HBT作業着(Drillichrock)

以前M40野戦服の日記で書いたように、ウール製の野戦服は極力洗濯を避けることとされていました。しかしそれでは訓練や作業が多い兵営内では不便な為、入営時に野戦服2着(戦闘用・外出用)と一緒に洗濯可能なコットン製の作業着(Drillichrock)が1着支給されました。作業着は野戦服をなるべく温存させるという目的で訓練以外にも着用されたようです。
ということで本日はドイツ兵が入隊時に支給された作業着を紹介したいと思います。

HBT1.jpg  HBT3.jpg
上記はコットン製でヘリンボーン・ツイル(HBT)と呼ばれる生地で作られています。ホワイトベージュの作業着は1933年に制定され戦前の兵営で使用されました。
 HBT6.jpg
同時期に採用されたM33野戦服以降と共通部分は多いが、フラップ無しの腰ポケットのみという簡素な造りになっています。
drill25.jpg  
襟には紙製ボタンでクラーゲンビンデ(布製カラー)が取り付けられるようになっています。

drill21.jpg
野戦服と同じ位置にサイズと工場を示すスタンプがあります。

drill23.jpg
ボタンは野戦服と同じものが使われています。

DSC09985.jpg
折り返し部分を開くと、ボタンを止めるS字金具が見えます。

drill22.jpg
ベルトをしないことが前提だった為、ウエストを絞れるヒモが付いています。

Heer soldiers1 
drill24.jpg


9_20110719114940.jpg
戦前の兵営内のロッカー。野戦服2着とコートの間に白い作業着が見えます。


冒頭で記述した通り、兵営内で行われる訓練・作業での着用がメインだった為、戦場を舞台とした戦争映画に出てくることはほとんどありませんが、ハンス・ヘルムート・キルストのベストセラー小説を映画化した『08/15』では兵士が作業着を着て訓練するシーンがふんだんに出てきます。

08/15 [DVD] [Import]08/15 [DVD] [Import]
()
Joachim Fuchsberger、Helen Vita 他

商品詳細を見る

drill14.jpg
整列して上官から厳しい指導を受ける主人公(アッシュ上等兵)と戦友。全員作業着を着用しています。
よく見るとクラーゲンビンデが襟元から覗いて見えます。

drill18.jpg  
ドイツ歩兵の伝統的訓練。“Hinlegen!”(伏せ!) “Auf!”(立て!)“Masch!”(駆け足!)

drill15.jpg
“Hinlegen!!!!”泥だらけでも訓練は続きます。

drill16.jpg
訓練後は当然このようになります。

映画版の『08/15』は小説と同様に三部作となっており、第一部は戦前の兵営内での砲兵中隊の生活が中心、第二部は東部戦線が舞台(『戦場のはらわた』を彷彿させるストーリー)、そして第三部は戦争末期と降伏後が描かれています。
(いつか原作をドイツ語で読んでみたいですね・・・)

drill11.jpg  
1940年には同じデザインで戦場でも着用できるリードグリーンの作業着が導入されますが、完全には切り替わらず当時の写真でもしばしば混在使用が見られます。上記は『グロースドイッチュランド師団写真史』(大日本絵画)に掲載されている1943年頃に撮られた補充兵訓練の写真ですが、左の兵士はリードグリーンの作業着、その右隣はホワイトベージュの作業着を着ています。

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
(1999/05)
トーマス マックギール、レミー スペツァーノ 他

商品詳細を見る


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

HBT作業着(Drillichrock)

皆様、大変ご無沙汰しております。1ヶ月以上更新し無かったので、恐怖のスポンサーサイトがついに出現してしまいました。前振りしていた通り、いよいよ人生の転機が11月に迫っており、その準備でまったく趣味に時間が割けなくなってきました。。。11月後も新しい環境に順応する為、ブログは当分の間、お休みさせていただこうと考えています。(すみませんがお休み中はMail、コメントにも返答できないかも知れません・・・)

さて今回はHBT作業服のズボンが手に入りましたのでアップしたいと思います。

pants4.jpg
フェルト製の野戦服は洗濯に適していないことから、汚れても頻繁に洗えるコットン製でヘリンボーン・ツイル(HBT)と呼ばれる生地で作られています。こちらのホワイトベージュの作業着は1933年に制定され、戦前のプライベート写真には兵営での教練や作業で使用されてるシーンが多く残っています。


pants9_20131014165442f7d.jpg  
全体的にフェルト製の野戦ズボンをコットン製に置き換えたつくりになっています。“社会の窓”はアルミ製の平ボタン、ポケットが斜めではなく、垂直に近い位置になっている点は違っています。
HBTpants8.jpg
背中側もサスペンダー用の平ボタンが2組あり、ウエストを絞る調整ベルトもあります。腰ポケットはありません。


HBTpants9.jpg  
破損しやすい調整ベルトのバックルは洗濯時に取り外せるようになっています。


pants8_201310141716378fe.jpg
検印スタンプ「B.A W(WurzburgのBekleidungsamt=被服廠)244 42(42年4月24日?)」とサイズ 「96 82(96は股下、82はウエスト)」のスタンプが押されています。


schussen11.jpg
前回の日記で説明した射撃訓練の風景です。兵士はホワイトベージュの作業着を着用しています。
 

HBTpants15.jpg
こちらも教練風景。国家色のデカール、1940年2月に制定されたリードグリーンの作業着を着た兵士がいることから、フランス侵攻直後の写真でしょうか。上下で色が揃っていない兵士が2名いますが、これは在庫品とサイズの関係でこのような互い違いになったと思われます。
 

pants11_20131014153329f74.jpg  
こちらは訓練ではなく営内の清掃作業中に撮った写真のようです。汚れるのは下半身だけの作業なのか、数名ズボンのみ作業着で上着は野戦服を着用しています。


pants14_20131014155206fef.jpg
下士官に対するオリエンテーリングの訓練。こちらもズボンのみ作業着となっています。


film13.jpg
こちらは兵営の洗濯場で作業着を洗って干している風景ですが、作業着の代わりに体操ジャージを着用しています。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR