スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

軍靴の手入れ用品(Stiefelpflege und reinigung)

どの国の兵士も入隊と同時に軍靴を官給品として支給され、銃と同じく命の次に大切に扱うよう厳しく教え込まれました。
国民の血税で購入した軍装品を粗末に扱うべからずということと、靴を常にメンテナンスすること=重要な移動手段である足を保護するという2重の意味だったのでしょう。
本日はドイツ軍兵士が使用した靴のお手入れ用具と関連用品を紹介したいと思います。

bootscaregoods1.jpg

まずはお手入れ用具の基本であるブラシ(Bürste)です。ブラシには1.靴に付いたほこりや汚れを落とす、2.靴クリームを革に塗り込む、3.靴クリームを落とし磨く、という3種類の用途あります。

 
bootscaregoods3.jpg
こちらは3種類のブラシがポーチに入ったセット。上から1. 汚れ落し用ブラシ、2. 靴クリームを塗るブラシ、3. 磨くブラシの順番になっています。
ところで専門家によれば保革クリームは指で温めながらゆっくりと塗り込む方法がベストらしいのですが、どうしてもムラが出来てしまうので広い範囲に万遍なくという場合はブラシが良いそうです。

bootscaregoods12.jpg
兵営内での靴の手入れ。ブラシの形状から靴クリームを半長靴と編み上げ靴に塗り込んでいるようです。

次は靴クリーム(Schuhcreme)を見ていきましょう。

bootscaregoods4.jpg

こちらは直径約8cmの缶に入ったCamilloというブランド名の靴クリームです。

bootscaregoods6-2.jpg

中にはクリームが少し残っており、今でも使えそうです。
この靴クリームは靴以外の革製品にも使えます。塗布することで革を保護し、防水性を高めることができますが、塗りすぎると逆に革をダメにしてしまうのでベタベタしない程度に塗ることが肝心です。

bootscaregoods13.jpg
REIBERTには革製品の手入れ方法の記述があります。
図にはシャフト(すねとふくらはぎ部分)や踵はポリッシュし、足首と甲部分はクリームを塗り込むこととあります。

・Mica kit
micakit3-1.jpg

こちらは身嗜み用品がコンパクトなアルミケースに収納された便利な「Mica」キットです。当時兵士には人気で酒保などで購入することができました。

micakit5.jpg
商品名の「Mica」の刻印のある方の蓋を開けると、髭剃りや歯磨き、整髪などの身嗜みに必要なもの全てが収納されています。

micakit4-1.jpg  
このケースは両開きとなっており、D.R. PATENT (ドイツ帝国特許)が刻印された側を開けると、靴のメンテナンス用具が入っています。

micakit8-1.jpg  
中身を展開したもの。

micakit7-3.jpg   

4種類のブラシに靴クリームの容器が収納されています。黒いブラシは靴用、白いブラシは爪磨きか洗濯用と思われます。なお、この持ち主は一番下のブラシを衣服用として使っていたようで、鉛筆で(Kleider-Bürste)と書かれています。


bootscaregoods14.jpg

靴クリーム用のケースは両蓋になっており、反対側にはポリッシュ用の布が入っています。


micakit9-1.jpg
このmicaキットは飯盒に入れて持ち運ぶことができるよう設計されています。
靴の手入れ道具を飯盒に入れて運ぶというのは、現代の感覚ではかなり違和感がありますが、空きスペースを少しでも有効活用するというアイデアだと思います。
(micaキットについては別途詳しく記事にする予定です)

・ブーツ脱ぎ器(Stiefelknecht)



bootscaregoods8_201507051005242a5.jpg
こちらはブーツを脱ぐ際に使用する器具です。上記は折りたたんだ状態で、使用するには収納されているアームを左方向に展開します。

bootscare7_20150705100423f3c.jpg

Y字の部分でブーツの踵を引っ掛け、スタンドに片足を乗せてブーツを脱ぎます。
靴べらと同じくこのような専用器具を脱着に使うことで、ブーツを不必要に消耗させないようにすることも重要です。

・Fuss Poder

fusspuder5.jpg
外側のみならず内側の湿気も靴にとっては大敵。フットパウダー(Fuss-Puder)で足の汗を防ぐことも靴の状態を保つには効果的です。
(ちなみに下記はベビーパウダーなのですが、傷口をふさぐのにも使用できるようです)


bootscaregoods9-1.jpg   $_12.jpg

この他、シューキーパーも一般的なシューケアアイテムです。ただし携帯性を考えると果たして戦場に持って行ったかどうかは疑問ですが・・・。

bootscaregoods11_201507051234436b3.jpg

スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- 鍛冶屋 - 2015年07月05日 20:01:24

まいど お久しぶりです エーデルマンさん/^^)。

前から思っていたんですが、たいがいの軍靴って編上靴ですよね。
このウエスタンブーツみたいなの、カッコは良いいですが動き難く
無いんでしょうか?(実際に履かれて見て如何ですか?)。

勝手な思いで話・・・
戦車隊員には、通常の半長靴(編上靴)以外にブーツ型の半長靴が
支給されます。これがまたスポスポ脱げて、とても走り回れるような
ものではありませんでした^^;)。洗車(戦車を洗車)する時の、長靴
代わりには良かったですが。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2015年07月05日 22:32:27

鍛冶屋さん

まいどです。お久しぶりですね。
ドイツ軍の半長靴は履いたことがないのですが、雨靴ならあります。
やはり足首をホールドする編上靴に比べたら間違いなく動きにくいでしょうね。
一方、長靴の利点はその長さまでなら水の浸入を防げることです。
ゴアテックスのない当時、極力内側を濡らさないことが初期のドイツ軍では優先されたんでしょう。
しかし戦争も長期化すると物資不足から、編上靴が主流になります。
その頃に入隊して半長靴を支給されると期待していたら編上靴でがっかりしたなんて兵士も多くいたようです。
確かにブーツはカッコいいですから。

- ルドルフ - 2015年08月01日 15:38:14

こんにちは
ルドルフと申します。

戦後ドイツ半長靴を履いたりしていますが、
山道を歩いたりする際にケモノ道を進むと枝や倒木などもちろん水たまりも障害物が多いです。
そういう時に足首までの靴と膝下までのブーツとでは後者の方がずっと保護されていて安心して進むことができます。
ウールズボンて結構引っかかりますしね

そういった意味でも半長靴は有用性が高かったと思います。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2015年08月02日 14:43:16

ルドルフさん

コメントありがとうございます。
確かに山道、それもケモノ道のような草木が生い茂っている所は短ゲートルよりも半長靴が引っかかりな無く便利でしょうね。ただブーツとズボンの間が空くので異物が入る可能性があります。(石が入ったら痛かったでしょうね)
個人的には旧日本軍の巻きゲートルが一番のような気がします。どうして、あんなに便利なものを各国で不採用になったのか疑問です。

管理人のみ閲覧できます - - 2016年04月24日 01:19:28

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2016年04月24日 13:04:33

>ルドルフさん
ドイツ軍の研究はライフワークですので辞めてはおりません、今でも欲しいモノがあれば躊躇なく購入しております。
ただ最近は部屋が狭くなってきたので、コンテンツ化が終わったものから放出するようにしています。
今は本業が忙しく、なかなか更新する時間が取れませんが落ち着いたらブログを再開したいと考えております。
どうぞ宜しくお願い致します。

エーデルマン

- 通りすがり - 2017年08月08日 03:57:34

はじめまして。ゲートルは冷戦期も中国軍が使用し、78年に使用しない事が決まったにもかかわらず、ドロドロの高地やジャングルでの戦いとなった80年代の中越戦争でも一部の兵士が勝手に巻き続けていたようです。
中国軍はバレーシューズ型なので湿気は篭りににくく、はっきり言って第二次大戦並みの粗末な仕様なのですが、巻き脚絆のおかげで水も入りにくくすぐ脱湿・洗濯しやすく、巻きつける時間的犠牲を我慢すれば使いやすかったそうです。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2017年08月12日 00:30:46

>通りすがり様

コメントありがとうございます。(返信が遅くなってすみません)
中国軍が規則に逆らっても巻ゲートルを使用したのは、長時間の歩行を強いられる歩兵にとって利点がたくさんあったようですね。
ドイツ軍も第二次大戦からは歩兵には半長靴(後に編上げ靴+短ゲートル)が支給されますが、山岳猟兵が巻きゲートルを使い続けたのは、山岳地帯での行軍において疲労抑制効果を狙ってのことだと思います。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。