FC2ブログ

白兵戦章 (Nahkampfspange)

こんにちは、エーデルマンです。お盆休みはいかがお過ごしでしょうか? 私は連日暑いので外出は控え、もっぱらTSUTAYAプレミアムで一日3本旧作ビデオを見ることをノルマにしております。

さて、本日は白兵戦章 銅章( I. Stufe Nahkampfspange)を記事にしたいと思います。
白兵戦章は近接攻撃により授与される歩兵突撃章(Infanterie-Sturmabzeichen)の上位の戦功章として1942年11月25日に制定されました。

CCC1-1.jpg  
CCC2.jpg
白兵戦章についての説明はいつもの通りWikipediaから。

一定期間、戦車などによる装甲兵力の支援なしで近接戦闘を行ったドイツ国防軍及び武装親衛隊の軍人が授与対象で、軍服の左ポケットの上部に佩用した。

この勲章には、授与基準を満たした近接戦闘を行った日数によって、金章、銀章、銅章の三等級が存在し、特に金章は、騎士鉄十字章にも匹敵する名誉でアドルフ・ヒトラー総統が直々に授与することもしばしばあった。 

-「Wikipedia」より-

授与条件である日数は金章(III. Stufe)が50日、銀章(II. Stufe)が30日、銅章(I. Stufe)が15日となっています。なお重度の負傷により、これ以上の戦闘続行が不可能と判断された場合、規定の日数はそれぞれ40日、20日、10日に短縮されました。

国防軍兵士1800~2000万人のうち銅章が3万6400人、銀章が9500人、金章が631人に授与されたとのこと。一級鉄十字章が30万人に授与されたのに比べると、受章者数は非常に少なかったことが判ります。

CCC3.jpg

本体のサイズはヨコ980mm、タテ250mmです。本体は亜鉛合金製、中央の四角いバックパネルはスチール製です。

CCC7-1.jpg  

内側に少し湾曲しており、裏面にあるピンで左胸に佩用するようになっています。

CCC5-1.jpg  
正面には国家鷲章とその下には柄付き手榴弾と銃剣、周囲は樫の葉と実がデザインされています。

CCC14.jpg  
当ブログにリンクを貼らせていただいているPEIPERさんの記事によれば、左側が設計元、右側が製造元とのことです。(補足:"FEC"はラテン語の"Fecit"の短縮形で“~製”という意味、"W.E. PEEKHAUS"は、多くの戦時メダルをデザインしたグラフィックアーティストのWilhelm Ernst Peekhausを表しているようです)

11_20110904105332.jpg 
さて、白兵戦章といえば我らがシュタイナー曹長ですが、彼が佩用しているのは金章か銅章のどちらか?という論争が以前からありました。(ウソです)

CCC9.jpg
画面では金色に見えますし、近接戦闘は朝飯前という彼なら最高位の金章受章も十分有り得るでしょう。

しかしながら記録によると金章が初めて授与されたのは1944年8月27日とのこと。映画の舞台は1943年(秋?)なのでこの時点で金章を入手することは不可能です。
さらに1944年8月30日付けで金章受章者には自動的にドイツ十字章金章も授与されることになり、右胸にドイツ十字章が佩用されていないことから、金章では無く銅章ということになります。

Bundesarchiv_Bild_183-J28419,_Himmler_überreicht_die_Goldene_Nahkampfspange
1943年12月に受章者へ白兵戦金章を手渡すヒムラー。受章者には21日間の特別休暇も付与されました。

CCC11.jpg 
とまぁ、揚げ足取り的な考証は置いておいて、小隊長のマイヤー少尉も白兵戦章(こちらは明らかに銀章)を授与されており、現場の経験値からもシュタイナーが金、マイヤーが銀というコンビネーション以外は考えられません。

CCC13.jpg

以上、今後もし所有証明書やSoldbuchの記録、さらに奇跡的に銀章や金章など入手できれば順次アップしていきたいと思います。
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- ドイツ軍 - 2018年08月20日 10:30:20

こんちにわ。ここ3日は過ごしやすくなりましたね。私も白兵戦章銀章、銅章をコレクションしてます。銅章の方はエーデルマンさんがコレクションされてる刻印が同じですがピンの形状が少し違います。(同じ平ピンですが)銀章はフリードリヒ=リンデン社製右側刻印はFに〇
Lに〇Lに〇で囲んでます。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2018年08月20日 20:58:19

>ドイツ軍様
はい、一時よりはだいぶ涼しくなりましたね。今回も弊ブログを訪問いただきありがとうございます。なんと銀章をお持ちなんですね。銅はまだしも銀章はなかなか入手が難しいと聞いていますが、もし入手が出来たらアップしたいと思います。

- ドイツ軍 - 2018年08月21日 16:44:55

私は奈良県橿原市に住んでいますがエーデルマンさんが近くにお住まいでしたらコレクションの話とかしたいです。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2018年08月22日 22:22:53

>ドイツ軍様
実家はお住まいに近いのですが、現在は残念ながら関東在住なんです。。。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter
eBay