個人用携帯ストーブ (Esbit Kocher)

最近めっきり寒くなりましたね。私の住む某中米国某市は寒さとは無縁と思われるかも知れませんが、朝晩はダウンジャケットが必要なくらい冷え込みます。このような季節は焼酎か日本酒を飲みながら鍋でもつつきたいのですが、あいにくここでは鍋料理の食材の入手が非常に困難。いつの日か日本に帰ってちゃんこ鍋を腹いっぱい食べるのを夢見る日々です。

さてそれでは本題に入りましょう。以前「飯盒の中身」として紹介した個人用携帯ストーブ「エスビット(Esbit)」ですが、本日は単品としてスポットを当てたいと思います。

  esbit001.jpg        
エスビットはErich Schummによって1933年に設立 されたドイツの会社の名前ですが、固形燃料(Trocken-Brennstoff)やそれを使う携帯式のストーブの名称となっています。(このブログでもエスビットとは携帯式ストーブのことを指します)
エスビットの用途は上のイラストや下の写真を見れば一目瞭然ですね。上記のイラストのようにエスビットを使って糧食を温めなおしたり、コーヒー用のお湯を沸かしました。




なお糧食系の資料本「Rations of the German Wehrmacht in World War II」 によれば、エスビットは各兵士に一個支給というような装備ではなかったとのこと。野戦糧食の記事の中でも書いた通り、ドイツ軍は前線の兵士に調理済みの食事を可能な限り配給した為、個人が調理器具を所持する必要がなかったことが主な理由です。そうは言ってもやはり寒い地域で戦う兵士にとって冷めた糧食を温め直したり、お湯を沸かすのに必需品。ガソリンストーブ(Juwel 33ARARA 37)と共に支給されたようです。
ただし配給の割合はバラバラで、フィンランド北部に駐留していた山岳部隊には猟兵2人に1つガソリンストーブが支給されたとする一方でグロースド イッチュランドの中隊にはガソリンストーブ20個とエスビットが数個しか支給されず、さらに酷い例ではモスクワに近い場所にいたある歩兵部隊の将校の証言によるとガソリンス トーブの所有はゼロ、エスビットの燃料もほとんどなかったとか。
esbit33.jpg
資料本に掲載されている当時の広告です。なるほど調理以外に熱湯消毒用の湯を沸す場合にも使えますね。


esbit.jpg
エスビットの寸法は横9.7cm、縦7.4cm、厚さ2cm、薄いスチール板でできています。(なお資料本には亜鉛製とありますが、磁石が付きます)
「HIER AUF KLAPPEN!」(ここを開く) 「Mod. 9 Ges.  gesch」(モデルNo.9、Ges. gesch=Gesetzlich Geschützt,登録商標くらいの意) なお、「Esbit」の由来はErich Schumm Brennstoff  In Tablettenformの頭文字からとのこと。

esbit14.jpg
サイドパネルを開き、できた空間に固形燃料を置きます。開いたパネルは風防、調理器具を乗せるゴトクになります。

TABLETTEN AUFLAGE(タブレットをココに置く)
Hersteller (メーカー)
ERICH SCHUM (ERICH SCHUMM社)
Esbit Brennstoff-Fabrik(エスビット燃料工場)
Stuttgart-W(Wüttemberg州 Stuttgart工場製)

   esbit13.jpg
ヒンジ部分にある3つのくぼみを使えば、パネルをさまざまな角度に固定するすることが出来ます。

esbit21.jpg
このようにパネルの角度を狭めることで水筒のカップのような底の面積が小さい容器も置くことが出来ます。

 stove3.png
上記は本体に固形燃料を収納した所、下記は固形燃料(Trocken-Brennstoff)のパッケージです。

esbit29.jpg
esbit36.jpg  
一箱に20個のタブレットが入っており、箱ごとエスビットの中に収納できます。パッケージのデザインには上記以外にいくつかのバリエーションがあります。見えずらいですが下のパッケージ裏には、同社製品No.9、No.18、No.3の商品イラストが描かれています。(軍が使用したのはNo.9)

 esbit17.jpg
こちらは下のパッケージの側面のイラストですが、兵士が野外でエスビットを使うシーンが描かれています。

esbit31.jpg
エスビット本体とその紙箱です。兵士がエスビットで調理している様子が描かれています。兵士のイラストと「Der Kocher für den Soldaten」(兵士の為のストーブ)という文章から軍用モデルと言われていますが・・・うーん軍に納品するのにわざわざ専用の箱を作るでしょうか?(古今東西共通して官公庁への納入価格は徹底的に叩かれてコスト的には厳しいはずなのですが・・・)

 esbit37.jpg
上記は紙箱の4側面のイラストですが、ここに書かれているのはすべて民間人たちです。勝手な想像ですが上記のパッケージは一般人向けにも売られていたもので、兵士のイラストを載せることで戦意高揚を狙ったのでは無いでしょうか。

 esbit38.jpg
箱の裏側には使用方法とイラストが掲載されています。
Esbit ストーブモデル9のサイドパネルを開いてことで暖めることができる。固形燃料のタブレットを1つ又は2つ置いてマッチで火をつける。(図2) コーヒーカップのような小さい容器を使用する際はサイドパネルを曲げる(図1)というような意味かと。

 esbit7.jpg
こちらは本体付属のマニュアルです。このマニュアルは超入手困難の為、ネットで拾った画像を拝借しました。



esbit32.jpg
ドイツ軍で使用されたストーブ一式です。JUWEL 33、ARARA 37との比較するとそのコンパクトさがよく判ります。またもや資料本の受け売りですが、一般の兵士は火力の強いガソリンストーブを好み、装備を極力少なくする必要のある降下猟兵や山岳猟兵はエスビットを迷わず選択したというのも納得です。(あーますます鍋が食べたくなった・・・)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

個人用携帯ストーブ (Esbit Kocher) Part2

皆様こんにちは。週末ちょっと泊りがけで外出していたので、アップが遅れてしまいました。日曜日の夕方に戻ってきたのですが、土曜の朝からずっと運転しっぱなしだったので腰が痛い状態です。。。

さて、今日はネタはエスビットのパッケージのバリエーションの紹介です。
前回、エスビットに関する記事で兵士のイラストが書かれたパッケージを紹介しましたが、あちらが軍用モデルとすれば、こちらはいわば民間モデルです。

esbitciti02.jpg

このパッケージには兵士では無く、山で料理をするハイカーのイラストが描かれています。
Esbit Taschen-Kocher(エスビットポケットストーブ)には類似品が多かったのでしょうか、Esbitのロゴ上に“Original”、表裏どちらにもD.R.P(ドイツ帝国特許)の文字がこれ見よがしに印刷されています。


Rations of the German Wehrmacht in World War IIRations of the German Wehrmacht in World War II
(2010/07/28)
Jim Pool

商品詳細を見る

糧食の資料本にもこのパッケージが掲載されています。

esbitciti4.jpg   
エスビット・コレクターによれば、このハイカーが書かれたタイプは1943年にエスビットの工場がStuttgartからMurrhardtに移転した以降に作られたエスビットのパッケージとのこと。


esbitciti13.jpg

このような紙のパッケージは使用後に捨てられるか燃料として燃やされることが多いため、残存率はかなり少ないようです。

esbitciti17.jpg
パッケージの横には使用例のイラストが描かれています。

  esbitciti9.jpg  
エスビットの中に入っていた固形燃料(Trocken-Brennstoff)のパッケージは以前紹介したものと同じです。
         esbitciti6.jpg
こちらのパッケージには固形燃料のタブレットが残っていました。タブレットの大きさは3.2cm x 1.2cmで「ESBIT」の文字が彫られています。タブレットがバラバラになっていますが、本来はタブレットが5個、1ピースになったものがパッケージには2つ入っています。

 plakat-historisch-3.jpg
当時の広告にはバラバラになる前のピースの状態が描かれています。

esbitciti25-3.jpg     
軍用、民間といってもどちらも酒保、そして一般の店で売られていた可能性はあります。
先ほどパッケージは捨ててしまうと書きましたが、ついつい置いておきたくなるデザインですね。

なお、本日この記事を書こうとPCの前に座った瞬間、ボロアパートの台所の水道管が破裂∑(゚◇゚;) すったもんだしたあげくようやく水が止まりました・・・明日、仕事を休めないのにどうしよう。。。。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

個人用携帯ストーブ (Esbit Kocher) Part3

若い頃は週末や連休はよく山登りに出かけていました。当時、シティボーイ系(懐かしいフレーズですね)の友人からは、わざわざ重いザックを担いで苦労して登って、又降りるなんて何が面白いのか、エネルギーの無駄だとまで言われました。しかしハーハー言いながら長い時間かけて登り、頂上に立ったときの爽快感は登った人にしか分からず、山を降りたらすぐに次の山行の計画を立てたものです。

esbit-20.jpg
山岳猟兵、ではなく若い頃の私。この頃はなかなかいいガタイをしてますね。(今は見る影もありませんけど・・・)

しかし山は楽しいことばかりではありません。道に迷って遭難しかけたこともありましたし、突然の雷雨に襲われて一歩も動けずビバークしたこともあります。山の天候は変わりやすく、3000メートル級の山はもちろん、夏の低山でも遭難して凍死なんて事故は珍しくありません。

esbito-20.jpg  
そういったアクシデントに備え、エスビットはザックのポケットに必ず忍ばせていました。軽くて携帯しやすいエスビットは日帰りの山登りでも欠かせないアイテムでした。

さてそのエスビットですが、今回は本体及び固形燃料パッケージのバリエーションをいくつか紹介したいと思います。

esbito-1-1.jpg
左から順に旧→新となっています。左のタイプはコレクターの間では初期モデルまたは戦前モデル(Pre-War model)と呼ばれており、現在アルミ製とスチール製の2種類の存在が確認されています。
真ん中はこれまでも紹介してきたモデルで、大戦中、主に使用されたのはこのタイプです。
右のエスビットは後期モデルで、ゴトクとして使う場合に底に接触する部分が凸凹になっています。

さて、それでは初期モデルから見ていきましょう。

esbito-23.jpg  
表面にはエスビットのブランドとメーカー名(Hersteller)とERICH SCHUM社名、工場のあったStuttgartのUntertürkheimの刻印があります。


 Stuttgart-Untertuerkheim-1906.jpg
1906年のStuttgart Untertürkheimの風景


esbito-19.jpg  
初期モデルが他のモデルと決定的に違うのは、カバーやベースがパーツになっていて完全に分解できるところです。
しかしながら、固形燃料のパッケージを収納できる点は同じです。

esbito-24.jpg
裏面(かどうか分かりませんが)には組み立て方の説明とイラストが記されています。

esbito-5-2.jpg
イラストどおり組み立ててみました。カバーがゴトク兼風防になる点は以降のモデルと一緒です。


  esbito-7.jpg
こちらは本体内に収納されていたパッケージの裏に書かれたイラストです。kochengeräte und Brennstoff zum Erwärmen von Speisen, Getränken, Konservendosen, (料理や飲み物、缶詰の温めにエスビット調理器具と固形燃料)、Rasier-und Mundwasser usw.(髭剃りや歯磨きなどなど)

pzvrpfl.jpg
上記は当時の絵葉書ですが、手前にこのモデルが写っています。

真ん中のモデルは既に何度か紹介しているので端折りたいと思います。詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。


esbito-22.jpg こちらは後期モデル。カバー境目が直線から凸凹になったのは現在のエスビットに通じるデザインです。


esbito-10.jpg
実はこのモデル、大戦中に作られたとする意見と、いや、戦後だという意見に分かれています。「大戦中」の根拠は、「Made in Germany」(戦後だと「Made in W-Germany」のはず)と「D.R.P(ドイツ帝国特許)」(戦後は使われなくなった)の二つの刻印となっています。
その一方で「戦後」と主張する理由は、そもそも戦争の真っ只中に輸出用に作ること自体が有り得ない、戦後の混乱と物不足により戦前の機械を使った・・・などがあります。

さて「エスビット」とは本体のみでなく、固形燃料も指す名称でもあります。この箱にもバリエーションがあります。

 esbito-11-12.jpg  
左上からZの字に旧→新となります。エスビットのロゴ、炎のイラストにも微妙な違いがありますね。


esbito-12-12.jpg  
こちらは裏面のデザインです。一番新しいタイプは固形燃料が擬人化されているところが興味深いです。


esbit17.jpg

esbito-26.jpg

上記は下段二つのパッケージの側面には、兵士のイラストが描かれています。(これも“大戦中に作られた”の根拠となっています)


esbito-16.jpg
こちらのパッケージには固形燃料が袋に入った状態で残っていました。4分割になるブロックが6個入っています。4x6で24タブレット・・・あれ?パッケージに20タブレットと書いてあるのは何故??

なおネットでエスビットを調べていたら、大戦中のパッケージをスキャナーで取り込んだものを見つけました。
これを厚紙に実物大にカラープリントして箱を作れば雰囲気はばっちりです。

高解像度バージョンをダウンロードできるリンク先を張っておきます。
http://www.panzergrenadier.net/forum/viewtopic.php?f=82&t=17355

esbito-27.jpg esbito-28.jpg

エスビット、個人的には大好きでついつい集めてしまいたくなるアイテムです。(で、下のようになりました)

esbito-01.jpg



FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

個人用携帯ストーブ (Esbit Kocher) Part4

皆様こんにちは。近くの火山が噴火してどえらいことになっています。自宅から火山はたった50キロしか離れておらず、火山灰の降灰範囲です。まさか溶岩が飛んで来るなんてことは無いでしょうが、このまま噴火が続けば灰害で生活も困難になり、最悪の場合に避難勧告・・・なんてことになったらコレクションを置いて帰国しなければなりません。主人のいなくなった家がどうなるか・・・考えるだけでも恐ろしいです。
(怖いのは土石流や火砕流だけではない、噴火の最大の被害は「火山灰」→こちらのサイトを参照)
 
さて気を取り直して、本日紹介するのはエスビット携帯ストーブです。これでエスビットに関する記事はいくつ目でしたっけ?(Part 4と書いているのにわざとらしく聞くなと)

esbit_alu-2.jpg  
こちらは以前紹介した初期モデルのアルミニウムタイプです。
 
esbit_alu-1.jpg  
反対側です。使用方法と組み立てた時のイラストが載っています。

追記: こちらは海外のフォーラムでロシアのコレクターによってアップされたスターリングラード近郊で見つかった発掘品の写真ですが、その中に初期モデルのエスビットを見つけました。

esbit_05.jpg

esbit_04.jpg  

esbit_06.jpg
アルミ製なので70年間地中にあっても錆びずに残っています。


esbit_01.jpg
既出の鉄製エスビットとアルミ製を並べてみました。最初はアルミ製でその後に鉄製になったのか、平行して作られてたのか判りませんが、最終的にはこのタイプは製造中止となり、おなじみの形に変わります。
しかし製造年の違いでしょうか?今回のエスビットは横の鉄製とも発掘されたアルミ製とも微妙にデザインが違いますね。

以前鉄製のエスビットの日記で紹介したとおり、一般に知られているエスビットとは組み立て方が異なります。

esbit_alu-07.jpg
本体は写真のように3つに分離します。


esbit_alu-10.jpg
このように組み立てます。慣れれば数秒で組み立てられますが、後に発売されたタイプは更に簡単ですね。

これらは70年経っても使用上なんら問題なく、災害時には役に立ちそうです。(燃料があれば、の話ですが)
esbit_03.jpg
以上でエスビットの紹介を終わります・・・と、これで締めるのはちょっと味気無いので、他にもコレクションの中で災害、特に火山噴火時に役に立ちそうなグッズをいくつか挙げてみました。



hangou41.jpg    
■ 水筒と飯盒セット

災害時は水の確保が最も重要です。水筒に水を満たして家族に一つずつ渡します。カップは食器として使えそうです。
飯盒は食器としてはもちろん飯を炊いたり、インスタントラーメンを作るのに使えます。



gasmask55-2.jpg ■ ガスマスク

顔全体をすっぽり覆うので防塵ゴーグル・フェイスマスクの役目を果たしてくれます。問題は製造後70年経ったフィルターが役に立つかどうかですが、ペラペラのマスクよりはましかと。



zelt39-06.jpg ■ 毛布やツェルトバーン

毛布は防寒用、ツェルトバーンはテントになり、ポンチョとして着れば火山灰から体や衣服を守ることができそうです。



■ スコップshovel0.jpg

屋根に振り積もった灰は雨に濡れると家屋を押しつぶすほど重くなるので除灰作業が必要になります。
あと、"ヒャッハー"な世界になった時、身を守る武器としても使えそうですね。



jurry011.jpg ■ ジェリカン

水やガソリンの備蓄・運搬に使えます。
さらに簡易テーブルや椅子にもなります。



一方、使えそうで使えないモノもあるのでついでに。

■ M35ヘルメット

M35h1.jpg

戦場じゃないし、これは重すぎ。まぁ、火山弾、噴石がびゅんびゅん飛んでくるようなシチュエーションなら別ですが。(もちろん直撃を受けたらヘルメットしてようがアウト)


■ 懐中電灯


 FL4.jpg FL18.jpg  

これは電池がアレだし・・・


■ 無可動実銃とか・・・

略奪しに来た輩に対して脅しになるかも知れませんが、この国は加工実銃持っている奴たくさんいるからなぁ。。。

以上、半分冗談みたいな内容になってしまいましたが、最近こんなニュースもありますし、備えあれば憂いなし。
お互い気を引き締めていきましょう!


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR