ガスマスク付属品 (Zubehör zum Gasmaske)

皆様こんにちは。新春第二弾としてガスマスクの付属品(Zubehör zum Gasmaske)を紹介したいと思います。
なお、これから外出するのでとりえあえず集合写真だけアップします。
個別の写真と説明は12時間後くらいにアップしますので、再度更新してみてください。→アップしました!
GMAccy1.jpg
冒頭で「紹介」と書きましたが、アイテムは弊ブログのリンクサイトや資料本で既に一般的に紹介されており、目新しい物は何一つありません。本体を入手したら付属品も、という少々子供じみた感覚で集めてしまいました。(これもコレクターの性でしょうか?)完全に自己満足の世界ですが、お付き合いのほど宜しくお願いします。

◆ マニュアル(Handbuch


gaskann16.jpg  gaskann17.jpg

付属品という訳ではないですが、上記は収納缶に入る大きさです。

◆ 固定ばね(Sprungfeder)
GMAccy13.jpg
GMAccy27-1.jpg
移動中や戦闘中に収納缶の中身がガチャガチャと音がしないように中身を押さえておくばねです。ばねは収納缶の底部に入れる清掃布を押さえる為にも使われます。

◆ クリーニングクロス(Reinigungstuch)

GMAccy12.jpg

レンズを拭く為の布です。サイズは横25cmxたて19cmです。


GMAccy28.jpg
クリーニングクロスは収納缶の底に入れ、ガスマスクの出し入れの際に飛び出だして紛失しないようばねで押さえます。

◆ 予備のクリアレンズ(Klarscheiben )
GMAccy2.jpg
こちらはガスマスクに付属する予備のレンズです。一つの収納缶に2ペア4枚入っています。
   GMAccy32.jpg
Klarscheiben クリアレンズ
vor Feuchtigkeit shutzen, 湿気を防ぐこと
nichit wischen, 拭かないこと
nur am Rande anfassen. 縁を持つこと

GMAccy35.jpg
  GMAccy3-1.jpg

セルロイド製?のクリアレンズが4枚、折れ曲がらないよう厚紙と一緒に入っています。

  GMAccy19-2.jpg
クリアレンズは上蓋のコンパートメントに収納できます。
 
◆ ガスマスク用眼鏡(Maskenbrille)

 GMAccy9-1.jpg
GMAccy10.jpg
ガスマスクの下にする為の眼鏡です。以前、軍務用眼鏡といっしょにアップしました。詳細はこちらをご覧ください。

◆ 皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel)

こちらの洗浄剤は1935年3月14日付けの陸軍通達(H.M. 141)により導入されました。 ベークライト製のコンテナーには洗浄剤のタブレットが10個入っており、マスタードガスが付着した肌を洗浄することができます。


     decontamination1-1.jpg

Hautentgiftungsmittel 皮膚洗浄剤
Nur äußerlich anzuwenden ! 皮膚への使用のみ !
Nicht in Augen und Mund und auf dieGeschlechtsteile bringen !  目や口、性器には使用しないこと!
Genitals ! Nach Ge-brauch Losantinbehälter mit dem Kle-
bestreifen wieder dicht verschließen. 使用後はボックスをテープでしっかりと封をする



     decontamination5-1.jpg

Anwendung: Täfelchen in der hohlen Hand zerdrücken und mit etwa gleicher Menge Wasser oder
Speichel einen Brei bereiten. 使用法: タブレットを手の平上で潰し、同量の水もしくは唾液でペースト状にする
Den Brei auf der vergifteten Stelle mehrfach leicht verreiben. 洗浄剤を汚染箇所に数回擦り込む
Nach etwa 10 Minuten Brei abspülen oder feucht abwischen.約10分後洗浄剤を水か布で拭う


1tablette0.jpg
蓋を取り、タブレットを取り出します。

1tablette2.jpg
手の平上でタブレットを潰します。そして粉状になった洗浄剤を同量の水に混ぜ肌に直接塗り込みます。


   decontamination2-1.jpg
ベークライト製のコンテナーの製造年が刻印されています。またテープの色でも製造年を一目で判別することができます。
画像処理でテープに色を付けてみました。
GMAccy33-2.jpg  
                  
~40年製
41年製 
黄緑42年製
43年製


◆ 皮膚洗浄剤(Hautentgiftungssalbe)

上記の洗浄剤は使用の際に水と混ぜる必要があり、アフリカなど水の入手が困難な地方では不便でした。そこで1941年に開発されたのが新型の洗浄剤、Hautentgiftungssalbe(41)です。

  GMAccy29.jpg
洗浄剤は軟膏タイプになり、このようなオレジンジ色のプラスチック容器に入れられました。

下記は専用のケースです。厚紙製で洗浄剤の容器、軟膏を塗る際に使用するコットンの収納ができます。

GMAccy11.jpg
Haut-entgiftungssalbe 皮膚洗浄剤
Gebrauchsanweisung auf den Innenbehälter beachten 中の容器にある使用法をよく読むこと
野戦服の中身でも書きましたが、皮膚洗浄剤は胸のポケットに入れて持ち運ぶこととされました。

◆ 銃器洗浄剤(waffenentgiftungsmittel)

GMAccy6.jpg

こちらもガス汚染された場合の洗浄剤ですが、皮膚ではなく銃器専用です。

GMAccy7.jpg
マスタードガスは硫黄を含みます。硫黄は銃器やその動作に影響を及ぼすため、洗浄が必要と思われます。

1Waffengiftungsmittel1.jpg
上記写真のように蓋を外し、洗浄剤を塗布します。

◆ ガスマスクキーパー(Maskenspanner)
GMAccy15.jpg
ガスマスクの型崩れを防ぐキーパーです。アルミ製で軽量化を図っています。

GMAccy34-1.jpg  
マニュアルにもガスマスクキーパーを使用する保存の仕方が掲載されています。

GMAccy36.jpg  

M30ガスマスクにキーパーを取り付けたところです。スプリングがきいていて、面体が広がります

GMAccy26.jpgGMAccy25.jpg 
ガスマスクキーパーには刻印があります。HはHeer=陸軍、数字は製造年と思われます。
なお38年製のガスマスクキーパーにはアムトが全部で3箇所に刻印されていました。

◆ ガス防護シート(Gasplane)

ガス防護シートに関しては既にアップ済みですが、関連アイテムということで軽くまとめておきたいと思います。

GMAccy21.jpg
ガス防護シートは専用のポーチ(Gasplanentasche)に入った状態でガスマスクと共に支給されました。

 GMAccy22.jpg
ガス防護シートは2mx1.2mの表面をビニールのように特殊加工した紙でできており、このように折りたたんだ状態でポーチに収納されています。

GMAccy23.jpg
通常は折る場所が判るようシートの対角には紙のラベルが貼られていますが、こちらのガス防護シートは残念ながら片方しか残っていません。

GMAccy38.jpg GMAccy37.jpg
こちらは当時のマニュアルの掲載されている写真ですが、ポーチから取り出したシートを被る様子が判ります。


  GMAccy39.jpg
ポーチには一番上で紹介したゴム引き布製とコットン製の2種類があります。
ゴム引き布製は初期、コットン製は42年頃から使用され始めました。上記のポーチはコットン製で44の刻印があります。

GMAccy24.jpg
こちらは熱帯および極寒地帯用のガス防護シートとポーチです。(Tp/ArK)
一般的な緑色のシートと違い、柔軟性のある素材でできています。
今回は内容がかなり長くなってしまったので、このシートに関しては、別の機会に詳しく紹介したいと思います。

以上、ガスマスクの関連アイテムを一気に紹介しましたが、これで全てということではありません。
人様以外にも犬用、馬用のガスマスクもあり、それぞれに関連アイテムがあります。
すべて集めようとすると、永遠に終わりそうもないのでここで一旦終了にしたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel)

皆さまこんにちは。
本日は少し重いテーマですが、毒ガスとその被害から皮膚を守る皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel)について書いてみたいと思います。なお皮膚洗浄剤については、以前ガスマスク付属品の中で既に取り上げております。

Losant3-1.jpg まず、毒ガスとは何んぞや?広義では火山ガスや排気ガスも含まれるようですが、ここでは化学兵器として軍事的に使用されるものを示します。種類としては催涙ガスから塩素ガスやホスゲンガス、マスタードガス(イペリット)やサリン、VXガスなどがあります。

sargent_gassed_1919_imperial_war.jpg

最初に使用されたのは第一次大戦のヨーロッパ戦線で、同盟国・連合国双方に多大な被害を及ぼしました。(英国国防総省によると化学兵器による両軍の死傷者は130万人、うち死者は9万人に上るという)

第二次大戦のヨーロッパ戦線において攻撃手段としての毒ガス使用は無かったとされていますが、1943年12月、イタリア南部のバリ港にて、アメリカの貨物 船「ジョン・ハーヴェイ号」がドイツ空軍の爆撃を受け、大量のマスタードガスが流出し、アメリカ軍兵士と一般市民617名が負傷、83名が死亡する事件が起こっています(ジョン・ハーヴェイ号事件

2day4io.jpg

では、マスタードガスが実際に人体にどういう被害を与えるのかWikipediaの説明を見てみたいと思います。

マスタードガスは人体を構成する蛋白質やDNAに対して強く作用することが知られており、蛋白質やDNAの窒素と反応し(アルキル化反応)、その構造を変性 させたり、DNAのアルキル化により遺伝子を傷つけたりすることで毒性を発揮する。このため、皮膚や粘膜などを冒すほか、細胞分裂の阻害を引き起こし、さ らに発ガンに関連する遺伝子を傷つければガンを発症する恐れがあり、発癌性を持つ。また、抗がん剤と同様の作用機序であるため、造血器や腸粘膜にも影響が 出やすい。

「皮膚や粘膜など冒す」とありますが、言葉ではよくわかりません。

そこで「mustard gas」でググってみました。

Googleロゴ

・・・うげげ、妊娠中の女性、心臓の弱い人、お食事前の人は絶対に見ないでください。

下はマスタードガスの被害にあった軍馬のイラストです。エグイですが、これでもまだマシな方・・・

rosan8-3s.jpg
馬好きの方すみません。。。映画「戦火の馬」を思い出してしまいました。

このように"非人道的"な為、敗戦色が濃厚になっても、ヒトラーは毒ガスの使用を絶対に許可しませんでした。ヒトラーは第一次大戦で一兵卒としてマスタードガス攻撃で負傷しており被害の悲惨さを知っていた為と言われています。(一方でガス攻撃は戦局を挽回するには至らず、その割りに過激な報復攻撃を招くという危惧もあったようです)

さて上記のような被害をもたらす毒ガスが皮膚に付着した場合、その箇所をすばやく洗浄しなければなりません。
その為の皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel) がドイツ軍で1935年に開発されました。

まずは前回の日記のコピペ。。。

◆ 皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel)

こちらの洗浄剤は1935年3月14日付けの陸軍通達(H.M. 141)により導入されました。 ベークライト製のコンテナーには洗浄剤のタブレットが10個入っており、マスタードガスが付着した肌を洗浄することができます。


     decontamination1-1.jpg

Hautentgiftungsmittel 皮膚洗浄剤
Nur äußerlich anzuwenden ! 皮膚への使用のみ !
Nicht in Augen und Mund und auf dieGeschlechtsteile bringen !  目や口、性器には使用しないこと!
Genitals ! Nach Ge-brauch Losantinbehälter mit dem Kle-
bestreifen wieder dicht verschließen. 使用後はボックスをテープでしっかりと封をする



     decontamination5-1.jpg

Anwendung: Täfelchen in der hohlen Hand zerdrücken und mit etwa gleicher Menge Wasser oder
Speichel einen Brei bereiten. 使用法: タブレットを手の平上で潰し、同量の水もしくは唾液でペースト状にする
Den Brei auf der vergifteten Stelle mehrfach leicht verreiben. 洗浄剤を汚染箇所に数回擦り込む
Nach etwa 10 Minuten Brei abspülen oder feucht abwischen.約10分後洗浄剤を水か布で拭う

とここまでが前回の日記のコピーです。

こちらはその後に入手した、Gasschutzleitfaden(ガスプロテクションガイド)です。

rosan13.jpg

野戦服の胸ポケットに入る大きさ(縦14cm横10cm)で、ガスマスクの着け方、メンテナンス方法、洗浄剤の使用法、ガスシートの被り方などが、写真付きで92頁に渡って書かれています。ちなみにポケット歌集とも同じサイズです。

manual-0.jpg  
64頁から皮膚洗浄剤の使用方法が記されています。なお翻訳はかなり適当ですので、"こんな感じ"程度にお考えください。

gasmanual-1.jpg
1.ガスの飛沫を叩いて落とす。決して綿棒で拭わない

gasmanual-2.jpg
2.タブレットをコンテナーから取り出す。

gasmanual-3.jpg
3.手のひらの上でタブレットをつぶし(水と混ぜて)ペースト状にする。

gasmanual-4.jpg
4.汚染された箇所にやさしく塗りこみ、最低10-15分おいておく。
その後、水できれば石鹸水か重曹水で洗い落とす。

ググった被害状況を見ていると、とても写真のような量では足りないように思いますが・・・

さて、コンテナーには製造年が刻印されており、密封用のテープの色でも製造年を一目で判別可能となっています。

rosan5.jpg
                  
~40年製
41年製 
黄緑42年製
43年製

rosan9.jpg
左から1940年、41年、42年、43年製です。残存率的には赤>黄>黄緑>黒の順番でしょうか?
 

Losant4-1.jpg  

こちらは43年製の洗浄剤ですが、中身を見るため開封しました。(写真撮影後は、慎重にテープを巻き直しました)

Losant3-1.jpg
70年の時を経て、洗浄剤は中で凝固してしまっており取り出せません。
なお洗浄剤には漂白成分が入っている為、熱帯用のコットン製の野戦服や装備品を古く見せるための脱色剤として使われたそうです。

軟膏タイプの皮膚洗浄剤(Hautentgiftungssalbe) も既に紹介済みです。まずは前回のコピペから。



haut4-1.jpg

◆ 皮膚洗浄剤(Hautentgiftungssalbe)

上記の洗浄剤は使用の際に水と混ぜる必要があり、アフリカなど水の入手が困難な地方では不便でした。そこで1941年に開発されたのが新型の洗浄剤、Hautentgiftungssalbe(41)です。

  GMAccy29.jpg
洗浄剤は軟膏タイプになり、このようなオレジンジ色のプラスチック容器に入れられました。

下記は専用のケースです。厚紙製で洗浄剤の容器、軟膏を塗る際に使用するコットンの収納ができます。

GMAccy11.jpg
Haut-entgiftungssalbe 皮膚洗浄剤
Gebrauchsanweisung auf den Innenbehälter beachten 中の容器にある使用法をよく読むこと
野戦服の中身でも書きましたが、皮膚洗浄剤は胸のポケットに入れて持ち運ぶこととされました。

下記は当時の取り扱い説明書です。

  Haut-ex1.jpg Haut-ex2.jpg
1. Geländekampfstoff dringt in die haut ein
1. ガスが皮膚に浸透

2. Abtupfen mit Tupfern, Tupfer vernichten
2. ガスを皮膚から取り除く(布か新聞紙を使用)

3. Behälter Schütteln, dabei verschlusskappe nicht öffnen
3. キャップを外さずコンテナー振る

4. Verschlusskappe abschrauben, Hautentgiftungssalbe auftragen
4. キャップを外し軟膏を皮膚に塗る

5. Hautentgiftungssalbe 5 minuten mit Finger einreiben
5. 軟膏を指で塗り5分間放置

6. Dann sofort oder später entfernen
6. 最後に軟膏を取り除く


これらの洗浄剤はすべてのドイツ兵にガスマスクと共に支給され肌身離さず持っているよう指導されました。
他の国が同様の洗浄剤をを持っていたかどうか分かりませんが、過剰とも言える装備を見るにつけドイツ軍がいかに毒ガス攻撃を恐れていたかが理解できます。


rosan6.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR