スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

M84/98銃剣 (Seitengewehr 84/98)

本日のネタはドイツ軍が第二次大戦で使用したM84/98銃剣(Seitengewehr 84/98)です。
なお、今回銃剣の写真はTom氏他、海外のコレクターから拝借したものを使用しています。(http://www.mp44.nl/)

Bayonet-1-7.jpg  
WIkipediaによれば、17世紀にフランスのバイヨンヌで農民同士の争いがおき、その時に興奮したある農民がマスケット銃の銃口にナイフを挿して攻撃したことが銃剣のはじまりとか。(この時の場所にちなんで銃剣のことを"バヨネット"と呼ぶようになったようです。しかし農民同士のケンカに銃とは・・・日本ではちょっと考えられないですね)

当時の銃は先込め式の単発銃で一発撃った後、次の弾を発射するのに時間がかかりました。装填中に敵の騎兵や歩兵に襲撃されたらひとたまりもありません。隙の多い銃はを持つ兵士は常に槍兵と行動を共にし敵の突撃に備えました。

Bayonet-32.jpg Bayonet-33.jpg
マスケット銃兵(左)と槍兵(右)の訓練の様子。


三十年戦争(1618-1648)時代に活躍した傭兵を描いた映画『アラトリステ』(スペイン2006年)の戦闘シーン。接近戦になると銃はまったく役立たず、あくまで槍や剣が主流であったことがよくわかります。

銃に槍や剣を取り付けることで、銃兵自ら敵を迎撃することが可能になると槍兵は廃止され、すべての歩兵は銃兵となり戦闘力のアップにつながりました。
やがて銃身にスパイクをソケット式ではめる『槍型』、着剣用の器具を使って剣を取り付ける『剣型』などが開発され、後込め式連発銃の開発とともに、銃剣突撃など独自の戦術も生まれました。

さて銃剣の歴史はここまでにして本題に戻りましょう。

Bayonet-3-4.jpg   
M84/98銃剣は1905年にドイツ軍に正式採用され、いくつかのマイナーチェンジを経て1934年にこのスタイルになりました。銃剣は刃物の産地として有名なゾーリンゲンをはじめ、ドイツ国内および同盟国の様々なメーカーによって供給されましたが、ほぼ同一のスペックで作られています。

年代によって木製とベークライト製の2種類のグ リップに分かれます。初期は木製、その後ベークライト製になるのですが、変わった時期については1937年や39年などの諸説があります。
43年頃にベークライト不足から木製に戻りますが、現存する銃剣の中には44、45年という末期製でもベークライト製グリップが使用されているものもあります。こういったことはドイツ軍では良くあることです。
11_20110821231945.jpg
銃剣を小銃(Kar.98K)に装着し、槍のように使用することができます。機関銃と塹壕が発明された第一次大戦では銃剣突撃は既に前時代的となりましたが、それでも白兵戦においては有効な武器でした。武器以外にも銃剣は穴を掘ったり、缶詰を開けたりと汎用性の高い個人装備です。
 
bayonet02.jpg     
こちらは銃剣と鞘です。銃剣攻撃の基本は突き刺すことなので、刃は入っておりません。
(注意)この銃剣は国外に存在する為、刀身はカットされていません。


Bayonet-22-1.jpg
REIBERT(ドイツ陸軍操典)1937年版にも銃剣についての説明書きがあります。


               Bayonet-23.jpg 
こちらはREIBERTのイラストの拡大写真です。griff(グリップ)、klinge(刀身)、haltestift(ストッパー)、holzschale(木製グリップ)、hohlkehle(血抜き)などの用語が掲載されています。

Bayonet_Bar.jpg

Kar_98k_Bayonet.jpg
Kar.98Kの着剣装置と銃剣を取り付けたところ。

bayonet04.jpg   
グリップ部分を分解した写真です。グリップ内部に泥抜きの溝があるのが見えます。


1.  Klinge

2.  Parierstange
3.  Griffschale (Links)
4.  Griffschale (Rechts)
5.  Muttern für Griffschalen
6.  Feuerschutzblech
7.  Schrauben für Griffschalen
8.  Haltestift Mutter
9.  Feder für Haltestift
10.Haltestift

Bayonet-11-1.jpg
  frog02.jpg

銃剣吊りのバリエーション。左から一般タイプ、騎兵タイプ、コットン製の熱帯タイプです。

以前、カナダのコレクターの自宅で数十本もの銃剣やサーベルのコレクションを見せてもらった時、その刀身の美しさに大いに魅了されました。残念ながら日本では刀身がオリジナルのままの所持は銃刀法によりご法度、輸入時に適度な長さにカットせざるを得ず、コレクション対象としてイマイチ食指が動きませんでした。
かといって取り上げないというわけにもいかず、今回は他人のふんどし(コレクション)をお借りし記事を書いた次第です。
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- 鍛冶屋 - 2013年04月28日 23:23:13

現代でも十分有用な武器ですね。
銃剣術は、突く・切るだけでなく、殴る・投げるなどの
複合業を使った前身でぶつかる武道(?)でした。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2013年04月29日 02:01:58

> 鍛冶屋さん
銃剣術を経験されているからこそのコメントありがとうございます!
アメリカ陸軍は2010年に銃剣格闘訓練止めてしまったそうですが、
わが国防軍(敢えてこう呼びます)はぜひとも続けて欲しいですね。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。