雑嚢の中身 ~衛生用品・雑貨編~

雑嚢の中身その3は「衛生用品・雑貨編」です。

① 手帳 (Notizbuch)

  dairy_20121103233514.jpg
まさに「黒革の手帳」もしくは「ブラック・ダイヤリー」。
軍から支給されたSoldbuch(兵隊手帳)ではなく、個人手帳です。

dairy page1  dairy page2
1ページ目には持ち主の所属部隊や名前、オーストリアの詩人Friedrich Halmの詩の一節も書き写されています。
地図記号や、モールス信号の解説、無線機の操作方法などが記述されています。


② 野戦郵便専用BOX (Feldpost Kasten)


feldpost.jpg

封書以外の野戦郵便を送付する専用の箱です
たて11 xよこ7.5 x 深さ3.5 cmの紙の箱で差出人の名前と宛名を記入できるようになっています。
43年1月25日の消印があります。

feldpost01.jpg

中には歩兵突撃章と所有証明書、上官から授与した兵士の母親もしくは妻に宛てた手紙それと傷病者タグが入っていました。
前の持ち主によると、入院中に死亡した兵士の遺族へ送られたものとのことです。(合掌)


③ ニベア缶 (NIVEA CREME)

nivea0.jpg

現代でもお馴染みのニベアの缶です。直径7.5cm、深さ2cmのアルミ製の缶です。(中身はもちろん空です)
実は、最近までニベアがドイツの会社(Beiersdorf社)のブランドとは知りませんでした。
表面にはNIVEA CREMEとFUR HAUS UND SPORT(家庭及びスポーツ用)、ZUR HAUTPFLEGE(スキンケア)。
裏面には登録商標ナンバーでしょうか?Nr.368と容量(70 ccm=ミリリットル)、会社名と使用上の注意が書かれています。
乳化剤オイセリットがアフリカの太陽とロシアの寒さからドイツ兵の肌を守ったことでしょう。


④ アルカリ性眼軟膏 (Alkalische Augensalbe Behälter)


oinament1.jpg  
眼病予防の軟膏です。7.5cmのアルミチューブに入っております。
"Alkalische Augensalbe Wehrkreissanitätspark III Berlin". (アルカリ性眼軟膏 ベルリン軍管区第3衛生部隊所有)、 "Leere Tuben sammeln!" (空チューブは回収すること!)という文字が印刷されています。


⑤ フットパウダー (VASENOL FUSS -PUDER)
 

             fusspuder5.jpg               
水虫予防のパウダーです。Fuss-Puder(フットパウダー) Armee-Packung(陸軍向) 半長靴を履く歩兵には必需品です。
フタを外すとコショウのビンのように無数の穴が開いていて足にふりかけることができます。


⑥ 応急処置用包帯 (Verbandpäckchen)

bandage.jpg  

兵士は負傷した際、衛生兵が近くにいない時はこの応急処置用包帯を使って自分で手当てするよう訓練を受けていました。


⑦ 軍用ロウソク (Dienst Kerze)


    candle3.png    candle2.png

別名“スターリングラード・キャンドル”名前の由来は判りませんが。腹が減っていたらチョコレートと間違えて口に入れてしまいそうです。
使ってみていないので判りませんが、カップ一杯分の水を沸騰させることは可能かと思います。


⑧ 35mmフィルムと8mmフィルム (Filmkanister)


      filmcase4.png       filmcase5.png

35mmのロールフィルムのアルミケースです。AGFAの刻印があります。
ツァイスやイエナ、ライカなどドイツは世界一のカメラ大国であり、兵士も戦場にプライベートで購入したカメラを持ち込み写真を多く撮りました。
自分や戦友を撮ったフィルムは大切に保管され、野戦郵便で故郷へ送られたことでしょう。

filmcase6.png

こちらは、8mmムービーのフィルムです。こちらは個人というよりも、宣伝中隊(PK)の兵士が持っていたものでしょうか。
35mmも8mmも現像してみれば何か貴重な映像が写っているかも??


⑨ 財布 (Brieftasche)



wallet1.jpg        

wallet5.jpg  
某軍装ショップでセットで売られているのを購入しました。当時の兵士が使ったものかは判りませんが、雰囲気は出てます。
酒保でモノを買う程度の小銭と恋人と思われる女性の写真、入場チケットが入っていました。
どちらかと言えば、雑嚢よりも野戦服に入るアイテムですね。

今回は前2回で入れ忘れたモノを押し込んだ感が若干ありますが、雑嚢シリーズもあと1回位はできそうです。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR