陸軍M34略帽 (Feldmutze 34) Part1

世界同時不況の中、海外コレクターがいろんなものをネット上で売りだしており、しかも10年に一度の円高、ついつい財布のヒモが緩みがちになっております。

しかしながらあくまで、1ドル=120円、1ユーロ=160円の時に比べれば、という相対論であり、また軍装品の値段なんてものは、もともと定価なんてものはなく、需要と供給でコロコロ変わるので、円安の時でも今より安く手に入ったものも結構あります。

そう自分に言い聞かせて、なるべく軍装ものに出費はしないようにしているのですが、ついつい物欲に負けていろいろ買ってしまうところがダメ人間らしい所です。

ということで、ずーっと憧れだったものをついに入手しました。

DSC06678.jpg
陸軍34年型略帽です。(Feldmutze 34) 船形の野戦帽で、43年につば付きの規格帽(M43)が登場するまで、変形バージョンであるM42略帽と共に下士官以下に支給されました。

DSC06652.jpg 
国家章(鷲)やコカルデ章(菱形)の色で40年6月以降に作られたものと判ります。ソータッシュ(兵科を表す山形のヒモ)が付いていた痕があるので、42年夏以降、通達により外された可能性があります。

この略帽、一般的にコレクターの間では英語でoverseas capと呼ばれていますが、side capやfield cap, garrison capなどの呼び方もあるので検索するのが大変です。

まぁ、もう手に入ったので検索の心配はしなくて良いですが・・・
(しかしながら、このM34だけで満足する私では無かったのである・・・続く)

ostfronb0002.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

M35書類ケース (Meldekartentasche 35) Part3

さて、前回の続きということで書類ケースの中身を見ていきたいと思います。

と、その前に↓のクリノメーターについて調べましたので非常に簡単ですが解説を。
正式名称は「Deckungswinkelmesser」といい、直訳すれば「Deckungs=射界」「winkelmesser=分度器」となります。

map23.jpg  

scale.jpg
勾配を測ることができ機関銃や迫撃砲の射角を決める際に使用されたようです。

なお、H/6400という刻印は単位が6400ミル(ドイツではシュトリヒ)であることを表します。
ミルは通常の360度を精度を上げる為にさらに6400等分したもので、ドイツの照準測定器の基準角となっております。
(小林源文著『武器と爆薬』より)

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
(2007/04)
小林 源文

商品詳細を見る

使い方はこのようになります。
map7.jpg 
『武器と爆薬』に、経験豊富な指揮官は、銃剣と指で概算目測できたとありますのでクリノメーターが無くてもなんとかなったのかも知れません。

w078.jpg
目盛りが見えます。

次々と中身を紹介していきましょう。

Compass2.jpg  
こちらは必需品ですね。コンパスです。シンプルで丈夫そうです。蓋の裏側にはコンパクトのようなミラーが付いており、目標物と針を同時に見ることができます。実はコンパスでも射角の測定が可能ということをTVドラマ「ザ・パシフィック」で知りました。

dnieperoy1.jpg
左端の伍長がコンパス(クリノメーター?)を使って射角を測っているように見えますが、気のせいでしょうか?

次はキルビメーター(マップメジャー) ドイツ名で「kurvenmesser」です。


map22.jpg
表が2万5千分の1、5万分の1、7万5千分の1、20万分の1
裏が2万分の1、4万分の1、8万分の1、10万分の1の距離を測れるようになっています。

分度器各種

map3.jpg  

map1.jpg  
こちらも6400ミルに対応しております。 いずれもセルロイド製

map2.jpg  
テンプレートのようですが、用途はさっぱり判りません。


map24.jpg  
スライドルール・計算尺です。コンピュータの無い時代はこれで換算していました。

map9.jpg  
こういう教書を読めば、地図の読み方が理解できるようになっています。(その前にドイツ語が・・・)

map10.jpg
地図をサっと広げて地形を読み、正しい位置を割り出せるというのは今も昔も変わらず男にとってのある種の憧れではないでしょうか。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M35書類ケース (Meldekartentasche 35) Part2

前回の“M35マップケース(Meldekartentasche M35) その1”の続き、中身についてです。
map5.jpg

まずは、こちらが本来のマップケース。

map0.jpg  
文字通り、マップ=地図を入れるケースです。
書類ケースにピッタリのサイズで作られております。

次はお約束の地図です。
map13_20121015050551.jpg  
実際の作戦地図としてに2万5千分の一の縮尺が使用されました。


鉛筆と消しゴム及び葉書


map21.jpg   

ドイツの鉛筆と言えば、“FABER CASTELL”ですね。最古の文具メーカーです。
折れやすい葉書は隊員の分を、まとめて持っていたのでしょうか? 鉛筆はホルダーに挿すことができます。

さて、ペンホルダーの左右にもポケットがあります。
まずは、向かって右側のポケットに入れるのはこちら。

map23.jpg   
分度器です。こちらについては別の機会に詳しく・・・


map19.jpg  

向かって右側のポケットは分度器を収納する為のもの。


map11_20121015045148.jpg
こちらも分度器のようですが、地図上で使うものですね。懐かしいセルロイド製です。

map20.jpg  
こちらも向かって左側のポケットにピッタリ収まります。

続きは、「書類ケース Part 3にて」


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M35書類ケース (Meldekartentasche 35) Part1

こちらは、35年型書類ケース(独;Meldekartentasche M35、英:Report case)です。
地図を入れるという用途が主だった為でしょうか、コレクターの間ではマップケースで通っております。

mapcase01.jpg 
黒く染められており、アーモポーチと同じ模様で型押しされています。同じ型で茶色で染められたバージョンや、フラップが長いタイプ、バックルタイプなど数えたらキリがありません。共通して、ペンホルダーとスケール(定規)を入れるポケットがついております。裏側にはウエストベルトに吊る為のベルトがあり、バックルで調整することができます。
(このベルトは保管方法がマズかったのか、クセでひしゃげてしまっています)

map13.jpg
中は二つに仕切られております。

フォト
こんな感じで腰から吊り下げます。通常は左側に吊ることとされていましたが、この兵士のようにアーモポーチやホルスターを左側に持ってくる場合、右側もしくは後ろ側にも吊ることもありました。

フォト
又この下士官のように、ベルト長を調整してアーモポーチの下に吊ることもできました。この写真の解説で、このようにしたのは狙撃兵の露骨な標的にならない為~とありますが、これだけ書類ケースが目立つとアーモポーチを付けたところで、ほとんど変わらないのでは?

書類ケースは、部隊指揮官や先任下士官のみならず、砲撃観測員、信号兵、野戦憲兵、伝令兵と幅広く支給されました。

フォト
有名なスターリングラード攻防戦における偵察小隊の写真です。詳細な階級は不明ですが、メガネをかけた兵士(小隊長?)と弾薬箱をもった兵士(軍曹?)が持っています。

さて、次回の日記では書類ケースの中身について、いろいろ検証してみたいと思います。

フォト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M34クリーニングキット (Reinigungsgerat 34 mit Inhalt)

歩兵にとって銃は命の次に大事なモノであり(某国は命より大事でしたが)、あたかも恋人のように大切に扱い、常に稼動可能な状態する義務がありました。
これは正規の軍隊なら当然のことで、いい加減な清掃をする兵隊は上官から厳しく指導されたことは間違いないですね。

銃に“様”をつけて敬礼するほど“熱狂的”ではなくとも、ドイツ軍もまた銃にかなりの友愛精神をもって接した軍隊だったと思います。
ドイツ民族らしいモノへのこだわり、たまたま支給された一挺の銃ではあるが過酷な戦場を生き抜く上で信頼すべき相棒であり、またその姿形も男を魅了する“ビューティー”であることも大いに関係しているのではないでしょうか。
(70年経った今でも多くの漢を魅了して止まないですもんね~うれしい顔) 

そんなわけで、ドイツ兵は日頃から兵営でも戦場でも銃を最高の状態にするべく努めたわけですが、それを手助けした清掃用具をコンパクトなケースにまとめたのがM34 クリーニングキット(Reinigungsgerät 34 mit Inhalt)です。

   
 m34ck5.jpg            m34ck6.jpg   
 

       
          m34ck3.jpg   m34ck4.jpg
左から、コンテナ、チェーン、ブラシ1、ブラシ2、ツール、オイルボトル (清掃用布が欠品しております)

ツールを使うと小銃のマガジンフロアーを外すことが出来ます。(外すだけなら、ツールがなくても先の細いものがあればできますが・・・)

ありふれた光景だったのでしょう、ドイツ軍には銃を清掃している写真が多いです。
 
cleaningkig11.jpg

ライフル用以外にも、機関銃用のクリーニングキットも存在していたようです。

P1017960.jpg
実物は見たことがありませんが、ブラシが大きそうですね。

cleaningkig11_20130421084123.jpg 6_20120116122605.jpg
Aフレームバッグや雑嚢には専用のポケットがあります。

このように専用のコンテナや収納場所まで作ってしまうところが、ドイツ人気質かと思われます。
(こんな所まで懲りすぎて、戦争に負けちゃったのかも?)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR