M36野戦服 (Feldbluse 36)

M36 German EM/NCO field tunic (Feldbluse 36) was released in November 15 1936. The outlook of M36 is almost same as M35 which is previous model and with 5 buttons and bluish green coller. This M36 is still in good condition and no moth halls and repairs. This tunic was tipically modified to shorten tunic length.

M36野戦服(Feldbluse 36)について書いてみたいと思います。

feldbulseM36.jpg  
写真の野戦服は1936年11月15日付けで採用されたタイプで、一般的には“M36”と呼ばれています。
M36の大きな特徴は緑色の襟と5つボタンですが、実はM36以前の野戦服も外観上はほとんど同じ。
専門書「FELDBLUSE」によるとライナーの形状を見れば、M36とそれ以前のものを識別できようです。
ちなみに、ライナーが背中全体を覆うようになっているのがM36とのこと。
(もちろん製造年のスタンプが残っていれば難なく見分けられますが・・・)

この野戦服は汗やしみ・汚れが目立つ状態ですが、虫食いも少なく保存状態は良好と言えるでしょう。

 P1017735.jpg
襟章のストライプの色は濃緑色です。元々は兵科をこの細い線の色で判別していましたが、1938年11月26日付をもって、共通色の濃緑色が使われるようになりました。

P1017733.jpg  
左の袖には階級を示すV字の記章があります。一重のトレッセ(飾り帯)はGefreiter(上等兵)を表すようです。

P1017739.jpg  
左胸のポケットには勲章が二つ。上が歩兵突撃章、下が戦傷章。
そして第二ボタンホールには二級鉄十字章のリボンが佩用されています。

この野戦服の持ち主は歴戦の兵士だけではなく、結構“シャレ者”だったようで、襟は将官服と同じ先のとがったものに取り替えられ、さらに丈を短くする為の改造もされています。

 P1017746.jpg
腰ポケットの位置を「FELDBLUSE」掲載の無改造品と比較しました。ポケットの位置を持ち上げることで“ザイテンハーケン”ことベルトフック用の穴が一つ隠れてしまっているのがわかります。


suspender4.jpg  
裏側から。“トラーゲグルテ”こと内蔵サスペンダーが見えます。これを使えばYストラップが無くてもベルトフックだけで装備品を支えることができます。

 P1017560.jpg
包帯を入れるポケットも付いています。

M36野戦服はドイツ軍の栄光と共に歴史を歩み続け、1940年に改定された後も、多くのドイツ兵・特に古参兵や将官は緑色の襟に拘り、M36もしくは似せて改造したものを着ていたようです。

IMG.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

M40野戦服 (Feldbluse 40)

M40野戦服(Feldbluse 40)です。M36野戦服の改定版で1940年春ごろから生産開始され、1941年5月26日付け通達で6つボタンのM41野戦服が登場するまで生産が続けられました。

M40 tunic11   
M36野戦服とほぼ同じ作りで、ボタンの数も5つです。
大きな違いはやはり襟の色でしょう。M36野戦服は濃緑色ですが、こちらは本体生地と同じフィールドグレイで作られています。

M40 tunic12  
襟章は台布上に兵科色(白=陸軍)のラインが入ったタイプが取り付けられています。
M40野戦服には通常、濃緑もしくはマウスグレーのラインの共通兵科色の襟章がつけられており、手縫いのあとからも戦後にコレクターにより取り付けられたものと思われます。

M40 tunic13  
肩章にも陸軍を表す白いパイピングが入っています。

M40 tunic14  
国家鷲章

M40 tunic15  
階級袖章。二重のトレッセは兵長を表します。

M40 tunic5  
かろうじてスタンプが残っています。この服は胸囲90cmで41年に作られたことが判ります。

この野戦服、肘や袖に大きな穴や引っ掛けて作った破れがたくさんあり、それを裏側から布を当てて修理した形跡があります。当て布が同じフィールドグレイの布地を使用しており、隠れた部分の起毛状態がまるで新品の野戦服のようになっていることから恐らく戦場で兵士の手により施されたものと思われます。

M40 tunic10   
徽章初付け、ミントを好むコレクターが多い為か、このような状態の野戦服は比較的安価で入手できます。
そして私はこのような戦場を経験した“野戦服”の方が好みなのです。

German soldier in Stalingrad_ Russia_ Nov 1942

IMG_0001.jpg
戦場で着古されてボロボロになっている方がカッコいいと思うのは私だけでしょうか?


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M42野戦服 (Feldbluse 42)

日本からハンドキャリーしてきた数点の中にM42野戦服(Feldbluse 42)があったので、アップしたいと思います。

前回アンクルブーツでは戦争末期の悲壮感が無いと書きましたが、このM42野戦服が採用された42年ごろから徐々に生産性や実用性を重視した省略化が行われ、決定的な敗北を喫するスターリングラード以前と言えども、なんとなく当時の逼迫した状況が、この野戦服を見ていると伝わってくるような気がします。 


M42-01.jpg  
M36/40からの大きな変化点は、ウールに対するレーヨン混合率が上がった為、補強の為にボタンが6つに増えたこと、そしてポケットのプリーツが省略された点です。

M42-02.jpg  
背中側もはそれほど大きな変化はありません。


 M42-04.jpg
インナーは内蔵サスペンダーが廃止され布製のタブに代わっています。
 
M42野戦服に関しては現物が少なからず残っており、特にレアアイテムというわけではありませんが、M36からM44まで多くの野戦服が戦争終了時に徽章を一度外され、再度取り付けられている中で、この野戦服は工場出荷時のまま、いわゆる初付けである点が最大の特長です。

M42-05.jpg  
襟章およびトレッセはミシン縫い、胸の鷲章はジグザグ縫いとなっています。
戦後に当時の縫い付け方法で、取り付けられた可能性もありますが・・・まぁ雰囲気的にOKかと。

M42-6.jpg  
胸ポケットです。フラップの波形状がまだ余裕を感じさせます。(こちらは次のM43で省力化されフラットな形になります)

M40のところで、野戦服は着古してヨレた状態が好きだと書きましたが、このM42もつぎはぎだらけ私好みの一着です。

awaiting-orders.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

迷彩アノラック (Tarnungs Jacke)

世界で最初に迷彩服を大規模に兵士に支給したのは武装親衛隊ですが、陸軍もM31ツェルトバーンや防寒服(アノラック)スモック等に迷彩柄を採用し前線の兵士に送り届けます。
当時、世界最高の染料工業レベルのドイツでさえ迷彩プリントを施した布地を大量に生産するのは大変で染料の開発とプリント、固着技術の向上には並々ならぬ努力が必要であったと思われます。
考え抜いて意匠された迷彩効果は抜群で、兵士が止まっている状態であれば周囲の環境に溶け込むことができました。

 3_20110731110527.jpg  4_20110731110532.jpg
オークリーフパターンの迷彩服を着た親衛隊兵士は周囲の環境に完全に溶け込んでいます。
(『ドイツ武装親衛隊軍装ガイド』並木書房より 事情があって、わざとボケさせています・・・)

武装親衛隊の迷彩パターンについては全くの素人なので、詳細は『ドイツ武装親衛隊軍装ガイド』を参照下さい。

それでは守備範囲の陸軍の迷彩パターンに話を戻すことにしましょう。

28.jpg  21_20110731124636.jpg
上記はBuntfarbenaufdruck、通称スプリンターパターン(“破片”パターン)と呼ばれている迷彩柄で30年代初めライヒスヘーア時代に開発されました。

8 low data

スプリンターパターンは1931年にM31ツェルトバーンの迷彩柄として採用され、1935年に国防軍(ヴェーアマハト)に変わった後もツェルトバーンの他、スモックやヘルメットカバーなどの迷彩柄として1945年の終戦までドイツ兵のカモフラージュに一役も二役も買います。

Grenadiers koloriert
スプリンターパターンのヘルメットカバーポンチョ(ツェルトバーン)を着用した兵士。

そして1943年にはスプリンターパターンをベースにエッジにぼかしを入れ、タンイエローとダークグリーンをベースとした新たな迷彩柄ウォーターパターン(sumpftarn 43)が開発されます。

32.jpg
新たに考案されたこの迷彩柄は、スプリンターパターンが使用されていた衣服・装備のほとんどに採用されました。
(唯一の例外はツェルトバーンでしょうか?)
バリエーションとしてはエッジをさらにぼかし、色合いを少し濃くした44年型パターン(sumpftarn 44)があります。

30_20110731182707.jpg  
色合いの差です。左が43年型で右が44年型です。

このウォーターパターンが適用された代表的な被服が、43年に導入されたアノラック(Tarnungs Jacke)です。

Camojacke1.jpg
Camojacke3.jpg

中綿が入ったアノラックは、フードつきでウエストが絞れるようになっており防寒性に優れたデザインです。
9月15日から4月15日まで部隊単位で兵士に貸与という形で支給されたようです。
ちなみに、このアノラックのウォーターパターンは44年型と思われます。

Camojacke4.jpg  
Camojacke5.jpg
リバーシブルで裏返して着れば白の迷彩色となります。ボタンやインナーベルトも白色にカモフラージュされています。
上着と同じ迷彩が施されたズボンもあります。

防寒着として野戦服の上に着用する為、階級・所属部隊がわかるよう袖に肩章を取り付けられるようになっています。

11_20110726131810.jpg  12_20110726131822.jpg
袖の紙製ボタンで右側の写真のように肩章を取り付けることができます。

23_20110731171104.jpg
カモフラージュの効果が薄れるもしくは面倒なのか、実際に袖に肩章を付けている写真はほとんど見かけないのですが、グロースドイッチュランドのようなエリート部隊はきちんと着用しています
(『グロースドイッチュランド師団写真史』より)

迷彩効果を最も必要とする狙撃手にも当然支給されました。

anolack5.jpg   ZF41-8.jpg
(『THE K98K RIFLE』より)

しかしながらZF41狙撃用スコープでも紹介したゼップ・アラーベルガーの従軍記「IM AUGE DES JAGERS」(邦題『最強の狙撃手』Albrecht Wacker著)にはこんな記述もあります。

最強の狙撃手最強の狙撃手
(2007/03)
アルブレヒト ヴァッカー

商品詳細を見る
 
(本文)
    運ばれてきた物資の目玉は新型の冬用迷彩アノラックだった。 なかに綿を詰めたコットンの服で必要に応じて裏返して着ることができた。一方は雪用の白、もう一方は雪のない季節用に迷彩模様がほどこしてある。ところが、この防寒服に抱いた当初の期待はみるみる萎んでいった。・・・・引用終了

ゼップたちが落胆した点は、
―表面生地が破れやすく、雨天時や水につかった時、そこから水が浸入。水分を含んだ中綿は重くなって
  気持ち悪く、最悪体温を奪ってしまう。厳冬期には濡れた中綿は凍ってしまうこともあった。
―毛羽立った綿がシラミなどにとって隠れ家となり、「しらみつぶし」が困難。
―着膨れするアノラックを野戦服の上に着た為、少しの運動で汗が出て風邪を引く者が続出した。
―春になり何万着も捨てる(回収?)するのに時間がかかり師団の退却行軍が遅れた。
                                                               などなど・・・・

結局、ゼップが所属していた第三山岳師団では迷彩アノラックの着用は終戦までご法度となったようです。

Bundesarchiv_Bild_183-2005-0519-500.jpg


“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
(1999/05)
トーマス マックギール、レミー スペツァーノ 他

商品詳細を見る

『グロースドイッチュランド師団写真史』にも、このアノラックの最大の欠点は雪用の面が汚れやすく、すぐに迷彩の意味を失うこと、水分を含むとなかなか乾かないことと書かれています。

多くの欠点が指摘されるアノラックですが、中期以降の写真には着用している兵士の姿も多いということはやはりマントと比べて迷彩や防寒機能の点で優れていたと個人的には思うのですがいかがでしょう?

19_20110731222657.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

官給セーター (Schlupjacke)

この趣味を続けていると、時々表から見えない部分がどうなっているか興味が沸いてくることがあります。
その中でも、ドイツ兵士が野戦服の下に何を着ていたのかが大変気になります。

こういう場合、やはり当時の写真を手がかりにするのが一番です。
戦場では野戦服をかっちりと着ている兵士も、兵舎ではリラックスできるのでしょう、上着を脱いでいる写真を多く目にすることができます。

17_20111002072832.jpg

4_20110806134041.jpg
定番のヘムト(シャツ)以外に下着の上に直接セーターを着ている兵士も多く、年間を通じて朝晩が冷えるドイツでは毛糸のセーターは必需品だったと思われます。

必然的に東部戦線の兵士もセーターを着ていたと考えて差し支えないでしょう。

SWEATER3.jpg  
最も一般的なセーターはM36野戦服と同時期に支給された「36年型セーター」です。(こちらはレプリカです)
Vネックと袖の部分にグリーンのラインが入っているのが特徴です。
Vネックではなく、丸襟になっているタイプ、タートルネックタイプのセーターも存在しております。

6_20111002072723.jpg
そして、こちらは36年型のバリエーション?と思われるセーターです。

P1019257.jpg
タグにはメーカー名(Th.Elzner BERLIN)と、GR.3(サイズ表示)があります。

5_20111002072724.jpg
36年型セーターとの比較。つくりはほぼ同じですが、グレー色がより濃くVネックの緑のラインの幅も違います。

7_20111002072723.jpg
袖にあるラインの幅は全く同じです。

このセーターはドイツ軍オリジナル品ということで海外オークションに出品されていました。
商品説明には、米国陸軍第101空挺師団第506落下傘歩兵連隊A中隊にいたJohn Grossoという兵士がバストーニュで捕虜にしたドイツ軍兵士から奪ったセーターとか。
本当の話だったらスゴイですが、101空挺うんぬんはハナから信じず、当時の写真を片っ端から調べました。

20_20111002085841.jpg
白丸内の2人の兵士のセーターをご覧下さい。
左側の兵士が着ているセーターのVネックのラインは、隣の36型と思われるラインの幅よりも明らかに太くなっています。
ただし、1番最初の写真に写っている手前の兵士が着ているカーディガンと同じ可能性もあります。

8.jpeg
では、こちらはいかがでしょうか?
左側(36年型)に比べ、右側に立ってこちらを向いている兵士のセーターは色が濃くラインも太く見えます。
しかし斜めからの写真なので、ラインが曖昧でいまいち確信に至ることができません。

19.jpeg
これだ!中央のアコーディオンを持った兵士のセーターのVネックラインは明らかに太い!

・・・しかし、まだ何かが引っかかります。


そこで、セーターの写真を白黒にしてみました。

21_20111002094659.jpg  
あー!!ラインが消えた!!(実際白黒にしたのは、出品写真です)
カラー写真だとはっきりと判るラインも、白黒だとご覧の通りです。もう一度、さっきの写真と見比べてみましょう。

右端の正面を向いている3名が着ているセーターと似てます、いや同じと言って過言ではないのではないでしょうか??
22.jpeg

これでやっと、入札するふんぎりがつきました。
そしてそれから約半月後、このなんとも人騒がせなセーターを無事に入手することができたのでした。(めでたしめでたし)

・・・と今回やや無理やりまとめた感が否めませんが、こういうことは本人が納得していれば良いのです。
さて、お次は101空挺師団のJohn Grossoなる兵士について調べてみるとしますか。

24.jpg 


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
NEXT≫
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR