洗面用具(Hygieneartikel)

先日急に奥歯が痛み出したので歯医者に行ってきました。診断の結果、重度の歯周病とのことで、歯茎を切って膿を摘出してもらいました。(今、顔が2倍に腫れ上がっています)
ちなみに海外での歯の治療は保険が一切効かないため、一回の処置に数万かかり非常に痛い出費です。
こうならないよう、普段からきちんと歯のケアをしておけば良かったと猛烈に反省しています。
(子供には"毎日歯をきちんと磨きなさい"と言っているのですが、親の面目丸つぶれです)

senmen4.jpg 
さて、今回はそんなこともあってドイツ兵の洗面用具に再度スポットを当てたいと思います。過去に雑嚢の中身背嚢の中身軍用タオルで紹介しているのでそちらもご覧下さい。

reibert2.jpg  
ドイツ軍の歩兵操典「REIBERT」には、健康を保つためには手洗いや歯磨きが重要であると書かれています。
(1939年版のREIBERTから)
reibert3_20130714091313.jpg  
毎朝の洗面(体?)風景


◆ 歯磨き(Zähne putzen)

歯は最低でも朝と夜、できれば毎食後に磨くこととされていました。濯ぐ際にはお湯を使うこと、冷水は歯のエナメル層を傷つける恐れのあるため避けるよう指導されていました。また歯茎を傷つけないようブラシは硬くないもの、柄は木製以外が推奨されていました。

まずは歯ブラシから。

bursten03.jpg  
こちらはプラスチック製の歯ブラシで硬毛になっています。

bursten01.jpg
こちらは透明のセルロイドでできています。ブラシが歯の形状に合わせて湾曲しているのが分かります。
bursten5.jpg
柄の部分にラッパのロゴマークと商品名の「Xira」とジュッターリン体で書かれています。

続いて歯磨き粉です。現代ではチューブ入りの練り歯磨き粉が主流ですが、第二次大戦当時はこのような箱入りの歯磨き粉が一般的でした。
zahnseife01.jpg
SOLIDOX社の歯磨き粉です。このSOLIDOXですが、元々はノルウェイのメーカーで現代でも存在しています。


   zahnseife5.jpg
歯磨き粉を四角く固めたものが入っています。
zahnseife02.jpg
こちらはLeo-Zahnseife(ライオン歯磨き粉)です。

zahnseife6.jpg
SOLIDOX同様、固形の歯磨き粉が入っています。


◆ 髭剃り(Rasieren)

兵士は毎日髭を剃るよう義務付けられていました。特に歩哨、点呼、上官への報告、特別な機会(パレードなど)の前には髭を念入りに剃る必要がありました。ただし水が手に入らない場合や特殊な環境下におかれた部隊、たとえば山岳猟兵やUボート乗員は免除されたようです。もちろん髭剃りはオシャレという側面のみならず、ノミやシラミの駆除という意味でも必要でした。

なお、折りたたみ式の剃刀がありますが、所有していないため今回は安全カミソリのみを紹介します。
rasieren5.jpg  
こちらはFASAN(キジ)というメーカーの安全剃刀で、本体はプラスティック製です。

rasieren2.jpg
替え刃各種。オレンジ色の包み紙の刃は1箱に10枚入っています。

grooming.jpg

以前紹介した折りたたみ式鏡にアルミ製の剃刀とシェーバーブラシ、替え刃のセットです。髭剃りクリームが無かったので探しておりました。
rasier-serife1.jpg

こちらが探していた髭剃りクリームとその容器。左側の粉を水に溶かしてブラシで泡立てます。

case1.jpg
このようなアルミ製の専用の容器で泡立てます。本来は中にガラスの器が入っているのですが失われてしまっています。割れてしまったのでしょうか?


case2.jpg

ガラスの器が無くても泡を立てるには困らない気がしますが・・・。

rasieren4.jpg


◆ 手洗い(Handwäsche)

手洗いは毎食前にする規則でした。その際、ブラシを使うことが望ましいとされ、特に爪と指の間は念入りに洗うよう指導されていました。
seife2_20130714120208.jpg
こちらは石鹸(Seife)と石鹸箱です。水洗いでもOKでしたが、できれば石鹸で洗う方がより清潔ですね。
手以外に顔、耳、首、胸、脇の下も洗うこととされました。

seife3.jpg

以上、洗面用具をざっと紹介しました。これらのほとんどは軍から支給され、個人でも酒保で買うことができました。

operation.jpg

いやー今回久々に歯の痛みを経験しましたが、痛みは集中力を低下させ、仕事の効率を著しく落としてしまいますね。
軍隊としてはこのような生活習慣から来る疾病の予防策は徹底的に行い、戦闘力の維持に努めたのはとても理解できます。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト

登山靴 (Bergstiefel)

皆さん、こんばんは。さて、本日はドイツ軍の山岳猟兵(Gebirgsjäger)の象徴ともいえる登山靴(Bergstiefel)の紹介です。


GJRb-29-1.jpg 山岳地帯における戦闘の専門家である山岳猟兵には登山靴が支給されました。

GJRb-19.jpg
エーデルヴァイス章と山岳帽と共に当時の写真で山岳猟兵を一般兵と見分けることができるアイテムです。


GJRb-0.jpg
ドイツ軍の登山靴にはいろいろなタイプがありますが、こちらは比較的初期のモデルと思われます。

GJRb-3.jpg
紐を通す穴が9個で、その内一番上を除く上部4つがフック金具でできています。

GJRb-14.jpg   
登山靴の特徴はごつい金具で、岩場にがっちりホールドする為これでもか!という位打たれています。

GJRb-28.jpg  
通常のアンクルブーツと比べ鋲は小さい反面、靴底の周囲を覆うように長い金具が打たれています。
GJRb-10.jpg
つま先は岩場でグリップを効かす場合に一番力がかかる部分であり、7個の金具が打たれています。



GJRb-26.jpg
なおこの登山靴にはスキーのビンディングを付ける際に靴底を保護する平たい金具が付いています。


GJRb-25.jpg
こちらはスキーを取り付けた状態です。


GJRb-11.jpg

土踏まずや踵部分にも金具が取り付けられており、どの部分でもグリップが効くようになっています。


GJRb-23.jpg
金具は靴底にがっちり食い込む形で打たれており、滅多なことでは抜けないようになっています。


GJRb-24.jpg

こちらは登山靴用の鋲です。この時点では爪の部分はまっすぐになっており、折り曲げて固定する仕組みになっています。


GJRb-20.jpg
この写真では、金具を靴底に取り付けている様子がよく分かります。
GJRb-9.jpg
石ころの多い登山道でも足を痛めないよう、非常に分厚い革で作られており特につま先や甲の部分は頑丈にできています。


GJRb-16.jpg
かかと部分は別パーツになっており、分厚い革で覆われています。


GJRb-5-1.jpg
足首の部分にはパンツの裾を保護するフェルトの帯、半長靴に見られるような靴を履く時に引っ張る布製のループが取り付けられています。

tumblr_m7ew01ywGm1qk6uvyo1_1280.jpg

GJRb-15.jpg


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR