分隊用ストーブ (ARARA 37 Feldkocher fur ein Gruppe)

ドイツ軍が戦時中に使用した分隊用ストーブが欲しくなり、数年前に『JUWEL 34』をオークションで入手しました。
分隊用ストーブはその名の通り分隊単位で配られた料理を作ったり、暖を取るのに使用する調理用ストーブです。

mp876.jpg  mp876 (1)
『JUWEL 34』
ご存知の通り、JUWEL 34は戦後の生産品で、ナチスドイツではなくDDR(東ドイツ)の軍隊が使ったストーブです。
しかしながら実は購入前に大きな誤解をしていました。
『JUWEL 33』という大戦中に使用されたストーブのことは知っていたので、JUWEL 34はでっきり33の翌年、34年に採用された戦中モデルと勘違いしたわけです。(数字=採用年だと考えてしまう軍装マニアの悲しい性・・・)

juwel_1.jpg  
写真は『JUWEL 33』です。後継モデルであるJUWEL 34とは構造はもちろん、外観もほぼ同じです。
(写真は海外コレクター所蔵品)
なお、このJUWELストーブ、現在もマイナーチェンジを経て販売されています。(現行モデルはこちら

もともと『SVEA 123R』(ポータブルストーブの元祖ブランドでJUWELはそのコピー)を学生時代から登山やキャンプで愛用し、このタイプのストーブが好きな私は、返品もせずコレクションに加えることにしました。

P1019403.jpg
20年以上愛用しているSVEA 123R。全くメンテナンスしていないにも関わらず、動作は常に良好です。
冬山のキャンプでは「ブォー」という力強いバーナーの音に寒さや疲れを忘れます。

それでも、一応はドイツ軍装コレクター端くれ。やはり大戦中モデルのJUWEL 33の存在が忘れられません。
ぜひ入手したい!しかし軍装コレクターだけでなく、ヴィンテージストーブコレクターも血眼になって探しているアイテムです。
ジャンルを広げてウォッチしましたが、現存数が少ない為でしょうか、なかなか市場に姿を現してくれません。

そしてある日のこと、オークションにJUWEL 33に形の良く似たポータブルストーブが出品されてました。

10_20110828143537.jpg  
上蓋には『ARARA 37』の文字が。


deutsche-soldaten.jpg  9_20110828125425.jpg
『Deutsche SOLDATEN』の258ページに載っているストーブと同じようです。

あくまでJUWEL 33が本命ですが、これも大戦中のストーブには間違いないようなので狙ってみることにしました。
しかしながら相場が全く判りません。JUWEL 34の1.5倍くらいかな?と気軽に考えていたのは浅はかでした。
競った末、なんとか落札できたものの想定の2倍以上の価格に。。。(涙)
ドイツ軍装コレクターにとって、分隊用ストーブは露出度が低くエスビットほど必須アイテムってわけではないはず。
きっとヴィンテージストーブコレクターも入札に参加したに違いありません。

アメリカのイリノイ州より到着したARARA 37です。

1_20120219004654.jpg  2_20120219005847.jpg

光源の違いで微妙な違いが出てしまいました。上側が実際の色に近いですね。

3_20120219004653.jpg
出品者の説明によればアメリカの帰還兵がドイツから持ち帰ったそうですが本当でしょうか?
  
4_20110828133707.jpg
タンク部は風防や蓋と同じくジャーマングレーで塗装されています。
NUR FUR BENZIN(ガソリン専用)の文字はJUWEL 33や34にもあります。

13_20110828155956.jpg
火力の調整、メンテナンス用のツールが付属しています。
6_20110828135145.jpg
ポータブルストーブのコレクション。左からARARA 37・JUWEL 34・SVEA 123Rです。
5_20110828135151.jpg
タンクやバルブの形に違いがあるものの、基本構造は全く変わっていません。
ARARA 37はプレヒートした形跡はありますが、バルブが綺麗なのでほとんど使われてはいないようです。

ARARA 37は入手したものの、JUWEL 33をまだ捜し求める自分がいます。(どこまで続くこの泥沼よ・・・)

12_20110828151253.jpg
関連記事
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

Arara 37とはマニアックですね。 - KIYOKIYO1 - 2012年11月14日 18:57:38

はじめまして、KIYOKIYO1と申します。
軍用品の世界は深いですね。
革に塗る脂一つでも大変なことで感心しました。

私は、キャンプストーブをコレクションしていますが、
Arara 37 は、なかなか見つかりませんね。
筒ストと呼ばれる分野だそうですが、
私が知っている筒ストは、以下のようです。

Z M DEBA(Deutschland)
Arara 37(Deutschland)
Juwel 33(Deutschland)
Juwel 34(Deutschland)
Juwel 84(Deutschland)
Meva 2140 (Czech Republic)
Optimus Nr.6(Sverige)
Optimus Nr.9(Sverige)
Campus Nr.3(Sverige)
Svea 123(Sverige)
Svea 123R(Sverige)

他にもあるかもしれませんが、
それにしても、Arara 37を、アメリカの帰還兵も
よく持って帰ったものだと感心します。

ところで、URLのリンク先のストーブは、
Gustav Barthelの製造だとはわかるのですが、
詳しいことは判りません。
一説によりますと、装甲車や戦車の備品とのことですが、
ドイツの軍用品に詳しいあなた様なら、何かご存知ではありませんか?

Re: Arara 37とはマニアックですね。 - エーデルマン - 2012年11月16日 09:20:07

KIOKIO1さん、こちらこそ始めまして。
キャンプストーブのコレクション、拝見しましたが素晴らしいですね。
ARARA37は今までJUWEL37の影で目立たぬ存在でしたが
資料本で紹介されてから、入手しづらくなりました。
ドイツ軍が使用したストーブは缶スト以外にも数多くあったとは思いますが、
実際には山岳猟兵や極寒地勤務のごく限られた部隊にのみ支給された装備だったようです。

> ドイツの軍用品に詳しいあなた様なら、何かご存知ではありませんか?
残念ながら、ご質問に対して的確にお答えする知識を持ち合わせておりません。
ご期待に添えずにすみません。

なお、私よりも100倍詳しい人が集まる場で質問するという方法もございます。
http://www.wehrmacht-awards.com/forums/index.php
上記のフォーラムはメンバー登録する必要がありますが、何らかの回答が得られるかと思われます。

ReRe: Arara 37とはマニアックですね。 - KIYOKIYO1 - 2012年11月16日 13:34:44

なるほど、勉強になりました。
ありがとうございました。

Re: ReRe: Arara 37とはマニアックですね。 - エーデルマン - 2012年11月16日 20:20:10

どういたしまして。
なお上記のコメント、JUWEL37ではなくJUWEL33の間違いでした。訂正します。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR