突撃銃StG44 (SturmGewher 44)

アサルトライフルの元祖、StG44(StrumGewher 44)は映画やタミヤの影響が強い私にとって、あまりなじみが無く、子供の頃は正直あまり興味がありませんでした。(小火器セットに入ってましたが、ランナーから外すことなく放置)
この銃に初めて興味を抱いたのは、FPSゲームの『Medal of Honor –Allied Assault-』で主人公が開発中のStG44を研究所から盗むシナリオをプレイしてからです。
MP44-6.jpg  

StG44は第二次大戦中に開発された銃の中で最も画期的な銃とされています。
その優れた点は短小弾薬を採用したことでしょう。当時ドイツ軍で使用されていたライフル弾(7.92 x 57mmモーゼル)の射程は1,000m以上。しかしながら、近代戦での戦闘のほとんどは400m以下の距離で行われることが多く、ライフル弾と拳銃弾の中間に位置する新たな弾薬の開発が戦前から始まっていました。
そして試行錯誤の結果、口径はモーゼル弾と同じながら、薬莢が短く装薬量が半分の短小弾薬(7.92 x 33mm )通称7.92mmクルツ(短いの意味)弾がポルテ社で完成しました。
装薬量が減ることで、火薬量のセーブ、反動の軽減、一人の兵士が携帯できる弾薬数が増加する等など恩恵は多く後はクルツ弾を使用する銃の開発を待つのみとなりました。

ところが、銃本体の開発には大きな困難が伴います。
弾薬の種類が増えることで生産と補給が混乱することを嫌ったヒトラーが新たな銃の開発を禁止したからです。
しかしながら、開発をあきらめきれなかった兵器開発チームは、細かいことまで口を挟んでくるヒトラーを誤魔化す為、あたかもサブマシンガン(MP)の派生モデルと思わせるようMP43という名称で、密かに生産を続けました。

MP43を支給された部隊は火力が増大し士気は大いに上がったといいます。この銃の存在に気づいたヒトラーは当初はもちろん激怒しますが、優れた実績と現場からの強い要請を無視できなくなり、ついにMP43の量産を認めざるを得なくなります。
その後MP44、最終的には兵士の士気を高める為、StrumGewher 44=突撃銃という名称となります。
わずかな外観上の違いがあるものの基本構造は同じです。

MP44-8.jpg  

StG44(StrumGewher 44) 仕様

種別         自動小銃
口径         7.92mm
銃身長        419mm
使用弾薬     7.92mm x 33mm
装弾数        10発, 30発
作動方式     ガスオペレーション
全長           940mm
重量           5,220g/6,100g(マガジンフル装填時)
発射速度     500-600発/分
銃口初速     685m/秒
有効射程     300m

StG44の画期的な点は徹底した製造工程の簡略化にあります。本体はプレス加工された薄い鋼板で出来ており、一挺あたり9時間で完成することが可能でした。(Kar.98Kの場合は20時間程度)
また数箇所の下請け工場で製造した部品を、メイン工場で組み立てるという分散作業方式を採用しました。
(分散作業方式については、賛否両論がありますが・・・)

5_20110924233714.jpg
前方から。第二次大戦中の銃には見えないです。鋼板の強度をアップする為、多くのリブ加工がされています。
ハンドガードも鋼板で作られており、30発も撃てば冬の東部戦線でも無い限り熱くて持てなかったと思います。
この銃のかつての持ち主もマガジンを持ったんでしょう。持ったところのブルーイングが剥げています。

P8142927.jpg
リアサイトの縮尺は800mまでです。ドイツ軍の伝統的なVノッチ型サイトです。
エジェクションポートには、異物が混入しない為のダストカバーが取り付けられました。

P8142936.jpg
「MP44」と「/44」の刻印が見えます。プッシュ式のオート/セミオートセレクター、その下にはセイフティレバーがあります。
それにしても平面が多い銃です。いかにも大量生産向きの銃って感じですね。

わずかな期間で425,000挺が製造されましたが、連合軍の戦略爆撃による輸送路の破壊により前線に届いたのは1/3。
ほとんどが東部戦線向けでした。

Mp44_G41-499x721.jpg
対峙するケースが少なかった米軍の評価は低かったといいます。

7_20110925010647.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR