軍隊手帳と兵隊手帳 (Wehrpass u. Soldbuch) Part2

前回はErich RiedelというBau-Btl.111(第111建設大隊)に所属していた工兵のWehrpassをご覧いただきましたが、今回は同一人物が所有していたSoldbuchをご紹介いたします。
なお、Wehrpass,Soldbuchともに記述内容の判読に自信がありません。間違っている点がありましたらご指摘願います。

 wehrpass.jpg
おっと、工兵なのに歩兵突撃章・・・しまった。

ちなみにBau-Btl.111についてSTEINER氏から貴重な情報をいただきましたので記述いたします。(ありがとうございます!)

・Bau-Btl.(Bataillon)は、通常、工兵Pionier-Bataillonとは異なり、歩兵師団に配属されたのでは無くて、軍管区から軍に配属されていた部隊である。
・このBau-Bataillon.111、元はRADの建設部隊から編制され、名称も1940年にはEisenbahn-Bau- Bataillon 111、更に1943年からはEisenbahn-Pionier-Bau-Bataillon 111に改称されている。
・東部戦線では、当初鉄道の軌道幅をドイツの規格に合わせる作業に、その後は鉄道の保守整備等に従事していたのかもしれない。

Bau(建設)という単語から、道路や掩蔽壕などを敷設する部隊とは思っていましたが、鉄道工兵部隊だったとは意外でした。軌道幅の規格がドイツとロシアでは違うことから、ロシア国内のすべてのレールの張替え作業を行ったこと。輸送を妨害するパルチザンやロシアの厳しい自然との戦いだったことなど前線で戦う兵士以上に活躍した部隊では無いでしょうか。やはりこの人物はReichsbahn(国鉄)の技術者だったのかも知れません。

04-19-2011 03;22;21PM.JPG
Wehrpassには入隊前の職業が書かれています。
フラクトゥールではないようですが判読不可です

さて、こちらがSoldbuchです。兵士自身が管理・保管するよう義務付けられていました。
個人情報満載なので、捕虜になった場合や戦死して敵に鹵獲された場合に情報が漏洩してしまわないよう、そのもの自体の破棄、機密部分を破り捨てるべき事が指示されていました。
よって中隊本部が保管し、戦死/行方不明時には遺族へ送られたWehrpassに比べ必然的に残存率は少なくなっております。

表紙

04-17-2011 02;22;22PM.JPG
Wehrpassとほぼ同じサイズで野戦服の胸ポケットに入られるようになっています。カバーは見た目は革製のようですが、しわ加工のある厚紙製です。
国家記章とSoldbuch zugleich Personalausweis (賃金帳及び個人ID)が印刷されています。

背表紙と1ページ目

04-17-2011 02;23;50PM.JPG
背表紙(左側)には所有者の写真(軍服姿)が針金で留められており、その下には本人のサインがあります。

2ページ目(右側)には個人認識情報が記載されており、個別には以下の通りです。
-Nr.(番号):84
-für den(入隊時の階級) :Reservist Soldat Pionier (予備役工兵でしょうか?)
-四角いマス(昇進経歴):3度昇進したことが判ります。1940年9月1日付け伍長(Gefreiter)、1942年7月1日付け上級伍長(Obergefreiter)、1943年11月1日付け軍曹(Unteroffizier)。
-Vor- und Zuname (ファースト&ラストネーム) : Erich Riedel
-Beschriftung und Nummer der  (~の刻印及び番号)
-Erkennungsmarke(認識票番号):84. 2/Bau. 111
-Blutgruppe(血液型):O (A, AB, B 又は O 当時Rh+や-は発見されていない)
-Gasmaskengröße (ガスマスクサイズ): 1 (1=large、2=medium、3=smallのいずれか)
-Wehrnummer (軍役番号):Bremen II 01/6/1/188

ここで一点、このSoldbuchの発行日について疑問がでてきました。
写真は顔の老け具合や、襟や肩の徽章から軍曹昇進以降であることは間違いなく、そうなると発行年は43年11月以降ということになります。しかしながら、それぞれのページの記録は39年から始まっているんですね。43年の発行時に古いものから転記していれば同じ字体になるはずなのでそれは無さそうです。もしかすると表紙だけ差し替えたのかも知れません。(3年も経てば顔も変わるし、表紙も相当古くなっているので中身だけ交換はあり得るかも知れませんね)

2ページ目と3ページ目

04-17-2011 02;24;38PM
2ページ目(左側)にはさらに詳細な個人情報が載っています。詳細な内容は以下の通り。

-geb. am (生年月日) :1901年6月7日
-in (Ort, Kreis, Bezirk) (町, 郡, 州):判読不可
-Religion (宗教):ルター派 
(例) ev. =ルター派, r. kath or kath.= ローマ・カソリック, ggl. =Gottglaubig(“信者” 宗教を特定しない場合 SS隊員に多い) 
-Stand, Beruf (職業) :判読不可
-Personalbeshreibung (個人データ)
-Größe (身長 cm):169cm
-Gestalt (体形):痩型
(例)groß-甲種 mittel-乙種 klein-丙種  kraftig-強 schlank-痩型
-Gesicht (顔形):判読不可 oval-楕円形
-Haar (頭髪):灰
(例)braun-茶 blond-金 schwarz-黒 grau-灰 rot-赤 (左記+ hell -明 dunkel-暗など)
-Bart (ひげ):多くの場合ブランクもしくは%で表記
-Augen (目の色): blau-青 grün-緑 braun-茶 grau-灰 hasel-くり色
-Besondere Kennzeichnen (z.B. Brillenträger)(際立った特徴  例 眼鏡):判読不可
(例)Brillenträger-眼鏡 Narbe-傷 Tätowierung-刺青など
-Schuhzeuglänge (靴の長さ):42cm
-Schuhzeugweite (靴の幅):記述なし 1-5, 1から大-小
-Vor– und Zuname eigenhändige Unterschrift des Inhabers (所有者によるサイン)
-Die Richtigkeit der nicht umrandeten Angaben auf Seiten 1 und 2 und der eigenhändigen Unterschrift des Inhaber bescheinigt den (本日1,2ページの内容について証明する。また本所有者がサインしたことも証言する):39年9月13日の日付
-Ausgefertigender Truppenteil, Dienstelle (上記部隊にて記入):Bau-Btl.111(第111建設大隊のスタンプ)
-Eigenhändige Unterschrift, Dienstgrad, u, Dienststellung des Vorgesetzen (指揮官によるサイン、階級、職位):判読不可

3ページ目(右側)は、1、2ページに修正が入った場合にその内容を記載する欄となっています。
4 項目とも、1 ページ目の内容が修正されたことを示していますが、どの点を修正したのかは不明です。

4ページ目と5ページ目

04-17-2011 02;26;41PM.JPG
4ページ目(左側)は野戦所属部隊や訓練を行った部隊の履歴が記載されています。
5ページ目(右側)には、妻帯者は妻の名前やその住所(上段)、両親の名前とその住所(中段)、そして下段には妻も両親もいない者が肉親や親戚の情報を書き込める欄があります。
妻も両親も住所が修正されています。疎開した為でしょうか?

6ページ目と7ページ目

04-17-2011 02;29;01PM.JPG
さて、いよいよお待ちかね支給品のリストです。Wehrpassには無く、Soldbuchのみ存在するページです。
お馴染みの言葉が並んでいます。

04-17-2011 02;30;01PM.JPG
工兵部隊ということで、特殊工具の分項目でしょうか?項目が追加されております。

8ページ目と8aページ目

04-17-2011 02;35;07PM.JPG
8a(右側)から8dまで4ページに渡り、支給された武器、双眼鏡、ガスマスクなどの情報が記載されております。
このページの記載から、この兵士には歩兵銃(kar.98K?)に銃剣、それと拳銃(P.08, belg)が支給されたことが判ります。

8bページ目と8cページ目

04-17-2011 02;36;39PM.JPG
ガスマスク(Gasmaske)と45年3月に支給された拳銃の種類(FN?)が興味深いです。

8dページ目と9ページ目

04-17-2011 02;37;37PM.JPG
9ページ目(右側)は予防接種の記録です。上から天然痘、腸チフス、パラチフス菌、赤痢菌、コレラ菌。
本来項目には無いマラリア菌の予防接種も受けています。
なおSoldbuchは全部で24ページあり、この後、視力、歯の検査結果、病院の入退院歴や受勲歴そしてSoldbuch(賃金帳)名の通り、俸給の状況が記録されております。
コンテンツの内容がやや長くなったので、このあたりで一度区切りたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR