行軍コンパス(Marschkompass)

過去の日記で既出ですが、ドイツ軍が使用した行軍コンパス(Marschkompass)について掘り下げて書いてみたいと思います。行軍コンパスは書類ケースと共に部隊指揮官や先任下士官、砲撃観測員が携行し行軍や砲撃の際の測量ツールとして使用しました。


Compass19.jpg  
本体はベークライト製、金属製(真鍮)のカバー付の簡素な作りです。サイズは縦75mm 横55mm 厚さ20mm、重さは100gで、認識票と同様首から下げる紐がついています。

Compass25.jpg
本体の左側には50mmの目盛りが刻んであり、地図上で直線を引いたり距離を測ったりするのに使えます。

Compass2.jpg
カバーを開いたところです。カバーの裏側はミラーになっています。

Compass13_20120219151807.jpg
このようにV字サイトに対象物を合わせ、カバーを半分閉じた状態にすると対象物と方位を同時に見ることができます。

こちらは方位盤のアップです。
Compass20.jpg
東がEではなくO(ドイツ語の東=OST)になっている以外はアメリカ軍で使用されたものと同じです。目盛りは1から64(=6400)で単位はミル(ドイツではシュトリヒ)という、通常の360度をさらに6400等分したものです。いわゆる「レンザティックコンパス」と呼ばれるタイプで現代でも精度が求められる軍隊や登山で使用されています。26の目盛りの位置に針のぶれを止めるストッパーが付いているのが見えます。現代は内部に液体(ダンパオイル)を注入することが一般的ですが、当時はこれが主流でした。

Compass26.jpg
裏側です。肉抜きされており軽量化に一役買っていますが耐久性は逆に...薄くなった部分の一部が破損しております。

Compass3.jpg
さて、カバーには“A”のステンシル文字があるものと無い物があります。左が“A”タイプ、右が無いタイプです。
この“A”の文字の意味ですが、Artillerie(砲兵隊)、Armee(軍)そしてAzimut(方位角)のいずれかの意味という諸説がありますが、はっきりと記述した文献が無くよく判っていません。

  Compass22.jpg Compass23.jpg
方位盤はどちらもミル表示です。パッと見は大きな違いは無さそうですが、アップにして見てみると・・・・ 

Compass20.jpg Compass21.jpg
お判りでしょうか?
目盛りが内側・外側など細かい違いはありますが、明らかに違うのは“A”タイプはNから時計回りに1,2,3と増えている一方で、文字無しは64,63,62と減っている点です。これは全てのコンパスに共通なので、どうやらこの差が“A”のあるなしに関係していることは間違いありません。なお現代のコンパスはすべて“A”タイプです。
ここでいつもの頼みの綱、Wikipediaで方位角の意味を調べてみました。

<Wikipediaより抜粋>

方位角(ほういかく、英語: azimuth)とは、ある方向と基準となる方向との間の角の角度で、方向を数値で表す場合の水平成分である。右手系では東を基準方位とし反時計回りを正の角度とする。左手系では北を基準方位とし時計回りを正の角度とする。

上記の説明に合致するのは、左側の“A”タイプです。方位角は対象物(戦場では攻撃目標)の方向と距離を測量する際に欠かせないデータであることから、“A”はAzimut(方位角)の頭文字であると考えられます。(とは言いつつも確信はありませんので間違っていたらご指摘ください)

ではこの“A”タイプはいつ頃から使われるようになったのでしょうか?

HDv0362.jpg
上記は1928年に発行された陸軍勤務規定第362号(H. Dv.362) 「行軍コンパスガイド」で、終戦まで何度か再版されています。あるコレクターの調査では、1940年版には“A”タイプのコンパスについての記述はないそうです。

kompass-a-2.jpg
ところが1945年版には“A”タイプのコンパスが写真付きで掲載されています。これらのことから“A”`タイプが導入されたのは1940年から1945年の間であると考えられます。

そしてCompass musiumというコンパスを専門に扱ったサイトでどうやら答えらしき記述を見つけました。

http://www.compassmuseum.com/hand/hand_1.htm#BREITHAUPT
The notice to infantry-men (Heeresmitteilung, June 5, 1944) indicates how to use the new A-marked compass with clockwise divisions
(1944年6月5日付けの陸軍通達には新しい時計回りのAマーク付きコンパスの使用方法について注意書きがあり)

さらにオリジナルサイト(ドイツ語)を調べると通達内容に関して別の説明がありました。

"Gleichzeitiger Gebrauch von "Marschkompass vereinfacht" und "Marschkompass A"、
"Bei gleichzeitigem Gebrauch des linksläufigen Marschkompass vereinfacht und des neu eingeführten rechtssläufigen Marschkompass A ist zu beachten"

ドイツ語はさっぱりですが、翻訳サイトを駆使してなんとか独→英→日で意味を調べてみました。
"簡易行軍コンパスと行軍コンパスAタイプの同時使用"、“反時計回りの簡易行軍コンパスと新しい時計回りの行軍コンパスAタイプの同時使用” ということでAタイプは1944年6月に導入が行われた新型のコンパスという理解で良いと思います。

とまぁ、Aってどういう意味なんだろ?から始まりここまで調べるのに丸々半日使ってしまいました。
本当はコンパスの使い方などを写真を使って再現したかったのですが、次回の楽しみに取っておきたいと思います。

Compass14.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR