ジェリカン後期型 (Wasser Kanne)

ドイツ軍装が趣味の人の多くはタミヤの1/35ミュニチュアシリーズがきっかけというのが結構多いのではないでしょうか?
私がまさにその一人で、まずはティーガー戦車を素組みで完成。
次に随伴する兵士(1/35 ドイツ歩兵 進撃セット)を作ることになり、その装備のカッコよさに完全にハマってしまいました。

当時はディオラマなど作る技術も概念さえもなく、単純に机の上に並べて遊ぶだけでしたが、少し臨場感が欲しくなり、次に買ったパッケージがこちらです。

photo_21.jpg photo_22.jpg
ジェリカンセット。(何故か、ジュリカンと覚えしまい、最近になって、やっと間違って覚えていたことに気がつきました)

凹んだドラムカンもGoodでしたが、なんといっても一番のお気に入りだったのがジェリカンです。
戦車や装甲車に積載したり、兵士のイスになったりと大活躍。このパッケージも一つでは足りず、複数買った記憶があります。

飲料水用に白い帯模様のマーキングがされたジェリカンの存在を知ったのも、それから少したってからでした。(Sd.Kfz.222のパッケージの説明書だったか?)

picture_318255314010.jpg
今でも白い帯を見ると、なぜか胸がドキドキします。


それが、まさか30年後に実物を入手できるとは思いもしませんでした。ガソリン缶、通称ジェリカン(Kraftstoff Kanne)です。
 

july1.png  july22.png
白い帯が~まさに奇跡です。
どうやら上から緑色で塗られたらしく、それを剥がした形跡があります。

5_20101226235319.jpg
やっぱり取っ手は3本でないと。当時タミヤのモデルは取っ手が2本に省略されてました。
Wの文字が。上から見ても水用ということが判ります。

P1018633.jpg
“Wasser”(水)の文字もちゃんとあります。

P1018632.jpg
“Wehrmacht”(国防軍)御用達の印です。“223”の隣にアムトスタンプが押されています。

Bundesarchiv_Bild_101I-782-0033-16A,_Nordafrika,_Umfüllen_von_Treibstoff_oder_Wasser
北アフリカでは燃料より貴重でした。飲料水としてはもちろん、ラジエターにも水が必要です。

picture_318255314055.jpg
こちらは、現場で即席に作ったジェリカンです。

さて、せまいわが家、すっごい邪魔です.
拙宅には灯油ストーブが無いので燃料タンクとしての活躍は期待できそうにありません。

africacorp.jpg  


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

ジェリカン前期型 (Kraftstoff Kanne)

ドイツ軍の飲料水用のジェリカン(Wasser Kanne)については以前ブログに書きましたが、今回はガソリン用ジェリカンをアップします。

jurry9.jpg   jurry4.jpg
1941年製の前期型ジェリカンです。塗装はほとんど残っておらず、へこみだらけだった為、海外のオークションで安く入手できました。

ジェリカン(Jerrycan)は、プレス加工された2枚の鋼板を溶接して作られた燃料容器である。


第二次世界大戦の北アフリカ戦線において、イギリス軍がドイツ軍の20Lガソリン缶を模倣して製造し、ドイツ兵の蔑称「ジェリー(Jerry)」を冠して「ジェリカン」と呼んだのが名称の由来である。連合軍ジープの後部にはしばしば、スペアタイヤと並んでジェリカンが搭載された。「ジェリ缶」とも表記される。

この野戦用ガソリン缶は元々はアフリカの砂漠に駐屯するイタリア軍の発明であった。
1937年頃にドイツ軍が Wehrmachtskanister (国防軍ガソリン缶)として導入した。従来の200L入りドラム缶に比べて持ち運びや車輌への積載が簡単で、兵士はポンプを使わずに直接車輌の給油口に燃料を注ぐ事ができる利便性から、ドイツ軍戦車部隊の電撃戦の長距離侵攻作戦を支えた工夫のひとつである。

容器の側面上方には「ガソリン20L 火気注意 (Kraftstoff 20L Feuergefährlich) 」と表示されている。さらに×印と四角形を組み合わせたようなへこみ(初期には×印のみ、またイタリア軍型では×部の角度が異なる)が付けられ、内容物の膨張をある程度許容する設計になっている。栓はスクリューキャップ方式ではなく、素早く開栓・閉栓できるバネ方式 (Bügelverschluss) を採用した。更に特徴的な点は、持ち運びのために3本の取っ手が上部に取り付けられていることである。内容が入っている場合には真ん中の取っ手を持てば一人の兵士が両手に2缶持ち運ぶことができ、空缶の場合は2缶を並べ、2缶の内側の取っ手を同時に持てば、片手で2缶、両手で4缶を運ぶことができる。

さらにドイツ軍では飲料水運搬用に、内部を(鉛を含む防錆塗料に代え)メッキして識別用の白十字をペイント、”Wasser”の文字がプレスされた専用のものを開発した。これは全ての戦線、特にアフリカ戦線の砂漠地帯で多用されているのが当時の写真で確認できる。

Bundesarchiv_Bild_101I-186-0166-02A,_Russland,_Treibstoff-Nachschub

(文・写真ともにWikipediaより)

jurry6.jpg
飲料水用ジェリカン(後期型42年製)との比較です。リブがx型になっているのが前期型の特徴です。このリブは膨張を許す以外に缶の強度をアップする役割がありましたが、さらに強度を増す為、後期型のリブはXと□を組み合わせた形となりました。
前期型は1937年に開発され1941年で製造がストップしました。なお、後期型は1939年開発、終戦まで作り続けられます。
(後期型のデザインは現在でもNATOや東欧諸国の軍隊の燃料カンで採用されています)

刻印部分のアップ

jurry8.jpg
Kraftstoff 20L=ガソリン 20L
Feuergefährlich=火気注意
1941=製造年

jurry2.jpg
Brose u. Co. Coburg=メーカー名
40=メーカーコードもしくは管理番号?
Wehrmacht=国防軍

jurry1.jpg
ジェリカンが2つあるので、実際にWikipediaの説明の通りに持ってみました。空であれば家内に“ドラえもん”と言われるほど指が短い私でも楽々持てます。


jurry7.jpg
注入口から内部が防錆用の赤いメッキ処理がされているのが見えます。

なんとジェリカン専門の本まであります。著者はフランス人のようですが、間違いなくコレクターでしょう。自分のコレクションを本にするのはよくある話です。

Du Kanister Au Jerrycan / From Kanister to Jerry Can: 70 ans de Service / 70 Years of ServiceDu Kanister Au Jerrycan / From Kanister to Jerry Can: 70 ans de Service / 70 Years of Service
(2008/05/19)
Phlilippe Leger

商品詳細を見る
ジェリカンは液体の運搬以外に、戦場では椅子やテーブルとしても活躍しました。

jurry3.jpg
ジェリカンを2つならべて簡易食卓を再現してみました。
全く同じサイズなので板を平行に置くことができます。(“火気注意”なのにストーブを置いてはまずかったかな?)なお缶詰がプルトップオープンになっているのはご愛嬌(笑)

Bundesarchiv_Bild_101I-018-0011-07,_Russland,_lesender_Soldat

Bundesarchiv_Bild_101I-162-0283-11A,_Bulgarien,_Soldaten_vor_Sch#252;tzenpanzer


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR