M30ガスマスク (Gasmaske 30 mit Blechbüchse)

German Army gas protection equipment includes an M30 gas mask with canister (openable lid).Although gasmask is typical equipment such as "White elephant" in WW2, Werhmacht kept surpplying it by the end of the War. There are some valiation of gasmask and canister. Below cotton canvas made model(M30) was issued in 1930 and another rubbered model(M38) was in 1938.

今回の日記は、M30ガスマスク(Gasmaske M30)です。ガスマスク・収納缶には色々なバリエーションがあります。

M30GASCAN16.jpg    
左がショート缶(37年製)で右がロング缶(38年製)です。ガスマスクは共に布製のM30となっております。ロング缶の方が3cm長いのは、38年に採用された新型ガスマスクが折り曲げ難いゴム製でショート缶だと収納できない為、後に規格されたと言われております。

aky.jpg
『お休み中・・・』(注:集団××ではありません) ショート缶、ロング缶が混在していますね。ショート缶は順次ロング缶にランニングチェンジされていきましたが、戦争終了まで混在は続きます。

フィルターの通気孔の形状に注目。ショート缶のガスマスクのフィルターは網目、ロング缶のは放射線状の筋になっています。網目の方はFE37、放射線状の方はFE41というタイプなのですが、後に作られたFE41の方が、若干下部が出っ張っていますね。FE41でショート缶に入れようとしたら、フタが閉まりませんでした。これもロング缶が採用された一因かも知れません。

額のところに印字された数字はサイズを表しており、1から3の三種類がありました。(1が大、2が中、3が小ですが、違いが判りませんね・・・)

P7256272.jpg
上蓋には予備のレンズを収納できます。

P7256270.jpg
缶の底には、クリーニング用布が金具で固定されています。

P1017805.jpg
ガスマスクと収納缶には白もくしくは黒で番号がペイントされています。だいたい3桁、多くて4桁の数字でマスクと収納缶の番号は一致していて、兵士のID番号ではなく、部隊(大隊)の備品番号になっています。今で言う固定資産Noみたいなものでしょうか?

08112007014.jpg
写真は“Soldbuch”という兵士の身分証明書の8ページ目です。このページには支給された装備(小銃・ピストル・ヘルメット・スコップなど)の種類、番号、支給日が記録されるようになっております。“Gasmaske”の項目を見ると過去3回『553』『486』『74』のナンバーのマスクがこの兵士に支給されたことが判ります。なおガスケープも『486』のガスマスクと同時に支給されています。(青色のスタンプの項目)

sor.jpg
白字の番号が見えます。
 
毒ガス攻撃は非人道的とされ、第二次大戦では枢軸・連合国どちらに対しても行われませんでした。第一次大戦の後遺症が鮮明な初期ならともかく、末期になってもガスマスクを必携としたドイツ軍の「毒ガス恐怖症」は相当なものだったと言えますね。(重い・デカいコレが無ければ、ひょっとして勝てたかも・・・?)

「ガス攻撃なんてこの時代に有り得ね~」なんて思ったのでしょうか、中身(ガスマスク)をさっさと捨てて、余った糧食やご禁制品(ヒロポン?)を運ぶのに缶を使っていた輩もいたようです。

P1017789.jpg
恐怖の抜き打ち検査(やべ、もうすぐオレの番だよげっそり

結局、毒ガス攻撃から身を守るという本来の目的には使われませんでしたが、他の使用例は当時の写真に見ることができます。
20090212.jpg

699d030efeb2.jpg
まったく役に立たなかったというわけではなさそうです。ほっとした顔


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

M30ガスマスク (Gasmaske 30 )

前々回の日記で35年モデルのM30ガスマスク用収納缶に入っていたマイク用コネクターのあるM30ガスマスクをチラッとお見せしました。あれから色々と調べてみてこのガスマスクについて少し判ったので報告させていただきます。なお今回の記事はドイツ軍装コレクターであるTom氏の協力を得て作成しました。

M30GASCAN45.jpg   
右側の頬にはマイク用コネクターが付いており、普通のガスマスクとは一線を画しております。なおこのタイプはドイツ海軍(Kriegsmarine)で使われたものと言われています。

ドイツ海軍といえばUポート、Uボート言えば映画『Das Boot』ですね。
Das_Boot.jpg
第二次世界大戦中の1941年秋、ナチス・ドイツの占領下にあったフランス大西洋岸のラ・ロシェル港から、1隻のUボート「U96」が出航する。彼らに与えられた任務は、大西洋を航行する連合国側の輸送船の撃沈であった。報道班員のヴェルナー少尉はUボートの戦いを取材するため、歴戦の艦長と古参のクルー、若者ばかりの水兵を乗せたU96に乗り込む。荒れ狂う北大西洋での孤独な哨戒航行、思いがけず発見した敵船団への攻撃と戦果、深海で息を潜めながら聞く敵駆逐艦のソナー音と爆雷の恐怖、そして目の前に突きつけられた死に行く敵の姿…。長い戦いに皆が疲れ、クリスマスには帰港できることを願うが、母国から届いた指令はイギリス軍の地中海要衝であるジブラルタル海峡を突破してイタリアに向え、という非情なものであった。中立国スペインのビゴにて偽装商船から補給を受けたU96は絶望的な戦いに赴く。艦長、ヴェルナー少尉、そして乗組員たちの前には過酷な運命が待ち受けていた。
<Wikipediaより>

Das Boot (Uボート ディレクターズ・カット) [DVD]Das Boot (Uボート ディレクターズ・カット) [DVD]
(1999/11/26)
ユルゲン・プロホノフ、ヘルベルト・グレーネマイヤー 他

商品詳細を見る

そういえば映画の中でも敵の駆逐艦に狙われて深海で動けなくなった時に、酸素を補給する為にガスマスクを付けたシーンがあったような。

BootWerner3.jpg
調べてみたら付けていたのはガスマスクではなく、酸素マスクでした。(酸素が薄い状態だから当然ですね)

余談ですが、子供の頃にこの映画をテレビ(洋画劇場)見たのですが、男だけのむさくるしい潜水艦という密閉空間の中で繰り広げられるドラマに非常に感動したことを覚えています。今でも戦争映画の最高傑作は?と聞かれたら、この映画と『大脱走』のどちらか小一時間迷ったあげく“うーんやっぱり両方・・・”と答えてしまうほどです。

M30GASCAN14_20121209053533.jpg
こちらはマイク用コネクターのクローズアップ写真です。直径3cm、間口2.5cmのコネクターが付いています。

それではTom氏からお借りしたコネクターに取り付けるマイクケーブルの画像をここで紹介させていただきます。
実はこの画像はTom氏のサイトでもまだ公開されていないのですが、許可を得て当ブログにて掲載させていただきます。
Tom-san, thank you very much for providing  photos of your valuable collections!

M30GASCAN35.jpg 
こちらがコネクターに接続するマイクケーブルです。片方はガスマスクに取り付けるアダプター、もう片方はオーディオのジャックになっています。

M30GASCAN36.jpg  

マイクケーブルをガスマスクに取り付けた状態です。

M30GASCAN37.jpg
こちらはオーディオジャック側を接続する中継ユニットとヘッドセット(sprechgarnitur)の画像です。

M30GASCAN38.jpg
中継コネクターのクローズアップ。“Gasmaske”の差込口にオーディオジャックを接続します。

Feldfernsprecher_FF33.jpg  
そして中継コネクターの“Telefon”の接続先はこのような野戦電話(Feldfernsprecher “FF-33”)になります。なるほど、これでガスマスクをしたままでも電話ができるということですね。ということは海軍に限らず、陸軍・空軍でも使用された可能性もあります。


M30GASCAN39.jpg

海外コレクターがネットにアップしていた画像を拝借しました。

もしかして海軍を表す“M”がどこかに無いかとマスクの内側を探してみました。
M30GASCAN42.jpg
ライヒスヘーア時代のヴァッフェンアムトと数字は見つかりましたが、“M”の記号はどこにも見つかりませんでした。


M30GASCAN43-1.jpg  
ところでガスマスクの刻印を探している時に気が付いたのですが、このM30ガスマスクにはサイズを表す数字のスタンプが額のところありません。

P1017807.jpg
通常はこのようにサイズを表すスタンプが押されているのですが・・・
M30GASCAN41.jpg
サイズスタンプは内側にありました。“1”のスタンプが見えるでしょうか?Tom氏のサイトにも額にサイズスタンプが無いガスマスクが掲載されています。

なおTom氏によれば、マイクコネクターが付いたM38ガスマスクもあるとか。(写真を送ってもらいましたが、あまりのレアアイテムゆえにオーナーである彼より先に公開はまずいかと・・・)私もいつか幸運に恵まれてゲットすることができればアップしたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR