fc2ブログ

雑嚢の中身 ~身嗜み編~

雑嚢はその名前のとおり、本来は雑多な物を入れる袋で、時と場所そして兵士個人の嗜好によって中身は千差万別であったと思われます。参考となる当時の写真も雑嚢こそは写っているものの中身は推測する他ありません。
(背嚢のようにガイドラインがあれば良いのですが・・・)
そんな中、STEINER氏のHPを参考にコツコツ集め始め、困難だったいくつかのアイテムを入手してようやく人様にお見せできるようになったのでアップしたいと思います。

all2.jpg    

第一回は「身嗜み編」ということで兵士のグルーミンググッズを中心に紹介します。

TOWEL.png 
まずは軍用タオルから。青い線は陸軍(Heer)仕様とされています。H.U.と鷲章は毛布にも押されているスタンプです。
このタオル、実はリプロなのですが、本物と同じ素材で見分けがつきません。(実物を入手して比べた所、全然違いました(^^;)

shave2.jpg

髭剃りセットです。替え刃と安全剃刀そしてブラシです。水筒のカップで石鹸を溶かせば髭そりができます。

soap box1 soap1.png
ベークライト製の石鹸ケースと石鹸の本体です。石鹸は洗濯用石鹸と思われます。
体と同時に衣服を清潔に保つことは兵士の努めでした。

mirror01.pngmirror02.png
携帯用鏡です。髭そりの他、太陽の光を利用した通信手段としても使用できますね。
このタイプは鉄の板を鏡面に仕上げたもので少々乱暴に扱っても割れる心配はありません。


comb1.jpg  
最後はクシです。アルミ製で右側は細目、左側は荒目となっています。アルミは航空機の素材として貴重なはずですが、こういう所に使われているのは意外です。ベークライト製のクシもあります。  
以上があれば、最低限の身嗜みはなんとかなりますね。(歯ブラシや歯磨き粉が抜けていますが、塩と指で・・・)

雑嚢の中身シリーズ、2回目は「糧食・嗜好品編」を予定していますが、個々のアイテムの写真を撮る時間がなかなか取れず、次回はいつになるか判りません。

nakami.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

雑嚢の中身 ~衛生用品・雑貨編~

雑嚢の中身その3は「衛生用品・雑貨編」です。

① 手帳 (Notizbuch)

  dairy_20121103233514.jpg
まさに「黒革の手帳」もしくは「ブラック・ダイヤリー」。
軍から支給されたSoldbuch(兵隊手帳)ではなく、個人手帳です。

dairy page1dairy page2
1ページ目には持ち主の所属部隊や名前、オーストリアの詩人Friedrich Halmの詩の一節も書き写されています。
地図記号や、モールス信号の解説、無線機の操作方法などが記述されています。


② 野戦郵便専用BOX (Feldpost Kasten)


feldpost.jpg

封書以外の野戦郵便を送付する専用の箱です
たて11 xよこ7.5 x 深さ3.5 cmの紙の箱で差出人の名前と宛名を記入できるようになっています。
43年1月25日の消印があります。

feldpost01.jpg

中には歩兵突撃章と所有証明書、上官から授与した兵士の母親もしくは妻に宛てた手紙それと傷病者タグが入っていました。
前の持ち主によると、入院中に死亡した兵士の遺族へ送られたものとのことです。(合掌)


③ ニベア缶 (NIVEA CREME)

nivea0.jpg

現代でもお馴染みのニベアの缶です。直径7.5cm、深さ2cmのアルミ製の缶です。(中身はもちろん空です)
実は、最近までニベアがドイツの会社(Beiersdorf社)のブランドとは知りませんでした。
表面にはNIVEA CREMEとFUR HAUS UND SPORT(家庭及びスポーツ用)、ZUR HAUTPFLEGE(スキンケア)。
裏面には登録商標ナンバーでしょうか?Nr.368と容量(70 ccm=ミリリットル)、会社名と使用上の注意が書かれています。
乳化剤オイセリットがアフリカの太陽とロシアの寒さからドイツ兵の肌を守ったことでしょう。


④ アルカリ性眼軟膏 (Alkalische Augensalbe Behälter)


oinament1.jpg  
眼病予防の軟膏です。7.5cmのアルミチューブに入っております。
"Alkalische Augensalbe Wehrkreissanitätspark III Berlin". (アルカリ性眼軟膏 ベルリン軍管区第3衛生部隊所有)、 "Leere Tuben sammeln!" (空チューブは回収すること!)という文字が印刷されています。


⑤ フットパウダー (VASENOL FUSS -PUDER)
 
fusspuder5.jpg               
水虫予防のパウダーです。Fuss-Puder(フットパウダー) Armee-Packung(陸軍向) 半長靴を履く歩兵には必需品です。
フタを外すとコショウのビンのように無数の穴が開いていて足にふりかけることができます。


⑥ 応急処置用包帯 (Verbandpäckchen)

bandage.jpg  

兵士は負傷した際、衛生兵が近くにいない時はこの応急処置用包帯を使って自分で手当てするよう訓練を受けていました。


⑦ 軍用ロウソク (Dienst Kerze)


    candle3.png    candle2.png

別名“スターリングラード・キャンドル”名前の由来は判りませんが。腹が減っていたらチョコレートと間違えて口に入れてしまいそうです。
使ってみていないので判りませんが、カップ一杯分の水を沸騰させることは可能かと思います。


⑧ 35mmフィルムと8mmフィルム (Filmkanister)


filmcase4.pngfilmcase5.png

35mmのロールフィルムのアルミケースです。AGFAの刻印があります。
ツァイスやイエナ、ライカなどドイツは世界一のカメラ大国であり、兵士も戦場にプライベートで購入したカメラを持ち込み写真を多く撮りました。
自分や戦友を撮ったフィルムは大切に保管され、野戦郵便で故郷へ送られたことでしょう。

filmcase6.png

こちらは、8mmムービーのフィルムです。こちらは個人というよりも、宣伝中隊(PK)の兵士が持っていたものでしょうか。
35mmも8mmも現像してみれば何か貴重な映像が写っているかも??


⑨ 財布 (Brieftasche)



wallet1.jpg        

wallet5.jpg  
某軍装ショップでセットで売られているのを購入しました。当時の兵士が使ったものかは判りませんが、雰囲気は出てます。
酒保でモノを買う程度の小銭と恋人と思われる女性の写真、入場チケットが入っていました。
どちらかと言えば、雑嚢よりも野戦服に入るアイテムですね。

今回は前2回で入れ忘れたモノを押し込んだ感が若干ありますが、雑嚢シリーズもあと1回位はできそうです。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

トーク (Kopfschützer)

夏まっ盛りの時期に取り上げるアイテムではありませんが、本日はドイツ軍兵士が冬季に使用した防寒用トーク(Kopfschützer)をアップしたいと思います。

Toque6.jpg
トーク(もしくはバラクラバ)はウール(混レーヨンもあり)で作られた筒状の防寒具で写真のように使用します。頭部や首を覆うことで放熱の防ぎ、また耳を凍傷から守ります。

toque 13
1941-42年の冬季東部戦線のドイツ軍下士官。リバーシブルのアノラック導入以前は、フェルト製のオーバーコートの上に白い布で作ったスモックを着用するのが一般的な雪上迷彩軍装でした。

Toque10.jpg

このトークのサイズは横210mm、縦310mm、厚さ3mmで、色はフィールドグレイです。これ以外にも様々なサイズ・色のトークが存在しています。これまで10枚以上のトークを見ていますが、全く同じものは見たことがありません。
正直言って、これが実際ドイツ軍で使われていたものなのかどうかは判りません。中にはメーカー等のスタンプが残っているものも存在しているようですが、信憑性を高める為にリプロ品に押している可能性もあり、当てになりません。

一般的にドイツ軍で使用されたトークは端の処理がシングルスティッチになっていると言われています。


Toque11.jpg Toque12.jpg

まぁ、これも簡単に模倣できるのであくまで参考程度で・・・

P1011624.jpg
このような感じで顔だけ出して頭全体を覆います。


Toque5.jpg
上からヘルメットや略帽を被ればOK。↑はM42略帽を被せてみました。ポピュラーな組み合わせですね。フェルト製なので軽くて暖かいですし折り返しのフラップを下げればさらに暖かいです。

Toque15.jpg 


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

カメラ(Kamera)

第二次大戦中、ドイツ軍はもっとも兵士個人が戦場にカメラを持ち込んだ軍隊と言われています。宣伝的な映像記録は陸軍で40個、海軍・空軍でそれぞれ10個編成されていたPK(Propagandakompanie=宣伝中隊)が行っていましたが、兵士の日常生活を撮影したものとしてはプライベート写真が量的にもPKのそれを遥かに凌駕しており、軍装研究の貴重な一次資料となっています。
agfa16.jpg
兵士によって多くのカメラが戦場に持ち込まれたのは、30年代に安価なコンパクトカメラが登場し一般市民の間で普及したこと、ドイツ軍は兵士が個人で購入したカメラの所持を禁止しなかったことが理由と考えられます。
album13.jpg      
本日はドイツ兵が戦場へ持って行ったカメラの一つ、Agfa社の折り畳み式カメラ「BILLY RECORD 1:8.8」を紹介します。
agfa2.jpg
このカメラはオークションで入手しました。ライカやツアイスの35mmカメラはコレクションアイテムで高価ですが、中判の折り畳み式カメラは比較的安価で入手することが可能です。

BILLY RECORD 1:8.8 データ
タイプ : 中判 折り畳み式
生産期間 : 1933 - 1942
レンズ : JGestar f7.7/105 Anastigmat
シャッター : ProntoVS, 100, 50, 25, バルブ
絞り : F8.8, 11, 16
フィルムタイプ : 120 ブローニー 8枚撮り
フィルムサイズ : 6 x 9 cm
外形寸法 : 幅150mm x 高90mm x 奥行35mm
質量 : 550g

ドイツ製カメラと聞くとツアイスやライカの名が真っ先に思い浮かびますが、Agfa社(名前の由来は「アニリン製造株式会社」(Aktien gesellschaft für Anillinfaktoren )の頭文字から)は世界初のネガカラーフィルムプロセスを開発し、1939年にはネガカラーフィルムプロセスによるアグファカラーネガフィルムを販売するなどカラーフィルム開発にも大きな足跡を残しており、知る人ぞ知るメーカーです。同社の代表的な折り畳み式カメラ「BILLY RECORD」シリーズは1930年に発売され1950年代まで製造が続けられました。

agfa catalogue
発売当時のカタログで価格は19.5RM(ライヒスマルク)となっています。現代の貨幣価値に換算するといくら位なのか気になったので調べてみました。こちらの資料によるとP08ルガー拳銃が35RM日本円で60円(1941年当時)となっているので、33円として現代の物価指数をかけると(約2000倍)ざっくり6万円となります。現在ならちょっと高級なコンデジいったところでしょうか?
 agfa1.jpg
フレームはクロム合金・レジン製で折り畳むと幅150mm x 高90mm x 奥行35mm、重さは約550gとなります。野戦服の胸ポケットにすっぽり入る大きさです。

  agfa3.jpg

レンズカバーの取っ手を引っ張ると、蛇腹式のレンズがヌルっと出てきます。レンズは固定焦点で最短焦点距離は2m、シャッタースピードと絞りは切り替え式です。

カメラの構え方
agfa18.jpg    
このように、臍の辺りで縦に構えます。反射ファインダーを上から覗き、画角を決めて右手の親指でシャッターを切ります。そして右手でフィルムを巻き上げまたシャッターを切るという動作の繰り返しです。




agfa4.jpg

フィルム交換用の裏ブタを開けたところです。赤い丸はフィルム送り用の赤窓でフィルムカウンターになっています。
なお中判カメラのフィルムは、ブローニーフィルム(120フィルム、220フィルム)という名称で販売されており、現在でも入手可能です。

film2.jpg
撮影し終わったフィルムはどこで現像したのでしょうか?これまで多くのプライベート写真を見た限りでは訓練中に撮ったものが圧倒的に多く、非番の時などに駐屯基地の近くの町の写真館(Fotohaus)に持って行って現像したものと思われます。(前線はPKにおまかせ?)

下記はプライベート写真と一緒に付いてきたものですが、写真館がフィルムの受け渡しに使用した袋のようです。

film6.jpg  film7.jpg

現像後のフィルムをこの袋に写真を入れて渡したのでしょうか。裏には顧客の名前、現像のサイズや枚数などを記入する箇所があり、ちょっと興味深いスタンプを発見しました。
  film12.jpg

このようなスタンプは写真の裏にしばしば押されていることがあります。

film13.jpg
例えば、こちらは兵営で兵士が作業着を洗濯しているところを撮影した写真ですが、
film14.jpg
裏を見ると同じようなスタンプが押されています。どうやら一列目のFoto-BadorやBlumenscheinは写真館名、3列目は所在地のようです。2列目のA560やB113が何を意味するかは不明です。

film15.jpg
こちらは裏のスタンプが一致しています。間違いなく同じ写真館で現像したものでしょう。このスタンプについてまた何か判り次第、別途取り上げたいと思います。

letter2.jpg
中判カメラは35mmフィルム、そしてデジタルカメラが全盛となった後も、引き伸ばしにも耐えうる高画質、大判カメラとは違いロールフィルムを使え ることによる気軽さや携行性・取り回しの良さでプロには根強い支持があり、現在もなお使用されています。また独 特の風合いとデジカメには無い撮影・現像の手間ひまを愛好するアマチュアカメラマンもいるようです。http://whotalking.com/flickr/Record+8.8(←でBILLY RECORDの作例が見れます)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

裁縫キット(Nähzeug "Kameradenhilfe" )

裁縫キットは野戦服のポケットの中身としてアップしましたが、今回はキットの中身と収納ケースのバリエーションを紹介したいと思います。
 
kameradenhilfe031.jpg  
ドイツ軍は伝統的に身だしなみに厳格で、野戦服の修繕は出来る限り兵士自身によって行われることとされていました。
よって兵士は上記のような携帯用裁縫キットで兵営、前線で時間を見つけては破けやほつれ、ボタン外れを修繕しました。また昇進時にトレッセや徽章の縫いつけ、勲章の佩用ループなどの作成から、怪我の応急処置まで幅広く使えます。

kameradenhilfe17.jpg
第一次大戦前の兵営で野戦服のメンテナンスをする兵士

裁縫キットの中身から。
kameradenhilfe13.jpg


kameradenhilfe9.jpg
まずは針です。上の紙の包みには大小さまざまな針が入っています。一番長い針で7.8cm、何に使うんでしょう?

kameradenhilfe18.jpg  
縫い糸各種。上2つはどちらも太さが30番で20m、白とフィールドグレイの色違い。下の糸の番手はわかりませんが太いので、セーターや靴下など毛糸製品用と思われます。

Mending socks

kameradenhilfe10.jpg
象牙ヤシのボタンが15個袋入り、他にも野戦服のボタン(アルミ、圧縮紙製)が入っています。


kameradenhilfe19.jpg

kameradenhilfe11-1.jpg
安全ピンは前線での応急の修繕、略帽の頭頂部の折り返しが開かないよう止めるのに使われました。

kameradenhilfe14-1.jpg

"Kameradenhilfe"のgerade schere(直はさみ)。小型サイズで収納ケースに入る大きさです。

最後に裁縫キットを収納するケースの紹介です。

kameradenhilfe4-1.jpg
初期の収納ケースで人工皮革で作られています。


kameradenhilfe02-1.jpg  
kameradenhilfe2-2.jpg
コットン地で出来た収納ケース。表には"Kameradenhilfe"、裏にはDRAHOMA社のロゴが入っています。

kameradenhilfe20.jpg
冒頭で書いたように、ドイツ軍は服装に対する規律が厳しく、点呼等で上官から厳しくチェックされました。兵士にとって裁縫キットはまさに"Kameradenhilfe"(戦友の助け)だったのでしょう。

kameradenhilfe21.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

NEXT≫
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちI

著者は日本有数のコレクター。ヴィーキング師団隊員の生き生きした表情が印象的

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちII


SSの軍装―UNIFORMS OF THE SS 1938‐1945

SSの軍装のすべてがこの一冊に

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter