M84/98銃剣 (Seitengewehr 84/98)

本日のネタはドイツ軍が第二次大戦で使用したM84/98銃剣(Seitengewehr 84/98)です。
なお、今回銃剣の写真はTom氏他、海外のコレクターから拝借したものを使用しています。(http://www.mp44.nl/)

Bayonet-1-7.jpg  
WIkipediaによれば、17世紀にフランスのバイヨンヌで農民同士の争いがおき、その時に興奮したある農民がマスケット銃の銃口にナイフを挿して攻撃したことが銃剣のはじまりとか。(この時の場所にちなんで銃剣のことを"バヨネット"と呼ぶようになったようです。しかし農民同士のケンカに銃とは・・・日本ではちょっと考えられないですね)

当時の銃は先込め式の単発銃で一発撃った後、次の弾を発射するのに時間がかかりました。装填中に敵の騎兵や歩兵に襲撃されたらひとたまりもありません。隙の多い銃はを持つ兵士は常に槍兵と行動を共にし敵の突撃に備えました。

Bayonet-32.jpg Bayonet-33.jpg
マスケット銃兵(左)と槍兵(右)の訓練の様子。


三十年戦争(1618-1648)時代に活躍した傭兵を描いた映画『アラトリステ』(スペイン2006年)の戦闘シーン。接近戦になると銃はまったく役立たず、あくまで槍や剣が主流であったことがよくわかります。

銃に槍や剣を取り付けることで、銃兵自ら敵を迎撃することが可能になると槍兵は廃止され、すべての歩兵は銃兵となり戦闘力のアップにつながりました。
やがて銃身にスパイクをソケット式ではめる『槍型』、着剣用の器具を使って剣を取り付ける『剣型』などが開発され、後込め式連発銃の開発とともに、銃剣突撃など独自の戦術も生まれました。

さて銃剣の歴史はここまでにして本題に戻りましょう。

Bayonet-3-4.jpg   
M84/98銃剣は1905年にドイツ軍に正式採用され、いくつかのマイナーチェンジを経て1934年にこのスタイルになりました。銃剣は刃物の産地として有名なゾーリンゲンをはじめ、ドイツ国内および同盟国の様々なメーカーによって供給されましたが、ほぼ同一のスペックで作られています。

年代によって木製とベークライト製の2種類のグ リップに分かれます。初期は木製、その後ベークライト製になるのですが、変わった時期については1937年や39年などの諸説があります。
43年頃にベークライト不足から木製に戻りますが、現存する銃剣の中には44、45年という末期製でもベークライト製グリップが使用されているものもあります。こういったことはドイツ軍では良くあることです。
11_20110821231945.jpg
銃剣を小銃(Kar.98K)に装着し、槍のように使用することができます。機関銃と塹壕が発明された第一次大戦では銃剣突撃は既に前時代的となりましたが、それでも白兵戦においては有効な武器でした。武器以外にも銃剣は穴を掘ったり、缶詰を開けたりと汎用性の高い個人装備です。
 
bayonet02.jpg     
こちらは銃剣と鞘です。銃剣攻撃の基本は突き刺すことなので、刃は入っておりません。
(注意)この銃剣は国外に存在する為、刀身はカットされていません。


Bayonet-22-1.jpg
REIBERT(ドイツ陸軍操典)1937年版にも銃剣についての説明書きがあります。


               Bayonet-23.jpg 
こちらはREIBERTのイラストの拡大写真です。griff(グリップ)、klinge(刀身)、haltestift(ストッパー)、holzschale(木製グリップ)、hohlkehle(血抜き)などの用語が掲載されています。

Bayonet_Bar.jpg

Kar_98k_Bayonet.jpg
Kar.98Kの着剣装置と銃剣を取り付けたところ。

bayonet04.jpg   
グリップ部分を分解した写真です。グリップ内部に泥抜きの溝があるのが見えます。


1.  Klinge

2.  Parierstange
3.  Griffschale (Links)
4.  Griffschale (Rechts)
5.  Muttern für Griffschalen
6.  Feuerschutzblech
7.  Schrauben für Griffschalen
8.  Haltestift Mutter
9.  Feder für Haltestift
10.Haltestift

Bayonet-11-1.jpg
  frog02.jpg

銃剣吊りのバリエーション。左から一般タイプ、騎兵タイプ、コットン製の熱帯タイプです。

以前、カナダのコレクターの自宅で数十本もの銃剣やサーベルのコレクションを見せてもらった時、その刀身の美しさに大いに魅了されました。残念ながら日本では刀身がオリジナルのままの所持は銃刀法によりご法度、輸入時に適度な長さにカットせざるを得ず、コレクション対象としてイマイチ食指が動きませんでした。
かといって取り上げないというわけにもいかず、今回は他人のふんどし(コレクション)をお借りし記事を書いた次第です。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

Aフレーム (Gefechtsgepäck für Infanterie Schützenkompanien)

皆さん、こんにちは~ここしばらくは週末にかけて出張することが多く、なかなか予定どおりにアップできません。
さて、本日紹介するのは、Aフレーム(Gefechtsgepäck für Infanterie Schützenkompanien)です。
過去にも一度このアイテムに関する記事を書きましたが、かなりあやふやな記述をしてしまったので機会があればもう一度・・・とは思っていました。今回、実物が手に入りましたので、改めて検証したと思います。

Aフレームは1939年にドイツ国防軍に導入された装備です。以前の記事で背嚢やリュックサックが廃止され、あたかもAフレームに取って代わったような説明をしてしまいましたが、背嚢やリュックは個人装備一式を収納し完全移動する際に用いられるもので、終戦間際まで廃止されることは無く支給が続けられました。

      Aframe28.jpg
一方Aフレームは、ある地点を拠点としてそこから短期間の偵察や戦闘に赴く際に用いられます。背嚢とはそもそも使用目的が違うんですね~。運搬方法も見たとおり装備を収納するのでは無く、ストラップで括り付ける構造になっています。

Aframe4.jpg
歩兵装備であるM31飯盒ツェルトバーンを写真のようにストラップで固定し、Yサスペンダーに装着します。(後ほど説明します)背嚢のようにオーバーコート毛布を丸めて括り付けることもできます。

Aframe21.jpg
裏側の写真です。ツェルトバーンとAフレームの間に挟まっているのは、Aフレームバッグ(Beutel zum Gefechtsgepäck)です。Aフレームバッグは文字通りAフレーム専用バッグとして開発され、Kar.98Kクリーニングキットや下着などを入れることができます。Aフレームバッグに関しては、また改めて記事にしたいと思います。


Aframe0-1.jpg  
Aフレームにはツェルトバーンを固定する為、63cmのストラップが2本フレームにリベット留めされています。また、飯盒用のストラップは固定されてはいませんが、Aフレームとセットと考えられています。写真で垂直方向のストラップがツェルトバーン用、水平方向のストラップが飯盒用です。バリエーションとしては、ストラップがコットン製になったものもあります。
Aframe23_20130421085741.jpg
上部のクローズアップ写真。YサスペンダーのDリングに取り付ける為のフックのついたDリングが2個と丸めたオーバーコート毛布を括り付ける為の口型の金具が見えます。

Aframe26.jpg
下半分のクローズアップ。両端にはフックのついたDリングと口型金具が2個あります。メーカー名と製造年のスタンプが定位置に押されていますが、残念ながら判読不可能です。

Aframe12.jpg
この金具にはひし形に「PM」のメーカーロゴが刻印されています。ちなみにロゴがあるから、スタンプがあるから=ホンモノと判断するのは危険です。当時の機械を使ってフレームを織り、当時の金具を使ったフェイクが出回っている為です。


Aframe24.jpg
写真が下手なので分かりづらいですが、フレームの中には型紙が入っています。


Aframe27JPG.jpg
こちらはネットで拾った写真です。この型紙の有無もフェイクを見分ける際の判断材料になっているようです。

(追記)
この穴、実は飯盒用ストラップを通す為のもののようです。そうとは知らず、ストラップを外側にして写真撮影をしてしまいました。。。うーん、まだまだ詰めが甘いですね。


さて、マネキンを使ってYサスペンダーへの取り付け方法を説明したいと思います。

Aframe20-1.jpg 
Aフレームを装着する前です。基本装備をウエストベルト、Yサスペンダーで保持しています。



Aframe2.jpg
ストラップを使ってAフレームに飯盒、Aフレームバッグ、ツェルトバーンを括り付けます。ツェルトバーンの中にはテントポールとペグ、ロープが入った収納袋を巻いてあります。

 
Aframe18-1.jpg
YサスペンダーのDリングにフックで引っ掛けます。これだけでがっちり固定されます。


Aframe13.jpg
次にYサスペンダーの補助ストラップのDリングと結合します。体に密着するよう補助ストラップを調整します。

Aframe16.jpg
こちらの様にAフレームが無くても、これらの装備は装備ストラップを使ってウエストベルトやYサスペンダーに取り付けられますが、やはり安定感が違います。また一度に取り外せるメリットもあります。


     Aframe17.jpg 
横から見ると体にぴったりと密着していることがわかります。

 Aframe29-2.jpg
他の装備に比べて圧倒的な現存数の少なさから、Aフレームはすべての兵に行き渡った装備では無いと考えられています。ナチスドイツ時代、輸入に頼っていたコットンが貴重品だったことも関係しているのかも知れません。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M39柄付発煙手榴弾 (Nebelhandgranate 39)

本日はM39柄付発煙手榴弾(Nebelhandgranate 39)を紹介します。

M39-0-1.jpg  
M39柄付発煙手榴弾はM24柄付手榴弾がベースになっている為、サイズは全く同じです。
煙幕弾はこの柄付型以外にも、ガラス容器に入ったタイプ(BK 1H, 2H)や、M39卵型手榴弾のBZ信管を付けた柄の無いタイプ(M41)などがあります。


blendkorper-1h-smoke-grenade.jpg M39-16.jpg
上記資料は右記ウェブサイトからお借りしました。Copy right and all rights reserved LoneSentry.com

M39-13.jpg 発煙弾は敵の照準から逃れたり、視界を遮断させる煙幕、又は信号としての狼煙を発生させることができ、第二次大戦後もあらゆる場面で使用されています。


M39-19.jpg M39-18.jpg 
こちらはNebelmittel und ihre handhabung(発煙装置とそのマニュアル)です。マニュアルにはM39柄付発煙手榴弾についての記述があり、主要な項目をいくつか列記します。

-煙幕は15秒から20秒間持続する
-M39とM24柄付手榴弾の違いは、弾頭と柄に描かれた白帯、及び"Nb.Hgr.39"の文字である
-弾頭には亜鉛末と六塩化エタンの混合物が詰められている
-タイプ39B (Nb.Hgr. 39 B)は、39よりも亜鉛末を減らし、六塩化エタンを増加してある


M39-9-1.jpg
弾頭部分は薄い鋼板で出来ており、当時のフィールドグレイ塗装が残っています。白帯と「Nb.Hg(残りは消えて判読不能)」のステンシル文字も確認できます。

M39-21.jpg
他にも「2?? 41」の文字が残っています。41年製という意味でしょうか。

M39-6-1.jpg  
柄にはanx 41の刻印があります。anxはケーニヒスヒュッテ(現ポーランドのホジェフ)にあった、Koenigs-Laura-Huette社のコード、41は製造年で間違いないでしょう。




M39-3.jpg


マニュアルにもあるとおり、柄の中央部分にも白帯がペイントされており、一目で認識できます。
こちらの柄はタイプ39B((Nb.Hgr. 39 B)なので、真っ暗闇でも握ったら分かるよう、柄の先端が凹凸に削られています。


M39-20.jpg

弾頭の上下です。下部には発煙噴出用の穴が8つ確認できます。


M39-11.jpg

弾頭と柄の接続部分は、M24柄付手榴弾と同じ構造で、ねじ込むようになっています。なお不活性化の為、炸薬は抜かれ信管は除去されています。

M39-10.jpg
M24柄付手榴弾と同じく、柄の末端の安全キャップを外し、中から出てくる握り玉を引っ張り摩擦式信管に点火します。写真のようにこの手榴弾は残念ながら、握り玉は失われてしまっています。

以上、M39柄付発煙手榴弾の紹介でした。
M39-18


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

分隊用ストーブ (Juwel 33 Feldkocher fur ein Gruppe)

Juwel 33ARARA 37と共にドイツ軍が分隊単位で支給したポータブルストーブと言われています。

しかしながら、文献にはほとんど出てこず、兵士の証言から存在が確認できる程度。例えば、エスビットのところで書いたように、フィンランド北部に駐留していた山岳部隊には猟兵2人に1つずつ支給された一方でグロースド イッチュランドのある中隊にはガソリンストーブ20個とエスビットが数個支給された・・・等々。


juwel-01.jpg  
分隊の中で誰が持っていたのか?どういった状況で使われたのか・・・当時の写真にもほとんど写っておらず、実態がよく掴めない装備であったりします。

もちろん、このようなポータブルストーブ自体は缶ストといって登山家やキャンパーから愛用されており、その代表選手は誰もが知るSVEA123でしょう。(現在はOptimus SVEA 123R)


        juwel-10.jpg

ちなみに以前の記事でJuwel 33は、SVEA 123のコピーと書きましたが、SVEA 123は1955年に発売なんですね。元々このスタイルを開発したのはGustav Gerthel社がオリジナルなのかどうなのか・・・ネットで調べてもよく判りません。

そんなJuwel 33ですが、新たに購入してしまいました。

juwel-2.jpg
オークションでゲットしました。あれだけ血眼になって探していたJuwel 33ですが、出るときは出るものですね。


juwel-4.jpg
Gustav Barthel社のロゴ


juwel-5.jpg
スチール製タンクにはJUWEL 33 Uと刻印されています。


juwel-8.jpg
このJuwel 33、風防はヘコミ、塗装も剥げまくりです。
ではなぜ、既に所有していたものよりもコンディションの悪いものを購入したのか?

実は付属のメンテナンスツールが目当てでした。

juwel-9.jpg

本体のボロさとは裏腹に専用ボックスのコンディションは良好、中身の予備のパーツも揃っていました。


ところが、このJuwel 33、驚くべき事実が隠されていました。

到着したら、あまりに煤だらけで汚かったのでWD40で綺麗にしたところ・・・

なんと!燃料タンクの裏に、こんな刻印が。

juwel-3.jpg
ヴァッフェンアムトにH(eer)、1941年にドイツ陸軍に納品されたモノのようです。

軍用ストーブにも、このような刻印が押されていたとは全く知りませんでした。

この刻印はドイツ軍における正式な支給装備であるという裏付けに成り得ますね。筒ストーブをこよなく愛する者としてはちょっと、いやかなり嬉しい発見でした。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR