M41野戦服 (Feldbluse 41)

皆様お元気でしょうか?溜まってた仕事がやっと片付いて、趣味のブログをアップすることができるようになりました。
そういえば巷はクリスマスですね。(日本と時差があるのでこちらは今日がイブですが)
エーデルマンは熱心なクリスチャンなのでクリスマスは朝からミサに行って、家族で厳かに過ごすつもりです(嘘です
ところで今でもクリスマスは恋人たちの祭典なのでしょうか?
私が若かった頃、クリスマスを独りで過ごすのは人間じゃないみたいな扱いを受けましたが、今はどうなんでしょうね?
世間ではリア充と思われているエーデルマンですが、こう見えてクリスマスに甘い思い出など一切ありゃしません。

まぁ、そんなどうでもいい話は置いておいて、今日の本題はM41野戦服(Feldbulse 41)です。

 M41tunic29-1.jpg    
一見M40野戦服のようですが、ボタンの数が5個から6個に増えています。ボタンが増えた理由は野戦服の生地に使われるフェルトの質が低下(レーヨンの混合率が増加)した為と言われています。

 M41tunic30-3.jpg
とは言っても、極端に質が低下しているような印象は無く、後ろから見るとM40野戦服と区別が付きません。

ところで野戦服でM36とかM40という言い方は後の研究者・コレクターがそう呼称しているだけで、ドイツ軍では明確な分類はされておらず、すべて1933年に導入されたポケットが4つの野戦服(M33野戦服)の改良(もしくは改悪)バージョンと言えます。(1944年にポケットが2つの野戦服、M44野戦服が導入されるまでですが)

M41野戦服と呼ばれるこの被服は、1941年5月26日付けの陸軍規定41年第558号(H.M.41,Nr.558)でそれまでの野戦服のボタンを5個から6個にするよう定められたことにより誕生しました。


M41tunic23.jpg
M40野戦服とM41野戦服の比較。
M40野戦服はミントに近い状態である一方、M41野戦服はかなり着古した感があるのでフェアな比較では無いですね。

soldier4.jpg
こちらは大日本絵画『“グロースドイッチュランド”師団写真史』に掲載されている1942年7月に撮影された写真ですが、向かって左側の伍長はM40野戦服、隣の兵長と手前で横になっている兵士はM41野戦服を着ています。

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
(1999/05)
トーマス マックギール、レミー スペツァーノ 他

商品詳細を見る


M41tunic24.jpg
内装はM36野戦服から受け継がれているスタイルで、コットン製ライナーが全体を覆う形になっています。
M41野戦服までは内蔵サスペンダーは別パーツですが、次のM42野戦服でライナーと一体化します。


M41tunic19.jpg
 メーカー、サイズ、製造年のスタンプです。

Heinecke Magdeburg
41〟 襟から肩の長さ 〝44〟 首回り
102〟 胸囲
70〟 着丈 〝58〟 袖丈
342〟 1942年3月製造
Br. 742〟Br.(Braunschweig)補給廠 1942年7月受領




このM41野戦服、もともとの生産数が少なかったのか、それともあのスターリングラードでの降伏を境に崩壊した東部戦線で消耗されたのかは判りませんが、他の野戦服と比べてあまり市場で見かけません。
特に改造されず共生地の襟のまま残っているものは昨今入手しづらくなっています。

soldier7.jpg  
こちらの写真は野戦服のバイブル『FELDBLUSE The German soldier's field tunic 1933-45』に掲載されている一枚で、ノルマンディ侵攻作戦前のサン・ローで撮られたスナップショットです。左端の兵長は襟がダークグリーン色に改造されたM41野戦服を着ています。その隣にはM36もしくはM40野戦服を着た上等兵、真ん中の曹長はM43野戦服、右から二人目の伍長は襟が改造されたM42野戦服、そして右端の兵士はM43野戦服を着用しています。


Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
(2007/10/30)
Laurent Huart、Jean-philippe Borg 他

商品詳細を見る


M41tunic28.jpg
襟章は1940年5月9日に採用となったマウスグレー共通兵科色のタイプです。襟の裏はコットン生地になっています。

M41tunic17.jpg
国家鷲章は1940年制定のフィールドグレー地にマウスグレーの刺繍タイプです。


M41tunic27-1.jpg  

肩章は取り外せるタイプで、先端が丸い形をしています。

M41tunic20.jpg
腰ポケットです。製造工数の削減の為でしょうか?袋状のポケットを貼り付けただけのシンプルな構造になっています。

  M41tunic4-1.jpg
マネキンに小銃兵の装備と共に着装してみました。
なお野戦服の色は一枚目の写真より、こちらの方が現物に近いです。
(修正しました)

さて、たぶんこれが今年最後のアップとなります。今年一年、当ブログへ訪問いただき誠にありがとうございました。
来年もこの泥沼日記がどこまで続くか判りませんが、無理をせずゆっくりと進んでいきたいと思います。

それではどうか皆様良いお年を!

by エーデルマン


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR