M35書類ケース (Meldekartentasche 35) Part5

ドイツ軍の書類ケースの左側にはヨコ6cm xタテ19cmサイズのポケットがありますが、このポケットに何が入れるのか?コレクターの間では様々な意見が交わされております。

mapcase1-1.jpg

以前このブログでは、セルロイド製の分度器を収納できると紹介しました。

map11_20121015045148.jpg

map20.jpg 

確かにぴったりなのですが、この分度器自体一般的なアイテムでは無く、どうも本来左ポケットに入れるアイテムでは無さそうです。

書類ケースの中身を指示した教本や当時の写真があれば良いのですが・・・

ドイツ軍装資料本を見ると、木製の定規らしきものがポケットには挿入されています。
mapcase7_20160717133714274.jpg


ネットにアップされている写真を調べてみると、木製の定規を収納していることが多いです。

kurvenmesser 01

mapcase6.jpg 

このようなシンプルな定規は多目的に使われるので、書類ケースには間違いなく入っていたでしょうし、サイズ的にも問題ありません。

上記の写真と同じタイプの木製定規を入手しました。
mapcase10-1.jpg
問題なく収納できます。しかし左ポケットの幅は定規には少し大きいし、わざわざ一般的な定規に専用のポケットを作るのかどうか??どうもすっきりしません。

mapcase11.jpg


mapcase12.jpg 

そんなある日、某フォーラムで左ポケットの正規アイテムはSchußweitenmesser(射程距離計)では、というコメントを発見しました。

MAP CASE RULER_EF_#547_1938 
画像検索すると、こちらが“Schußweitenmesser”のようです。
目盛と10万分の一のSchußweiten=射程距離が刻まれています。写真ではスチール製のように見えますが、プラスチックかも知れません。

本当に正規アイテムなのか、左ポケットにぴったりと収まるのか入手して試してみることにしました。(と、簡単に書いていますが、入手するのにかなりの費用と時間を要しました・・・)

mapcase13-1.jpg
こちらが苦労して手に入れた射程距離計です。表側?には Höltgebaum & Heinicke AG Berlin N.W.7(所在地)の刻印、反対側には22cmの目盛り、重火器とその射程距離が刻まれています。材質は薄いスチール製です。


mapcase3_20160717135312978.jpg



mapcase4-1.jpg 
おー、左ポケットにジャストフィットです。全く隙間がありません。
やはり、この射程距離計が正規アイテムなのかも知れません。


mapcase16.jpg

射撃距離計のクローズアップ写真
重火器の種類とそれぞれの有効射程距離の表示があります。

射程距離が短いものから、l.M.W、m.M.Wとあります。

mapcase16_20160717135651568.jpg 
M.WはMinenWerfer=迫撃砲のようです。(lはleichte, mはmittlererの意味でしょうか)

“s.M.G”は言わずもがなですね。
smg.jpg

ちなみに一番射程距離の長いのは15cm K.16 (15cm カノン砲 16型)で22キロとなっています。

他にもF.K 16(FeldKanone 16型)が表示されているので、このスケールは戦前に作られたようです。
一次資料が無いので断定はできませんが、この射程距離計が書類ケースの標準装備アイテムとしても不思議では無いでしょう。
関連記事
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- ヒロ - 2016年07月23日 12:30:19

ずいぶん、久しぶりの更新ですね。
また、いろいろな話題を楽しみにしています。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2016年07月24日 18:54:57

ヒロさん

はい、一年ぶりの更新です。
また面白そうなネタがあれば更新します。

- - 2016年08月07日 06:32:58

各種定規入れでしょう。
以前西ドイツ軍のマップケースが中身入りで出たんですが、どの品も同じ消しゴムとプラスチック製の普通の定規が入ってました。
むしろ定規入れに収まるよう、分度器や射距離計が作られていると思います。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2016年08月07日 08:23:17

なるほどですね。マップケースのポケットに合わせて各種定規が作られたというのは納得です。

> 各種定規入れでしょう。
> 以前西ドイツ軍のマップケースが中身入りで出たんですが、どの品も同じ消しゴムとプラスチック製の普通の定規が入ってました。
> むしろ定規入れに収まるよう、分度器や射距離計が作られていると思います。

- - 2016年08月07日 10:12:18

私見ですが
・射距離計は必要ない
射距離などは教練の過程で覚えると思います。射距離計が必要ならば地図の縮尺ごとに必要、要すれば複数の射距離計を収納、取り出せる構造のはず。換算を覚えれば普通の定規で事足りるだろうし、兵器の性能に関することが記載されたものを標準携行させるとは思えません。射距離計はPX品か教材の範疇に見えます。
・マップケースに必ず入れなければならない物があるならば、背嚢の入れ方と同様に絵付きでマニュアルがあると思います。消しゴムは欠かせないみたいですが。
・作図に必要な鉛筆や定規等を保護しかつ、さっと取り出せるスペースつくっといたよ、必要ならば分度器、射距離計等入れれば良いよ程度のものだと思います。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2016年08月07日 21:46:17

コメントありがとうございます。

> 私見ですが
> ・射距離計は必要ない射距離計はPX品か教材の範疇に見えます。
確かに射程距離は覚えれば済むこと、やはり教材か何かでしょうね。

> ・マップケースに必ず入れなければならない物があるならば、背嚢の入れ方と同様に絵付きでマニュアルがあると思います。消しゴムは欠かせないみたいですが。
他にも鉛筆、鉛筆削り、それとMeldekartentascheというくらいなので、Meldeblock、Karteは必須アイテムでしょうね。下士官以上が持つマップケースは新兵への教育的なマニュアルは無かったのかも知れません。

> ・作図に必要な鉛筆や定規等を保護しかつ、さっと取り出せるスペースつくっといたよ、必要ならば分度器、射距離計等入れれば良いよ程度のものだと思います。
あるいは、標準規定があってポケットも定規もそれに合わせて作ったという考えもありますね。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR