fc2ブログ

Bico身嗜みセット(Bico Kassette) Part1

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。
連休も引き続きステイホームのエーデルマンです。首都圏はコロナ感染者数が2,000名を超え緊急事態宣言が発令、北陸の方は記録的大雪とのことで年明け早々大変な状況です。今後の無事を祈るばかりです。

本日は身嗜みセット『Bico Kassette』を紹介したいと思います。
Bico0-3.jpg

ロゴは一見"Lico"に見えますが、ジュッターリーン体なので"L"では無く"B"です。"Bico"自体に意味は無く商品名称のようです。“Kassette”は小さな箱という意味で、文字通りアルミ製の小さな箱に身だしなみアイテムがコンパクトに収納されています。
micakit3-1.jpg
ドイツ軍兵士が使用した身嗜みセットと言えば『Mica』が有名ですが、Bicoはその兄貴分のような存在です。Micaに比べて認知度は低いですが生活用品マニアの間ではコレクターズアイテムになっています。
Bico38.jpg
Bicoが製品化された時期やMicaとの併売期間など詳しくは分かっていませんが、本体の大きさがM1910飯盒に合わせて作られていることから第一次大戦前後に発売されたと推測されます。

Bico5-3.jpg
こちらはロゴ側の蓋を開けたところです。※中身は取り除いています。中は間仕切りされているので様々なサイズのアイテムを限られた容積に効率よく収納することが出来ます。またアイテムの有無が一目で分るので収納し忘れ防止になります。 

Bico6.jpg
こちらは反対側の蓋を開けたところです。

Bico5-2.jpg  

間仕切りは洗浄、乾燥させやすいよう本体から取り外し可能です。

こちらはBicoの取り扱い説明書で、注意書きに加え内容物がイラスト付きで描かれています。まずはロゴ側の中身から。
Bico32jpg.jpg

左列:Schnellverband(救急絆創膏)、*) Fullhalter(万年筆)、Bleistift(鉛筆)、Spiegel(鏡)、Rasiernapf(シェービングトレイ)、Zahnbürste und -krem(歯ブラシと歯磨き粉)
右列:Postkarten*)(葉書)、Notizbuch(手帳)、Schere(ハサミ)、Kamm(クシ)、Mullbinde(ガーゼ)、Rasierapparat, -klingen und pinsel(剃刀、替え刃とシェービングブラシ)、Nähzeug(ソーイングセット)
*) werden nicht mitgeliefert(*)は含まれていない)

取り扱い説明書の画像をクリックすると拡大します。
Bico28-1.jpg Bico32-3.jpg

●So einfach ist die Handhabung der Bico kassette.
(Bicoセットの取り扱いはとても簡単)
●Öffnen der Bico-kassette durch Druck des Dauments gegen die Kastenwand, dann Deckelheben.
(親指をケースの壁に押し付けてから蓋を持ち上げて、Bicoセットを開く)
●Beim Einpacken genau nebenstehenden Abbildungen beachten.
(収納の際は、右のイラストに注目)
●Nasse Gegenstände vor dem Einpacken abtrocknen.
(収納する前に濡れたものは乾かすこと)
●Dünner werdende Seife mit dem Seifenfachdeckel festklemmen.
(薄くなっている石鹸は、石鹸仕切り蓋で挟んで固定せよ)

・救急絆創膏(Schnellverband)
Bico25.jpg 
救急絆創膏はハサミで適当な大きさに切って使用します。『HANSAPLAST』はドイツ製絆創膏メーカーの商標で“バンドエイド”のようなものです。

・鏡(Spiegel)

Bico33.jpg 
16cmx6cmの横長の鏡です。ドイツ軍で使用された鏡はこちらでも紹介しています。

Bico36.jpg 
●Spiegel so aufstellen...(鏡はこのように収納)
鏡専用の隙間がありすっぽりと収まります。遊びが無いのでケースを落としても割れない一方で取り出し難いのが難点でしょうか・・・


・シェービングトレイ
Bico16-1.jpg 
シェービングトレイに石鹸を入れ、髭剃りブラシで泡立てます。こちらはニッケル製です。

Bico2-15.jpg
BicoかMicaか識別不能ですが、非常に珍しい身嗜みセットが映った写真。鏡とシェービングトレイが写っています。熊のマークは有名な第510重戦車大隊でしょうか。

・歯ブラシ、歯磨き粉ホルダー
Bico7.jpg
こちらのケースには歯ブラシとチューブタイプの歯磨き粉が収納できます。歯ブラシを入れる側には、丸い穴が開けられていて乾燥を早めます。
Bico8.jpg
●Zahnbürste und -krem am Bürstenstiel herausnehmen.(ブラシの柄を使って、歯ブラシと歯磨き粉を取り外す) 
衛生上、口に入れる歯ブラシをこのようなケースで保護できるのは少し安心ですね。なおKOH-I-NOORは有名な文具具メーカーでこちらでも取り上げていますが、歯ブラシまで生産していたとは知りませんでした。

・葉書(Postkarten)

Bico20-1.jpg  
葉書は個人で買って入れることになっています。筆記用具を入れることが出来るのはケースが防水になっているからでしょうか。なお写真は野戦郵便(Feldpost)でこちらで記事にしています。

・手帳(Notizbuch)
Bico22.jpg 
Bico23.jpg 
手帳はMicaと同じタイプです。マス目が印刷されており、文字以外に地図なども記述できます。

・ハサミ(Schere)
Bico19-1.jpg  
●Schere (bis 15cm länge) mit einem Griffschenkel durch den Schlitz im Schreibzeugfach schieben.(ハサミ、長さは15cmまでとする、の片方のハンドルをスリットに入れる)
ハサミは救急絆創膏や縫い糸、髭を揃えたりする際に使用します。写真では見えづらいですが、SOLINGENの刻印が入っています。

・クシ(Kamm)

Bico35-1.jpg 
長さ17.5cmでプラスチック製です。Bico純正品がどうかは不明です。

・剃刀、替え刃、シェービングブラシ(Rasierapparat, -klingen und pinsel)

Bico21.jpg 

●Rasierapparat mit dem Klingenhalter an die Schmalseite der Kassette legen.(剃刀を替え刃コンテナーと一緒にケースのスペースに収納する)


Bico9.jpg

替え刃は錆びないようマッチ箱サイズのコンテナーで保管します。10枚程度は余裕で入る容量です。


Bico14.jpg 
Bico15.jpg 
●Rasierpinsel auf den Griff des Apparates legen.(シェービングブラシをハンドルに取り付ける)
散弾銃の実包のようなケースはハンドルにもなります。丸い水抜き穴の開いた蓋を外してケースからブラシを取り出し、スクリューネジで固定します。

・ソーイングセット(Nähzeug)
Bico10-1.jpg

11cmx3cmのアルミ製のケースです。上蓋には針など鋭利なもので花模様と文字が彫られていますが、意味は不明です。
Bico11.jpg

ケースの中には糸や針、ボタンなどが入っています。上蓋の裏にも持ち主の名前と所属部隊が罫書かれています。ちなみにこのケース、紛失が多い為か、欠品率が高いアイテムの一つになっています。

Bic0-1.jpg
こちらは全てのアイテムをイラスト通り入れた状態です。
手前味噌ですが、これまで出版物やブログ、或いはフォーラムでもこのように全てのアイテムが収納された再現写真が掲載されたことは無かったと思います。

それでは反対側の中身を見て行きましょう。こちらも取り扱い説明書のイラストを参考にします。
Bico32-1.jpg

左列:Haarbürste(ヘアブラシ)、Handwaschbürste(ハンドブラシ)、Doppel-schraubdose für Krem(靴磨きクリーム用の両蓋ケース)、Auftrag- und Glanzbürste(塗布と磨き用ブラシ)
右列:Kleiderbürste(衣服用ブラシ)、Trockengestell mit Rasierseifen-Kästchen(髭剃り石鹸箱付き乾燥ラック)、Seife、石鹸、Schmutzbürste(汚れ落とし用ブラシ)

・ブラシ一式(Bürsten)
Bico18-4.jpg 
●Die Schuhputzbürste besteht aus Schmutz-, Auftrag- und Glanz- bürstenteil; letzterer ist höher als die anderen Teile und gestattet bequemes Blankputzen.(靴磨きブラシは、汚れ落とし、塗布、磨きブラシで構成されている。 後者は他のブラシ部よりも毛が長い為、簡単に磨ける)

・靴磨きクリーム用の両蓋ケース(Doppel-schraubdose für Krem)
Bico16-2.jpg 

●Doppelschraubdose auf einer Seite mit Schuhkrem füllen, die andere mit Gewehrfett, Sonnenschutzkrem u. ä.(両蓋ケースには靴磨きクリーム、もう片方には銃グリースもしくは日焼け止めなどを入れる)

Bico17-1.jpg  
二重蓋になっており靴磨きクリーム以外を入れることができます。
ちなみにMicaに入っているケースにも"Bico"のケースが入っています。恐らくBicoの在庫を使ったものと思われます。

・髭剃り石鹸箱付き乾燥ラック(Trockengestell mit Rasierseifen-Kästchen)
Bico12.jpg 
歯ブラシなどにアイテムに合った穴が開いていて、立てた状態で乾燥させます。下のトレイには髭剃り用石鹸を収納できます。
 
Bico13-1.jpg
●Zahnbürste, Seife, Rasierpinsel und Handwaschbürste trocknen wie abgebildet aus:(歯磨き、石鹸、シェービングブラシとハンドブラシは図のようにして乾燥させる)

Bic0-2.jpg

Bico専用のブラシはいずれも残存率は高くありません。特にハンドブラシの欠品率は高く、隙間を埋める為にMicaのハンドブラシで代用しようとしても寸足らずでスカスカです。

 Bico29-1.jpg 
登録商標 "D.R.PATENT AUSLANDSPATENTE"

Bico26.jpg
上蓋の表面にシボの付いたタイプのBicoも存在しています。フラットが初期、シボ付きが後期とする意見もありますが、Micaにもフラットとシボ付き両タイプが存在しているのでバリエーションとして並行販売されていたと考えられます。

最期に取り扱い説明書に赤で囲ったイラストをよく見ると、これまで紹介してきたBicoとは違うタイプであることが分かります。
Bico32-4.jpg

イラストを拡大してみます。
Bico37.jpg
イラストにはソーイングセット(Nähzeug)が描かれていますが、左側にあるはずのヘアブラシがありません。
実はBicoにはもう一つ別のバリエーションがあり、そちらも併せて描かれているようです。今回ブログ記事にする為にスキャナーで取り込んで初めて気づきました。

このバリエーションについては次回の記事でアップしたいと思います。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちI

著者は日本有数のコレクター。ヴィーキング師団隊員の生き生きした表情が印象的

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちII


SSの軍装―UNIFORMS OF THE SS 1938‐1945

SSの軍装のすべてがこの一冊に

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter