MG42 (MASCHINENGEWEHR 42)

上陸下士官として、私は舟艇から兵士を引きずり降ろしては、どうにかして崖の麓までたどり着かせようとした。しかしそれは恐怖に満ちた作業だった。―兵士たちは、砂にまみれて凍りついたまま、まったく動くこともできなかった。私と行動をともにしていた通信兵は、ほんの3ヤードしか離れていない私の目の前で、頭を吹き飛ばされた。ビーチは無数の死体で覆われていた。―ある者は脚を失い、ある者は腕を失い―。おお神よ、むごい。あまりにもむごすぎます。

―第一波上陸部隊・F中隊所属 軍曹ハリー・ベア『D-デイの声』より (「プライベート・ライアン」竹書房)

ノルマンディに上陸した米軍兵士を恐怖のどん底に陥れたのは、海岸から何も遮蔽物が無い中で立体交差射撃が可能なように巧妙に配置されたドイツ軍の野砲・対戦車砲、迫撃砲、そして機関銃からの正確な射撃でした。映画『プライベート・ライアン』の序盤のオマハ・ビーチ上陸のシーンでは、ハリー・ベア軍曹が体験した惨劇の様子がリアルに再現されています。
特にMG42が上陸用舟艇から降りようとするレンジャー部隊兵士を肉塊に変えるシーンは何度見ても鳥肌が立ちます。ドイツ軍マニアから見て細部に?な部分が多い映画ですが、この序盤20分のシーンによって歴史に残る映画になりました。

プライベート・ライアン [DVD]プライベート・ライアン [DVD]
(2006/07/07)
トム・ハンクス、トム・サイズモア 他

商品詳細を見る

『プライベート・ライアン』を見た後もしばらくはMG42の発射音が頭から離れず、当時の自分はどうやらMG42の持つ魔力に取り付かれてしまったようです。やがてDVDが発売されるや否や購入したのは言うまでもありません。その後、しばらくして、『メダルオブオナー アライドアサルト』というFPSゲームが発売され、仮想空間ではありながらも機関銃を撃ちまくれる快感に浸りました。(こんな書き方をすると危ない人に思えるかも知れませんが、一応はまともな社会人のつもりです)

    メダル オブ オナー アライドアサルト オリジナル版 日本語版メダル オブ オナー アライドアサルト オリジナル版 日本語版
(2003/09/18)
Windows

商品詳細を見る

このゲーム、発射音は実銃のものを録音して使用しており、実際の戦闘に身を置いているようでした。その後に出た同タイトルの続編『コールオブディーティー』シリーズなどはバージョンを重ねる毎に銃本体やマズルフラッシュのグラフィックが実物を撃っているかのようにリアルになり、さらに弾道計算も反映されてますます脳内のアドレナリンの分泌量は増える一方でした。

段々とタイトルとはかけ離れて映画やゲームのレビューになりつつあるので、それそろ本題に入りたいと思います。
しかしいくらリアルになっても所詮は仮想空間の中だけであり、モノとして欲しくなってくるのが物欲コレクターの性。悩んだ挙句、以前MP40を購入した某ショップでMG42の無可動実銃を購入してしまいました。

MG42c.jpg

dfbの刻印があるグストロフ社44年製です。小銃や短機関銃と比べると相当重いです。
MG422.jpg

MG42(MASCHINENGEWEHR 42) 仕様

種別         汎用機関銃
口径         7.62mm 
銃身長        533mm ライフリング4条右まわり
使用弾薬     7.62×57mm
装弾数        ベルト給弾式, ドラムマガジン式
作動方式     ローラーロック式ショートリコイル
全長           1220mm
重量           116000g
発射速度     1,200-1,500発/分
銃口初速     975m秒/884m秒
有効射程     1000m

やや精巧すぎ価格も高く悪条件下では故障しやすいMG34の改良版としてMG42は1937年からグロスフス社のグルナー博士の下で開発が始められ1941年に完成しました。ローラーロッキング・オープンボルト方式は泥や砂が入ってもジャミングが起きにくく、またプレス加工を多用した為、工数はMG34の半分、費用も25%ほど削減することが可能となりました。1942年初めには制式化され翌年までに17,000挺がグロスフス社で製作され戦場へ送られました。

仕様にある通り、当時の一般的な機関銃の2倍以上1200~1500発/分という脅威の速射が可能で、その発射音と破壊力から英米連合軍兵士の間では「Hitler's buzzsaw(ヒトラーの電動のこぎり)」、またドイツ軍兵士からも「Knochesage(骨切りのこぎり)」という名で呼ばれ恐れられました。

①                    ②                     ③
MG422-3.jpg MG422-4.jpg6-1.jpg
④                                                    ⑤                     ⑥
P7235935.jpgP7235938.jpg5_20120129072153.jpg
(画像はクリックすると拡大します)
①フロントサイトは起立式で使用時以外は倒しておくことで破損を防ぎます。
②リアサイトはタンジェント式で2000mの照尺が付いています。Vノッチも起立式になっていて破損防止に一役買っています。(写真は倒した状態です)
③フルとセミの切り替えが可能なMG34と違い、MG42はフルモードのみになった為トリガーシステムはシンプルです。
④⑤MG42のローラーロッキング方式のボルト。無可動加工の為、この位置で溶接されています。
⑥フィードカバーの裏側には独自の装弾機構が見えます。この仕組みはその後、M60にも採用されました。

MG422-2.jpg
フィードカバーを開けてベルトリンク付きのダミーカートを装着したところです。
写真のとおりこの機関銃は全体的に使用感はほとんどありません。某ショップに入荷した中で最も綺麗な部類といっても良いでしょう。普段実物にはできるだけ使用感を求める私でも、このような綺麗なものをつい選んだしまったのは例の映画のせいかも知れません。

さてD-デイのドラマは『プライベート・ライアン』や『バンド・オブ・ブラザーズ』など攻撃側の連合軍兵士の視点で作られることが多く(最近公開された『マイウェイ』は例外でしょうが)、守り側のドイツ軍兵士については指揮官を除きほとんど無名、冷血なサイボーグのような印象を持ってしまいがちです。しかし一兵卒でありながら“オマハの獣(The beast of Omaha)”と呼ばれた有名なドイツ軍兵士がいたことを小林源文著の『ノルマンディー1944』で知りました。

ノルマンディー1944 (歴史群像コミックス)ノルマンディー1944 (歴史群像コミックス)
(2009/04/02)
小林 源文

商品詳細を見る

こちらが“オマハの獣”ことハインツ・ゼーフェロー伍長です。
Heinrich  Severloh
ドイツ軍第352歩兵師団 ハインツ・ゼーフェロー(1923年6月23日-2006年1月14日)
21歳の誕生日を目前に控えたゼーフェロー伍長は1944年にノルマンディ、オマハビーチのWn62(Widerstandsnest=防衛拠点)にフランツ・ゴッケル二等兵と共に機関銃手として配置されます。

franzgockelkn2.jpg
フランツ・ゴッケル二等兵(1925年12月30日-2005年11月23日)

wn62-1.jpg
Wn62の俯瞰図。兵員31名が7.5cm野砲 2門(I)、5cmPAK38 2門(L)、5cm迫撃砲トブルク2基(K)、機関銃4挺と共に配置され“イージレッド”と“フォックスグリーン”に上陸してくる敵に対して交差射撃(十字砲火)で攻撃することができました。なおゼーフェロー伍長達がMG42で守備していたのはJの地点。

wn62 667 02w
今も残るWn62の廃墟。

ゼーフェロー伍長は上陸開始の午前6時から午後3時までの9時間でMG42を約12,500発、Kar.98Kを400発撃ち1000人から2000人のアメリカ兵を死亡させたと言われています。(しかしオマハビーチ全体の死亡数が3千なのに、この数はかなりオーバーと考えられます)

“オマハの獣”という名前の由来はもちろん多くの敵兵を死に至らしめたからですが、果たして獣が獲物を狩るかのごとく冷静に9時間も機関銃を撃ち続けられたのでしょうか?Wikipediaによればゼーフェロー伍長はこの戦闘で初めて人を撃った可能性が高くきっと下記の兵士と同じような心情だったに違いありません。

海は水平線の彼方まで、何千という艦船であふれ返っていた。アメリカ兵を満載した上陸用舟艇が押し寄せてくるのがはっきりと見える。やがて何千という兵士たちが一度に上陸し、海岸にあふれ出した。生きた人間に向かって発砲するなど、生まれて初めてのことだったが、私はMG42機関銃に飛びつくや、撃って、撃って、撃っちまくった!しかし何人アメリカ兵を打ち倒しても、それに数千倍する兵士たちが押し寄せてくるのだ!

―ドイツ第352師団所属 国防軍一等兵フランツ・ラッハマン『D-デイの声』より (プライベート・ライアン「」竹書房)

WN62-3.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

M24柄付手榴弾 (Stielhandgranate 24)

M24柄付手榴弾(Stielhandgranaten 24)はドイツ軍の代表的な手榴弾で、その形状から別名“ポテトマッシャー(じゃがいもつぶしの意味)”とも呼ばれています。

 m24-12.jpg  
   
   m24-14.jpg     

上記は火薬や信管を抜いて安全処理が施されたM24柄付手榴弾です。下の写真は安全キャップを外し、点火用の紐と握り玉を外に出した状態です。説明は、いつものごとくWikipediaから抜粋させていただきます。

<Wikipediaから抜粋>
第一次世界大戦から使用されていたヘアブラシ型手榴弾M1915の改良型で、大量の炸薬を発火させる事により起こる爆圧で相手を殺傷する。有効範囲は約10m。攻撃型手榴弾に分類される。

発火方式は摩擦発火式。木製の柄の中に弾殻に繋がる紐が付いており、柄のねじ込み式安全キャップ(ボトルキャップの様な形状)を外し、中の紐に繋げた握り玉を引っ張ることによって摩擦で(マッチの様に)導火線部に着火させ、3~4秒で爆発する。一般的な仕様は、指や手首に紐を巻きつけたまま投げる事で、発火と同時に投擲を行う。

M24柄付手榴弾・データ

全長           365mm
弾頭部直径   60.5mm
高さ        77.8mm(86.5mm:マウント部を含む)
炸薬量            TNT火薬 170g

M24柄付手榴弾の存在を始めに知ったのは映画『脱走特急』だったかと。
ライアン大佐(フランク・シナトラ)率いる連合軍捕虜はイタリアの捕虜収容所から脱出しスイスへ向かう途中、国境付近のトンネルで追ってきたドイツ軍部隊と戦闘になります。ライアン大佐らは敵兵から奪った手榴弾を使ってドイツ兵を撃退するのですが、味方が投げる手榴弾はよく当たるのに、ドイツ兵が投げたものはなぜか外れるというお約束に当時もドイツ軍ファンだった私は臍をかんだものです。


脱走特急 [DVD]脱走特急 [DVD]
(2005/04/08)
フランク・シナトラ、トレヴァー・ハワード 他

商品詳細を見る


娯楽映画の『脱走特急』とは違い、手榴弾の恐ろしさを私の脳裏に刻み込んだ映画があります。『カティンの森』で復活したポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の名作『地下水道』です。
ドイツ占領下のワルシャワ、出口の無い地下水道で戦い、そして死んでいくレジスタンスを描いた映画で、『世代』『灰とダイヤモンド』とともに抵抗三部作と呼ばれています。


アンジェイ・ワイダ DVD-BOX 1 (世代/地下水道/灰とダイヤモンド)アンジェイ・ワイダ DVD-BOX 1 (世代/地下水道/灰とダイヤモンド)
(2011/02/26)
タデウシュ・ウォムニツキ、ウルシュラ・モドジニスカ 他

商品詳細を見る

映画の終盤、ドイツ軍がM24柄付手榴弾を使って仕掛けたブービトラップをレジスタンス兵士が処理するシーンがあります。

m24-17.jpg
M24柄付手榴弾を点火用の紐で逆さに吊り、間違って引っ張ったりすれば爆発という恐ろしい仕掛けです。足場が不安定の中、少しでも揺らさないようレジスタンス兵士が慎重に一つずつ外していくのですが、今にも爆発しそうでハラハラドキドキしながら見た記憶があります。(そして不幸にも・・・)
実際に対独レジスタンスに参加したワイダ監督だからこそ撮れた迫力のシーンだと思いますが、それにしてもこのM24の信管ってそんな微妙な振動・引っ張りで点火するものなんでしょうか?(普通に手榴弾の紐を切れば良いと思うのですが・・・)


話は変わって、タミヤの模型でも手榴弾は欠かせない小物でした。
1/35ドイツ・パラシューターセットにはM24柄付手榴弾を投擲する兵士が含まれており、それほど興味がなかった降下猟兵でしたが腕まくりした兵士が手榴弾を投げるという造型が欲しいが為に買ったりもしました。

m24-19.jpg m24-21.jpg
普通の兵科にすべく、スモッグを削って普通の野戦服に。無知って恐ろしい・・・


   m24-15.jpg

こちらが弾頭部分です。破片では無く爆風で敵を吹き飛ばすため薄い鋼板でできています。
VOR GEBRAUCH SPRENGKAPSEL EINSETZEN”(使用する前に起爆装置を取り付けること)というステンシル文字が見えます。

なお破片効果を高める為、弾頭に被せるアタッチメントも開発されました。(陸軍用のを一個持っていたのですが、どうやら引越しの際に紛失してしまったようです←アホです

M24 fragment
引越し用のダンボールを整理していたら、見つかりました!

m24-16.jpg  
さらにアップするとステンシル文字の下に“Sk. Do Ⅱ”という黒いインク文字が見えます。
海外の手榴弾を専門に収集しているコレクターによれば、Sk.はSprengkörper(爆発物)、DoはDonarite(配合)そしてⅡはバージョン、つまり弾頭の中に入っている火薬配合の種類はバージョン2ということを意味しているようです。

m24-3.jpg
弾頭上部には、刻印“RR 1939”とアムト“WaA 65”が見えます。これらの刻印から1939年にRichard Rinker GmbH社で製造され、65のコードを持つ検査員長によって検査され合格したことが判ります。

m24-22.jpg  
弾頭と柄の接合部分のアップ。木の柄に鉄でできたマウント部がネジで止められています。

m24-11.jpg
弾頭部を外したところです。マウント部にはネジが切ってあって、回して着脱できるようになっています。本来、弾頭部には信管を取り付ける為のケースがあるのですが、火薬を抜くためにごっそりと取り除かれています。

下記の写真はM24柄付手榴弾のカットモデルです。(Wikipediaから借用)
信管部分の状況が良くわかります。
421px-Steilhandgranate_Schnittmodell_db.jpg
台紙に国家章が押されていることから、このカットモデルは兵士の教育用に作られたもののようです。

m24-4.jpg
柄には“RR 1940”の刻印があります。


m24-9.jpg
柄の末端の安全キャップを外したところです。中には陶器製の握り玉が入っています。握り玉が陶器で作られた理由としては、生産性プラス安全キャップを外すだけで途中で引っかからずに落ちてくる程度の重さと滑らかさが必要だったからと個人的には思っているのですがいかがでしょうか。

m24-23.jpg
こちらは『第二次大戦ドイツ兵器写真集』(ホビージャパン)に載っていたスターリングラード攻防戦時のドイツ兵の写真です。ベルトに挟む又は手榴弾用バッグに入れて運ぶといった携行方法は教科書どおりです。
本書の解説にはこのように多数の手榴弾を携行するのは、市街戦の場合手榴弾の使用頻度は高く、かつ有効な武器であったからとあり、写真と併せて歩兵戦において手榴弾がいかに兵士の頼りになる存在だったかを知ることができます。
(柄を外したM24の弾頭部6個を一つの手榴弾に針金で巻きつけて束にした収束装薬も対戦車戦に使用されました)

なおドイツ軍が使用した手榴弾は他にもM39卵型手榴弾、M43柄付手榴弾の2種類があります。
それらは、また別の機会にネタにしてみたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M31水筒 (Feldflasche 31) Part5 熱帯用

こちらはドイツ軍の水筒のバリエーションの一つで、コレクターの間では“トロピカル=熱帯用”と呼ばれている水筒です。また椰子の実をくりぬいて作ったような見た目から“ココナッツ”とも呼ばれています。

tropical canteen11  tropical canteen12
1941年に製造がスタートし、同年DAK(アフリカ軍団)に導入されたと言われています。乾燥していて砂の多い土地での使用に耐えるよう、フェルトや革など傷みやすい素材は使用されずストラップはコットン製、カバーはアルミ製の本体の上に直接、木を樹脂で貼り固めた作りになっています。

tropical canteen5
コットン製のストラップはボトルネック部分で革製のネックストラップに結合されています。
飲み口で判るとおり本体はアルミ製です。どうやって木を貼り付けているのかは不明です。(追記:Kar.98Kのラミネートストックと同じ接着材が使われているようです)

tropical canteen3
本体カバー裏側には、D.R.G.M. H.R.E.42 D.R.P.angmという刻印があります。

tropical canteen4
カップにもH.R.E 43の文字が刻印されています。製造年は違いますが本体とカップのメーカーはマッチしています。

さて、上記のスチール製カップとの組み合わせは一見正しいように思えますが、ベークライトのカップが付いてしかるべきという説もあります。確かにアフリカのような熱帯地方では鉄は焼けて熱くなるので、ベークライト(熱に強いプラスチック)との組み合わせが適当かとは思います。
tropical canteen6  
上記が正しい組み合わせのようです。
さっそく、当時の写真で検証しようと、手持ちの写真やウェブを小一時間ほど探してみたのですが、ついにアフリカ戦線で使われている写真を見つけることができませんでした。そこでさらに調べていくといろいろなことが判明。実はこの水筒、東部や西部戦線でも使用されていたようで、むしろ汎用水筒と考えるほうが正しいのかも知れません。アフリカ戦線で使用された水筒は1リットルのタイプのものが多く、写真にも多く写っています。

こちらはチュニジア陥落後の様子を撮影した記録映像ですが、捕虜になったDAK兵士と共に多くの装備が出てきます。


tropical canteen13 
tropical canteen14
目を皿の様にして探しましたが、一番目にするのはやはり1リットルタイプですね。

ココナッツ水筒は終戦まで作り続けられていたようで、確かにアフリカに限定したものでは無いのかも知れません。、それならば、なぜ木で覆う必要があったのか?ますます謎は深まるばかりです。

tropical canteen7


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M31水筒 (Feldflasche 31) Part4 末期型

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、昨年末のブログで予告した通り、新春第一弾はM31水筒・末期型をアップしたいと思います。(新年早々、末期というのもなんですが・・・)

RC3.jpg RC4.jpg

こちらがコレクターの間で末期型と呼ばれるM31水筒です。
姿形はそれまでのタイプとなんら変わりませんが、いくつか細かい点で材料の変更、省力化が見られます。

canteen1.jpg
前回の後期型と同様、分解してみました。
カップとボトルがスチール製なのは後期型と同じですが、違いはストラップが二分割になった点、カバーがフェルトではなく再生ウールで作られている点です。

canteenlate4.jpg
再生ウールのカバーです。(右側は裏返した状態)
再生ウールは、糸屑や裁断屑などを解きほぐして繊維に戻した「再生繊維」から作られたものでウールらしい風合いは完全に失われてしまっています。ちなみにフェルトも圧縮した動物の毛(主に羊毛)から作られており、再生ウールに変えられた背景には羊毛が入手しずらくなったということが理由にあるのかも知れません。
また再生ウールのカバーの口はコットン製の縁取りがされており、通常4つあるボタンは3つに減っています。

canteenlate8.jpg canteenlate7.jpg
0.8ℓ入りのボトルはスチール製で、赤い錆止め塗装がされています。錆止め塗装が緑色のものも存在しており、これはメーカーによる違いと思われます。
ボトルのネック部分には“DMN 44”の刻印があります。(DMNはTornado, Fabrik elektrischer Maschinen und Apparate社のメーカーコード)

canteenlate5.jpg
スチール製のカップはオリーブグリーンで塗装されています。

canteenlate9.jpg
取手の基部にはボトルと同じ“DMN 44”の刻印があります。(おぉー!!マッチングです)

canteenlate6.jpg
カップの内側もオリーブグリーンで塗装されていますが、縁の部分をよく見ると赤い錆止めの下地処理が見えます。

ratecanteen9.jpg
こちらは前回アップしたカップ(左・44年製、右・HRE43年製)ですが、左側は下地処理なしのオリーブグリーン塗装のみ、右側は下地処理のみでこれでは亜鉛中毒の問題があると書きました。しかしDNW 44のカップは下地処理の上に塗装がされているので、錆にも強く、亜鉛中毒の心配もありません。
      CT5.jpg      ct1.jpg


   RC1.jpg RC3.jpg

M31水筒をボトルにある刻印の年代順に並べました。上は42年、下は左から43年、44年製です。
M31水筒は1931年3月23日の採用から終戦に至るまで、ほぼ姿形を変えることなく生産が続けられますが、戦況が一変した42年以降は資材の温存や生産工数の削減により、メーカーの違いは別にしても上記のような多くのバリエーションが存在する結果となりました。
この標準型の水筒以外にも、熱帯仕様、山岳仕様の水筒があり、またそれぞれに細かいバリエーションがあります。
熱帯と山岳仕様の水筒はまた別の機会にアップしたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR