FC2ブログ

M43 野戦キャリングフレーム (Tragegestell 43)


こんにちは、エーデルマンです。暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
しかし、まだ8月の初旬なんですね。(^_^;) 私は極端に暑さには弱い体質なので、一日も早く秋になって欲しいです。

さて本日はドイツ軍歩兵部隊が使用したM43野戦キャリングフレーム(Tragegestell 43)をアップします。
Tragegestell_6-4.jpg 
名前については無理にドイツ語から翻訳せず、“トラーゲゲステル 43”とドイツ語のままでも良かったんですが、この形を見た瞬間、古き良き時代の「フレームザック」が脳裏に浮かんだ為、"フレーム"は外せないと判断、最終的に弊ブログでは「M43野戦キャリングフレーム」としました。

ちなみに同時に浮かんだ「背負子」も命名候補に挙がりましたが、"野戦"という言葉も使いたかったので、二つ繋げて"野戦背負子"というのもしっくりこなかったので却下しました。

Tragegestell12.jpg
M43野戦キャリングフレームは、1939年に採用された上記のTragegestell 39が原型になっていると言われていますが、M39の方は用途が迫撃砲弾の運搬に限定されており、フレームの形もかなり違います。

それではM43野戦キャリングフレームを詳しくみていきましょう。

Tragegestell_2-0.jpg
M43野戦キャリングフレームは文字通り金属製フレームにウェブストラップの組み合わせの背負子で、個人装備では無く分隊装備を運搬する為に導入されました。

Tragegestell_14-4.jpg
本体の寸法は上記の通り。背中全体で背負う感じですね。装備を固定するストラップは縦に一本、横に着脱式が一本付属しています。(横方向のストラップは複数装着可能)ウエストベルトは腰に結び、荷物が上下左右に振られるのを防ぎます。

Tragegestell_7.jpg
フレームの底部には荷物を支える為のバーがあります。

Tragegestell11-1.jpg
この写真のキャリングフレームには弾薬箱M42柄付き手榴弾、コミスブロートが括りつけられています。

Tragegestell11-2.jpg 
こちらは上と同じ兵士を背後から撮影したものですが、縦横4本のストラップで固定していることが判ります。

Tragegestell_18-1.jpg 

ストラップは着脱可能で搭載する装備の数に合わせて追加することが出来ます。
Tragegestell_3-1.jpg
フレームの反対側には、背中に当たらないよう幅広なウェブ製ストラップが使用されています。しかし物資不足が深刻になる43年に採用された割には貴重なコットンが大量に使われているなぁという印象です。
Tragegestell5-1.jpg 
思い装備を搭載しても肩に食い込まないよう、ショルダーベルトは幅広になっています。シルエットは内蔵サスペンダーと似ていますね。

Tragegestell_20-2.jpg
腰に当たるベルトは長さの調整が可能。

Tragegestell_19-1.jpg 

Tragegestell8.jpg
ショルダーベルトは即座に着脱出来きるよう片方の金具はロブスター爪留め金になっています。

Tragegestell_16.jpg
上下に渡るストラップの基部に付いているバックルですが、これに対応するストラップは無く用途は不明です。



Tragegestell_15.jpg
「bvk 1944」とアムトマークのスタンプがあります。
  Tragegestell9-1.jpg
ストラップの保護金具にはLUXの刻印。

最後に実演ということで、弾薬箱を括り付けてみました。

Tragegestell_22-3.jpg   
Tragegestell_21-1.jpg
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- ドイツ軍 - 2018年08月08日 12:46:55

毎日暑い日が続いてますが貴殿様の泥沼日記を拝見しますと元気になります。私もM43キャリングフレームをコレクションしてます。GrW34迫撃砲弾ケースと7.92mmアモケースを付けたりしています。先日ダハウ製WSS M43パンツアー(兵下士官44年製)規格帽黒釦2個徽章は機械刺繍一体型です。程度は少し使用された用で満足してます。ツバの裏は生地がないタイプです。折り返しのテープがあるタイプです。



Re: タイトルなし - エーデルマン - 2018年08月13日 20:06:38

> ドイツ軍様
コメントありがとうございます。おお!ドイツ軍様もM43キャリングフレームをお持ちなんですね。WSS M43規格帽も素晴らしいです。規格帽は今後コンテンツを充実していきたいと思っています。

- ドイツ軍 - 2018年08月14日 22:25:15

こちらこそありがとうございます。規格帽楽しみにしてます。私も空軍金属釦2個付き、空軍ガラス釦2個付き、空軍ガラス釦2個付き薄手生地、陸軍山岳将校用、陸軍猟兵(短いつば付き)WSS山岳兵下士官用、先日入手したWSSパンツアー規格帽をコレクションしています。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2018年08月18日 01:59:26

>ドイツ軍様
ありがとうござます。規格帽、ぜひコンテンツ化していきたいのですが、規格帽だけで一冊本が書けるくらいバリエーションが多く、また希少性もあってなかなか手が出ません。(贋作が多いのも悩みです)焦らずコツコツと書いていきたいと思います。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter
eBay