M31雑嚢 (Brotbeutel 31)

WW2 Gernan issued Bread bag M31 is made by cottone canvas and leather parts. Normally Bread bag are carried on the waist belt with two belt straps and hook. Canteen and mess kit are hooked with the D-rings and leather loops. The bread bag was used to carry rations, eating utensils and other assorted personal items.

ドイツ兵の雑嚢(Brotbeutel 31)です。
 breadbag1.jpg

1/35ミニチュアフィギュアにはこいつが必ず付属していましたね。
タミヤのはなかなかの出来で、それぞれの兵士の腰にピタっと合うように造られていました。
まずは雑嚢を本体に接着、その上に水筒という作業を何十回、何百回繰り返したことでしょう。
breadbag2_20120121192731.jpg  
独語でBrotbeutel、英語でBreadbag直訳すると「パンを入れるカバン」になります。文字通りパンやレーションなどの糧食の収納以外に個人用装備を持ち運ぶのにも使われていました。

初期型・中期型を並べて写真に撮ってみました。

breadbag4_20120121192904.jpg
形はほぼ同じですが、左側のベルトループに補強革があるものが初期型です。
写真にはありませんが、44年型と呼ばれるモデルはクリーニングキットか収納できるポケットが付いております。

当時の写真を見ると、中のもので雑嚢が結構膨らんでたりしてます。当然中身が気になりますね。
P1017760-1.jpg  
手前の兵士の雑嚢の膨らみが気になります。

ある方がブログで雑のうの中身を再現されておりましたので、自分もマネしてコツコツと集めてみました。
ブレッドバックと個人装備
ところが案の定、途中で挫折。揃えるのはなかなか大変で、それなりの資金と根気が必要です。
見た目は小さいのですが、この位の量なら余裕で入ります。むしろ中身か少ないと走った時にぶらぶら踊るので、衣類やタオルなどある程度のものを、詰め込んだ方が安定するような気がしますね。

雑嚢には、Dリングが表・裏付いており、ストラップや水筒を引っ掛けることができます。

breadbag7.jpg
水筒と飯ごうを付けた図


    breadbag6.jpg
ストラップを付けた図


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

M31雑嚢 (Brotbeutel 31)

今日は母の日ですね。(あ、時差の関係で日本とは一日ずれております) 
お母さん、毎日毎日、仕事に家事に大変ご苦労様です。我々男共が趣味に没頭できるのも、お母さん(奥さん)、あなたの御蔭です。本当に感謝します。

さて、愛妻家である私は帰宅途中、カーネーションの花束を買って帰りました。普段しないことをすると、またくだらないモノを買ったのかと問い詰められると思いきや、素直に喜んでいただけたようで、いつもブログに載せる写真を撮るのに決まって嫌~な顔をされるのが今日は何も言われませんでした。

そんなわけで、るんるん気分で本日ご紹介するのはM31雑嚢(Brotbeutel 31)です。


B-Bag_17.jpg  
雑嚢は以前も記事にしていますが、今回は極初期のタイプとなります。
 
 
B-Bag_02.jpg
製造年のスタンプが無いので、いつ作られたものか分かりませんが、ベルトループの補強革、青味がかったフィールドグレイという特徴から1940年以前の雑嚢のようです。



B-Bag13-01.jpg
ベルトループの補強革の裏側です。写真では判りづらいですが、緑色っぽい色で塗られています。



B-Bag_04.jpg

以前紹介した初期型の雑嚢と並べてみました。色の違いがはっきりと判ります。

極初期型と初期型のパーツ比較です。

【ベルトフック金具】
B-Bag_20-1.jpg  B-Bag_23-1.jpg
 

【Dリング】
B-Bag_19-1.jpg   B-Bag_22-1.jpg


【ボタン】
B-Bag_26.jpg   B-Bag_27.jpg
極初期型(左)はDリングやベルトフック金具がアルミ製ですが、初期型(右)は鉄製です。ボタンもアルミ製から真鍮製に変更されています。これは何度も書いていますが、貴重な航空資材であるアルミニウムを温存する為です。


さて、これまで極初期型と説明してきたこの雑嚢、実はある秘密があります。

皆さんいいですか?

それでは、いきますよ・・・


1、2 の・・ bann1.jpg  
       
 
B-Bag03.jpg

な、なんと、実は M44雑嚢 でした~

というのは、です。っていうか、軍装に興味が無い人にはさっぱり?なネタですみません。m(_ _)m

B-Bag_28.jpg
どうやら、ツェルトバーンの切れ端を貼り付けてポケットを作ったようです。


B-Bag_29.jpg
この通り、M34クリーニングキットがぴったりと収納できます。

  2_20120116141039.jpg
こちらはM44雑嚢です。ひょっとして、上の雑嚢を真似て作ったんじゃ・・・ なーんてことは無いでしょうが、雑嚢でクリーニングキットを運搬する際に糧食とはちょっと一緒にしたくないという必要性から生まれたアイデアだと思います。このような戦場で兵士によって手を加えられたものは「Field made」と呼ばれています。前回紹介した鉄製バックルもそうですね。

B-Bag_30.jpg  
上蓋の裏には「III./A.R.9」というスタンプが押されています。A.R.はArtillerie Regimentの略なので、「第9砲兵連隊第1大隊第3中隊」の所有物だったようです。


B-Bag_12.jpg
このようにクリーニングキット(あとエスビットも)を分けて収納できれば糧食がオイル臭くならなくてすみます。
ところで雑嚢の中身を以前日記にしましたが、あれからアイテムも少しずつ増えたのでいずれ更新したいですね。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M31雑嚢 (Brotbeutel 31) 熱帯用

こんにちはエーデルマンです。
最近は一人きりで過ごすクリスマスを〝クリぼっち〟と言い、家族や恋人と一緒でなくても楽しむ方法もあるようですね。私が若い頃(バブル時代)、クリスマスの夜を恋人と過ごせない人間の価値はゼロに等しく(嘘)、ひたすら息を潜めながらクリスマス、特にイブが過ぎるのを待ったものです。ちなみに日本でクリスマスを恋人と一緒に過ごすことが勝ち組とされるようになったのは、1980年代の始めだそうです(山下達郎の「クリスマス・イブ」が発売された1983年頃でしょうか?)

前置きが長くなってしまいましたが、本日は熱帯用のM31雑嚢(Brotbeutel 31)を取り上げたいと思います。

Breadbag_TP1.jpg
形は一般の雑嚢と変わりませんが、革製パーツがコットン(ウェブ)製になっています。乾燥した場所では革は傷みやすく、長持ちさせる目的でコットンを使用したと思われます。


Breadbag_TP7.jpg 
Breadbag_TP6.jpg 
このように力のかかるバーツは、しっかりと織り込んだウェブでできています。
革だと経年で脆くなっている場合がありますが、70年以上前でも非常に頑丈です。

Breadbag_TP2.jpg
後ろ側のDリングパーツにもコットンが使用されています。



Breadbag_TP3-1.jpg  
"Ernst Melzig LIEGNITZ 1942" のスタンプが残っています。




Breadbag_TP12.jpg 
こちらのパーツも全てコットン製ですが、中央のベルトが革製のバリエーションもあります。

Breadbag_TP8-1.jpg  
こちらはオールコットンのストラップです。写真には写っていませんが、スタンプ(判読不可能)が押されています。

Breadbag_TP9-1.jpg  
金具部分のクローズアップ。

Breadbag_TP14-2.jpg


本来クリスマスは家族と過ごすもので、日本のようにカップルで過ごす習慣は欧米はもちろん、非キリスト圏でもほとんど無いようです。(日本では家族と過ごすのは正月という文化があるからかも知れませんが)

さて、北アフリカ前線に派遣された兵士は、家族からは遠く離れた土地でどんな思いでクリスマスを過ごしたのでしょう。
Breadbag_TP15.jpg 
Fröhliche Weihnachten!!


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR