の食糧事情と配給制度について描かれており、今回は便乗で配給カード(Lebensmittelkarten)について記事をアップしたいと思います。

rationcard11.jpg
以前こちらでも記事にしましたが、ドイツは第一次世界大戦中にイギリスの海上封鎖により深刻な食糧難に陥り、76万人の餓死者を出してしまいます。ドイツにとって食糧不足はトラウマであり、1939年に第二次世界大戦が始まると、再び国家による食糧統制が施行されます。

rationcard13.jpg 
「ハムスターのように貯め込む汝を恥よ!」
日本でも太平洋戦争による深刻な食糧不足から配給制度が敷かれ、「米穀通帳」などによって配給が行われていたことは、祖父母や両親から聞かされてなんとなく知っていましたが、この記事を書くにあたり改めて調べてみました。

消費統制(Verbrauchslenkung)
消費統制は、原則として、備蓄の放出、輸入促進、生産統制等の供給サイドの管理措置を講じてもなお十分な効果がない場合に限って実施される。消費統制の目標は、消費量の抑制と公正・均一な分配の達成であり、主な手段には次のものがある。

(ⅰ)一般的な販売統制(Generelle Abgabebeschränkung)
一般的な販売統制とは、店頭での 1 人 1 回当たりの販売量を制限することである。これにより、数量が少ない特定の重要な財に対する買占めを防止し、かつ、配給制の採用に至らない場合でも、財を比較的公正・均一に分配することができる。

(ⅱ)配給制(Rationierung)
長期にわたる深刻な供給危機等の場合に、全国民に対して等量かつ最小限の供給を確保するため、「配給カード」(Bezugsausweis)を個別に支給し、各人がこれと引換えに当該物資を購入する制度をいう。十分な準備期間が必要であり、また、管理コストは膨大になる。

rationcard9.jpg
配給カードは、あくまで購入引き換え券だったんですね。(ずっと無料引き換え券と勘違いしていました)
 
配給制度はドイツ軍がポーランドに侵攻する直前の1939年8月28日に導入され、まずは肉、ラード、砂糖やコーヒから統制が始まり、次にパンや卵も対象となります。
配給カードは、物品によって色が分れていて一目でわかるようになっていました。

rationcard12.jpg

ネットで拾った情報なので確かさは不明ですが、開戦当時は1週間分の配給制限として一人あたり肉やソーセージは700グラム、砂糖は280グラム、ジャムは100グラム、パンは2,400グラム、ラードや脂は1/5リットルだったようです。
ちなみに現代のドイツ成人の一般的な肉の摂取量は男性で103グラム/日、女性で53グラム/日だそうで、もし上記が本当なら十分な量かと思います。(もちろん戦争が進むにつれ、どんどん減っていくわけですが・・・)
なお、より栄養が必要な肉体労働者や育ち盛りの子ども、妊婦用の配給カードもあったようです。

それでは、配給カードを見ていきましょう。まずは主食から。

1. パン(Brot)

brot_1.jpg  
Reichsbrotkarte(赤)
rationcard3.jpg 
こちらはバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルトのVaihingenで発行された配給カードで、使用期限は1939年10月23日から11月19日となっています。切符の単位は1000・500・50グラムで、購入した量の分、マス目を切り取るか、スタンプを押す、もしくはパンチャーで穴を開けることになっていました。

2. 肉(Fleisch)

rationcard18.jpg
Reichsfleischkarte(青)
rationcard2.jpg
この配給カードはヘッセン州のGießenで発行されたもので、期限は上記のパンと同じ1939年10月23日から11月19日となっています。肉(Fleisch)もしくはソーセージなどの加工品(Fleischwaren)用です。

3. ミルク(Milch)

rationcard15.jpg
Reichismilchilkarte(グレー)
rationcard1.jpg 
ミルクは1/4リットル単位の配給となります。マス目には日付が明記されており、使える日が決まっています。

4. 脂肪(Fett)

bacon2.jpg     
Reichsfettkarte(黄)
rationcard4.jpg 
対象はバターもしくは澄ましバター(Butter oder Butterschmalz)、チーズもしくはクワルク=フレッシュチーズ(Käse oder Quark)、マーガリンもしくは植物油もしくは人工油もしくは食用油(Margarin oder Pflanzen oder Kunstspeisefett oder Speiseöl)、ラードもしくはベーコンもしくは牛脂(Schweineschmalz oder Speck oder Talg)となっています。

5. ジャムと砂糖(Marmelade und Zuker)


rationcard19.jpg rationcard20.jpg 
Reichskarte für Marmelade und Zucker(ベージュ)
rationcard5.jpg 
ジャム(ドイツ語でマーマレードはジャムの意味)と砂糖の配給カードです。長期保存が可能な為、他のカードに比べてマス目の数が少なくなっています。

eggs1.png
rationcard26.jpg 
こちらは卵(Eier)が一緒になった配給カード。購入した会社のスタンプが押されています。

6. じゃがいも(Speisekartoffeln)

rationcard21-2.jpg   
Bezugsausweis für Speisekartoffeln(黄)
rationcard6.jpg 
バーデン=ヴュルテンベルク州Heilbronnで1942年に発行された配給カードです。じゃがいもは長期保存が可能な為、期限が約半年間(6月29日から12月13日まで)です。

7. 栄養食品(Nährmittel)

NF-Oatmeal.jpg  
Nährmittelkarte(ピンク)
rationcard_03.jpg   
こちらはヘッセン州カッセル上級都市で発行された1942年12月14日から1943年1月10日まで有効の配給カードで、オートミールやシリアルなどの栄養食品(Nährmittel)、パスタ(Teigwaren)、澱粉(Sago)、片栗粉(Kartoffelstärkemehl)、プディングパウダー(Puddingpulver)といったいわゆる“粉もの”が購入できました。
droctber1.jpg 
このブログではお馴染みのドクトル・エトカーのプディングパウダーです。以前、油脂も卵も使わない"戦時ケーキ"をこちらで紹介しました。プディングは少ない燃料費で作れるうえに栄養価の高い合理的で経済的な食品だったようです。

このような食糧の他に、石鹸配給カード(Reichsseifenkarte)や衣服配給カード(Reichskleidekarte)なども存在しています。
なお、酒や煙草などの嗜好品は配給カードでは無く20パーセントの税金かけることで消費を抑制したようです。

ration-foods2.png 
終戦までナチスドイツの配給制度は続けられます。当時の事を描いた本には、市民が末期の食糧不足で苦しむ様子が描かれていますが、第一次世界大戦の様な深刻な飢餓状態にはならなかった事を考えると十ニ分に機能していたと思われます。

ベルリン終戦日記―ある女性の記録

白水社
売り上げランキング: 491,345


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ウェブ製AフレームとAフレームバッグ (Gefechtsgepäck und beutel)

こんにちは、先週の夏休みは結局どこにも出かけず、軍装品いじりで終わってしまったエーデルマンです。
本日はウェブ(コットン)製のAフレーム(Gefechtsgepäck für Infanterie Schützenkompanien)とAフレームバッグ(Beutel zum Gefechtsgepäck)をアップします。

Aframe_web01.jpg
以前こちらでも紹介しましたが、Aフレームは背嚢やリュックサックほどでは無いが、ある程度の装備を兵士が背負って運搬する際に使用されました。このAフレームの特徴は全てのパーツがウェブ製になっているところです。
ところでウェブ製=熱帯用(Tropen)というのが世間一般の常識ですが、果たしてそうでしょうか?ことAフレームに関しては熱帯地方、特に北アフリカ戦線で使用された如何については少々懐疑的なエーデルマンです。

Aframe_web13.jpg
何故なら北アフリカのような砂漠地帯では機械化率が高く、兵士は徒歩では無く兵員輸送車両で移動することが多い為、個人装備を徒歩で運搬するAフレームの使用頻度は低かったと思われます。

ただしドイツから見た熱帯地方は、南ヨーロッパやバルカン半島も含むので、そういった地域ではAフレームが使用されたのかも知れません。
map3_20130603062621.jpg 
1942年当時の地図。熱帯地方と思われる部分に色を付けてみました。

なお、当時の写真を見るとアフリカ戦線以降もウェブ製装備は全戦域で使われています。
むしろ戦争後期になるにつれウェブ製装備が増える傾向があり、最近ではウェブ製=戦争後期の装備というイメージがコレクターの間で定着しています。戦局の悪化により、革の在庫が一挙に枯渇し、備蓄していたコットン素材を放出したのかも知れません。

Aframe_web16.jpg 
M42略帽と開襟にした野戦服(M44野戦服?)から1943年以降の写真と思われます。この兵士のAフレームにはM31飯盒M31ツェルトバーンテントポール収納袋?を括り付けられています。ストラップが革製かウェブ製かどうかは不明です。

Aframe_web3-1.jpg  
ツェルトバーン用ストラップが2本、垂直方向にリベット留めされており、別パーツの飯盒用ストラップ(Web製)は水平に取り付けられています。
Aframe_web1.jpg 

各ストラップを使って、M31飯盒(後期のスチール製)とM31ツェルトバーンを括り付けたところ。

Aframe_web9.jpg 
ストラップ金具のクローズアップ。メーカーコードのLUXとWMFの刻印があります。

 Aframe_web4.jpg 
AフレームバッグはAフレームと一緒に供給された小型のバッグで、M34クリーニングキットや衣類などを収納することができます。
Aframe_web5.jpg 
Aframe_web6.jpg 
Aフレームバッグのストラップやベルトは全てウェブ製です。

cleaningkig11_20130421084123.jpg 
クリーニングキット専用のポケットが付いているところがオシャレです。
 Aframe_web2-1.jpg 
ツェルトバーンとAフレームの間には、Aフレームバッグがストラップで取り付けることになっています。この確度からは見えませんがツェルトバーンの中にはテントポールとペグ、ロープが入った収納袋を巻いてあります。

Aframe_web17.jpg
スターリングラードのドイツ軍兵士。左側の兵士のAフレームにはAフレームバッグとテントポールが括り付けられている様子が分ります。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M42陸軍ヘルメット(Stahlhelm 42)

こんにちは、エーデルマンです。
昨日から夏休みですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は今年は(も)どこにも出かけず、家でのんびりと軍装品いじりをしております。
さて、本日はドイツ陸軍のM42ヘルメット(Stahlhelm 42)を紹介します。自分でも意外でしたが、M42はまだ取り上げたことがなく、今回が初めてのアップとなります。

M42helm0-1_2017081214103567b.jpg

M42ヘルメットは、ナチスドイツ軍のヘルメットの最終バージョンで、それ以前のモデル(M35・M40)と比べて造りがシンプルになっています。こちらによれば、1942年7月6日付けで規定され、最初に生産されたのが同年8月1日のようです。

M42helm3.jpg

このヘルメット、擬装網としてスチール製のフェンスワイヤーが付いており、カモフラージュ用の草木や葉っぱを間に挟んで取り付けられるようになっています。

M42helm4-1.jpg

コレクターの間では、“チキンワイヤーのハーフバスケット"などと呼ばれています。当時のワイヤー付きヘルメットは希少ゆえにフェイクが多く、上級者向けのコレクションアイテムです。

M42helm19.jpg
ノーマルのヘルメットにワイヤーを後付けすれば価値がアップする為、精巧なフェイクを作って売る輩が多く、偽物が実物の10倍以上存在するとも言われています。ただ眼力のあるコレクターが見れば偽物かどうか一発で分るようで、某フォーラムでは『なんでも鑑定団』ばりの厳しい真贋評価が日々為されています。

M42helm6.jpg

真上から見ると亀の甲羅のようですね。さきほど上級者向け、なんてエラそうに書きましたが、私はズブの素人ですので、当時のワイヤーかどうか真偽のほどはさっぱり分かりません。こちらは、あるコレクターからの“お墨付き”を鵜呑みにして入手しました。まぁ、信じる者は救われるということで。(^_^;)
※ちなみにこちらでは、偽物に多く使われている北米製のワイヤーと欧州製の見分け方が示されているので気になる方はチェックしてみて下さい。

M42helm7.jpg

M42の特徴はエッジにあり、です。製造工程を省力化する為、折り返しがありません。

M35n.jpg

こちらはM35ヘルメット。エッジが折り返されています。


M40ヘルメットを製造している当時の映像です。後半の方でヘルメットのエッジをハンマーで折り返す作業が映っています。この作業を省略しても、それほど効率がアップするとは思えませんが、塵も積もればなんとやら、何千、何万と作れば違ってくるのでしょう。

M42helm8.jpg
この角度で見ると、エッジの部分が外側に少し曲げられていることが分ります。この加工により、首などにエッジが当たっても痛くありません。

M42helm9.jpg
NSはVereinigte Deutsche Nickelwerke, AG Schwerteのメーカーコード、62はシェルサイズです。チンストラップの金具はスチール製となっています。

M42helm10.jpg
ハンモックには持ち主のサインがあります。

M42helm18.jpg
こちらは空軍地上師団のMGネスト。ネットとヘルメットカバーをヘルメットに着装し、空軍迷彩のグラウンドスモックで擬装しています。

M42helm13-1.jpg
映画『プライベート・ライアン』のドイツ軍狙撃兵。チラッとしか映っていませんが、ハーフバスケットのワイヤーヘルメットを被っています。

プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2010-09-16)
売り上げランキング: 23,176

初期のヘルメットも良いですが、末期のヘルメットもシャープな感じでカッコいいですね。
M42helm21.jpg

それでは、引き続き良い休日を!


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

短ゲートル (Gamaschen) 極初期型

こんにちは、エーデルマンです。暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
さて、本日紹介するのは、山岳猟兵(Gebirgsjäger)にも使用されたと言われている短ゲートル(Gamaschen)です。この短ゲートルは、1940年8月に導入された極初期型と言われています。

gamaschen2-1.jpg

この短ゲートルの存在を知ったのは、毎度紹介しているこちらの山岳猟兵の資料本です。

The German Mountain Army Soldier of WWII
Wade Krawczyk Bart Jansen
The Crowood Press UK
売り上げランキング: 190,925

gamaschen10_201707230737358a6.jpg 

山岳猟兵=登山靴+巻きゲートルというイメージなので、かなり違和感がありますね。
短ゲートルはくるぶしまでのアンクルブーツ(編上靴)と一緒に支給されるアイテムで、編上靴の一種である登山靴と一緒に山岳猟兵に支給されていても不思議ではありません。巻く手間を考えればこちらの方が簡単便利だったと思います。

初期型の短ゲートルと似ていますが、違いは全周が革で補強されているところです。

gamaschen1-1.jpg
gamaschen5-1.jpg
全周を革で補強するのは手間も材料コストもかかる為、やがて靴に触れる下部だけの補強となります。

gamaschen13.jpg
また、このタイプの短ゲートルの中には靴紐に引っ掛けて固定する為の金属製フックが付いているものもあります。

gamaschen14.jpg
フックは以前紹介した巻きゲートルと共通の金具になっています。 

gamaschen15-1.jpg
どちらも同じ極初期型ですが、下の短ゲートルにはフックがありません。取り外された形跡も無いことから、元々付いていなかったようです。 

gamaschen6-1.jpg
登山靴に取り付けてみました。登山靴には巻ゲートルが見慣れている為、かなり違和感がありますね。
gamaschen3-1.jpg
さきほど巻きゲートルに比べて取り付け・取り外しが簡単と書きましたが、やはり巻きゲートルに比べると構造上隙間が多く、そこから水や泥が入りやすいため、山岳猟兵にとってはあまり実用的な装備とは言えません。

gamaschen16_201707292247154e1.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

フードコンテナー (Essenbehälter) Part2

こんにちはエーデルマンです。まだ梅雨は明けてないようですが、すでに真夏のように暑いですね。
さて本日は、ちょっと変わったフードコンテナー(Essenbehälter)を紹介したいと思います。 


Supecontainer1.jpg
以前、こちらでも紹介しましたが、ドイツ軍のフードコンテナーはフィールドキッチン、別名シチュー砲(Gulaschkanone)で調理した食べ物を兵士が背負って前線部隊へ運搬する為の容器です。

Supecontainer2.jpgSupecontainer3.jpg
形状はウイスキースキットルに似ています。サイズは横幅が35cm、縦が45cmです。面倒なので容量は測っていないのですが、だいたい20リッターくらいでしょうか?(適当ですみません)

上から見たところ。上部に蓋があり食糧の出し入れが出来るようになっています。 
Supecontainer16-1.jpg

蓋は紛失防止の為、チェーンで繋がれています。 Supecontainer10.jpg
蓋はネジが切ってあり、回して外します。密閉する為、ゴムのパッキンが貼ってあります。

Supecontainer11.jpg
取り出し口の直径は約12cmです。この形状からも飲料水やコーヒー、紅茶など飲み物専用の運搬缶と想定されます。ただし、二重構造になっていない為、一般的なフードコンテナーのような保温機能はありません。

Supecontainer15.jpg
保温機能付きのフードコンテナーとの比較。横幅はほぼ同じですが、高さが10cmほど違います。

Supecontainer12.jpg
蓋には「G&CL 39」の刻印があります。 “39”は1939年製、“G&CL”は食器メーカーで水筒や飯盒などもドイツ軍に供給していたGerhardi & Co, Lüdenscheidのメーカーコードです。


Supecontainer19.jpg
こちらはストラップを取り付けるパーツですが、非常に複雑な形をしています。フック形状の金具以外にナス環も取り付けられるようになっています。 


Supecontainer14-2.jpg
このタイプのフードコンテナーはバリエーションが豊富で、蓋の開閉方法やストラップ取り付け部の形状が違うタイプが複数存在しています。メーカーの違いによるものか、旧式と改良型なのかは判っていません。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
NEXT≫
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR