M35書類ケース (Meldekartentasche 35) Part4

書類ケースの中身のアップデートとして、今回は筆記用具にスポットライトを当てようと思います。(代表的なモノだけですが)

mapcase5-1.jpg

当時の一般的な筆記具といえば鉛筆ですね。ドイツいや世界的な鉛筆メーカーと言えば、ファーバー・カステル(FABER-CASTELL)をおいて他には無いでしょう。
ファーバー・カステル社(当時の社名はA.W.ファーバー社)は1761年に家具職人のカスパー・ファーバーによって、ニュルンベルグのシュタインで創設されました。六角形の鉛筆や社名を軸にスタンプするといった現在の鉛筆にも通ずるデザインは同社の発明によるものです。

HIST-NEU-bleistiftma.jpg  HIST-NEUlotha2.jpg
ちなみにファーバー・カステル社の〝カステル〟は四代目ローター・フォン・カステルの孫娘オッテリーと結婚したカステル伯爵の名前が由来です。ファーバー家に婿入りしたカステル伯爵は不慣れな鉛筆製造業に最初はとまどいながらも、やがて優れた商才とリーダーシップを発揮し、1905年に自らの名前を冠した緑色の〝カステル9000番〟鉛筆を発表、大ヒット商品となります。この鉛筆によりA.W.ファーバー社の名はますます不動のものとなり、鉛筆の緑色は同社のシンボルカラーに、商品名のカステルは社名の一部となります。(1942年に社名をA.W.ファーバーからファーバー・カステルに変更)

faber_c1.jpg

ところでヨハン・ファーバー(JOHANN FABER)やエバーハード・ファーバー(EBERHARD FABER)というブランドも存在しています。こちらはコピー商品では無く、A.W.ファーバー社が19世紀中ごろに海外(北米・南米)市場に進出した 際、現地に設立した子会社が独立したブランドです。品質は本家に勝るとも劣らずだったので、のちにA.W.ファーバー社とは市場のシェアをめぐって競合するよ うになります。(ヨハン、エバーハードはローターの実弟の名前です。後年、2社はファーバーカステル社に吸収合併)

pencil1.jpg

さてファーバー・カステル社の説明はこれくらいにして鉛筆の紹介です。この4本の鉛筆は書類ケースを購入した際、一番上の写真のようにペンホルダーにささっていました。一番上はエバーハード・ファーバー社の1717番、その下がA.W.ファーバー社のカステル9101番の鉛筆です。(その下の2つは不明)

pencil10.jpg
   pencil11.jpg  
A.W. ファーバー社の鉛筆ケースです。カステル伯爵が考案した〝馬上槍試合をする騎士〟の絵と城のトレードマークが描かれています。余談ですが、左側の倒されて いる騎士が持っている黄色い槍(鉛筆)は当時最大のライバルであった「コヒノール(KOH-I-NOOR)」の鉛筆を意味しているとか。緑色の槍(鉛筆)はもちろんカステル9000番ですね。

pencil9.jpg  
このケース、A.W. FABER "CASTELL"とロゴがあるので1942年に社名が変更される前の製造だと思います。ケースの中にはカステル9000番の鉛筆が12本入って売られていたようです。(なお、A.W.は創設者カスパー・ファーバーの息子の名前「Anton Wilhelm」から来ているそうです)


castellep_20130524080910.jpg

こちらは当時のカステル9000番です(ネットにあった写真を拝借しました)


さて、次は鉛筆削りです。
           

sharpner10.jpg
革製ケースに入った真鍮製の鉛筆削りでファーバー・カステル社のライバル、コヒノール社製です。鉛筆を削る穴が二つあり、それぞれに長短の刃が付いています。

sharpner16.jpg
当時の広告には刃の使い分けによる芯の削り方のイラストが載っています。1と3はすぐに折れそうですね・・・

sharpner18.jpg

sharpner19.jpg  
刻印のクローズアップです。「TUTIOR JUWEL PATENT MADE IN GERMANY」の刻印があります。この「TUITOR JUWEL PATENT」はA.W.ファーバーや他社の鉛筆削りにもあるので2つ穴に対する特許かも知れません。

sharpner15.jpg

こちらは大戦当時使われていたオーソドックスな形の鉛筆削りです。輸出用でしょうか?上のものにはGERMANYの刻印があります。

次に消しゴムも必需品ですね。


eraser3.jpg  

どれも小型で使いやすそうです。よく見かけるのは〝Rona〟と〝KORREKTOR 500〟でしょうか。

最後の筆記用具は色鉛筆です。ドイツ軍では地図にマーキングをする際、色鉛筆を使いました。

map2_20130525095131.jpg
上記はスターリングラード近郊の1942年12月24日の前線地図です。青もしくは黒は友軍の前線、赤は敵の前線を示すようです。

map3_20130525102845.jpg
こちらは手書きの地図です。赤い矢印はソ連軍の攻撃で真ん中にはPanzer T34の文字が!青い矢印は友軍を示すようですが、逆向き・・・撤退したのでしょうか?

colorpen12-1.jpg   
上記のような地図にマーキングするのは色鉛筆の出番となります。上記はメカニカルなペン、いわば当時のシャープ・ペンシルであるエバーハード・ファーバー製「TAKTIK No.542」です。革製のケースに赤・青・黒・黒鉛のペンと替芯ケース、消しゴムが収納できるようになっています。

taktiketui06wf4.jpg taktiketui07qa8.jpg
当時の広告。『Taktik-Etui 542』というのが正式名称です。
colorpen17.jpg
colorpen10.jpg  
頭部の丸い部分を回すと芯が出てくる仕組みになっています。なお黄色いペンは黄色い芯ではなく黒鉛です。

 meldeblock01.jpg
こちらはケースの裏表です。裏側にはベルトループと野戦服のボタンに留める為のホールがあります。


meldeblock02.jpg
エバーハード・ファーバー社のロゴとNo.542の刻印があります。ちなみに540番と541番は通常の色鉛筆のセットとなります。

map1_20130525095104.jpg
「軍は自前の地図ばかり使っていたわけではなく、定期的に更新される市販の道路地図も頼りにした」ということでミシェランガイドにもマーキングされています。

筆記用具とくればノートですね。書類ケースに入っていたのは野戦報告ノート(Meldeblock)です。
meldeblock6.jpg  
野戦報告ノートは書類ケースに必ず入っており、これで行動を本部へ報告することになっていました。ちなみにインクは水に濡れると流れる為、必ず鉛筆を使うこととされていました。

meldeblock1.jpg
一枚目は地図の記号一覧です。裏にも同様になっています。



こちらのフォーマットに部隊の出発、到着地点の座標とその名称、日時や詳細を記入します。
(マウスを画像に当てると作成例が見えます)

meldeblock8.jpg

裏はグリッドが付いており記号を参考に手書きの地図を書き込めるようになっています。

以上、ざっと当時の筆記用具を紹介しました。各国の軍隊ではタイプライターが既に多用されていましたが、前線、特に移動を頻繁に行う歩兵部隊においては、重い・メンテナンスが必要なタイプライターなど無用、やはり持ち運びの容易さで一本の鉛筆に勝るものはありませんね。
mapcase02.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

個人用携帯ストーブ (Esbit Kocher) Part4

皆様こんにちは。近くの火山が噴火してどえらいことになっています。自宅から火山はたった50キロしか離れておらず、火山灰の降灰範囲です。まさか溶岩が飛んで来るなんてことは無いでしょうが、このまま噴火が続けば灰害で生活も困難になり、最悪の場合に避難勧告・・・なんてことになったらコレクションを置いて帰国しなければなりません。主人のいなくなった家がどうなるか・・・考えるだけでも恐ろしいです。
(怖いのは土石流や火砕流だけではない、噴火の最大の被害は「火山灰」→こちらのサイトを参照)
 
さて気を取り直して、本日紹介するのはエスビット携帯ストーブです。これでエスビットに関する記事はいくつ目でしたっけ?(Part 4と書いているのにわざとらしく聞くなと)

esbit_alu-2.jpg  
こちらは以前紹介した初期モデルのアルミニウムタイプです。
 
esbit_alu-1.jpg  
反対側です。使用方法と組み立てた時のイラストが載っています。

追記: こちらは海外のフォーラムでロシアのコレクターによってアップされたスターリングラード近郊で見つかった発掘品の写真ですが、その中に初期モデルのエスビットを見つけました。

esbit_05.jpg

esbit_04.jpg  

esbit_06.jpg
アルミ製なので70年間地中にあっても錆びずに残っています。


esbit_01.jpg
既出の鉄製エスビットとアルミ製を並べてみました。最初はアルミ製でその後に鉄製になったのか、平行して作られてたのか判りませんが、最終的にはこのタイプは製造中止となり、おなじみの形に変わります。
しかし製造年の違いでしょうか?今回のエスビットは横の鉄製とも発掘されたアルミ製とも微妙にデザインが違いますね。

以前鉄製のエスビットの日記で紹介したとおり、一般に知られているエスビットとは組み立て方が異なります。

esbit_alu-07.jpg
本体は写真のように3つに分離します。


esbit_alu-10.jpg
このように組み立てます。慣れれば数秒で組み立てられますが、後に発売されたタイプは更に簡単ですね。

これらは70年経っても使用上なんら問題なく、災害時には役に立ちそうです。(燃料があれば、の話ですが)
esbit_03.jpg
以上でエスビットの紹介を終わります・・・と、これで締めるのはちょっと味気無いので、他にもコレクションの中で災害、特に火山噴火時に役に立ちそうなグッズをいくつか挙げてみました。



hangou41.jpg    
■ 水筒と飯盒セット

災害時は水の確保が最も重要です。水筒に水を満たして家族に一つずつ渡します。カップは食器として使えそうです。
飯盒は食器としてはもちろん飯を炊いたり、インスタントラーメンを作るのに使えます。



gasmask55-2.jpg ■ ガスマスク

顔全体をすっぽり覆うので防塵ゴーグル・フェイスマスクの役目を果たしてくれます。問題は製造後70年経ったフィルターが役に立つかどうかですが、ペラペラのマスクよりはましかと。



zelt39-06.jpg ■ 毛布やツェルトバーン

毛布は防寒用、ツェルトバーンはテントになり、ポンチョとして着れば火山灰から体や衣服を守ることができそうです。



■ スコップshovel0.jpg

屋根に振り積もった灰は雨に濡れると家屋を押しつぶすほど重くなるので除灰作業が必要になります。
あと、"ヒャッハー"な世界になった時、身を守る武器としても使えそうですね。



jurry011.jpg ■ ジェリカン

水やガソリンの備蓄・運搬に使えます。
さらに簡易テーブルや椅子にもなります。



一方、使えそうで使えないモノもあるのでついでに。

■ M35ヘルメット

M35h1.jpg

戦場じゃないし、これは重すぎ。まぁ、火山弾、噴石がびゅんびゅん飛んでくるようなシチュエーションなら別ですが。(もちろん直撃を受けたらヘルメットしてようがアウト)


■ 懐中電灯


 FL4.jpg FL18.jpg  

これは電池がアレだし・・・


■ 無可動実銃とか・・・

略奪しに来た輩に対して脅しになるかも知れませんが、この国は加工実銃持っている奴たくさんいるからなぁ。。。

以上、半分冗談みたいな内容になってしまいましたが、最近こんなニュースもありますし、備えあれば憂いなし。
お互い気を引き締めていきましょう!


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M31雑嚢 (Brotbeutel 31)

今日は母の日ですね。(あ、時差の関係で日本とは一日ずれております) 
お母さん、毎日毎日、仕事に家事に大変ご苦労様です。我々男共が趣味に没頭できるのも、お母さん(奥さん)、あなたの御蔭です。本当に感謝します。

さて、愛妻家である私は帰宅途中、カーネーションの花束を買って帰りました。普段しないことをすると、またくだらないモノを買ったのかと問い詰められると思いきや、素直に喜んでいただけたようで、いつもブログに載せる写真を撮るのに決まって嫌~な顔をされるのが今日は何も言われませんでした。

そんなわけで、るんるん気分で本日ご紹介するのはM31雑嚢(Brotbeutel 31)です。


B-Bag_17.jpg  
雑嚢は以前も記事にしていますが、今回は極初期のタイプとなります。
 
 
B-Bag_02.jpg
製造年のスタンプが無いので、いつ作られたものか分かりませんが、ベルトループの補強革、青味がかったフィールドグレイという特徴から1940年以前の雑嚢のようです。



B-Bag13-01.jpg
ベルトループの補強革の裏側です。写真では判りづらいですが、緑色っぽい色で塗られています。



B-Bag_04.jpg

以前紹介した初期型の雑嚢と並べてみました。色の違いがはっきりと判ります。

極初期型と初期型のパーツ比較です。

【ベルトフック金具】
B-Bag_20-1.jpg  B-Bag_23-1.jpg
 

【Dリング】
B-Bag_19-1.jpg   B-Bag_22-1.jpg


【ボタン】
B-Bag_26.jpg   B-Bag_27.jpg
極初期型(左)はDリングやベルトフック金具がアルミ製ですが、初期型(右)は鉄製です。ボタンもアルミ製から真鍮製に変更されています。これは何度も書いていますが、貴重な航空資材であるアルミニウムを温存する為です。


さて、これまで極初期型と説明してきたこの雑嚢、実はある秘密があります。

皆さんいいですか?

それでは、いきますよ・・・


1、2 の・・ bann1.jpg  
       
 
B-Bag03.jpg

な、なんと、実は M44雑嚢 でした~

というのは、です。っていうか、軍装に興味が無い人にはさっぱり?なネタですみません。m(_ _)m

B-Bag_28.jpg
どうやら、ツェルトバーンの切れ端を貼り付けてポケットを作ったようです。


B-Bag_29.jpg
この通り、M34クリーニングキットがぴったりと収納できます。

  2_20120116141039.jpg
こちらはM44雑嚢です。ひょっとして、上の雑嚢を真似て作ったんじゃ・・・ なーんてことは無いでしょうが、雑嚢でクリーニングキットを運搬する際に糧食とはちょっと一緒にしたくないという必要性から生まれたアイデアだと思います。このような戦場で兵士によって手を加えられたものは「Field made」と呼ばれています。前回紹介した鉄製バックルもそうですね。

B-Bag_30.jpg  
上蓋の裏には「III./A.R.9」というスタンプが押されています。A.R.はArtillerie Regimentの略なので、「第9砲兵連隊第1大隊第3中隊」の所有物だったようです。


B-Bag_12.jpg
このようにクリーニングキット(あとエスビットも)を分けて収納できれば糧食がオイル臭くならなくてすみます。
ところで雑嚢の中身を以前日記にしましたが、あれからアイテムも少しずつ増えたのでいずれ更新したいですね。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M31ツェルトバーン (Zeltbahn 31) 後期型

皆さんこんにちは。ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?私は昨夜一週間の出張から帰ってきたばかり。来週に備えて家でのんびりと疲れを癒しております。(なお悲しいかな、現在GWとは無縁の国に住んでおります)
さて、本日は陸軍のM31ツェルトバーン(Zeltbahn 31)後期型を紹介したいと思います。

zelt45-01.jpg
こちらは1945年に製造されたツェルトバーンです。パッと見はいたって普通のツェルトバーンですが、通常のものとは細かい点でいくつかの違いがあります。(後期型といってもメーカーや時期によっていろんなパターンもあるのでバリエーションに一つとお考え下さい)

zelt45-04.jpg
まずはスタンプから。"Reichsbetriebs(RB=国家工場)"とその番号、製造年の"1945"が押されています。
この製造年が1945年という点、やはり色々と考えさせられますね。西から東から連合軍の包囲網が狭まり、戦線がドイツ本国に迫ってくる一方で、国内の主要都市は英米の昼夜を問わない無差別爆撃で壊滅状態。。。

zelt45-26.jpg

 zelt45-25.jpg  
そのような状況下で工場は通常運転できたのか、材料や工作機械を動かす燃料はどう調達したのか?工員への給料はきちんと支払われていたのか?前線までの輸送手段はどうしたのか?等々、なんとか現物から読み取ろうとします。

ちなみに、戦争末期の44-45年に生産されたものは"Last-ditch"(最後までがんばる,死力を尽くしての意)と呼ばれ人気があります。物資難の中で生産工程、材料を削らざるを得ず、耐久性・外見の面ではそれ以前の比較的豊かな時代に作られたものより明らかに劣るのにも関わらず、コレクターを魅了して止まないのはそういった探究心を刺激するからかも知れません。

さて、それではこの"Last-ditch"のツェルトバーンの細部を一つずつ見ていきましょう。

zelt45-02.jpg
一番上の写真と見比べて下さい。同じ写真のようですがこちらは反対側。裏表のパターンが同色となっています。

zelt39-05-1.jpg
上記二つの写真は1939年製のツェルトバーンの両面です。ノーマルパターンはこのように"秋"と"夏"用で違う色になっています。両面を同じ色にしたのは省力化の為、それとも2パターンの無意味さに気づいたのか・・・今となっては判りません。


zelt39-07-1.jpg  zelt45-22-2.jpg
こちらは裏表の差が判りやすい写真です。上がノーマルで下が後期型です。


zelt45-07.jpg
その他にはボタンがアルミ製からスチール製に変わっています。これは末期という理由よりは、42年頃からアルミ製の水筒や飯盒がスチール製に変わったのと同じ理由でしょう。なお、スチール製以外に亜鉛やベークライト製のボタンも存在しているようです。


zelt45-08.jpg
ボタンホールはキーホール形からスクウェア形になっていますが、これはメーカーの違いによる可能性もあります。


zelt45-09.jpg
大小グルメットがスチール製から亜鉛製に変更になっています。

zelt45-05.jpg
底辺両サイドと中央にある小グルメットの数も2つから1つに省略されています。


zelt39-04.jpg zelt45-06.jpg
最後にスプリンターパターンの比較です。後期型(下)の雫模様はノーマルに比べて細くて薄く間隔も空いています。クオリティも落ちていますが、1939年と45年のドイツ国内の生産事情の変化を考慮すれば、むしろ高度な技術である迷彩プリントの品質がこれだけ保たれているのは賞賛すべきことかも知れません。

以上、後期型、それも末期に作られたツェルトバーンの紹介でした。
なおスプリンターパターンのみという印象の陸軍のツェルトバーンですが、他にもいくつかのバリエーションがあります。また機会があれば、別のパターンも紹介していきたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR