FC2ブログ

M35書類ケース (Meldekartentasche 35) Part5

 こんにちは、エーデルマンです。朝晩は少し涼しくなりましたが、まだまだ日中は残暑が厳しいですね。このブログに掲載している写真のほとんどは屋外の特設スタジオ(=ベランダ)で撮影しているのですが、今年の夏は猛暑で何度か熱中症になりかけました。特に今回の日記は撮影点数も多かったので大変でした。

趣味に命をかけているブログということを理解いただけたところで、今回は「測る」をテーマに"書類ケースの中身"を日記にしたいと思います。

mapall1.jpg

・定規(Messen)

こちらはシンプルな定規です。座標線を引いたり、距離を測るのに使用します。
2map_measure2.jpg
3map_measure3.jpg 

三角定規もありますが、どこに仕舞ったのか、見つからないので写真はありません。

ー 射程距離計(Schußweitenmesser))

目盛と2万5千分の1のSchußweiten=射程距離が刻まれている特殊な定規です。 (こちらで記事にしています)
4mapcase13-1.jpg
5mapcase16.jpg

・コンパス(Zirkel)


地図で使う場合はコンパスは円周を描くためではなく、支点とそこから等しい距離を維持したまま移動できる状態の筆記具となります。
6Zirkel1.jpg 
両方針になっていて、円周を等分したり、寸法の転記などに使用されます。
7Zirkel2.jpg 


・行軍コンパス(Marschkompaß)

コンパスは方角を知る最もオーソドックスなツールです。
8map_measure4.jpg 

9compass1-1.jpg

方角を知る他に交会法で位置や距離を計測できます。
10mapcase10-8.jpg 

いわゆる“戦前タイプ”で、ライヒスヴェーア時代に導入されました。
スチール製で蓋にMK( Max Kohl、 Chemnitz)のコードとシリアルナンバーが刻印されています。

11compass6-3.jpg 

ここでちょっと行軍コンパスのバリエーションの紹介。
こちらは市販品で軍用でも使用されたベークライト製のコンパスでメーカー名の「Busch Rathenow」の刻印があります。

12compass6-2-2.jpg
13compass7.jpg 

こちらは戦時タイプでミラーが上蓋と一体化するなど省力化されています。Bush社製で、CXNのレターコードのみ刻印されています。
14mapcase10-9.jpg 

15Compass2-1.jpg 
こちらのタイプの詳細は弊ブログで記事にしています。

番外編として時計で方角を知る方法もあります。
16Watch.jpg 

17Dinstuhr0-1.jpg 


・キルビメーター(kurvenmesser)

曲線の距離を自由に測ることができます。主に地図上の道路、鉄道などの距離を測るのに用います。
18mapcase11.jpg 19map22.jpg 


・分度器・座標定規(Planzeiger u. Zielgevierttafel)

これらはGEBR. WICHMANN社製の透明なセルロイド製の分度器・座標定規で地図の上に置いて距離や角度を計測します。

ー 分度器(Planzeiger)

砲兵部隊に支給された163mm x 218mmの楕円形の大型の分度器で、6400ミル(ドイツ語ではシュトリヒ)単位で角度を測ることができます。中央の方位角を風向きに合わせて角度を補正できるようです。
20practor.jpg 21map0-1.jpg 



REIBERTにも記載されている一辺が740mmの正方形の座標定規です。
21practor.jpg
 22SCALE12.jpg 
ー 座標定規=Zielgevierttafel

こちらの座標定規もREIBERTに記載されています。214mm x 140mmの長方形で座標線(方眼)が刻まれています。
23practor.jpg 
24SCALE11.jpg 


分度器・座標定規を保護する為、専用のポーチが用意されています。

ー K.W.27(Kartenwinkelmesser 27)
28SCALE9.jpg

ー Z.m.P(Zielgevierttafel mit Planzeiger)
29SCALE8.jpg
K.W.27は楕円形の大型分度器とZielgevierttafel両方を入れることができるよう、内部には仕切りがあります。ただし大型分度器に合わせて作られている為、書類ケースには入りません。
30mapcase10-8.jpg  
一方Z.m.Pは名前の通りZielgevierttafel用で仕切りがなく、大きさ的に大型分度器は入りませんが、書類ケースには入ります。
31SCALE3-1.jpg  
その他の分度器・座標定規。必要に応じて部隊あるいは私費で購入して付け足しました。
25map3.jpg 
26mapcase10-6.jpg 
27map11.jpg
・クリノメーター(Deckungswinkelmesser)

クリノメーターは勾配を測る光学測定器で、機関銃や迫撃砲の射角を決める際に使用されました。
32SCALE.jpg 
33Deckungswinkelmesser0.jpg 36Deckungswinkelmesser.jpg 
本体中央にスケール付きのスリットレンズがあります。
34w078.jpg 
地表に0の目盛りを合わせ、そこから上下±の角度から勾配を測ります。

map7.jpg 
以上、測量やオリエーテーリングについては根本的に分かっていない為、間違っている記述も多々あると思います。その場合はコメント欄でご指摘いただければ幸いです。
35pants14.jpg
関連記事
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

- ドイツ軍 - 2018年09月06日 22:30:33

凄いコレクションですね。私はエーデルマンさんと同じマップケースをコレクションしてますが中身は空(折れた鉛筆が入ったままですが)です。これからも楽しみにしています。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2018年09月07日 23:41:44

>ドイツ軍さん
昔から書類ケースの中身に興味があり、コツコツ集めているうちにこうなってしまいました。

- ドイツ軍 - 2018年09月08日 13:32:17

本当に凄いですね。私も中学生からタミヤの模型からコレクターになり家中コレクションだらけになってしまい今だに模型作りをしてます。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2018年09月09日 08:46:41

>ドイツ軍さん
素晴らしいですね。定年後はボケ防止のために再開したいと思っています。(帆船や城郭とかに行ってしまうかも知れませんが・・・ディ●ゴスチー●とも有りかも)

- ドイツ軍 - 2018年09月09日 18:53:25

私は先に定年して主にドイツ軍AFV、飛行機、を製作してます。ドイツ海軍もこれからチャレンジしようかと思ってます。新たにP08のホルスターを手にいれました、Henseler&Co ULM 1939 WaA?88になってます。残念ながら?は刻印が薄く判別が難しいです。色は黒です。程度はいいです。

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2018年09月09日 20:18:36

>ドイツ軍さん
程度の良いP08のホルスターは貴重ですのでぜひ大切になさって下さい。

- ドイツ軍 - 2018年09月09日 20:52:33

ありがとうございます。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter
eBay