M31ツェルトバーン (Zeltbahn 31) イタリア迷彩

本日はドイツ軍がイタリア軍から摂取した迷彩生地で作った珍しいツェルトバーンを紹介します。

italian-02.jpg   
1943年9月8日にイタリア王国が連合軍に降伏。その直後、ドイツ軍によるイタリア軍の武装解除作戦が開始されます。昨日までの盟友は敵となり、兵器や軍用車両などは摂取されドイツ軍が使用することになります。
また被服も徴発対象で、イタリア軍の被服倉庫は真っ先にドイツ兵に"襲撃"されたようです。

-おなじみの黒シャツは粋というので特に人気があった。ほかにもマウンテンブーツ、ベルト、褐色のつなぎの飛行服なども徴発され、以降、彼らの間で重宝がられた-『ヴィットマン LSSAHのティーガー戦車長たち』の中の一文です。

ヴィットマン―LSSAHのティーガー戦車長たち〈上〉ヴィットマン―LSSAHのティーガー戦車長たち〈上〉
(2005/08)
パトリック アグテ

商品詳細を見る

また完成品のみならず被服材料も摂取の対象となりました。その中にはイタリア軍の迷彩パターンが印刷された生地も大量に含まれており、その材料を使って野戦服やジャケット、今回紹介するツェルトバーンも作られます。

italian-03.jpg   
イタリアの迷彩模様は一般に"まだら系"と呼ばれるパターンです。迷彩効果に優れているため、ドイツ軍には人気で戦後もイタリア軍で使用され最近まで現役でした。(戦後のパターンはもっと明るい色合いのようですが)


anonym.jpg
アルデンヌ ノルマンディーのW-SS兵士の写真です。イタリア迷彩生地で作ったつなぎを着用しています。

さて、ここからはイタリア迷彩パターンのツェルトバーンの紹介です。

italian-3JPG.jpg

生地はイタリア迷彩パターンを使用していますが、ドイツ軍ツェルトバーンと同じ仕様の三角形です。

italian-4JPG.jpg
こちらは裏面です。ドイツ軍のツェルトバーンは両面印刷ですが、イタリア迷彩の生地は片面印刷の為、リバーシブルでは使えません。

italian-10JPG.jpg
両端が違う布地で出来ていることが分かります。もともとイタリア軍のポンチョは四角形で生地もそのサイズに合わせて作られていた為、ドイツ軍のツェルトバーンを作るには両端に別の布地をつなぎ合わせる必要があったからです。

italian-13.jpg
点線のところでつなぎ合わされています。


italian-8JPG.jpg
ポンチョ用のスリットもドイツ軍仕様と同じく設けられています。

 
italian-5JPG.jpg  
生地の裏のスタンプです。


italian-6JPG.jpg  
センターのつなぎ目にはメーカー名と思われるスタンプが押してあります。
"AMERICA"という文字が見えますが、米国製のリプロではなく、こういう名前のメーカーだったようです。

なお、このツェルトバーンにはテントを作成する際に使用するボタンやグルメットがありません。

italian-11JPG.jpg

これは戦争末期でボタン等の取り付けが省略され前線に送られたという意見と、製作工場で未加工の状態で見つかったものという二通りの考え方があります。

もし後者のみが正解であればすべて新品に近い状態のはずですが、使い古された状態のモノも見つかっており前者の考え方もなきにしもあらずの気がします。(もちろん、後者のモノが戦後に使われた可能性もありますが・・・)


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

裁縫キット(Nähzeug "Kameradenhilfe" ) Part2

 あ~ネタが無い~~(演歌調) ということで今回はちょっと重箱のスミつつき的な内容です。

商品名が"戦友の助け"(Kameradenhilfe)という、いかにも兵士向けに作られた裁縫キットがありますが、コットン製ポーチにバリエーションがあることが判りましたので紹介したいと思います。


   KH17-2.jpg

こちらが今回バリエーションとして紹介するポーチです。コットン製で"Kameradenhilfe"のロゴが入っています。オリーブグリーンの生地は退色しており時代を感じさせます。

KH19-1.jpg  
以前紹介したタイプとの比較です。コットン製である以外にサイズ、概観もほとんど同じです。


KH24.jpg  
"Kameradenhilfe"のクローズアップ。よく見ると字体がビミョーに違っています。

KH22.jpg
写真を撮るときに上下反対になってしまいました。。。裏側に"DRAHOMA"のロゴが入っていません。ということはDRAHOMA社製では無いということでしょうか。

KH25.jpg

裁縫道具を収納するポケットは同じ構造ですね。盗難防止でしょうか? どちらのポーチにも所有者の名前やイニシャルがマジックペンで書かれています。

KH14.jpg

下のポーチのスナップボタンにはPRYM社のロゴが入っていますが、上のにはメーカー名ロゴがありません。よく見ると生地の織り方や使われている糸も違いますね。

さて、ポーチの中身の裁縫道具ですが、以前ブログで紹介したものは軍装資料本『Deutsche SOLDATEN』に掲載されているものと違っていました。
 
kameradenhilfe031.jpg


KH26-1.jpgDeutsche Soldaten
(2008/10/21)
Augustin Saiz

商品詳細を見る
Deutsche Soldaten
 
ビョーキゆえに、中身のバリエーションも揃えたい・・・そう思って探すこと約半年。ある日、オークションに出品されてるのを見つけ他の入札者との激戦の末、なんとか落札しました。

KH11.jpg

こちらはつい先日届いた裁縫キットです。どうやらミント状態のようです。

KH2.jpg
中身は資料本とかなり重複するようです。
KH5.jpg
一番のお目当てはDRAHOMAのボタンセット。台紙付きは希少です。

KH4-1.jpg  

糸もいろんなタイプがあります。StopfwolleとStopftwistは繕い用糸です。

KH15-1.jpg  
KH20.jpg
針セット。縫い針とマチ針もセットされています。

KH23.jpg  
なお、このポーチの裏にもDRAHOMAのロゴが見当たりません。違うメーカー製なのか、あるタイミングからロゴが印刷されなくなったのかどちらかと思われます。(フェイクじゃないことを祈ります・・・)
KF1-1.jpg  

KH27.jpg

KH28.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel)

皆さまこんにちは。
本日は少し重いテーマですが、毒ガスとその被害から皮膚を守る皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel)について書いてみたいと思います。なお皮膚洗浄剤については、以前ガスマスク付属品の中で既に取り上げております。

Losant3-1.jpg まず、毒ガスとは何んぞや?広義では火山ガスや排気ガスも含まれるようですが、ここでは化学兵器として軍事的に使用されるものを示します。種類としては催涙ガスから塩素ガスやホスゲンガス、マスタードガス(イペリット)やサリン、VXガスなどがあります。

sargent_gassed_1919_imperial_war.jpg

最初に使用されたのは第一次大戦のヨーロッパ戦線で、同盟国・連合国双方に多大な被害を及ぼしました。(英国国防総省によると化学兵器による両軍の死傷者は130万人、うち死者は9万人に上るという)

第二次大戦のヨーロッパ戦線において攻撃手段としての毒ガス使用は無かったとされていますが、1943年12月、イタリア南部のバリ港にて、アメリカの貨物 船「ジョン・ハーヴェイ号」がドイツ空軍の爆撃を受け、大量のマスタードガスが流出し、アメリカ軍兵士と一般市民617名が負傷、83名が死亡する事件が起こっています(ジョン・ハーヴェイ号事件

2day4io.jpg

では、マスタードガスが実際に人体にどういう被害を与えるのかWikipediaの説明を見てみたいと思います。

マスタードガスは人体を構成する蛋白質やDNAに対して強く作用することが知られており、蛋白質やDNAの窒素と反応し(アルキル化反応)、その構造を変性 させたり、DNAのアルキル化により遺伝子を傷つけたりすることで毒性を発揮する。このため、皮膚や粘膜などを冒すほか、細胞分裂の阻害を引き起こし、さ らに発ガンに関連する遺伝子を傷つければガンを発症する恐れがあり、発癌性を持つ。また、抗がん剤と同様の作用機序であるため、造血器や腸粘膜にも影響が 出やすい。

「皮膚や粘膜など冒す」とありますが、言葉ではよくわかりません。

そこで「mustard gas」でググってみました。

Googleロゴ

・・・うげげ、妊娠中の女性、心臓の弱い人、お食事前の人は絶対に見ないでください。

下はマスタードガスの被害にあった軍馬のイラストです。エグイですが、これでもまだマシな方・・・

rosan8-3s.jpg
馬好きの方すみません。。。映画「戦火の馬」を思い出してしまいました。

このように"非人道的"な為、敗戦色が濃厚になっても、ヒトラーは毒ガスの使用を絶対に許可しませんでした。ヒトラーは第一次大戦で一兵卒としてマスタードガス攻撃で負傷しており被害の悲惨さを知っていた為と言われています。(一方でガス攻撃は戦局を挽回するには至らず、その割りに過激な報復攻撃を招くという危惧もあったようです)

さて上記のような被害をもたらす毒ガスが皮膚に付着した場合、その箇所をすばやく洗浄しなければなりません。
その為の皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel) がドイツ軍で1935年に開発されました。

まずは前回の日記のコピペ。。。

◆ 皮膚洗浄剤(Hautentgiftungsmittel)

こちらの洗浄剤は1935年3月14日付けの陸軍通達(H.M. 141)により導入されました。 ベークライト製のコンテナーには洗浄剤のタブレットが10個入っており、マスタードガスが付着した肌を洗浄することができます。


     decontamination1-1.jpg

Hautentgiftungsmittel 皮膚洗浄剤
Nur äußerlich anzuwenden ! 皮膚への使用のみ !
Nicht in Augen und Mund und auf dieGeschlechtsteile bringen !  目や口、性器には使用しないこと!
Genitals ! Nach Ge-brauch Losantinbehälter mit dem Kle-
bestreifen wieder dicht verschließen. 使用後はボックスをテープでしっかりと封をする



     decontamination5-1.jpg

Anwendung: Täfelchen in der hohlen Hand zerdrücken und mit etwa gleicher Menge Wasser oder
Speichel einen Brei bereiten. 使用法: タブレットを手の平上で潰し、同量の水もしくは唾液でペースト状にする
Den Brei auf der vergifteten Stelle mehrfach leicht verreiben. 洗浄剤を汚染箇所に数回擦り込む
Nach etwa 10 Minuten Brei abspülen oder feucht abwischen.約10分後洗浄剤を水か布で拭う

とここまでが前回の日記のコピーです。

こちらはその後に入手した、Gasschutzleitfaden(ガスプロテクションガイド)です。

rosan13.jpg

野戦服の胸ポケットに入る大きさ(縦14cm横10cm)で、ガスマスクの着け方、メンテナンス方法、洗浄剤の使用法、ガスシートの被り方などが、写真付きで92頁に渡って書かれています。ちなみにポケット歌集とも同じサイズです。

manual-0.jpg  
64頁から皮膚洗浄剤の使用方法が記されています。なお翻訳はかなり適当ですので、"こんな感じ"程度にお考えください。

gasmanual-1.jpg
1.ガスの飛沫を叩いて落とす。決して綿棒で拭わない

gasmanual-2.jpg
2.タブレットをコンテナーから取り出す。

gasmanual-3.jpg
3.手のひらの上でタブレットをつぶし(水と混ぜて)ペースト状にする。

gasmanual-4.jpg
4.汚染された箇所にやさしく塗りこみ、最低10-15分おいておく。
その後、水できれば石鹸水か重曹水で洗い落とす。

ググった被害状況を見ていると、とても写真のような量では足りないように思いますが・・・

さて、コンテナーには製造年が刻印されており、密封用のテープの色でも製造年を一目で判別可能となっています。

rosan5.jpg
                  
~40年製
41年製 
黄緑42年製
43年製

rosan9.jpg
左から1940年、41年、42年、43年製です。残存率的には赤>黄>黄緑>黒の順番でしょうか?
 

Losant4-1.jpg  

こちらは43年製の洗浄剤ですが、中身を見るため開封しました。(写真撮影後は、慎重にテープを巻き直しました)

Losant3-1.jpg
70年の時を経て、洗浄剤は中で凝固してしまっており取り出せません。
なお洗浄剤には漂白成分が入っている為、熱帯用のコットン製の野戦服や装備品を古く見せるための脱色剤として使われたそうです。

軟膏タイプの皮膚洗浄剤(Hautentgiftungssalbe) も既に紹介済みです。まずは前回のコピペから。



haut4-1.jpg

◆ 皮膚洗浄剤(Hautentgiftungssalbe)

上記の洗浄剤は使用の際に水と混ぜる必要があり、アフリカなど水の入手が困難な地方では不便でした。そこで1941年に開発されたのが新型の洗浄剤、Hautentgiftungssalbe(41)です。

  GMAccy29.jpg
洗浄剤は軟膏タイプになり、このようなオレジンジ色のプラスチック容器に入れられました。

下記は専用のケースです。厚紙製で洗浄剤の容器、軟膏を塗る際に使用するコットンの収納ができます。

GMAccy11.jpg
Haut-entgiftungssalbe 皮膚洗浄剤
Gebrauchsanweisung auf den Innenbehälter beachten 中の容器にある使用法をよく読むこと
野戦服の中身でも書きましたが、皮膚洗浄剤は胸のポケットに入れて持ち運ぶこととされました。

下記は当時の取り扱い説明書です。

  Haut-ex1.jpg Haut-ex2.jpg
1. Geländekampfstoff dringt in die haut ein
1. ガスが皮膚に浸透

2. Abtupfen mit Tupfern, Tupfer vernichten
2. ガスを皮膚から取り除く(布か新聞紙を使用)

3. Behälter Schütteln, dabei verschlusskappe nicht öffnen
3. キャップを外さずコンテナー振る

4. Verschlusskappe abschrauben, Hautentgiftungssalbe auftragen
4. キャップを外し軟膏を皮膚に塗る

5. Hautentgiftungssalbe 5 minuten mit Finger einreiben
5. 軟膏を指で塗り5分間放置

6. Dann sofort oder später entfernen
6. 最後に軟膏を取り除く


これらの洗浄剤はすべてのドイツ兵にガスマスクと共に支給され肌身離さず持っているよう指導されました。
他の国が同様の洗浄剤をを持っていたかどうか分かりませんが、過剰とも言える装備を見るにつけドイツ軍がいかに毒ガス攻撃を恐れていたかが理解できます。


rosan6.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M24訓練用柄付手榴弾(Stielhandgranate 24 für Ubung)

本日はドイツ兵が手榴弾の訓練(Ubung)に使用した模擬手榴弾をアップします。STEINER氏のサイトには投擲訓練用の模擬手榴弾が紹介されていますが、こちらは操作及び投擲訓練用のものと思われます。

M24TRGR-1.jpg

ドイツ軍の伝統的な柄付手榴弾は球型の手榴弾と違い、遠心力を利用して遠くまで投げることができる分、投げ方にはコツがあり、多くの投擲訓練を必要とした為、実弾訓練に加えこのような模擬手榴弾が使用されました。

Rebert-3.jpg   M24TRGR-17.jpg
陸軍操典の『REIBERT』には、手榴弾の投擲方法について詳しい説明が載っています。



M24TRGR-2.jpg

全長はM24柄付手榴弾とほぼ同じ35.5cm、重さは500gです。弾頭部とマウント部は赤く塗装されており識別しやすいようになっています。柄は木製で無垢の状態です。"訓練"を表すUb(=Ubung)の刻印が押されています。

M24TRGR-14.jpg

実物同様、柄の内部は空洞になっており点火用の紐と握り玉が収納されています。


M24TRGR-12-1.jpg 
弾頭は直径6cm、高さ7.8cmで実物と同じサイズで作られています。繰り返し使えるよう、厚さ1.5mmの鋼鉄で頑丈に作られており、さらにマウント基部は二重構造になっています。なお重さの調節の為、直径1cmの穴が8個開けられています。


M24TRGR-13.jpg

弾頭中央部はやや凹んでおり、耐久性が向上しています。


M24TRGR-6.jpg  
弾頭部と柄のマウント部分には、ねじが切ってあります。柄は信管装着も可能になっていることから実物を流用していると思われます。


M24TRGR-11.jpg
M24TRGR-8.jpg
 
弾頭部と柄には製造年号と"brb" (IserlohnのRichard Rinker GmbH、社)の刻印が入っています。このメーカーはM24柄付手榴弾も作っており、1941年頃までは"RR"(最初のRは左右逆向き)のコードを使用していました。
柄の方が新しい年号(43年)なのは訓練で折れたり破損したことにより交換された為でしょうか。

M24TRGR-18.jpg

操作訓練用の模擬手榴弾にはM39卵型手榴弾のタイプも存在しています。

M24TRGR-19.jpg

この模擬手榴弾を使った訓練中の写真をネットで見つけましたが、ウェブに貼ると使用料が発生するようなのでサイトだけ紹介しておきます。→こちら


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コットン製下士官・兵用ウエストベルト

先週は土曜日まで出張しており、日曜日は溜まった仕事を処理すべく午前中はオフィスに篭って仕事していたので更新が遅れました。本日は下士官・兵用のコットン(ウェブ)製ウエストベルトを中心に1943年中盤以降の軍装をマネキンで表現したいと思います。    


webbelt20.jpg


さて、コットン製ウエストベルトは、コットン製Yサスペンダー同様、当初は熱帯地方に派遣される部隊に支給され、中期以降は全戦域でも使用されます。

webbelt16.jpg

なお熱帯と言えば、北アフリカ戦線、DAK(ドイツアフリカ軍団)が真っ先に思い浮かびますが、地中海沿岸、イタリア南部やギリシアも熱帯地方に含まれます。

map3_20130603062621.jpg  
すっごい適当ですが、黄色い部分がドイツ軍的に熱帯地域かと。(はっきりと区別するような文献等はありませんので、あくまで個人的意見ということで。。。)


webbelt21.jpg
革製ウエストベルトと同じく巾4.5cm、長さは90cm~120cmの範囲で作られていました。このベルトには9?というスタンプが押されておりますが、実寸は91cmなので91?

webbelt23.jpg 長さ調節用のベルトもコットン製です。一番端の穴ならウエスト91mでOKということです。この部分が革でできているコットン製のウエストベルトもあります。

webbelt17-1.jpg  

ベルトバックルへの装着方法は革製ウエストベルトと同じです。

 webbelt15_20130603064140.jpg

反対側にはフック金具が取り付けられています。

webbelt01.jpg  
上記は1943年頃の戦闘工兵部隊の軍装(のつもり)です。M42野戦服に取り付けたコットン製ウエストベルトにはKar.98K用の弾盒とP38用ホルスターが装着されています。腰にはM43柄付手榴弾を挿しています。

webbelt7.jpg
中期以降の特徴として水筒や飯盒は鉄製、ストラップ類はコットン製です。
うーん、しかしこうして実際に着装してみるとYサスペンダーはともかくコットン製のウエストベルトはなんとなく違和感がありますね。ウール製野戦服にコットン製のウエストベルトを着用しているのは当時の写真でも確認できるのですが、なんとなくしっくり来ないのはコットン=アフリカという刷り込みのせいでしょうか?

(追記)
上記説明で、さも中期以降の兵士の全ての水筒や飯盒が鉄製、ストラップやベルトがコットン製になった・・・ような受け取られ方をしてしまったかも知れません。そんなことは無く、もちろん常にモノが不足している状態で古い装備はとことん使い続けられ、素材は在庫がある限り旧来通りに作り続けられました。
よって“中期以降見られるようになった装備品の一例”とお考えください。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR