認識票 (Erkennungsmarke)

今日はドイツ軍の認識票(Erkennungsmarke)についてです。認識票は映画で知って・・・と前置きを書き始めたら、止まらなくなってしまいそうなので、長い話は後回しにして先に認識票について書きたいと思います。

ドイツ軍の認識票は横7cm、たて5cmの楕円形に打ち抜きされた、厚さ1mmのアルミ製もしくは亜鉛合金製(Zinc)の板に兵士が所属する部隊名、個人認識番号(Erkennungsmarken-nummern)、そして血液型(A, AB, B 又は O)が刻印されています。なお部隊名はその兵士が1939年8月の時点で、開戦後は最初に所属した中隊名(主に訓練・補充部隊)が刻印されており、後に補充部隊から野戦部隊に転属しても、紛失・破損しない限り新規に発行されることはありませんでした。
dogtag13.jpg
上記の認識票は大戦初期に多いアルミ製で「1.Fu.E.Kp.20, A 410」の刻印があります。これは「歩兵師団 第20通信補充中隊(Funk-Ersatz-kompanie) 個人認識番号410 血液型A」を意味します。(一番最初の“1”が“Infantrie”を指すのか、中隊の上位規模である大隊の序列を表すのかが不明です)

なお認識番号410ですが、1939年開戦当時の中隊規模が170~200人であることを鑑みると、オーバーしているように思えますが、補充部隊には同部隊名を持つ野戦部隊が必ずあり、そこの兵士に1から順に番号付けしていくと補充部隊にいる兵士で410という数字は理解できます。

ところでSoldbuchWehpassの1ページ目にも個人認識番号が記入されていますが、必ずしも認識票の番号とは一致していません。

dogtag26.jpg  dogtag27.jpg
これは転属先の部隊で新たに認識票を発行する場合、認識番号がしばしば変わる為です。もちろん違うのはこのページの認識番号で、それぞれ別のベージには認識番号の履歴を記入することになっていました。


他に代表的な認識票を2つ紹介します。

dogtag1.jpg

左の認識票もアルミ製で「第118歩兵連隊第12中隊 個人認識番号3 血液型O」の刻印があります。非常に珍しい認識番号が一桁台の極初期のタイプです。
上の認識票と違うのは、刻印が上下逆さまになっている点です。これにより、下側(紐を通す穴が一つの方)で首から下げても文字を正対して見ることができます。
また初期の認識票の特徴でもある大文字の刻印となっています。なお、血液型は後で刻印されたようで字体が他の刻印と違い片方にしか入っていません。

dogtag22.jpg  

右は中期以降の認識票に多い亜鉛合金(Zinc)タイプです。「St.Kp.Nachr.Ers.Abt.6」は「第6通信補充大隊訓練中隊(Stamm--Kompanie-Nachrichten-Ersatz-Abteilung)」を意味します。個人認識番号は3650で血液型はA型です。
亜鉛合金製と認識番号が4桁と大きいことから、戦時中に徴兵された兵士のものと思われます。
また規定に反して認識番号が部隊名の上に来ていますが、これは規定通りに刻印すると、部隊名が収まりきれない為の特別処置と思われます。
認識票は一番上の写真の様に80cmの麻もしくはレーヨンの紐で首から下げることとされ、野戦服のポケットに入れたり財布に入れておくことは禁止されていました。
dogtag35.jpg
 
思い切って折り取りを再現。(・・・・というのはもちろん冗談で、上の写真を画像処理しています)
持ち主の兵士が死亡した場合は認識票を半分に折り、紐でぶら下げている上半分(穴が二つの方)は遺体と共に現地にて仮埋葬、下半分を回収し中隊本部に持ち帰り死亡記録として保管されます。
dogtag30.jpg  


次に認識票のポーチについて。
dogtag6.jpg dogtag7.jpg
オーソドックスな革製ポーチです。専用ポーチというよりも、酒保で売っている小銭入れのようです。
dogtag8.jpg
兵士の中には金属の感触を嫌い、このようなポーチを私費購入して収納した状態で首からぶら下げる者もいました。その場合は紐を通す穴をパンチで開ける必要があります。

   E-784d.jpg
こちらのポーチは紐を通す穴を開けてあります。(ネットで拾った画像です)
dogtag9.jpg
こちらは母親もしくは恋人の手作りでしょうか?毛糸で編んだポーチです。

さて、ここまでが認識票の紹介で、ここから先はチラシの裏なので興味の無い方はどうぞ無視して下さい。(あ、自分のブログなので別に“チラ裏”とは言わないか・・・)

今から27年ほど前にオリヴァー・ストーン監督の映画「PLATOON」が大ヒットしました。映画と共に世間では兵士が付けていた認識票(ドッグタグ)も大流行し、当時高校生だった私も大阪アメリカ村の某軍装品店でレプリカを購入し、500円で名前や誕生日を打刻してもらった記憶があります。

プラトーン (特別編) [DVD]プラトーン (特別編) [DVD]
(2010/06/25)
トム・ベレンジャー、ウィレム・デフォー 他

商品詳細を見る

dogtag14.jpg
そしてそれから10年後、今度はスティーブン・スピルバーグ監督の映画「プライベート・ライアン」が大大ヒット。途中に出てくる“ドッグタグ・ポーカー”のシーンで薄い金属が出す独特のチャリン音を聞いたら、またドッグタグが欲しくなり今度はアメ横の某軍装店で実物を購入してしまいました。

プライベート・ライアン [DVD]プライベート・ライアン [DVD]
(2006/05/12)
トム・ハンクス、トム・サイズモア 他

商品詳細を見る

米軍の話ばかりになりましたが、もちろんドイツ軍の認識票についても語りますよ。

戦争のはらわた~Cross of Iron~ [DVD]戦争のはらわた~Cross of Iron~ [DVD]
(2000/08/25)
ジェイムズ・コバーン、マクシミリアン・シェル 他

商品詳細を見る
まずはドイツ兵が主人公の映画といえば「戦争のはらわた」

冒頭のシュタイナー率いる偵察分隊がソ連軍を急襲するシーン。ニット帽のせいでロシア兵にしか見えないクリューガーが認識票を口に咥えてロシア兵を絞殺するシーンは衝撃的でした。(最初、認識票を咥えているとは判らず、ヨダレを流しているように見えたのは私だけでしょうか・・・)

そして本隊に戻ったシュタイナーがマイヤー少尉に死んだ部下の認識票を渡すシーン。

dogtag32.jpg
認識票を紐ごと全部渡していますが、なんか違うような・・・まぁ細かいことは気にしない次いきましょう。

マイヤー少尉の誕生パーティーから始まる塹壕内兵舎のシーンでは認識票が兵士のはだけたシャツの合間から見えます。子供の頃に見た時、退屈だったこのシーンも、今改めて見れば髭剃りや服の繕いなどのドイツ兵の日常が描かれているお宝映像だったんですねぇ。

さて、お次は1993年公開のドイツ版「スターリングラード」

スターリングラード [DVD]スターリングラード [DVD]
(2008/10/31)
トーマス・クレッチマン、ドミニク・ホルヴィッツ 他

商品詳細を見る

この映画もドイツ兵が主人公ということで認識票の印象深いシーンがいくつかあります。

なんと言ってもすごいのは味方の兵士の認識票を折り取るシーンでしょう。しかもその兵士はまだ生きているのにです!
戦闘中に恐怖で動けなくなった兵士を、死んだものと看做しているわけです。うまい表現ですね。
漫画『北斗の拳』で有名なセリフ「お前はもう死んでいる」をつい思い出してしまいました。
dogtag33.jpg
よく見るとスリットの形状が大戦中のドイツ軍の認識票とは違いますね。(※西ドイツ軍の認識票のようです)

話は冒頭に戻り、アフリカ戻りのフリッツ伍長らがイタリアで海水浴を楽しむシーン。半裸の兵士の胸元には認識票が。
しかしここで、また疑問が・・・遊泳中の兵士が認識票を付けている当時の写真を見たことがありません。
認識票を付けるという行為は戦闘で惨い死に方をしても誰だかが判るようにする為です。海水浴ができるような安全な場所で果たして認識票は必要だったのでしょうか??

しかし下記の海水浴の写真を見たら、さもありなんかなと。
german_troops01.jpg
この写真は1940年6月6日にフランス・ブローニュ付近の海水浴場で撮影されたもののようです。寝そべっているのはイギリス本土上陸作戦「アシカ作戦」に備えて待機中に休暇を取る第1山岳猟兵師団とのこと。

dogtag20.jpg
認識票を胸にぶら下げて歩いているドイツ兵が写っています。
ただ、叉銃した小銃も写っていることから、完全に安全な場所ではなかったのかも知れません。

dogtag21.jpg
しかし一番危険なのはこのトップレス女性だったりして・・・

以上、結局だらだらと話が長くなってしまいましたが、今回は前置きでは無く本題の後ろに持ってきたのは少しは成長した証?
dogtag31.jpg
ドイツ兵の認識票はこれまで気になりつつも、なかなか踏み切れなかったアイテムでブログを始めて98回目でようやくアップすることができました。ブログ通算記録100回まで残り2つ、どんなアイテムを紹介するか悩んでいます。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

M31水筒 (Feldflasche 31) Part9 熱帯用

ドイツアフリカ軍団(DAK)続きで、本日は1リットルタイプの熱帯用水筒(Feldflasche 31)をアップします。水筒ネタは少々食傷気味かと思うので、今回はサクっと紹介したいと思います。

    DAK cantee25  
熱帯用1リットルタイプの水筒は以前紹介した1リットル水筒や山岳猟兵や衛生兵支給されたハーネス付き水筒と基本スペックは同じです。

  DAK canteen1    DAK canteen7

写真の通り、ストラップがコットン製になっている点が特徴です。コットン製になっている理由はココナッツ水筒ウェブ製Yサスペンダーを参照願います。

DAK canteen18  
中期以降は戦域に関係なく革の温存の為、左の写真のようなコットン製のストラップが導入されますが、熱帯地域での使用を目的とした水筒はストラップループもコットン製となっています。

DAK canteen19  

細部を見ていきましょう。

DAK canteen4
ボトルネックには“VAL 43”の刻印、金具には“C.A.&S”の刻印があります。

DAK canteen5
裏面のクローズアップ。ナス環はスチール製です。

以上で熱帯用水筒の紹介を終わります。(本当に簡単でしたね。さて後はどうやってもページを埋めましょうか・・・)

下記はYoutubeで見つけたアフリカ軍団の資料映像です。

砂埃を巻き上げて砂漠を突き進む戦車、88mmの水平射撃しびれます。
なお、3:20あたりで出てくる焼けた2号戦車の装甲板で卵焼きを作るシーンが興味深いです。

DAK canteen12

ところで2号戦車と言えばタミヤですね。パッケージに描かれた戦車に随走するドイツ兵のヘルメットにゴーグルを付けた姿がとてもカッコ良かったです。小学生でしたので、お年玉を貯めて購入しました。

pzkpfw2.jpg
当時からDAK兵士=半ズボンという刷り込みがありましたが、前線での半ズボンの着用は禁止されていたようです。

DAK4.jpg  
ということで、新しい歩兵セットのパッケージは長ズボン着用に変更されています。

アフリカ軍団アイテム(厳密に言うとタン色塗装、コットン製のアイテム)も徐々に増えてきました。これ以上深みに嵌ると本当にヤバいのですが、今のところタン色の魅力に抗う術を知りません。
DAK cantee21  
・・・ここまで来たらとことん行ってまえ~ってか?


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アフリカ従軍カフタイトル (AFRIKA Ärmelband)

本日紹介するのは、北アフリカ戦線に従軍した兵士に授与されたアフリカ従軍カフタイトル(AFRIKA Ärmelband)です。
africa ct4 africa ct5
1940年9月のイタリアによるエジプト侵攻で始まった北アフリカ戦線。1941年3月エルヴィン・ロンメルの率いるドイツアフリカ軍団、通称DAK(Deutsches Afrikakorps)はイタリア支援を目的に北アフリカでの戦闘を開始します。(北アフリカ戦線の戦歴についてはそれだけで本一冊分要するので割愛します)

africa ct9  
前線で指揮を執るエルヴィン・ロンメル上級大将(1942年春)

実は本来アフリカ軍団と呼べるのは第5軽師団と第15装甲師団の2個師団のみなんですね。恥ずかしながら、つい最近までアフリカに派遣されたドイツ軍=アフリカ軍団と思っていました。正確には「アフリカ軍集団」という呼称になります。

      africa ct10
1941年7月18日には「AFRIKAKORPS」の文字が刺繍されたカフタイトルを制定、アフリカ軍団そして後にはアフリカ軍集団に所属する兵士は制服の右袖への着用を認められます。
このカフタイトルの位置付けとしては「グロスドイチュラント」のような師団カフタイトルに近く、北アフリカ戦線を離れた時点で取り外すことになっていました。
 
そして、北アフリカでの敗色が濃厚となる1943年1月15日に、前線の兵士を鼓舞する目的で新しいカフタイトルが制定されます。それが「AFRIKA」のロゴの入ったアフリカ従軍カフタイトルです。下記の要件を満たす兵士に授与されました。

   afrika ct19
AFRIKA カフタイトルのBesitzzeugnis(所有証明書)

・北アフリカ戦線にて6ヶ月間従軍した者(1943年5月6日以降は4ヶ月に減免)
・同戦域にて戦闘で負傷又は戦死した者
・同戦域にて3ヶ月間の従軍後に熱帯性の傷病兵として免役された者
・同戦域にて勲章・戦功章を授章した者

「AFRIKAKORPS」カフタイトルと違う点は、戦線を離れた後も着用が認められたことで「KRETA」や「KURLAND」と同様、従軍カフタイトルの一種と考えられます。

         kreta.jpg
        Kurland.jpg
        
上が「KRETA」下が「KURLAND」の従軍カフタイトルです。「AFRIKA」と合わせて3大従軍カフタイトルと言われています。
(「METZ 1944」を加えて4大とする考え方もあります)

africa ct11 
(AFRIKAKORPS, Besitzzeugnis,KRETA, KURLANDそして上記の写真はネットで拾ったものを使用しています)

アフリカ従軍カフタイトルの詳細を見ていきましょう。
africa ct12
ラクダの毛!!で織られたおよその長さ46cm、幅3cmの台布に大文字のアルファベットで“AFRIKA”、その両脇には椰子の木の刺繍がされています。
africa ct23
上記は裏側の写真ですが、上下に白いリボンが縫い付けられています。
africa ct16  



裏面のクローズアップ

機械による刺繍で右側の椰子の木から織り始め、A-F-R-I-K-A、そして最後に椰子の木の中央で終了しています。


africa ct19   

カフタイトルの取り付け位置は野戦服の左袖先から15cm上に付けることとされていました。
なお勤務服に付ける場合は7.5cm上、オーバーコートの場合はフレンチカフから1cm上となります。
通常ミシン縫いですが、手縫いの事例もあるようです。
(ちなみに写真は一時的に所定の場所に置いただけです)

また他のカフタイトルと併用の場合は、授章が古い方を上側に付けることになっていました。
実例で「KRETA」と「AFRIKA」のダブル授章した降下猟兵はKRETAを上、AFRIKAを下に着用しています。

※KRETAカフタイトルは1942年10月16日に制定

北アフリカ戦線ではドイツ軍(イタリア軍はオマケ)も連合軍(主に英軍)も共に正々堂々と戦い、敵でも困っている時には助けるといった中世の騎士道精神的な逸話が多く残っています。戦争に綺麗も汚いも無いですが、それが北アフリカ戦線は比較的クリーンな戦争と言われている所以で、さらに英雄ロンメル将軍と砂漠のロマンチックなイメージから“DAK”の熱狂的なファンは多く、希少性も相まって関連アイテムはどれも高値でなかなか手が出せません。
africa ct27

そんなDAKアイテムの中でもアフリカ従軍カフタイトルは残存数も多くカフタイトルの中では比較的安価で入手できる為、私のような隠れDAKファンには必須のアイテムでもあります。(ちなみに上記は残念ながら私の所有物ではありません)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M36 オーバーコート (Mantel 36)

前回の日記はドイツ軍に関係の無い前置きが異常に長くなってしまい、本題のアイテムに辿り着くまでにうんざりしてページを閉じてしまった訪問者の方も多かったと思います。今回はその点は反省していきなり本題に入りたいと思います。

本日のアイテムはドイツ軍下士官・兵用のM36 オーバーコート(Mantel 36)です。

coat1a.jpg     coat2a.jpg
M36野戦服と同時期に導入されました。野戦服同様ダークグリーンの襟とフィールドグレイの生地で作られています。
ボタンは6つx2列の計12個、腰には調整用のハーフベルトが付いています。

coat30.jpg
以下、詳細を見ていきたいと思います。

coat4.jpg
大型の襟が付いています。しかしながら、ロシアの冬はこれでは不十分で、1942年には改良型のより大型の襟のコートが導入されます。

coat24.jpg
釦を外して開襟状態にすることも可能です。



coat9.jpg
襟の裏は本体生地と同じフィールドグレイのフェルト製です。襟を立てた状態で固定する為のフラップが付いており、釦で留められるようになっています。
coat15.jpg

このように首全体を覆うことができ、首から体温が奪われるのを防ぎます。


coat4b.jpg coat6b.jpg

上記のように、左前、右前のどちらにも合わせることができます。ダブルスーツにも見られる両前合わせは、元々船員が着用していた服が起源と考えられています。甲板 (船上)で強風の時など、前が両前(二重)になっているので寒さがしのげ、また風向きによって釦を左右に取替えて風よけとして着ていたと言われています。 そう言えばピーコートも同じようになっていますね。


coat25.jpg
下士官・兵用のコートなので野戦服と同様に着脱式の肩章となっております。


coat36.jpg   coat37.jpg
ポケットは手袋をしたままでも手を出し入れしやすいよう、開口が大きく、斜めになっています。



 
いわゆる“フレンチカフ”と呼ばれる折り返しのついた袖です。袖は縫いつけられており、伸縮させることはできません。18世紀の軍服の名残と思われ、将校の勤務服もこのようになっています。

第3のポケットとして使用されたという説もありますがどうでしょうか?

coat18.jpg

続いて、内装部分です。

coat46.jpg  
内装も野戦服同様、コットン製の生地で内張りされていますが、腰までしかありません。

coat26.jpg  coat142.jpg
コートの上からベルトYサスペンダーで装備一式を取り付ける場合も、ベルトフックで支える必要があります。このコートには中に着る野戦服のベルトフックを通す、革で補強されたスリットがあります。右側の写真はベルトフックをスリットから外に出した状態です。

coat34.jpg  
ちなみにベルトフックスリットの隣には別のスリットと釦があります。
釦は左前に着た際に、右側一番下の外釦ホールに留める為のものだそうです。
スリットの用途について調べてみましたが、イマイチここにある理由が分かりません。
このスリットは体の真横にあるので、前のベルトフック用では無いし、ドローコード用のスリットでしょうか・・・?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報願います。

coat3.jpg 
左胸の部分には野戦服と同じスタイルのスタンプが押されています。

<スタンプの拡大>

Lief-Verbi Köln〟ケルンのLief-Verbi社製
44〟 襟から肩の長さ 〝51〟 首回り
96〟 胸囲
122〟 着丈 〝67〟 袖丈
M38〟 ミュンヘン 1938年製
Erg.-B〟予備大隊(Ergänzungs Bataillone)
 


coat28.jpg
スタンプの下には内ポケットがあります。間口が16cm深さ20cmでかなりの容量があります。

coat47.jpg
ハンガーフックは両袖の付け根にあります。2つあるのは野戦服のように襟に一つでは重量を支え切れないからでしょうか。

そして個人的に最も感心したのはこの部分。
 coat50.jpg
コートの両サイド部分には糸で作ったループ(①の写真)があり、コートの裾の4隅にはフック(②の写真)が縫い付けられています。4隅のフックをサイドのループに引っ掛けると、裾をたくし上げることができます。

coat42.jpg  coat4374.jpg
久々に1/6フィギュアで再現。これで走り易くなり、また泥が跳ねて裾に付くことを防げます。現代のコートにもぜひ欲しい機能ですね!(見た目の善し悪しは別にして)

coat44.jpg   coat49.jpg
高い位置までたくし上げられるよう、センターベントも深くなっております。なお、右側の写真で分かるとおり、裾は切りっぱなしになっており、まつり縫いやかがり縫いなどのほつれや破れ防止の処理は一切されていません。

coat143.jpg
野戦服と違いなんとなくスマートさに欠けるイメージがありましたが、こうやって細部をじっくり見てみると、70年以上前の衣服とは思えないほど機能が詰まったコートであることに今更ながら気がついた次第です。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR