『ヒトラーの忘れもの』

現在公開中の映画、『ヒトラーの忘れもの』(デンマーク語の原題『Under Sandet』)はナチスドイツが降伏後、ドイツ軍がデンマークの海岸線に埋設した2百万もの地雷の撤去に強制させられたドイツ少年兵たちの物語ですが、史実に基づいた話ということでネットで調べたところ、興味深い記事を見つけましたので紹介したいと思います。
Under Sandet0  
↑↑画像をクリックすると映画の広告サイトに移動します。


「The Untold Horror of How Danes Forced German POWs to Clear Mines After WWII」
(語られなかった恐怖、第二次大戦後、いかにデンマーク人は地雷撤去をドイツ兵捕虜に強制したか)

<ここから>
ホロコースト後の歴史の片鱗 - 第二次世界大戦直後のデンマークの海岸におけるドイツ兵捕虜の地雷除去への強制労働 - デンマークの学識者間でさえも議論されたことの無い事実がデンマークと ドイツ合作の新しい映画によって白日の下にさらされている。

映画『ヒトラーの忘れもの』は、ナチス占領時にデンマークの西海岸に埋められた200万以上の地雷の撤去を強制された2,000人以上のドイツ人捕虜(多くはまだティーンエイジャーだった)の物語である。

Under Sandet1 
最近の研究によると捕虜の半数近くが作業中の事故により死亡もしくは負傷、多くは生涯残るような深刻な障害を負った。デンマーク人は戦争捕虜を危険な作業に従事させることを禁止するジュネーブ条約を違反するイギリス軍の決定に従うしかなかった。ドイツ兵は定期的にすべての地雷が除去されたことを確認する為、「死の行進」と呼ばれる地雷原を行進するようなこともさせられた。 

Under Sandet4  
『ヒトラーの忘れもの』は2015年9月にトロント国際映画祭でプレミア上映され、続いて12月3日にデンマークで公開された。少年兵が腹ばいになって素手で地雷を掘り出すシーンは論争となる。争点はドイツ兵が本当に無実の若者であったのか、それともナチスの残虐行為に参加した兵士だったかどうかという点である。当時のデンマーク人は、ドイツ兵を見ても大人と少年、一部は戦争の最後の数ヶ月でドイツ軍に徴兵されていた十代の若者であったが、を区別できなかったと信じる人たちがいる。

Under Sandet3 
映画の公開をきっかけに、デンマークの新聞社、ポリティカンはこの歴史的な事件を真摯に調べあげた。公文書にはデンマーク解放の数日後、イギリス軍のホランド・スタンリー少佐及び数名のデンマーク軍士官と駐デンマークドイツ軍司令官、ゲオルク・リンデマン将軍との間で会合が行われ、地雷除去の経験を持つドイツ兵を地雷原撤去に従事させることが決定された。リンデマン将軍は既に帰国の途についていたドイツ軍工兵部隊の兵士に地雷除去の為、デンマークへ戻るよう命令することに合意した。捕虜はイギリス軍によって、南ユトランドの捕虜収容所に送られ3日間地雷を無力化する訓練を受けた。撤去作業はユトランドに始まり、その後デンマークのジーランドでも実行された。

Under Sandet8 
イギリス軍はデンマーク軍では地雷を見つけ除去するのに何年もかかるため、ドイツ軍の経験豊富な兵士がデンマークを去る前に撤去する必要があると主張した。(実際スカリンゲンで最後の地雷が除去されたのは2012年となる)地雷の多くは戦後、国を再建するために不可欠であった農地に埋められていたのである。

Under Sandet6 
ポリティカンの記事には、当時のデンマークの人々は第二次世界大戦直後の雰囲気の中で、ドイツ占領下にドイツ軍がデンマーク国内に敷設した地雷をドイツ兵が除去することになんら問題もないと正当化したことを指摘している。当時、作業については一度新聞で報道されたが、誰もそれが国際法に違反しているとは思わなかった。敗戦後ドイツ兵は何の権利もなく、ただちに慈悲を期待できないという共通の合意もあった。

ある者はこの作戦はデンマークの最大の戦争犯罪としている一方で、他の者はドイツ兵は戦争捕虜ではなかったと唱えていると記事で述べている。地雷除去の作戦を実行したデンマーク部隊の一員だったクヌーズ・クリスチャンセンは、ドイツ軍兵士が作業に志願することで、より早く祖国に戻ることができると考えており、またより良い食糧や僅かながらも給金といったインセンティブを受けられると信じていたと言っている。ポリティカンとのインタビューで、クリスチャンセンは、デンマーク政府が地雷除去を兵士に強制したことを否定している。彼はまた、作業に参加した兵士たちは十代の若者ではなく、東部戦線で戦っていた兵士であると主張した。
Under Sandet7 
法学者であり歴史家のヘルゲ・ハーゲマンは、彼の1998年のデンマーク語の著書 "Under Tvang"」(「強制の下で:1945年のユトランド西海岸での地雷撤去)でデンマークの政策に対して重大な告発を提起した。ドイツ兵たちは作業の為に適切な訓練を受けておらず、時間と感情的なプレッシャーの下で働らかされていたと書いている。ハーゲマンによれば、ドイツ兵は「汚物」のように扱われ、成功のしそうもない作業に志願することで何百人もが死亡もしくは生涯残るような深刻な障害を負ったとしている。

<ここまで> 

なお、パウル・カウルの著書『捕虜』にはフランスで地雷除去の作業に従事させられたドイツ兵は約4万人、死亡したドイツ人の数は今もって不明であり、少なく見積もっても数千人に及ぶと書かれています。



今年もお世話になりました。来年も宜しくお願いします。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR