M31飯盒(Kochgeschirr 31) Part3

先週の日記で報告した追突事故によるむちうち症ですが、コルセットをはめながら2週間過ごした結果、痛みも治まり、なんとか普通の生活に戻ることが出来ました。しかしながら副作用でしょうか?今度は肩こり・頭痛に悩まされ始めました。これまで肩こりとは無縁の人生だったのですが、医者からも最悪の場合持病になるかも・・・と言われており少し気が滅入ってます。でも肩こりがひどくなるのは判っていながらもブログの更新が止められない。。。(こっちの方が重病かも)

さて今週のネタはM31飯盒(最末期型)です。
hangou33.jpg
左から37年製(アルミ製)、43年製(鉄製)、そして44年製(琺瑯製)の飯盒です。

hangou43.jpg
飯盒の詳細に移る前に、飯盒のアクセサリーを簡単に紹介したいと思います。

まずは飯盒用ストラップです。

hangou7.jpg
飯盒を雑嚢やAフレームに取り付ける為の専用ストラップで3つのループが特徴です。革製の他にコットン製もあります。

hangou44.jpg

ドイツ軍が標準使用したストラップを並べてみました。上から装備用ストラップ、コート用ストラップ、飯盒用ストラップです。装備用ストラップとコート用ストラップはほぼ同じ長さで54cm、飯盒用ストラップは68cmです。

hangou41.jpg
続いて飯盒カバー

hangou21.jpg
 
飯盒カバーはコットン製の袋で、上部に開口部を締める為の革製ベルトが付いています。


hangou42.jpg
このように飯盒はスッポリと収まるようになっています。(写真では飯盒が少しハミ出てしまっていますが・・・)

Reibert3.jpg
飯盒の中身で も書きましたが、この飯盒カバーは元々M34背嚢のメインルームに縫い付けられていた飯盒カバーを独立させたものです。背嚢の中に入れて使用することが前提となっている為、汚れ防止というよりは飯盒の塗装を保護することが目的だったと思われます。(初期のアルミニウム製飯盒は塗装が剥げ易かった)

さて、それでは本題に移りたいと思います。


hangou31.jpg
上記は1944年に作られた鉄製の飯盒で、錆び防止対策として琺瑯(エナメル)でコーディングされています。
このような琺瑯の飯盒や水筒は戦争末期によく見られます。

<以下Wikipediaより>
琺 瑯(ほうろう、英: vitreous enamel、米: porcelain enamel)は、鉄、アルミニウムなどの金属材料表面にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。(金属材料由来 の)機械的耐久性と(ガラス質由来の)化学的耐久性をあわせ持ち、食器、調理器具、浴槽などの家庭用品や、屋外広告看板、道路標識、鉄道設備用品、ホワイ トボード、化学反応容器などに用いられる。工芸品の琺瑯は七宝あるいは七宝焼きとも呼ばれる。

その歴史は古く、紀元前1425年頃に製作されたと推測される世界最古の琺瑯製品とおぼしき加工品がミコノス島で発見されている。また、ツタンカーメンの黄金のマスクの表面には琺瑯加工が施されている。


琺瑯は以外に古くからある技術だったんですね。(七宝焼きが琺瑯と同じ意味とは知りませんでした)
hangou1.jpg
飯盒や上蓋の内側も琺瑯です。M31水筒(後期型)で錆び防止用の下地処理に使われていた鉛丹(赤鉛)で鉛中毒になる恐れがあると書きましたが、食べ物を入れる飯盒に使われる場合はもっと危険です。それが人体に害が無く耐食性・耐熱性に優れた琺瑯に取って代わるのはしごく当然のことと言えます。
では何故このような新しくは無いが便利な技術が、戦争末期になってやようやく使われ出したのでしょうか?


   hangou36_20120930103704.jpg

上記琺瑯製の飯盒は1910年に採用され第一次大戦で使用されたタイプです。琺瑯製飯盒がどこまで一般的だったかは判りませんが少なくとも琺瑯を軍用に使うのは第二次大戦に始まったことでは無いということです。
私見ですが大量生産・低コスト化が可能となるなんらかの技術革新が第二次大戦中にあったのではないでしょうか。

   hangou3.jpg
上蓋のハンドル部分は琺瑯では無く通常塗装です。「WJ44」の刻印はOberweißbachにあったHasag, Hugo Schneider AGで1944年に製造されたという意味です。

hangou51.jpg
刻印の位置の違いです。1937、1943年製は上蓋の金具、1944年製はハンドル部分にあります。


 hangou15.jpg  
上蓋を外した状態です。初期型アルミ製飯盒にあった500ccの目盛りは省略されています。


hangou27.jpg
初期型(左)のハンドル基部と比べると最末期(右)は鉄製飯盒と同様、鋼板を折り曲げただけの簡素な作りになっています。

最後にドイツ軍、琺瑯と聞いて映画「シンドラーのリスト」で有名なOscar Schindlerを連想する人は多いと思います。実際映画の中でもシンドラーがユダヤ人に対して琺瑯のコーティングの仕方を教えるシーンがありました。


シンドラーのリスト スペシャル・エディション [DVD]シンドラーのリスト スペシャル・エディション [DVD]
(2004/04/23)
リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー 他

商品詳細を見る

映像の中でシンドラーの工場は軍需用品(洗面器?)を作っており、Wikipediaにもドイツ軍の厨房用品を製造していたとありますが。飯盒や水筒は作っていたのでしょうか?


hangou46.jpg
ポーランドのクラクフに現在も残るシンドラーの琺瑯工場。


       schindler canteen
上記はコレクターの間で「シンドラーの水筒」とよばれる琺瑯の水筒です。実際シンドラーの工場で作られたものかどうか判りませんが芸術品のような青い美しい琺瑯模様と実際の稀少性も手伝って非常に人気の高いアイテムになっています。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

M31ツェルトバーン付属品 (Zubehör zum Zeltbahn 31)

先週末、私と家族が乗っていた車が信号待ちしている時に、後ろから走ってきた車に追突されました。(所謂“おかま”です) ぶつかった衝撃は強烈でしたが奇跡的に車は無傷、体も特に異常が無かったので相手の名前を聞くこともせず現場を立ち去りました。それから2日後、急に首が痛みだし、病院で診察してもらうと、なんと「むちうち症」とのこと。さらに妻と子供も同じ症状。。。当然、名前を聞いていない相手には連絡することもできず、治療費は全額自己負担です(泣) まぁ、噂によればこの国(某中米国)のドライバーの8割方が無保険らしいので名前を聞いた所で無意味だったのかも知れませんが・・・何かの罰が当たったのでしょうか?

さて、気を取り直して本日のネタはM31ツェルトバーン(Zeltbahn 31)の付属品です。

zeltacc1.jpg
戦前の木製ペグがセットになった付属品一式は既に持っており、これ以上コレクションを広げるつもりは無かったのですが、テントペグにバリエーションがあること、テントロープに正規モデルが存在していることを幸運(不幸?)にも某マイミクさんの日記で 知ってプチ泥沼化してしまいました。(現在本泥沼化しているガスマスクの付属品に比べれば可愛いもんですが) コツコツと集めて約半年、完全ではありませんがなんとかコンテンツ化できるようになったので本日アップしたいと思います。

oluj_11.jpg

こちらは付属品を持ち運ぶ為の収納袋(Zubehörbeutel)です。

【収納袋】
zeltacc36.jpg  
M31ツェルトバーンをテントとして使う際に必要な付属品は、この収納袋(Zubehörbeutel)と共に兵士に支給されました。キャンバス地に一つまたは二つボタンで留める蓋と革製のストラップが付いています。

収納袋には下記の3点が入っております。(H.Dv. 205/1より)

-M92テントロープ 1本 (Zeltleine 92)
-M01テントポール 1本 (Zeltstock 01)
-M29テントペグ 2本 (Zeltpflöcke 29)

それでは付属品を一つずつ見ていきましょう。

【テントロープ】
     
     zeltacc111.jpg
まずはM29テントロープ (Zeltleine 92)です。正規のものは長さ2m、太さ4mmの麻のロープで黒染めされているのが特徴です。両端には4cmのループがあり、テントポールとテントペグを結ぶようになっています。1892年の採用ですから、第一次大戦でも使われました。

【テントポール】
zeltacc37.jpg  

こちらはテントポール(Zeltstock 01)です。長さは37cmです。このテントポールも1901年に採用とツェルトバーン本体よりも歴史が古いです。通常一人の兵士に一本の支給なので、テントを立てる際には4人分のテントポールが必要でした。
zeltacc4.jpg
接合する部分はスチールで板張り補強されています。このようにして繋げていきテントの支柱にします。ちなみに4本繋いだ時の長さは135cmになります。

最後にテントペグです。

【スチール製テントペグ】

付属品の中で唯一更新されたのがM29テントペグ(Zeltpflöcke 29)です。
zeltacc35.jpg
当時の資料にはM29テントペグ は26cmとありますが、こちらは25.5cmと微妙に長さが違います。材質も当初はアルミニウムで作られていましたが、このペグはスチール製です。

zeltacc182.jpg   
刻印があり、“1.Fnl : 17”と読めます。もしかすると1917年製のペグでしょうか?調べたところ、第一次大戦でもこのタイプのペグが使われたそうです。1929年に採用になったペグとの違いがよく分かりませんが、今後アルミ製のM29テントペグを入手する機会があれば比べてみたいと思います。

【スチール製テントペグ】
zeltacc131.jpg  
こちらもスチール製のペグです。長さは約25cmでこれも規定の長さよりも少し短くなっています。鋼板をプレス加工して作られており、戦争中期以降の製造工数・材料削減の努力が伺えます。

【ベークライト製テントペグ】

      zeltacc33.jpg  
ベークライト製のペグもアルミニウム・スチールの節約の為に導入されました。以前紹介した“ココナッツ”水筒と同じく、木にフェノール樹脂を含浸させ耐久性を高めています。長さは26cmで上部先端の厚みは2cmです。

zeltacc17.jpg
メーカーコードの“GS”と製造年を示す“42”の刻印があります。

【木製テントペグ】

    zeltacc22.jpg
木で出来たペグは第一次大戦のタイプですが、アルミニウムに続き、スチールの節約が必要となった第二次大戦中でも使用されました。他のペグと同様、長さは26cmで両端がスチールの板で補強されています。
zeltacc25.jpg
上部先端には、テントのロープを引っ掛ける為の突起棒があります。


zeltacc29.jpg
ペグの先端部の比較です。(左から木製・スチール製・スチール製・ベークライト製) 
材質及び形状でスチール製のペグが地面に対して挿し易くなっているのが一目瞭然です。

zeltacc31.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M38ガスマスク用収納缶 (Tragebusche für Gasmaske 38)

今回はガスマスク収納缶(Tragebusche)の紹介です。ライヒスヴェーア時代の1930年にM30ガスマスクが導入された後も、収納缶の方は1935年から毎年のように仕様変更があり、前回紹介したM38ガスマスクになってようやく最終仕様となります。

gascan5.jpg
こちらがM38ガスマスクの収納缶です。長さ27.5cm、直径12.5cmの鉄製の円筒形の缶です。1938年に導入され終戦の1945年まで作り続けられます。

      gastin2.jpg   
左が37年に導入された収納缶(通称ショート缶)で、右が38年製の収納缶(通称ロング缶)です。M38ガスマスクの面体がゴム製となり、従来の収納缶には収まらない為3cm長くなりました。

gascan18.jpg

冒頭で1938年以降、収納缶の仕様は固定したと書きましたが、戦局の変化に伴い改良や省力化が行われます。


gasmask7.jpg  

左は38年製、右は44年製の収納缶です。この2つの収納缶には初期と中期以降の特徴がよく現れているので比較してみたいと思います。なおパーツ在庫や移行期の関係でそれぞれの仕様が混在しているケースもあります。


gascan compare3

開閉ラッチの形状です。1944年製の方は肉抜きしたような形状になっています。

gascan compare8  
ラッチを引っ掛けるポッチ(留め金)。1938年製のポッチとベースは別パーツになっていますが、1944年製は一枚の鋼板を折り曲げて作られており、部品点数の削減と製造工程の簡略化になっています。


gascan compare5

上蓋のヒンジ基部の本体への取り付けも1938年製はスポット溶接ですが、1944年製はアーク溶接となっています。


gascan compare4

1944年製の収納缶の底には“D”のモールドがあります。この“D”ですが“Dicht”(密封)の略で、防水仕様“Wasser Dicht”という意味です。防水缶は1942年頃に導入されました。


gascan compare2
上蓋の内側にはゴムのリングが入っており、完全密閉ができるようになっています。ちなみにこのゴムリングは全ての防水缶に付いていたわけでは無いようです。


gascan compare6
防水性を高める為、あるいは補強でしょうか?つなぎ目をよく見ると1944年製の方は溶接で目張りがされています。


gascan compare10  
通常は左の収納缶のようにガスマスクを取り出し易くする為のアルミニウム製インナーがありますが、右の1944年製収納缶にはそれがありません。元々存在していたものが外れて失われた可能性がありますが、アルミニウムが貴重となり1942年頃から装備品に使われなくなった事情と何か関係があるのかも知れません。

今回は1938年以降の収納缶を取り上げましたが、今後機会があれば1930年から1937年までの収納缶の変遷を詳しく見ていきたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M38ガスマスク (Gasmaske 38)

こんにちは。本日はM38ガスマスク(Gasmaske 38)を紹介したいと思います。ところで、最近流行のミニチュア模型風の写真をご存知でしょうか?1/1の写真(主に風景)をまるで箱庭のように見せる加工技術なのですが、無謀にもガスマスクで挑戦してみました。結果はご覧の通り、ただの汚い画像になってしまいました。。。

gasmask53.jpg
gasmask54.jpg  
気を取り直して、M30ガスマスク(Gasmaske 30)との比較から始めたいと思います。

gasmask41.jpg

M30ガスマスク(左)とその後継モデル、M38(右)です。大きな違いはマスク本体がM30がゴム引き布製、M38がオールゴム製という点です。ガス攻撃に使われるマスタードガスは浸透性が強く、ゴム引き布では不十分という調査結果から1938年にM38ガスマスクが開発されましたが、結局終戦までM30の使用は続けられます。

 
gasmask38.jpg

M30はフィールドグレー色ですが、M38のゴムは黒、金具は青色に塗装されています。なお、バリエーションとして、金具がブルーやフィールドグレー、サンドイエローで塗装されたM30及びM38、本体ゴムの色がM30と同じフィールドグレー色のM38が存在しています。(金具が青く塗られている理由については後述します)

gasmask40.jpg

横から見たところです。M30はマスク縁の隙間からガスが入り込まないよう、ゴムで強化されています。面体とハーネスとの接続部はM30はマスク本体に縫い付け及び接着、M38は金具を用いています。

gasmask46.jpg  
後から見ると、ハーネスの構造の違いがよく分かります。M30は7点支持、M38は5点支持になっています。M30は支持基点部に緩衝皮革付の金具を用いた凝った造りになっていますが、M38は省力化されています。


gasmask45.jpg

上から見たところです。M30はより顔面にフィットするようハーネスが途中で4点支持になっています。

次はM38ガスマスクの細部を見てみましょう。
gasmask50.jpg
マスクの内側。M30ガスマスクの場合は、顔に当たる縁の部分にはスウェードによる加工がされていましたが、こちらはそういったお肌への配慮は一切ありません。

gasmask52.jpg
レンズにbwz 9 1944と刻印があり、1944年9月にAuer-Gesellschaft AG Werkで製造されたことが分かります。また額の2はこの面体のサイズを表します。(1から3まで、1が大、2が中、3が小)

gasmask47.jpg
額の部分には、clf、Hの刻印があります。clfがどのメーカーを意味するかは不明。

gasmask49.jpg
吸気口にはフィルターが入っており、脇に42とbwz(Auer-Gesellschaft AG Werk,Oranienburg)の刻印があります。

gasmask48_20120910072937.jpg  
バルブにはbtc(Honsel Werke A.-G, Meschede)と44の刻印があります。MP44と同じく、それぞれのパーツを別々のメーカーで作って組み立てる分散作業方式だったんでしょうか。

gasmask51.jpg
バルブを下から見たところです。フィルターを取り付ける為のネジが切ってあります。フィルターからの空気はここから入り、下の網目から出て行きます。
ventilation2.jpg  
空気の流れを分かり易くしてみました。青の矢印が吸った息、赤の矢印が吐いた息の流れです。
ventilation3.jpg
当時のマニュアルに排気システムの図解がありました。二つの弁により、逆流しないようになっています。

さて、このM38もそうですが、金具が青く塗装されています。理由を探していたら、以前M31水筒の日記の時にお世話になったTom氏のサイトで説明されているのを発見しました。氏の許可を得て、陸軍規制=Heeres Verordnungsblätter (H.V.Bl.)と英訳文を転載させていただきます。(Tom-san, Thank you again!)
magnetisch.jpg
                     171. Magnetical Gasmask
1.For raw material resons, in the future the bulk of gasmasks will be produced in magnetic form (Eye pieces and other metal parts will be made out of iron in stead of until now from non-ferrous metals).
2.Identification of the magnetical gasmask:

a. Fitting, protective screen, clamp to mount the connector and eye pieces will be painted in a dark blue colour

b. Retaining rings, ground rings, threaded ring for the exhaust valve, rivet eyelets, buckles and hooks are galvanized and unpainted.

3.Facilities:
The magnetic gas mask is provided for units not equipped with directional circuits and optical instruments with magnetic needle (except the marching compass).
Units with magnetic needle instruments retain the previously non-magnetic gas mask.
The operators of these instruments also receive the non-magnetic filter. This filter is to remain with the unit in case of dropping out of the operator and is to be given to the replacement operator. The drop-out is to be given the normal filter from the replacement instead

4.Moment of delivery:
The moment of delivery with the magnetic gasmasks and the exchange of current gasmasks for the units in question will be announced seperately.

Army High Command, July 5th 1943


(すみません、各自Google翻訳でお願いします・・・)
レンズとバルブの青いペイントがMagnetical Gasmask、つまりマスクの金具が磁性を帯びる材料=鉄製ということを意味すことは分かりました。(試しに磁石を近づけると青いペイントの方には付きましたが、そうでない方は付きません。アルミ製でしょうか?)しかしながら、いくら鉄が磁気針に影響を与えるからと言っても、こんな小さな部品を非磁性体で作る必要がある理由がさっぱり分かりません。収納缶も思いっきり磁石が付く鉄製です。そんなこと気にしてたら銃や大砲なんてどうなるんでしょう。この辺り、もし理由が分かる方がいらっしゃいましたら、ぜひともコメントをお願いします。
※朝トイレで用を足していてふと思ったのですが、計器というのは概ね細かい表示なので、よく見る為に顔を近づけますね。ガスマスクに磁性体である鉄がパーツで使われていると精度に影響を与えてしまう為・・・が答えでしょうか。


gasmask7.jpg

ガスマスクに関しては以上です。次回はガスマスク収納缶(Tragebusche)を取り上げたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

折り畳み式スコップ用キャリングケース (Träger für Klappspaten)

皆さんこんにちは。週末恒例のブログ更新です。以前折り畳み式スコップ(Klappspaten)と共に紹介したキャリングケース(Träger)ですが、今回別のタイプが入ったので初期・後期の2つを比較してみたいと思います。

Fshovel18.jpg
これまで私の認識では上の写真だと、左が初期で右が後期だったのですが、どうも海外のコレクターの認識は逆みたいです。一般的に右の上蓋付きの方が先に作られたのでファーストモデル、左が後なのでセカ ンドモデルと呼ばれています。
それに合わせ、ここでも上蓋付きをファーストモデル、蓋無しをセカンドモデルとします。


       Fshovel11.jpg    Fshovel2.jpg

折り畳み式スコップは1938年11月12に採用されましたが、キャリングケースがいつ採用されたのか、どの時点で生産が切り替わったのかははっきりとしていません。とりあえず2つのキャリングケースの違いを見ていきましょう。

 shovel9.jpg      Fshovel3.jpg  

ファーストモデルはスコップが飛び出ないよう上蓋が付いていますが、セカンドモデルは蓋が無く、代わりに幅広の革ベルトで押さえるようになっています。セカンドモデルが後に作られたのであれば、上蓋の材料分を省力化したと言えます。


     shovel10.jpg      Fshovel4.jpg

後ろから見るとファースト・セカンドモデルともにウエストベルトと銃剣を通すループが存在することが判ります。この銃剣用のループは柄付き手榴弾を運ぶのに使われたりしたようです。

Fshovel16.jpg
ストレートスコップ同様、キャリングケースに銃剣を挿した写真は意外と少なく、このような写真は稀です。


Fshovel25.jpg Fshovel26.jpg
ベルトループにあるポッチ金具でウエストベルトを外さずにケースの取り外しが出来るようになっています。

ベルト側                                        地面
  Fshovel22.jpg
Fshovel21.jpg

折り畳み式スコップはキャリングケースの上からスコップを挿し込みます。一方ストレートスコップは下から。ストレートスコップの場合、キャリングストラップを結ばなければストンと落ちますし、ストラップが切れてしまうと以後スコップを保持することができません。折り畳み式の方はケースの形状と締め付けで十分保持することができ下に落ちることはありません。


shovel14.jpg     Fshovel13.jpg
セカンドモデルの下部には補強金具が取り付けられています。落下防止及びケースの端部分の損傷を防ぐことが目的かと思われます。

Fshovel27.jpg
セカンドモデルのベルトループには、“ jml Munchen 1943 ”の刻印があります。

今回紹介したキャリングケースはどちらも紙を圧縮した人造皮革(独:PresstoffもしくはPress-stoff)で作られております。これは革を温存する為に1938年1月26日に出された命令によるもので、キャリングケース以外にもドイツ軍の革を用いた装備には人造皮革が多く使用されています。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR