MP717(r) / PPsh41

シュタイナー軍曹は斃した敵の傍に転がっている短機関銃を手に取った。木製ストックという少々古風な外見の短機関銃だが、ドイツの銃が凍てついて動かないような日もこの銃は確実に動作しこちらに向かって火を噴いてきた。大型のドラム型弾倉には71発装填でき、フル・セミオートの選択射撃も可能だ。敵国の武器をあまり誉めないドイツ兵もこの銃だけは喉から手が出るほど欲しがっている。軍曹は迷うことなく敵の銃に自分の命を預けることを選んだ。
ppsh german soldier
映画『戦争のはらわた』の冒頭シーンでシュタイナー軍曹は偵察中にソ連製の短機関銃PPsh41を鹵獲し、それまで所持していたMP40の代わりに使用します。(その後の場面で、部下やストランスキー、ブラント大佐がMP40を使っているので弾薬が入手できなくなったわけではなさそうです)
最後の場面では裏切った味方の兵士に向かってPPsh41をぶっ放すスローモーション映像が衝撃的でした。(十字のマズルフラッシュがしびれる!)


戦争のはらわた~Cross of Iron~ [DVD]戦争のはらわた~Cross of Iron~ [DVD]
(2000/08/25)
ジェイムズ・コバーン、マクシミリアン・シェル 他

商品詳細を見る


さて本日紹介するのはソ連製の短機関銃PPsh41(Pistolet-Pulemyot Shpagina)の無可動実銃です。
1939年の冬戦争でフィンランド軍のスキー部隊が装備していたスオミ短機関銃(M1931)を参考にゲオルグ・シュパーギンが1940年に開発。鋼板プレス材を使用した為、大量生産に向いており終戦まで500万挺以上生産されました。T34戦車、カチューシャ(通称スターリンのオルガン)と共にソ連を代表する兵器で勝利に貢献しました。戦場で鹵獲されたPPsh41は、MP717(r) という型名を付けられドイツ軍で大量に使用されました。
ppsh41-6_20150711184948811.jpg
MP717(r)  / PPsh41(Pistolet-Pulemyot Shpagina) 仕様

種別         短機関銃
口径         7.62mm/9mm
銃身長        269mm ライフリング4条右回り
使用弾薬     7.62×25mm トカレフ弾/9mmパラベラム弾
装弾数        71発(ドラム型弾倉), 35発(バナナ型弾倉)
作動方式     シンプル・ブローバック方式 オープン・ボルト撃発
全長           840mm
重量           3,500g/4,750g(マガジン装填時)
発射速度     900-1,000発/分
銃口初速     488m/秒
有効射程     150m



ppsh41b.jpg

穴あきのバレルジャケット、木製ストックそしてドラム型マガジンが特徴です。その姿からドイツ兵からは「バラライカ」(ロシアの弦楽器)と呼ばれました。


balalaika1.gif

ちなみにこちらがバラライカ。似ても似つかない??

PPsH41-1.jpg
バレルジャケットの細部です。斜めに傾斜したジャケット先端は反動で上に跳ね上がるのを抑制するマズルブレーキの役目を担っています。

PPsH41-2.jpg
バレルジャケットは3mmの鋼板を折り曲げて作られています。
フロントサイトは螺子を使用してエレベーション調整機能を兼ねるという合理的な発想です。短機関銃のサイトにはこれで全く問題がありませんね。一方サイトフードは凝った作りです。

PPsH41-3-1.jpg  
100m/200m切り替えの2段式です。初期型はタンジェントサイトになっていますが、即効で廃止となりました。(“20”は200m側)

ppsh417.jpg
ボルトは軽量化され、900-1000発の発射が可能です。エジェクションポートの上部には1942の刻印が見えます。

ppsh414.jpg
レシーバー内に土砂や雪などが入っても確実に作動するよう余分なクリアランスがとられています。
マガジンレシーバーには、ドラムマガジン以外にバナナマガジンが装着できます。写真の状態はマガジンキャッチがリリースになっています。

ppsh41 banana
バナナマガジン


ppsh4112.jpg  ppsh4113.jpg
トリガーガードは鋼板を曲げただけの簡単な作りです。トリガーの前にあるのはフル・セミオートの切り替えレバーで左の写真がフル、右がセミの状態です。

ppsh415.jpg
バットストック部。オイラーを収納するスペースがあります。このあたりはトンプソン短機関銃の影響でしょうか。

P1017667.jpg
MP18 と同じように上下二分割構造になっています。いくらクリアランスが余分に取られているとは云え、レシーバーに大量の泥や雪などが混入した場合、やはりボルトを外して清掃する必要があり、このような構造になっていると素早いメンテナンスが可能です。

こちらの写真は2010年7月に訪問したモスクワの中央軍事博物館の展示物です。PPsh41が大量に展示されていたので、いくつか写真を紹介したいと思います。

ppsh4117.jpg
ブルーの剥げたPPsh41は歴戦の勇士という趣が。

ppsh4116.jpg
武器庫?MP40にバレルジャケットがついたタイプを発見。

ppsh4118.jpg
PPsh41をさらに簡略化したPPS43も展示されていました。

冒頭に書いたように、東部戦線のドイツ兵は堅牢でどんな状況でも確実に作動するPPsh41を好んで使用しました。ただし多くは小銃の代わりとしてであり映画のように下士官がMP40を捨ててまで使用することは無かったようです。(ただしMP40の弾薬が切れて一時的に使用することは有り得る)

ppsh41a.jpg
永遠のライバル?
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FC2 Counter
検索フォーム
最新記事
Comments
Archive
ブロとも申請フォーム
Links
RSSリンクの表示
Flag Counter
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

eBay
QR CODE
QR