分隊用ストーブ (ARARA 37 Feldkocher fur ein Gruppe)

ドイツ軍が戦時中に使用した分隊用ストーブが欲しくなり、数年前に『JUWEL 34』をオークションで入手しました。
分隊用ストーブはその名の通り分隊単位で配られた料理を作ったり、暖を取るのに使用する調理用ストーブです。

mp876.jpg  mp876 (1)
『JUWEL 34』
ご存知の通り、JUWEL 34は戦後の生産品で、ナチスドイツではなくDDR(東ドイツ)の軍隊が使ったストーブです。
しかしながら実は購入前に大きな誤解をしていました。
『JUWEL 33』という大戦中に使用されたストーブのことは知っていたので、JUWEL 34はでっきり33の翌年、34年に採用された戦中モデルと勘違いしたわけです。(数字=採用年だと考えてしまう軍装マニアの悲しい性・・・)

juwel_1.jpg  
写真は『JUWEL 33』です。後継モデルであるJUWEL 34とは構造はもちろん、外観もほぼ同じです。
(写真は海外コレクター所蔵品)
なお、このJUWELストーブ、現在もマイナーチェンジを経て販売されています。(現行モデルはこちら

もともと『SVEA 123R』(ポータブルストーブの元祖ブランドでJUWELはそのコピー)を学生時代から登山やキャンプで愛用し、このタイプのストーブが好きな私は、返品もせずコレクションに加えることにしました。

P1019403.jpg
20年以上愛用しているSVEA 123R。全くメンテナンスしていないにも関わらず、動作は常に良好です。
冬山のキャンプでは「ブォー」という力強いバーナーの音に寒さや疲れを忘れます。

それでも、一応はドイツ軍装コレクター端くれ。やはり大戦中モデルのJUWEL 33の存在が忘れられません。
ぜひ入手したい!しかし軍装コレクターだけでなく、ヴィンテージストーブコレクターも血眼になって探しているアイテムです。
ジャンルを広げてウォッチしましたが、現存数が少ない為でしょうか、なかなか市場に姿を現してくれません。

そしてある日のこと、オークションにJUWEL 33に形の良く似たポータブルストーブが出品されてました。

10_20110828143537.jpg  
上蓋には『ARARA 37』の文字が。


deutsche-soldaten.jpg  9_20110828125425.jpg
『Deutsche SOLDATEN』の258ページに載っているストーブと同じようです。

あくまでJUWEL 33が本命ですが、これも大戦中のストーブには間違いないようなので狙ってみることにしました。
しかしながら相場が全く判りません。JUWEL 34の1.5倍くらいかな?と気軽に考えていたのは浅はかでした。
競った末、なんとか落札できたものの想定の2倍以上の価格に。。。(涙)
ドイツ軍装コレクターにとって、分隊用ストーブは露出度が低くエスビットほど必須アイテムってわけではないはず。
きっとヴィンテージストーブコレクターも入札に参加したに違いありません。

アメリカのイリノイ州より到着したARARA 37です。

1_20120219004654.jpg  2_20120219005847.jpg

光源の違いで微妙な違いが出てしまいました。上側が実際の色に近いですね。

3_20120219004653.jpg
出品者の説明によればアメリカの帰還兵がドイツから持ち帰ったそうですが本当でしょうか?
  
4_20110828133707.jpg
タンク部は風防や蓋と同じくジャーマングレーで塗装されています。
NUR FUR BENZIN(ガソリン専用)の文字はJUWEL 33や34にもあります。

13_20110828155956.jpg
火力の調整、メンテナンス用のツールが付属しています。
6_20110828135145.jpg
ポータブルストーブのコレクション。左からARARA 37・JUWEL 34・SVEA 123Rです。
5_20110828135151.jpg
タンクやバルブの形に違いがあるものの、基本構造は全く変わっていません。
ARARA 37はプレヒートした形跡はありますが、バルブが綺麗なのでほとんど使われてはいないようです。

ARARA 37は入手したものの、JUWEL 33をまだ捜し求める自分がいます。(どこまで続くこの泥沼よ・・・)

12_20110828151253.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

モーゼルKar.98K (Mauser Kar.98K)

モーゼルKar.98K(Mauser Karabinar 98 Kurz)は第二次世界大戦でドイツ軍主力小銃として使用されました。
Gew.98(Gewehr 98)の改良型として開発され、45年の終戦までドイツ兵のよき相棒であり続けました。
モーゼル小銃は完成度が高く、第二次大戦までのボルトアクションライフルの中で最も優秀とも言えるでしょう。



 K98_1.jpg  

K98_3.jpg   

写真はモーゼルKar.98Kの無可動実銃です。モーゼル社のコード“42”と製造年の“1939”を表す刻印があります。
発射機構を排除した観賞用に加工した実銃の為、モデルガンのようにボルトアクションを楽しむことはできません。

K98kimage2en.jpg
Kar.98Kのメカニズム(クリックすると拡大できます)

Kar.98KのKar.はKarabiner(騎兵銃)、KはKurz(短い)の略で、1898年に採用されたGew.98(Gewehr 98)の騎兵銃ショートバージョンという意味です。

<Gew.98とそのバリエーション>

12_20110821172907.jpg
6_20110821171506.jpg

上からGew.98・Gew.98トレンチタイプ・Kar.98AZ・Kar98(system 98)・Gew98狙撃銃
Kar.98aが原形のように見えますが、戦後に開発されたKar.98bというタイプのショートバージョンとなっています。

14_20110821182017.jpg
Kar98b (海外コレクター所有物)
長さはGew.98と長さは同じ(1250mm)ですが、スライドサイトを採用、ボルトハンドルが曲げられています。
スリングの位置はKar.98AZと同じく、騎兵が肩に背負い易いようストックの左側に取り付けられています。
ドイツ軍では銃の長さには関係なく、ボルトの形状とスリングの取り付け位置で騎兵銃と名づけていました。


P1017435_20110821094714.jpg
Kar.98Kに使用される弾薬は7.92x57mmモーゼル弾です。1箱15発入りで支給されました。
ドイツ軍の正式カートでMG34やMG42、自動小銃と共通で使用できます。

Kar.98K専用アクセサリー

bayonet.jpg   
SG84/98銃剣。これだけで十分武器になるのでアクセサリーと言うには御幣があるかも・・・
  
8_20120123024905.jpg
弾薬ポーチには片側30発x2 合計60発入ります。

16_20110822051838.jpg  
マズルカバーは付けたままでも撃てるよう先端のフタがオープンします。
フロントサイトにフードがついた中期以降のタイプにはゴム製のキャップが支給されます。

他にもZF41狙撃用スコープM34クリーニングキットスリング、グレネード・ランチャーなどがあります。

11_20110821231945.jpg

話は変わりますが、思い出話を一つさせて下さい。
Kar.98Kが好きになったそもそものきっかけは、30年以上前に従兄弟が所有していたCMC製(もしくは六研製)のモーゼルのモデルガンでドイツ兵ゴッコをしたことにあります。
当時、ハンドガンのモデルガンは所有していましたが、戦争ゴッコとなると今一つ迫力にかけ、従兄弟がCMC製のモーゼルと、MGCのMP40を持って参入するや大いに盛り上がったものです。

自分も欲しくて仕方がなかったのですが、子供の自分の小遣いではとても買えずモデルガンショップに行ってはショーケースの中のモーゼルを憧れの眼差しで眺めるだけでした。(当時は定価4万円前後と記憶しています)

その後、月日は流れ20年経ってついに憧れだったモーゼルKar.98Kを入手することになります。

 9_20110821112444.jpg 7_20110821124048.jpg
上記はオークションで手に入れた六研のモーゼルです。バットプレートに「ROKKEN」の刻印があります。
既にCMCもモデルガン製造から撤退。CMCから金型を受け継いだタナカモデルも久しく絶版となっておりオークション市場では当時の定価以上のプレミアがついていました。
このROKKENモデルは終了時間を越えても競り合い最後は涙目になりながら落札した記憶があります。

11_20110821112330.png
発売当時のパンフレットです。外人モデルが持っているのはZF41がついた実銃と思われます。
発売前に六研へ手付け金を払うとこのパンフレットが送られ、発売後に商品と引き換えることができたそうです。
※まもなく六研は廃業、金型を引き継いだ東京CMCが製造・販売を続けます。

その後、わけあってモデルガンは手放すことになりますが、入手額とほぼ同じ金額で引き取られて行きました。
(CAW再販前で良かった~)

そしてそして、なんとこのたび幸運にもカナダでKar.98Kの実銃を撃つ機会に恵まれました!

17_20110822064623.jpg
こちらが撃ったホンモノのKar.98Kです。私が持っている無可動と同じモーゼル社1939年製です。
70年以上前に製造されたものとは思えないほど状態は良く、機関部はもちろん、ストックやネジまですべてのナンバーがマッチングした逸品です。
(Kさん、貴重な銃を撃たせていただきありがとうございます!この場をお借りして感謝の意を表します。)

撃った時のインプレッションは、やはり「反動がハンパなくきつい!!」に尽きます。
モーゼルの前に三八式歩兵銃も撃たせてもらったのですが(Kさん、重ねてお礼を申し上げます)
そのことがより一層7.92mm弾の反動の強さを印象付けることになりました。
実は三八式の射撃の際、バカな初心者の典型例的に鎖骨にバットプレートを当てたまま撃ってしまったのですが三八式の反動でもとても痛かったです~(涙)、これがもしモーゼルだったらどうなっていたことやら。。。(汗)

19_20110822071233.jpg
こちらが射撃結果です。7.92mm弾の威力は三八式の6.5mmの弾痕の大きさと比べても一目で判ります。
しかし、意外にも反動の割りには命中精度は良いですね。
もちろん私の腕では無く、個体の精度、7.92mm弾の推進性能のおかげであるのは間違いありません。

私はこれまで何度かMP40などのサブマシンガンはラスヴェガスで撃ったことがあります。
しかし、ボルトアクション銃を撃つのは今回が初めての経験でした。
ターゲットに向かってボルトを操作し狙って撃つ、10発分の繰返し作業でしたが撃ち終わった後の疲労感は強く、これがもしも、弾丸が飛び交う戦場で人間を狙うとしたら・・・兵士には相当な訓練と集中力が必要だったでしょう。(私が軟弱なだけかも知れませんが・・・)
ミリタリー趣味は平和な時代だからこそ楽しめる。このことを強く実感しました。

20_20110822072254.jpg
(もう一度機会があれば、今度はこんな格好して撃ってみたいなぁ)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

雑嚢の中身 ~身嗜み編~

雑嚢はその名前のとおり、本来は雑多な物を入れる袋で、時と場所そして兵士個人の嗜好によって中身は千差万別であったと思われます。参考となる当時の写真も雑嚢こそは写っているものの中身は推測する他ありません。
(背嚢のようにガイドラインがあれば良いのですが・・・)
そんな中、STEINER氏のHPを参考にコツコツ集め始め、困難だったいくつかのアイテムを入手してようやく人様にお見せできるようになったのでアップしたいと思います。

all2.jpg    

第一回は「身嗜み編」ということで兵士のグルーミンググッズを中心に紹介します。

   TOWEL.png 
まずは軍用タオルから。青い線は陸軍(Heer)仕様とされています。H.U.と鷲章は毛布にも押されているスタンプです。
このタオル、実はリプロなのですが、本物と同じ素材で見分けがつきません。(実物を入手して比べた所、全然違いました(^^;)

          shave2.jpg

髭剃りセットです。替え刃と安全剃刀そしてブラシです。水筒のカップで石鹸を溶かせば髭そりができます。

soap box1 soap1.png
ベークライト製の石鹸ケースと石鹸の本体です。石鹸は洗濯用石鹸と思われます。
体と同時に衣服を清潔に保つことは兵士の努めでした。

mirror01.png    mirror02.png
携帯用鏡です。髭そりの他、太陽の光を利用した通信手段としても使用できますね。
このタイプは鉄の板を鏡面に仕上げたもので少々乱暴に扱っても割れる心配はありません。


comb1.jpg  
最後はクシです。アルミ製で右側は細目、左側は荒目となっています。アルミは航空機の素材として貴重なはずですが、こういう所に使われているのは意外です。ベークライト製のクシもあります。  
以上があれば、最低限の身嗜みはなんとかなりますね。(歯ブラシや歯磨き粉が抜けていますが、塩と指で・・・)

雑嚢の中身シリーズ、2回目は「糧食・嗜好品編」を予定していますが、個々のアイテムの写真を撮る時間がなかなか取れず、次回はいつになるか判りません。

nakami.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

内蔵サスペンダー (Tragegurte)

内蔵サスペンダー(Tragegurte)については、レコレクショヌールさんのサイトを参考にさせてもらおうと思っていましたが、クローズしてしまったのでしょうか?検索してもサイトが見当たりません。内蔵サスペンダーの成り立ちや機能について詳細な情報が記述されており、大変参考になったのですが・・・
 
内蔵サスペンダーは、Yサスペンダーの普及と共に廃棄もしくは他の装備への改造(たとえばAフレームのハーネス)により残存率が少なく、さらにM36からM41野戦服までの必需アクセサリーとしての需要が高まった為、欧州でも入手が困難な状態です。(一年ほど前にレコレクショヌールさんがほぼ未使用の内蔵サスペンダーをオークションで出品されていましたが、
高額で手が出ませんでした)

suspender4.jpg
数年前に手頃な価格な1セットを入手、M36野戦服に組み込んで何度かブログで取り上げたことがありますが、今回は単独のアイテムとしてアップしたいと思います。

suspender3.jpg
suspender2.jpg
こちらが内蔵サスペンダーです。
1935年6月11日付け第268号通達により正式に採用されました。コットン製で全長は1m、肩の部分は幅4.5cm それ以外は3cm 、ホールの数は15個となっています。(15個も必要ない気もしますが)

 
5_20110806175747.jpg
製造年を表す1937と1938の刻印があります。同じ製造会社ですが、ホールの位置が違います
肩に当たる幅広の部分の長さが違います。製造年で違うのでしょうか?それともどちらか一方がフェイク?



6_20110808102717.jpg  
ベルトフックはアルミ製もしくは鉄製です。
一番上の写真のように野戦服の中に内蔵サスペンダーを通した後、サスペンダーと野戦服のそれぞれのホールにベルトフックを通していきます。

7_20110806175748.jpg  8_20110806175747.jpg


9_20110806175746.jpg
ベルトフックと服の間にベルトを通します。
内蔵サスペンダーにより、ベルトに取り付けるアーモポーチ、スコップ、雑嚢、水筒の重量を分散することができます。

前述のとおり、1939年にYサスペンダーの採用・普及により内蔵サスペンダーは廃止されます。しかしベルトフックは
自体は必要だったのでしょう、M42野戦服以降も取り付け用のホールとタブが残されることになります。

4_20110806134041.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M44アンクルブーツ後期型 (Schnürschuhe)

アンクルブーツ第二段です。ドイツ軍がイタリアのメーカーに発注したタイプとか、イタリアの靴に似せて作ったとか色んな説がありますが、定かではありません。

前回紹介したアンクルブーツと比べて、なんとなくお洒落に感じるのは気のせいでしょうか。

bootsitaly1.jpg  
くるぶしまでの高さという点は一般のアンクルブーツと同じですが、この靴はつま先が革で補強されています。

bootsitaly3.jpg   
踵の上には革のタブが付いており、片手で持ったり、何かに引っ掛けて干したりすることがし易くなっています。

3_20120116134841.jpg
この靴の特徴は踵の金具が登山靴と同じ仕様になっていることです。この形は岩場でのグリップ力強化に加えスキー板のビンディング固定用とも言われています。
靴底には通常の鋲が打ってありますが、補強金具に換えれば登山靴に変えられるという設計なのかも知れません。

4_20110805152303.jpg
刻印は薄くなっていますが、「26 1/2. 6. 836. 0100」とかろうじて読めます。
26 1/2と6は靴のサイズ、836は製造番号と思われますが、0100が何を示すのかは不明です。(RB Nr?)靴の中にも複数の数字と持ち主の名前らしきものが書かれているのですがこちらは判読不可能です。戦後に誰かが書いた可能性もあります。(ルーン文字で“SS”なんて書いてあったら、余計に眉唾ですが・・・)

いつもの通り、最後に当時の写真を載せようと、ネットの掲示板を見ていたらこんな写真(絵)を見つけました。
アメリカ軍補給将校がドイツ軍の装備についてのまとめたレポートのコピーのようですが、つま先の補強革や靴底の形状が非常に良く似ています。

6_20110805155708.jpg

5_20110805155522.jpg     
細かい部分(リベット、補強金具)は若干違うものの、M-1944すなわちM44アンクルブーツという解釈で良いかな??


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR