スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

小銃射撃訓練 (Schießausbildung mit Gewehr)

第二次世界大戦における歩兵の主力火器はボルトアクションライフルであり、まさに「ONE SHOT ONE KILL」(一撃必殺)の世界で兵士には高い技量と戦場で冷静さを保つ精神力が求められました。ドイツ軍でも歩兵をSchütze(射撃手)やJäger(猟兵)と呼び、ライフル射撃のエキスパートとして訓練しました。
本日はドイツ軍における射撃訓練の詳細をREIBERTや射撃記録帳(Schießbuch)、当時の写真などを参考に見ていきたいと思います。

schussen3.jpg

1. 座学

実弾発射訓練に備え、兵士には座学がみっちりと行われました。

STEINER氏のサイトのコンテンツ「兵営生活(タイムテーブル編)」によると午前7:00-9:00は小銃と105mm榴弾砲に関する講義、午後1:00-2:00は算数と弾道計算の講義が行われていたようです。(注:砲兵連隊の場合)
  schussen8-1.jpg  
REIBERTには小銃の構造や操作、メンテナンス方法や、弾薬の種類、弾道の計算、照準方法など30頁に渡って小銃射撃に関する説明が書かれています。

schussen31-2.jpg
7.92mm小銃弾とPatronen s.S.(重尖頭弾)の紙箱。大きい紙箱には15発入りの紙箱が20個入るようになっています。

schussen10-1.jpg
この頁には肘射、伏射、膝射(次頁には立射)などの射撃の姿勢の写真と説明が掲載されています。

2. 実弾発射訓練

実射訓練は座学、模擬弾による十分な訓練を経て基地内の射撃場(レンジ)で行われました。

schussen13.jpg
この画像は映画『08/15』に出てくる射撃訓練シーンをキャプチャーしたものです。

射撃場には複数のレンジがあり、銃弾が隣のレンジに飛び込んでいかないよう、土手状の盛り土で区切られています。映像には指揮官(Offizier)、射撃台の上で伏射する兵(Schütze)、教官(Unteroffizier)、結果を記録する兵(Schreiber)、小銃弾を管理・供給する兵(Patronenausgeber)などが描かれています。


08/15 [DVD]08/15 [DVD]
(2004/02/25)
ヨアヒム・フックスベルガー

商品詳細を見る

ちなみにこの『08/15』は戦後間もない1955年に作られた映画で、時代的にも当時の実物が大量に使われております。また製作者や俳優の多くは戦争を体験してい るはずで、兵営内の描写は実際のものに近いはず。そんな映画ゆえに劇中の射撃場も、戦時中のものがそのまま使われた可能性もあります。

schussen11.jpg
こちらは射撃台を前方から見た当時の写真。
この射撃場は土手ではなく、高いコンクリート製の塀で仕切られています。
上記の写真と同じく、射撃台が2つ重ねになっており、教官が屈まなくても良いようになっています。
またツェルトバーンで作った天蓋があり、雨でも教官が濡れない配慮もされています。
(あるいはエジェクトした薬莢を回収しやすくする為のものかも知れません)

schussen27.jpg
こちらはREIBERTに乗っている標的の図。
120cmx170cmの紙もしくはキャンバス地に12条(リング)の円が書かれています。右の標的にはヘルメットを被った頭部の図柄が中心に描かれていて、ちょうど塹壕から顔を出したようになっています。

schussen34.jpg
この写真は「THE K98k RIFLE」に掲載されているものです。

The K98k Rifle (The Propaganda Photo Series)The K98k Rifle (The Propaganda Photo Series)
(2001/07/19)
G. de Vries、B. J. Martens 他

商品詳細を見る

兵士がターゲットに近づいて射撃結果を教官と一緒にチェックしています。(目線がターゲットでは無い?)
Kar.98kがオープンボルトになっているのは事故防止の為でしょう。

なお標的の左にある数字や記号は弾が当たったリングのポイントを示します。
schussen39JPG.jpg
10以上は記号で表されます。Trefferは"アタリ"、Fehlerは"ハズレ"

schussen42JPG.jpg
旗による射撃合図の説明。

3. 記録

兵士が行った訓練の成果は個人記録として中隊で管理されました。
schussen38.jpg

ヴェアパスの20頁には訓練大隊で行った射撃訓練の武器の種類が記入されています。

下記は射撃記録帳(Schießbuch)です。射撃記録帳は縦14.5cm x ヨコ10.5cm、12頁綴りの冊子でゾルトブーフとほぼ同じサイズです。小銃やピストル、機関銃そして手榴弾の訓練・成果を書き込めるようになっています。
schussen25.jpg
表紙には所有者の名前や階級、所属部隊などが書かれています。

-Name.(名前):Balzert?
-Dienstgrad(階級) :Schütze (二等兵)
-Truppenteil und Kampanie(所属部隊および中隊):16??Kampaie Inf. Regt.102(第102歩兵連隊第16中隊)
-5.Lehrgang 1938 : 1938年第5コース?
-(Monat Aug/Sep): 8月/9月
-Gewehr 98 Nr 4555(Gew 98 シリアルNo.4555)
-L.M.G Nr (軽機関銃)
-Pistole 08 Nr (ルガーP08)

schussen18.jpg
 
1頁目は使用した小銃の記録です。Kar.98KでPatronen s.S.(重尖頭弾)を7発撃った際のグルーピング(銃の精度を測る為、銃身を固定して複数発射した弾痕の外形サイズ)は縦6cm x ヨコ8cmとなっています。

2頁目には小銃(Gew.98/Karabiner)の成績結果が記録されています。

schussen24.jpg

2頁目には標的射撃(schulschießübungen)の結果が書かれています。
100m先の標的に肘射で3発撃つ訓練は中心の黒点ゾーンに全弾命中。しかし150mの伏射は少々難しかったようで2回とも中心に一発も当たっていません。

3頁には距離や標的などカスタマイズされた射撃訓練の記録です。
おなじく数字はリングのポイントで、"F"はアタリ、"O"はハズレという意味です。 

この記録帳には小銃のほかに軽機関銃や拳銃、手榴弾の訓練記録を記載する頁もあります。

拳銃(ルガーP08)の射撃記録
schussen21.jpg
この兵士は拳銃の訓練を受けていないようです。
25m先の標的に向かって立射の姿勢で5発という内容です。(うち一つは2秒間隔で発射)

軽機関銃の射撃記録
schussen22.jpg
一方で軽機関銃の訓練は受けております。1938年という時代からするとMG34でしょうか?

一つ目の訓練は25m先の標的に向かって単発で5発、二つ目は同じく距離は25mで3点バーストを3回の9発、三つ目は距離25mで15発連射となっています。

schussen43JPG.jpg  
こちらはREIBERTから抜粋した機関銃の標的です。四角い枠に人型の図柄が書かれています。

4. 記章

射撃技術に優れた兵士にはさまざまな栄誉が贈られました。
下記はM31水筒野戦郵便などの記事に登場したハインツ・クルレ兵長所有の章記です。

schussen33.jpg
「クルレ兵卒 優れた射撃成績 1942年4月10日 上級曹長および中隊長 Fortsch?」
七面鳥の絵に小口径の銃弾で打ち抜いた痕があります。絵をターゲットにして中隊で射撃の腕を競ったのでしょう。

また1936年6月29日付けで制定された射撃優秀者飾緒(Schützenschnur)は、射撃の技術を1級から12級までランク付けすることで基礎訓練を終えた兵士に対しても、射撃技術の向上を促しました。

schussen26.jpg

射撃優秀者飾緒の仕様
    射撃優秀者飾緒は礼服及び野戦服の右肩から胸に付ける。このアルミニウム製のコードで作られたランヤードはパレードや外出時に着用する。12階級は下記のとおり

※以下省略

schussen6-2.jpg  
左から5級、1級、4級の飾緒。射撃優秀者飾緒の詳細はこちらを参照下さい。

特に優れた射撃技術を持つ兵士は選抜射手として、Z.F.41狙撃用スコープが供与されることもありました。

Kar98-3.jpg
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- Rikkie - 2013年09月08日 10:21:23

どもども、エーデルマン殿。

今回のブログはネタや文章の魅力もさることながら、アイテムにお金がかかっているように見えますねえ。欧州か北米にお住まいなんでしょうかねえ。我が国でこれだけのアイテムを確保なさっていたら、既に公安のリストに載っていますね。

ライフル歩兵はソビエトでも狙撃兵と呼んでいますね。連中は名誉称号が好きだから。機械化して自動車化狙撃兵ですか。空中機動襲撃兵っていう言葉もソビエト出の気がするのですが、ちょっと不鮮明。空挺部隊もソビエト成立初期の頃から熱心だったんですが、スターリンが全てパーにしましたね。

高校時代の女子先輩が空自だったんですが、ホーワの使用済みの弾頭をくれたんですよね。今ならOutかもしれないですね。飴みたいにひん曲がっていましたよ。多分、撃ったのも土嚢とか、大したものではないと思うのですが。
なかなか、顔立ちの整った女子で好感を持っていたのですが、整備兵からどういう訳か政府専用機のアテンドになって、その後は政府筋の仕事を止めて「ちょっと説明が面倒」な仕事をなさったのまではトレースしているのすが。
あのお顔立ちを、また、拝見したいのですが、バックボーンが不安定なので、ちょっと勇気が足りず。

そころで、武装SSとSS特務部隊の素性と運用の違いが、いまだによくわからないんですよね。ちょっと、ご教授願えれば幸いなのですが。
国会議事堂放火事件後に政治予備隊を創設し、その後のSSの母体になったあたりまでは、なんとなくトレースできていると思うのですが。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2013年09月08日 11:26:28

Rikkieさん

ご想像の通り海外在住です。あとブログに載せている写真もすべてが私のコレクションとは限らないので(^^;)(拳銃とか現在住んでいる国でも外国人は所有できません)

ソビエト歩兵を狙撃兵と呼ぶのは日本語への翻訳によるものと聞いたことがありますがどうなんでしょう?武装SSとSS特務部隊の件も残念ながらさっぱり・・・実はドイツ国防軍も戦史とか将軍の名前とか未だに良く分かっておらず、ごく普通の兵士の日常生活にしか興味がありません。お役に立てずにすみません。。。

ちなみにホーワの弾頭くれた女子先輩に興味があります。「ちょっと説明が面倒」な仕事ってミステリアスで良いですね。頭の中が妄想でいっぱいです。

- 鍛冶屋 - 2013年09月08日 15:59:10

こんにちは エーデルマンさん。

こちらは、先週の嵐から過ぎてから急に秋めいた気候になってきて、
過しやすい日が続いています(お天気はパッとしませんが_ _)。

今回もまた興味深いお話ですね。
ライフルの射距離が、100m・150mではちょっと近すぎる気がしますね。
はじめから、そんな近接戦闘を仮定してたのでしょうか?。

>>ホーワの弾頭くれた(美人)女子先輩に興味があります。・・・
右に同じく!! /^^)。
ちなみに、弾頭の持ち帰り(拾うの)はセーフですが、雪の中に撃ち込めば
キレイに回収出来るそうです。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2013年09月08日 19:38:57

鍛冶屋さん

こんにちは。
日本もようやく涼しくなりそうですか。こちらも雨季が長引いて異常に寒いです。
昨日なんてダウンジャケット着ている人を何人も見かけました。

サブマシンガンならともかくライフルの射距離が100・150mってのはどうなんでしょう。
カスタマイズされた訓練のところに200mという文字が見えますがそれでもなお短い。
基礎訓練だからなのか、ドイツ軍では近距離の標的に確実に命中させるためにこの距離で
訓練したのか分かりません。

- Rikkie - 2013年09月08日 21:54:54

どもども、エーデルマン殿、鍛冶屋殿。

10数年ぶりに露日辞書を引っ張り出しました。日露辞典があると楽なのですが。キリルアルファベットのカタカナ化は憶えていないんですよね。いい加減なので、軽く流してください。

我々は自動車化狙撃兵師団をМР(MR)師団って呼んでいたんですよね。戦車師団はТК(Танк)師団ですな。「М」は「Машйна(マシーナ)」、つまり自動車とか機械ですな。「Р」の単語の頭文字が「狙撃兵」にあたるのかは分かりませんでした。一応、「Л」も探したんですが。結論を先に言うと「Ружьё(ロジェーイオ?)」が小銃とか鉄砲なので、狙撃兵の誤訳は可能性が高いですね。ちなみに「автоматйческое ружьё(アフトマチェスカエ ロジェーイオ)」となると自動小銃ですね。これは、あの有名なAK(アフトマチェスカエ カラシニコフ)の語源ですな。
それでは面白くないのでトリビアを追加させていただくと、ソビエトというかロシアでは偵察兵とか斥候兵は名誉なんですよね。なので「разведчик(ラジヴィヴァーチク)」と関していても偵察兵とは限りません。ソビエトの連中は名誉称号が好きで、戦車軍と言いながら実態は諸兵科連合軍だったりして、不透明なんですよね。西側を混乱させる欺瞞だと言われていたんですが、混乱していたのはソビエトの連中と言う気がします。戦車隊も戦車師団は3単位なのに自動車化狙撃兵師団に編成する戦車隊は4単位なので、戦車師団よりも自動車化狙撃兵師団の方が戦車数が多かったり。メンド-な連中ですよ。ソビエト崩壊後の再編成がどうなったのかは、よく知らないんですが。

あまり詮索するつもりはないのですが、考えてみたら米帝在住でナチアイテムを収集していたら、それはそれで内務省にマークされそうですね。首爾(漢城)や北京で日章旗を集めているようなものですから。

ちなみに、この露日辞典をくれたのも埼玉県で2番目に(公立高校としては)馬鹿なイルクーツク極虎一工業高校の図書司書の女性がくれたんですよね。当時、紅顔の高校生だった拙僧からすれば大分先輩の女性だったのですが、可愛がってくれたので吾妻ひでおのアンティークなポル本をくれたりとか、イルクーツク極虎一工業高校では、まず読むのは拙僧位な厄介なサブカル本とか買ってくれました。あの工業高校(農業高校併設)で萩尾望都とか大島弓子の話を展開できるのは拙僧くらいでしたからね。

ホーワの女子ですが、拙僧からすると整ったお顔立ちだったのですが、極虎一工業高校では浮いていましたね。イルクーツク市では不相応なクオリティでしたから。彼女が空自の結構な身分を辞めて、池袋の人材派遣関係の職についたことまでは分かっているのですが、その先は不透明なんですよね。なので、「憧れのまま青春時代を棒に振りました」と纏めようと思ったのですが、新宿で二人で飲んだツーショットのポラが出てきた記憶があるので、少しは接触があったのでしょう。
イルクーツクは辺境なので女子がらみの噂は面倒なんですよね。そのお顔立ちの良い先輩女子の妹さんというのが、極虎一高校の同級生とのスケート合コンで来たことがあるんですよね。当時は合コンという認識は無かったのですが、あれは合コンでしたね。それで、拙僧は全く記憶に無いのですが、拙僧が妹さんと手を繋いでスケートを楽しんでいたらしいですわ。勿論、電話番号も名前も覚えていないですよ。確か八王子に住んでいたって言っていたかなあ。拙僧も当時は西八王子に駐屯してたんですよね。そしたら、その妹さんを狙っていた男子がいて、拙僧が邪魔したとクレームが来ましたよ。それはイイんですが、15年くらい前の事なんですよね。そういうことは15年前に行ってくれないと。考えてみたら、その種の合コンに、その後も妹さんが参加なさって、そのたびにちょっかいを出していた記憶がなくもないです。でも、名前も憶えて意なんですよねえ。男子のうらみも面倒なもんですわ。

弾頭はセーフなんですね。そうですよねえ、薬莢は再利用が可能だけど、弾頭は再利用は難しいですよね。その気になればxx玉とかで代用できますし。薬莢も綺麗に回収しないと大変面倒なことになると、拙僧の様は一般ピーポーも聞いたことがあります。

空薬莢なんて散弾銃の物ならイルクーツクの人家に近い山麓でも普通に転がっていて、幼少期の拙僧はカブトムシと同じくらい集めました。
いや、拙僧はxxxの火薬を開封して「ракета」なんて自作していなかったですよ。拙僧が中学生時代はラブホテルなんてイルクーツクには僅かしか存在していなかったですから、余った連中は山頂公園で作戦を発動したのですが、そういう車に拡張爆竹とか拡張xxとかぶつけた「友人」は居ました。拙僧は見学だけです。それで自転車で峠を即効で下るんですが、命がけでしたよ。よくママチャリのプアなタイヤであの速度でコーナリングしたものです。

自分が作戦を発動する事態になってから、「金は払うから勘弁してくれ」と深く反省したのですが。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2013年09月09日 09:52:22

Rikkieさん

コメントありがとうございます。
まずロシア語ですが、キリルアルファベット・・・これは私にはまったくもって不可解な世界です。
これまでモスクワとウラジオストックを訪問していますが、とにかく"異国に来た!"という感覚が強烈でしたね。もちろん他の国に行った時もそういった感覚はありますが、それ以上のなんというか疎外感みたいなものを感じました。私の中の歴史観がそう思わせているのかも知れませんね。
しかし不思議なもので、同じ言語体系のウクライナは何故か馴染めました。

ソ連軍のトリビア、ありがとうございます。
名誉称号って自称みたいなもんですね~まぁ戦果も大げさに言うお国柄ですから驚くには値しないですね。

その後のイルクーツクのお話は楽しく読ませていただきました。
それでロシア語やソ連軍に詳しいのですね。なるほど~と納得しました。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。