スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

登山靴 (Bergstiefel)

皆さん、こんばんは。さて、本日はドイツ軍の山岳猟兵(Gebirgsjäger)の象徴ともいえる登山靴(Bergstiefel)の紹介です。


GJRb-29-1.jpg 山岳地帯における戦闘の専門家である山岳猟兵には登山靴が支給されました。

GJRb-19.jpg
エーデルヴァイス章と山岳帽と共に当時の写真で山岳猟兵を一般兵と見分けることができるアイテムです。


GJRb-0.jpg
ドイツ軍の登山靴にはいろいろなタイプがありますが、こちらは比較的初期のモデルと思われます。

GJRb-3.jpg
紐を通す穴が9個で、その内一番上を除く上部4つがフック金具でできています。

GJRb-14.jpg   
登山靴の特徴はごつい金具で、岩場にがっちりホールドする為これでもか!という位打たれています。

GJRb-28.jpg  
通常のアンクルブーツと比べ鋲は小さい反面、靴底の周囲を覆うように長い金具が打たれています。
GJRb-10.jpg
つま先は岩場でグリップを効かす場合に一番力がかかる部分であり、7個の金具が打たれています。



GJRb-26.jpg
なおこの登山靴にはスキーのビンディングを付ける際に靴底を保護する平たい金具が付いています。


GJRb-25.jpg
こちらはスキーを取り付けた状態です。


GJRb-11.jpg

土踏まずや踵部分にも金具が取り付けられており、どの部分でもグリップが効くようになっています。


GJRb-23.jpg
金具は靴底にがっちり食い込む形で打たれており、滅多なことでは抜けないようになっています。


GJRb-24.jpg

こちらは登山靴用の鋲です。この時点では爪の部分はまっすぐになっており、折り曲げて固定する仕組みになっています。


GJRb-20.jpg
この写真では、金具を靴底に取り付けている様子がよく分かります。
GJRb-9.jpg
石ころの多い登山道でも足を痛めないよう、非常に分厚い革で作られており特につま先や甲の部分は頑丈にできています。


GJRb-16.jpg
かかと部分は別パーツになっており、分厚い革で覆われています。


GJRb-5-1.jpg
足首の部分にはパンツの裾を保護するフェルトの帯、半長靴に見られるような靴を履く時に引っ張る布製のループが取り付けられています。

tumblr_m7ew01ywGm1qk6uvyo1_1280.jpg

GJRb-15.jpg
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- 鍛冶屋 - 2013年07月07日 23:58:58

とても軍靴とは思えない凝った造りですね・・・でも重そう^^;)。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2013年07月08日 00:56:34

> 鍛冶屋さん

投げれば武器になるんじゃないかというくらい重いですよ。自分が登山を始めた頃の登山靴もこんな感じでした。とにかく足の保護、防水となるとこうならざるを得ないんですね~

- Rikkie - 2013年07月08日 13:04:30

どもども、エーデルマン。

当方の様な生半可通にとっても、エーデルワイスの山岳部隊となるとつばに短いり略帽を思い浮かべたりして良い物です。
山岳部隊といえば、大抵の国の山岳地方は国境を接していますから、エリートではないかもしれませんが、錬度の高い部隊となるでしょう。
ソビエトもコーカサスのような厄介な地区を持っていますから、それなりに精錬された部隊を持っていましたね。
ソビエトが辺境に特化した部隊の重要性を認識したのは、やはりフィンランドとの戦争で痛い目にあったからでしょうか。
そういう意味で言うと、「ノルト」の山岳部隊がやはりフィンランド辺りでソビエトの辺境部隊と対峙したのは宿命とも思えます。

うろ覚えで書いているので、間違ったら指摘してください(mm。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2013年07月09日 06:33:14

> Rikkieさん

山岳部隊は一般にどの国でもエリートとされていますが、ドイツ軍でもバラつきがあったようです。練度が高くても山岳地帯の専門家が平原や市街地の戦闘に投入されれば100%の実力を出すのは難しかったかと思います。クレタ、カッシーノで山岳猟兵が勇名を馳せたのも起伏に富んだ地形だったということもあるかと。
ソビエトの辺境部隊について私もよく理解しておりませんが、戦争が勃発する可能性のある国との国境付近に精鋭部隊を置くのはごく自然なことかと思います。また部隊や兵士自身の国防意識も高く、平時から敵が攻めて来ることを想定した訓練をしているでしょうからいざ戦闘となると強いでしょうね。特に山岳地帯は侵攻ルートが限定されるのでよりシミュレーションの効果は期待できますし。
すみません、山岳猟兵については私もまだまだよく知らないので勝手なこと書いてます(笑)

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。