ジェリカン後期型 (Wasser Kanne)

ドイツ軍装が趣味の人の多くはタミヤの1/35ミュニチュアシリーズがきっかけというのが結構多いのではないでしょうか?
私がまさにその一人で、まずはティーガー戦車を素組みで完成。
次に随伴する兵士(1/35 ドイツ歩兵 進撃セット)を作ることになり、その装備のカッコよさに完全にハマってしまいました。

当時はディオラマなど作る技術も概念さえもなく、単純に机の上に並べて遊ぶだけでしたが、少し臨場感が欲しくなり、次に買ったパッケージがこちらです。

photo_21.jpg photo_22.jpg
ジェリカンセット。(何故か、ジュリカンと覚えしまい、最近になって、やっと間違って覚えていたことに気がつきました)

凹んだドラムカンもGoodでしたが、なんといっても一番のお気に入りだったのがジェリカンです。
戦車や装甲車に積載したり、兵士のイスになったりと大活躍。このパッケージも一つでは足りず、複数買った記憶があります。

飲料水用に白い帯模様のマーキングがされたジェリカンの存在を知ったのも、それから少したってからでした。(Sd.Kfz.222のパッケージの説明書だったか?)

picture_318255314010.jpg
今でも白い帯を見ると、なぜか胸がドキドキします。


それが、まさか30年後に実物を入手できるとは思いもしませんでした。ガソリン缶、通称ジェリカン(Kraftstoff Kanne)です。
 

july1.png  july22.png
白い帯が~まさに奇跡です。
どうやら上から緑色で塗られたらしく、それを剥がした形跡があります。

5_20101226235319.jpg
やっぱり取っ手は3本でないと。当時タミヤのモデルは取っ手が2本に省略されてました。
Wの文字が。上から見ても水用ということが判ります。

P1018633.jpg
“Wasser”(水)の文字もちゃんとあります。

P1018632.jpg
“Wehrmacht”(国防軍)御用達の印です。“223”の隣にアムトスタンプが押されています。

Bundesarchiv_Bild_101I-782-0033-16A,_Nordafrika,_Umfüllen_von_Treibstoff_oder_Wasser
北アフリカでは燃料より貴重でした。飲料水としてはもちろん、ラジエターにも水が必要です。

picture_318255314055.jpg
こちらは、現場で即席に作ったジェリカンです。

さて、せまいわが家、すっごい邪魔です.
拙宅には灯油ストーブが無いので燃料タンクとしての活躍は期待できそうにありません。

africacorp.jpg  


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

サドルバッグ (Satteltasche)

実物を初めて見たり手にした際、プラモデルを作っていた頃に思っていた色や材質とは違っていることに気づくことが多々あります。
例えばヘルメットはずっと緑色に近い色だと思い込んでいたし、MP40のハンドガードは黒色鉄製、ツェルトバーンにいたってはグレー単色だと思っていました。(初期のものは確かにその通りですが)

現在であれば、ネットや様々なイベントで実物を見ることができますが、当時(30年以上前)はタミヤのパッケージと説明、映画が唯一の手がかりでした。

また勝手な思い込みというのもあるかも知れません。
前述のMP40のハンドガードがプラスチック(ベークライト)で出来ていると知った時は、天動説から地動説に変わったほどの衝撃でしたし、革だとばかり思っていた装備の一部が実は圧縮した紙(Presstoff)でした~は付き合っている彼女が実は私、男だったのエヘ!位に驚きました。

オートバイで運搬用に使われるサドルバッグもその一つです。

P1018457-1.jpg P1018460-1.jpg
色がタミヤのパッケージ(下記)と全く違うフィールドグレイ、材質も圧縮した紙製です。

268.jpg
パッケージイラストのバッグは革製です。
コピーもしくは戦後の製造かと疑いましたが、それなら革で作るはず・・・と信じることにしました。

P1018465-1.jpg
サドルバッグの共通項として錠前が付けられるようになっていますが、鉄製バッグと違い機密書類を運搬するのには向いていないようです。

当時の写真を見ても色や材質は判らず、紙製のバッグがあったかどうかは未だに謎です。

German biker1

 German biker2

それよりも、軍用どころか普通のバイクも所有してないのに、こんなものを買ってしまう自分の方が謎です。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ジェリカン前期型 (Kraftstoff Kanne)

ドイツ軍の飲料水用のジェリカン(Wasser Kanne)については以前ブログに書きましたが、今回はガソリン用ジェリカンをアップします。

jurry9.jpg   jurry4.jpg
1941年製の前期型ジェリカンです。塗装はほとんど残っておらず、へこみだらけだった為、海外のオークションで安く入手できました。

ジェリカン(Jerrycan)は、プレス加工された2枚の鋼板を溶接して作られた燃料容器である。


第二次世界大戦の北アフリカ戦線において、イギリス軍がドイツ軍の20Lガソリン缶を模倣して製造し、ドイツ兵の蔑称「ジェリー(Jerry)」を冠して「ジェリカン」と呼んだのが名称の由来である。連合軍ジープの後部にはしばしば、スペアタイヤと並んでジェリカンが搭載された。「ジェリ缶」とも表記される。

この野戦用ガソリン缶は元々はアフリカの砂漠に駐屯するイタリア軍の発明であった。
1937年頃にドイツ軍が Wehrmachtskanister (国防軍ガソリン缶)として導入した。従来の200L入りドラム缶に比べて持ち運びや車輌への積載が簡単で、兵士はポンプを使わずに直接車輌の給油口に燃料を注ぐ事ができる利便性から、ドイツ軍戦車部隊の電撃戦の長距離侵攻作戦を支えた工夫のひとつである。

容器の側面上方には「ガソリン20L 火気注意 (Kraftstoff 20L Feuergefährlich) 」と表示されている。さらに×印と四角形を組み合わせたようなへこみ(初期には×印のみ、またイタリア軍型では×部の角度が異なる)が付けられ、内容物の膨張をある程度許容する設計になっている。栓はスクリューキャップ方式ではなく、素早く開栓・閉栓できるバネ方式 (Bügelverschluss) を採用した。更に特徴的な点は、持ち運びのために3本の取っ手が上部に取り付けられていることである。内容が入っている場合には真ん中の取っ手を持てば一人の兵士が両手に2缶持ち運ぶことができ、空缶の場合は2缶を並べ、2缶の内側の取っ手を同時に持てば、片手で2缶、両手で4缶を運ぶことができる。

さらにドイツ軍では飲料水運搬用に、内部を(鉛を含む防錆塗料に代え)メッキして識別用の白十字をペイント、”Wasser”の文字がプレスされた専用のものを開発した。これは全ての戦線、特にアフリカ戦線の砂漠地帯で多用されているのが当時の写真で確認できる。

Bundesarchiv_Bild_101I-186-0166-02A,_Russland,_Treibstoff-Nachschub

(文・写真ともにWikipediaより)

jurry6.jpg
飲料水用ジェリカン(後期型42年製)との比較です。リブがx型になっているのが前期型の特徴です。このリブは膨張を許す以外に缶の強度をアップする役割がありましたが、さらに強度を増す為、後期型のリブはXと□を組み合わせた形となりました。
前期型は1937年に開発され1941年で製造がストップしました。なお、後期型は1939年開発、終戦まで作り続けられます。
(後期型のデザインは現在でもNATOや東欧諸国の軍隊の燃料カンで採用されています)

刻印部分のアップ

jurry8.jpg
Kraftstoff 20L=ガソリン 20L
Feuergefährlich=火気注意
1941=製造年

jurry2.jpg
Brose u. Co. Coburg=メーカー名
40=メーカーコードもしくは管理番号?
Wehrmacht=国防軍

jurry1.jpg
ジェリカンが2つあるので、実際にWikipediaの説明の通りに持ってみました。空であれば家内に“ドラえもん”と言われるほど指が短い私でも楽々持てます。


jurry7.jpg
注入口から内部が防錆用の赤いメッキ処理がされているのが見えます。

なんとジェリカン専門の本まであります。著者はフランス人のようですが、間違いなくコレクターでしょう。自分のコレクションを本にするのはよくある話です。

Du Kanister Au Jerrycan / From Kanister to Jerry Can: 70 ans de Service / 70 Years of ServiceDu Kanister Au Jerrycan / From Kanister to Jerry Can: 70 ans de Service / 70 Years of Service
(2008/05/19)
Phlilippe Leger

商品詳細を見る
ジェリカンは液体の運搬以外に、戦場では椅子やテーブルとしても活躍しました。

jurry3.jpg
ジェリカンを2つならべて簡易食卓を再現してみました。
全く同じサイズなので板を平行に置くことができます。(“火気注意”なのにストーブを置いてはまずかったかな?)なお缶詰がプルトップオープンになっているのはご愛嬌(笑)

Bundesarchiv_Bild_101I-018-0011-07,_Russland,_lesender_Soldat

Bundesarchiv_Bild_101I-162-0283-11A,_Bulgarien,_Soldaten_vor_Sch#252;tzenpanzer


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

カメラ(Kamera)

第二次大戦中、ドイツ軍はもっとも兵士個人が戦場にカメラを持ち込んだ軍隊と言われています。宣伝的な映像記録は陸軍で40個、海軍・空軍でそれぞれ10個編成されていたPK(Propagandakompanie=宣伝中隊)が行っていましたが、兵士の日常生活を撮影したものとしてはプライベート写真が量的にもPKのそれを遥かに凌駕しており、軍装研究の貴重な一次資料となっています。
agfa16.jpg
兵士によって多くのカメラが戦場に持ち込まれたのは、30年代に安価なコンパクトカメラが登場し一般市民の間で普及したこと、ドイツ軍は兵士が個人で購入したカメラの所持を禁止しなかったことが理由と考えられます。
album13.jpg      
本日はドイツ兵が戦場へ持って行ったカメラの一つ、Agfa社の折り畳み式カメラ「BILLY RECORD 1:8.8」を紹介します。
agfa2.jpg
このカメラはオークションで入手しました。ライカやツアイスの35mmカメラはコレクションアイテムで高価ですが、中判の折り畳み式カメラは比較的安価で入手することが可能です。

BILLY RECORD 1:8.8 データ
タイプ : 中判 折り畳み式
生産期間 : 1933 - 1942
レンズ : JGestar f7.7/105 Anastigmat
シャッター : ProntoVS, 100, 50, 25, バルブ
絞り : F8.8, 11, 16
フィルムタイプ : 120 ブローニー 8枚撮り
フィルムサイズ : 6 x 9 cm
外形寸法 : 幅150mm x 高90mm x 奥行35mm
質量 : 550g

ドイツ製カメラと聞くとツアイスやライカの名が真っ先に思い浮かびますが、Agfa社(名前の由来は「アニリン製造株式会社」(Aktien gesellschaft für Anillinfaktoren )の頭文字から)は世界初のネガカラーフィルムプロセスを開発し、1939年にはネガカラーフィルムプロセスによるアグファカラーネガフィルムを販売するなどカラーフィルム開発にも大きな足跡を残しており、知る人ぞ知るメーカーです。同社の代表的な折り畳み式カメラ「BILLY RECORD」シリーズは1930年に発売され1950年代まで製造が続けられました。

agfa catalogue
発売当時のカタログで価格は19.5RM(ライヒスマルク)となっています。現代の貨幣価値に換算するといくら位なのか気になったので調べてみました。こちらの資料によるとP08ルガー拳銃が35RM日本円で60円(1941年当時)となっているので、33円として現代の物価指数をかけると(約2000倍)ざっくり6万円となります。現在ならちょっと高級なコンデジいったところでしょうか?
 agfa1.jpg
フレームはクロム合金・レジン製で折り畳むと幅150mm x 高90mm x 奥行35mm、重さは約550gとなります。野戦服の胸ポケットにすっぽり入る大きさです。

  agfa3.jpg

レンズカバーの取っ手を引っ張ると、蛇腹式のレンズがヌルっと出てきます。レンズは固定焦点で最短焦点距離は2m、シャッタースピードと絞りは切り替え式です。

カメラの構え方
agfa18.jpg    
このように、臍の辺りで縦に構えます。反射ファインダーを上から覗き、画角を決めて右手の親指でシャッターを切ります。そして右手でフィルムを巻き上げまたシャッターを切るという動作の繰り返しです。




agfa4.jpg

フィルム交換用の裏ブタを開けたところです。赤い丸はフィルム送り用の赤窓でフィルムカウンターになっています。
なお中判カメラのフィルムは、ブローニーフィルム(120フィルム、220フィルム)という名称で販売されており、現在でも入手可能です。

film2.jpg
撮影し終わったフィルムはどこで現像したのでしょうか?これまで多くのプライベート写真を見た限りでは訓練中に撮ったものが圧倒的に多く、非番の時などに駐屯基地の近くの町の写真館(Fotohaus)に持って行って現像したものと思われます。(前線はPKにおまかせ?)

下記はプライベート写真と一緒に付いてきたものですが、写真館がフィルムの受け渡しに使用した袋のようです。

film6.jpg  film7.jpg

現像後のフィルムをこの袋に写真を入れて渡したのでしょうか。裏には顧客の名前、現像のサイズや枚数などを記入する箇所があり、ちょっと興味深いスタンプを発見しました。
  film12.jpg

このようなスタンプは写真の裏にしばしば押されていることがあります。

film13.jpg
例えば、こちらは兵営で兵士が作業着を洗濯しているところを撮影した写真ですが、
film14.jpg
裏を見ると同じようなスタンプが押されています。どうやら一列目のFoto-BadorやBlumenscheinは写真館名、3列目は所在地のようです。2列目のA560やB113が何を意味するかは不明です。

film15.jpg
こちらは裏のスタンプが一致しています。間違いなく同じ写真館で現像したものでしょう。このスタンプについてまた何か判り次第、別途取り上げたいと思います。

letter2.jpg
中判カメラは35mmフィルム、そしてデジタルカメラが全盛となった後も、引き伸ばしにも耐えうる高画質、大判カメラとは違いロールフィルムを使え ることによる気軽さや携行性・取り回しの良さでプロには根強い支持があり、現在もなお使用されています。また独 特の風合いとデジカメには無い撮影・現像の手間ひまを愛好するアマチュアカメラマンもいるようです。http://whotalking.com/flickr/Record+8.8(←でBILLY RECORDの作例が見れます)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

携帯用鏡 (Spiegel)

年末に送ってもらったアイテムがまだ届きません・・・この国の郵便システムはお世辞にも良いとは言えず、余裕で1~2ヶ月月かかるのが普通とはいえ、たまに紛失もあるのでやはり不安です。
さて本日は「雑嚢の中身」や「背嚢の中身」の一つ、携帯用鏡(Spiegel)をいくつか紹介したいと思います。

mirror19.jpg
こちらは最も一般的な折りたたみ式の鏡です。サイズは14.7cm x 10.7cmで野戦服の腰ポケットに入る大きさです。


   mirror4-1.jpg  

裏面には金具が付いており、壁に吊ったり、スタンドで立てることができます。



鏡を起立させ、スチール製のベースに立てかけます。ベースは鏡を防護するカバーにもなります。

mirro with soldier
 

mirror16-2.jpg

こちらは金属を板を鏡面研磨したものでとにかく頑丈第一。落としても何しても絶対に割れません。サイズは14cm x 9cmと折りたたみ式鏡とほぼ同じ大きさです。

mirror22.jpg

こちらもスタンドで自立させることができます。もちろんスタンドを使って吊るすことも無問題。

mirror23.jpg


  mirror16-1.jpg

最後に当時の標語が書かれたもの。サイズは7cm x 5cmとサイフに入る大きさです。
この標語「Vorsicht bei Gesprächen. Feind hört mit!」(言動に注意!敵が聞いている)は慰安所で配られた紙製ハンドタオルにも書かれています。

    3_20121021032516.jpg

ポケットナイフ同様、鏡も官給品では無かったようですが、櫛のように持っていない兵士には部隊が給与天引きで供給したのかも知れません。

mirror1-2.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
NEXT≫
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR