M43規格帽 (Einheitsfeldmütze M43)

皆様、大変ご無沙汰しております。

ブログを休止してから1年ちょっと、新たな生活にも少しずつ慣れ、世界の片隅でなんとか生きております。
以前よりペースは落ちましたが、軍装趣味はボチボチと続けており、ネタも増えてきたので久々に更新したいと思います。

さて、今回のアイテムはM43規格帽 (Einheitsfeldmütze M43)です。

M43cap3-2_20150214224407cfe.jpg  
相変わらずヘタな写真ですみません! 写真は全くのど素人なので適当に撮っております。
(一応背景は白抜きでそれらしく見せてますが・・・)

使っているカメラも普通のデジカメ、その他の撮影機材は三脚のみ、100%天然光を利用しています。
実は以前住んでいた家はアパートの高層階にあった為、明るく部屋撮りも問題ありませんでした。
しかしながら、今の家は1階で昼間でも暗く、機材を持ってうろうろ。結局、写真はベランダで撮ることになりました。
(外からまる見え。。。かなり緊張しました・・・)

それでは、そろそろ本題に入りましょう。
M43規格帽は戦闘帽(もしくは作業帽)の一種で、それまで将兵に支給されていた、つば無しの略帽に変わって1943年6月11日に導入されたつば付きの帽子です。

M43cap1-1.jpg
デザインは山岳猟兵へ支給されていた山岳帽(Bergmütze)をベースにしたと言われていますが、シルエット的にはM42略帽(Feldmütze M42)につばを付けた感じです。
(実際にM42略帽につばを付けて改造したM42/43規格帽というものが存在しています)

M43cap11.jpg
この帽子は初期モデルらしく、山岳帽と同じT字型の帽章が手で縫い付けられています。
このようなT字型帽章は曲線が多く、縫い付けに手間がかかる為、生産効率を考えてBEVOタイプの逆台形(Trapezoid)の国家鷲章をミシンで縫う方法に切り変わります。この省略化は野戦服の胸章にも共通していますね。

M43cap14.jpg  
こちらがM43規格帽の一般的な帽章。(陸軍の一例)


M43cap15-1.jpg

上と右下は末期タイプ。



M43cap13.jpg  
M42略帽と同じく折り返しのフラップが防寒用の耳あてとして使用できるよう、ボタンで取り外し可能になっています。
このボタンが一つに簡略化されたタイプも見られます。

M43cap5-1.jpg
フラップを下げるとこのように顔全体をスッポリ覆うことができます。

M43cap7-1.jpg


M43cap9.jpg
ライナーに押されたスタンプ。44年製でサイズは60です。RB Nr. 0/1156/0018はメーカー名不明

このM43規格帽、残存数が極めて少ないのですが、理由はズボンやヘムトと同じく戦後に消耗されてしまったというのが一般的です。

M43cap16.jpg
戦後のドイツ。少年たちが帽章を外して黒く染めた規格帽(フィールドグレイは法律で禁止された為)を被っています。

他にも連合軍兵士がトロフィー(戦勝品)にしたがるようなアイテムは残存率が高いのですが、見た目が平凡な帽子は魅力薄であまりお持ち帰りされなかったようです。


M43cap17.jpg
今でも良いコンディションのドイツ軍の軍装が大量に残っているのは、お土産好きなアメリカさんのおかげ?
 
よって、M43規格帽、特に陸軍(Heer)のものは市場で高値で取引される為、だますことを目的に出来の良いニセモノ(〝スーパーフェイク〟と呼んでます)が一時大量に作られました。
ホンモノとニセモノの見分け方は非常に困難で 、当時の工作機械(ミシン)を使って、実物のコートなどをバラした生地にホンモノの帽章を使われてしまうと、もうお手上げです。

熟年コレクターは、フェルトの生地はもちろん、ライナー素材・汚れ具合、押されたサイズ又は製造年スタンプの位置、縫製糸の間隔(で工場用ミシンかどうか判る)なども判断基準にしているようです。(私にはさっぱり分かりませんが)

M43cap7-1.jpg

この帽子は一応コレクターのお墨付きです。ライナーのスタンプが判断材料らしいです。良かった。。。(汗)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR