fc2ブログ

HBT作業着(Drillichrock)

以前M40野戦服の日記で書いたように、ウール製の野戦服は極力洗濯を避けることとされていました。しかしそれでは訓練や作業が多い兵営内では不便な為、入営時に野戦服2着(戦闘用・外出用)と一緒に洗濯可能なコットン製の作業着(Drillichrock)が1着支給されました。作業着は野戦服をなるべく温存させるという目的で訓練以外にも着用されたようです。
ということで本日はドイツ兵が入隊時に支給された作業着を紹介したいと思います。

HBT1.jpgHBT3.jpg
上記はコットン製でヘリンボーン・ツイル(HBT)と呼ばれる生地で作られています。ホワイトベージュの作業着は1933年に制定され戦前の兵営で使用されました。
 HBT6.jpg
同時期に採用されたM33野戦服以降と共通部分は多いが、フラップ無しの腰ポケットのみという簡素な造りになっています。
drill25.jpg  
襟には紙製ボタンでクラーゲンビンデ(布製カラー)が取り付けられるようになっています。

drill21.jpg
野戦服と同じ位置にサイズと工場を示すスタンプがあります。

drill23.jpg
ボタンは野戦服と同じものが使われています。

DSC09985.jpg
折り返し部分を開くと、ボタンを止めるS字金具が見えます。

drill22.jpg
ベルトをしないことが前提だった為、ウエストを絞れるヒモが付いています。

Heer soldiers1 
drill24.jpg

9_20110719114940.jpg
戦前の兵営内のロッカー。野戦服2着とコートの間に白い作業着が見えます。


冒頭で記述した通り、兵営内で行われる訓練・作業での着用がメインだった為、戦場を舞台とした戦争映画に出てくることはほとんどありませんが、ハンス・ヘルムート・キルストのベストセラー小説を映画化した『08/15』では兵士が作業着を着て訓練するシーンがふんだんに出てきます。

08/15 [DVD]
08/15 [DVD]
posted with amazlet at 19.11.17
アネック (2016-02-26)
売り上げランキング: 165,302

drill14.jpg
整列して上官から厳しい指導を受ける主人公(アッシュ上等兵)と戦友。全員作業着を着用しています。
よく見るとクラーゲンビンデが襟元から覗いて見えます。

drill18.jpg  
ドイツ歩兵の伝統的訓練。“Hinlegen!”(伏せ!) “Auf!”(立て!)“Masch!”(駆け足!)

drill15.jpg
“Hinlegen!!!!”泥だらけでも訓練は続きます。

drill16.jpg
訓練後は当然このようになります。

映画版の『08/15』は小説と同様に三部作となっており、第一部は戦前の兵営内での砲兵中隊の生活が中心、第二部は東部戦線が舞台(『戦場のはらわた』を彷彿させるストーリー)、そして第三部は戦争末期と降伏後が描かれています。
(いつか原作をドイツ語で読んでみたいですね・・・)

drill11.jpg  
1940年には同じデザインで戦場でも着用できるリードグリーンの作業着が導入されますが、完全には切り替わらず当時の写真でもしばしば混在使用が見られます。上記は『グロースドイッチュランド師団写真史』(大日本絵画)に掲載されている1943年頃に撮られた補充兵訓練の写真ですが、左の兵士はリードグリーンの作業着、その右隣はホワイトベージュの作業着を着ています。

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
トーマス マックギール レミー スペツァーノ
大日本絵画
売り上げランキング: 366,612


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

HBT作業着(Drillichrock)

皆様、大変ご無沙汰しております。1ヶ月以上更新し無かったので、恐怖のスポンサーサイトがついに出現してしまいました。前振りしていた通り、いよいよ人生の転機が11月に迫っており、その準備でまったく趣味に時間が割けなくなってきました。。。11月後も新しい環境に順応する為、ブログは当分の間、お休みさせていただこうと考えています。(すみませんがお休み中はMail、コメントにも返答できないかも知れません・・・)

さて今回はHBT作業服のズボンが手に入りましたのでアップしたいと思います。

pants4.jpg
フェルト製の野戦服は洗濯に適していないことから、汚れても頻繁に洗えるコットン製でヘリンボーン・ツイル(HBT)と呼ばれる生地で作られています。こちらのホワイトベージュの作業着は1933年に制定され、戦前のプライベート写真には兵営での教練や作業で使用されてるシーンが多く残っています。


pants9_20131014165442f7d.jpg  
全体的にフェルト製の野戦ズボンをコットン製に置き換えたつくりになっています。“社会の窓”はアルミ製の平ボタン、ポケットが斜めではなく、垂直に近い位置になっている点は違っています。
HBTpants8.jpg
背中側もサスペンダー用の平ボタンが2組あり、ウエストを絞る調整ベルトもあります。腰ポケットはありません。


HBTpants9.jpg  
破損しやすい調整ベルトのバックルは洗濯時に取り外せるようになっています。


pants8_201310141716378fe.jpg
検印スタンプ「B.A W(WurzburgのBekleidungsamt=被服廠)244 42(42年4月24日?)」とサイズ 「96 82(96は股下、82はウエスト)」のスタンプが押されています。


schussen11.jpg
前回の日記で説明した射撃訓練の風景です。兵士はホワイトベージュの作業着を着用しています。
 

HBTpants15.jpg
こちらも教練風景。国家色のデカール、1940年2月に制定されたリードグリーンの作業着を着た兵士がいることから、フランス侵攻直後の写真でしょうか。上下で色が揃っていない兵士が2名いますが、これは在庫品とサイズの関係でこのような互い違いになったと思われます。
 

pants11_20131014153329f74.jpg  
こちらは訓練ではなく営内の清掃作業中に撮った写真のようです。汚れるのは下半身だけの作業なのか、数名ズボンのみ作業着で上着は野戦服を着用しています。


pants14_20131014155206fef.jpg
下士官に対するオリエンテーリングの訓練。こちらもズボンのみ作業着となっています。


film13.jpg
こちらは兵営の洗濯場で作業着を洗って干している風景ですが、作業着の代わりに体操ジャージを着用しています。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

HBT作業着(Drillichrock)

本日のネタはドイツ軍兵士に支給されたリードグリーンのHBT(ヘリンボーン・ツイル)の作業着(Drillichrock)となります。ライヒスヴェーア時代の1933年4月に導入された作業着の後継モデルとして、1940年2月12日付で制定されました。後継といっても生成りだった状態がリードグリーンに染色されただけでほぼ何も変わっていません。

Drilltunic1.jpg

兵士にはウール製の野戦服と一緒にコットン製の作業着が支給され汚れてもおいそれと洗濯できないウール製の野戦服に代わって訓練や作業用に使用されました。

Drilltunic12.jpg
Soldbuchの支給品目録。Feldbulseの隣にDrillchrockの項目があります。

HBTpants15.jpg
当時のプライベート写真。国家色のデカールが貼られたヘルメットを着用していることから1940年頃に撮影されたものでしょうか?同じ分隊でも生成りとリードグリーンの作業着が混在しています。

Drilltunic2-1.jpg
後ろから。 二枚の布が中央で張り合わせとなっています。

Drilltunic10.jpg
腰ポケットは単純な貼り付けで雨蓋がありません。

さて、ここでHBTについて軽く触れておきたいと思います。HBTはHerring Bone Twillの略で、Herringは"ニシン"、Boneは”骨”で、模様がニシンの骨に似ていることからそう呼ばれるようです。
Drilltunic16-2.jpg
タイセイヨウニシン。北海で捕れるニシンは北ヨーロッパではマリネ、燻製、缶詰、塩干などにして食べられます。

Drilltunic14.jpg
タテ糸がヨコ糸の上を2本(3本)、ヨコ糸の下を1本、交差させて織られることでニシンの骨模様が出来上がります。タテ・ヨコの糸の組み合わせにより、軍用でも耐えられる頑丈な生地となります。

Drilltunic3-1.jpg
野戦服のような内装が無く、乾きやすい構造になっています。ウエストサイズを絞れるヒモが付いています。

またまた余談ですが、当時のマニュアルには洗濯方法について下記のように書かれています。

-ウール(フェルト)製制服:いつ何時も洗濯してはいけない。ブラシもしくはハタキで叩き落とすのみとする。ワイヤーブラシの使用は厳禁。 染みはガソリンもしく希釈した塩化アンモニウムを使用する。野戦服は汚れがひどい場合のみ、短い毛のブラシと石鹸で洗濯してよい。

-HBT制服:毛ブラシと湯に溶かした石鹸で洗濯可能。しかし長時間の煮沸は避ける。

wash1-1.jpg
こちらは、当時使用されていた汚れ落としのハタキと洗剤各種(ほう砂石鹸、SUNLICHT社の固形石鹸と粉末石鹸が入った箱)

wash3.jpg
LUXの裏に掲載されている洗濯方法。

シュテンペルのクローズアップ。
Drilltunic5-1.jpg

メーカー名は判読不能
41〟 襟から肩の長さ 〝44〟 首回り
96〟 胸囲
70〟 着丈 〝62〟 袖丈
  "F4?" フランクフルト4?年製
Drilltunic7.jpg
ボタンの裏側の折り返し部分にはS字金具があります。

Drilltunic8.jpg
S字金具のクローズアップ。

Drilltunic11-1.jpg
袖口は筒状で調整スリットとボタンが省略されています。

リードグリーンの作業着は徽章や肩章を取り付けて夏季戦闘服としても利用されました。
image_4761910.jpg
二級鉄十字章の授与式と思われる写真。隊長から授与されている兵士の両脇には襟章と肩章(胸章も?)を取り付けた作業着を着た兵士が写っています。ほとんどの兵士が開襟状態の為、暑い季節だと思われますが、この徽章付き作業着が戦闘中も着用されていたのか、野戦服が補修中などでセレモニーに間に合わず、急遽誂えたのかは不明です。

しかし授与済みの兵士が詰襟状態で控えている兵士が開襟状態なのが興味深いですね。ドイツ映画『スターリングラード』の冒頭のシーンを思い出しました。

この作業着、見た目が軍服らしからぬということで官給シャツと同様、戦後に消費され、残存数が少なくなっています。特にズボンは野戦ズボン以上にレアアイテムでずーーーと探しているですが、なかなか見つかりません。

さらに記事を書いていて発見したのですが、戦前・戦後に作られたリネン生地の古着の愛好家も多く存在しており、その中でもフレンチ・ヴィンテージと呼ばれるジャンルは特に人気があるようです。

150892305.jpg
こちらはフランス軍の作業着でBourgeron(ボージョン)と呼ばれています。(画像をクリックすると販売サイトにアクセスできます)市場では高価に取引されており、その人気はドイツ軍の作業着にも波及しているのかも知れません。(Bourgeronについてはこちらのサイトを参考にさせていただきました)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちI

著者は日本有数のコレクター。ヴィーキング師団隊員の生き生きした表情が印象的

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちII


SSの軍装―UNIFORMS OF THE SS 1938‐1945

SSの軍装のすべてがこの一冊に

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter