歩兵用半長靴(Marshstiefel)

The Jack boots (Marshstiefel) are another symbol of German soldiers. This short type boots are for EM/NCO and issued in Nobember 1939 in order to conserve lether. As like most of government issued goods, this boots also have friendly nick name "Knobelbecher" which means "dice jug" or "dice bowl" This boots is very well worn and most hobnailes were lost and heel plates were changed to rubber sole.

ドイツ兵の3大シンボルの一つとも言える半長靴(Marshstiefel)です。


         半長靴2
別名Knobelbecher(サイコロつぼ:見た目が似ていることから)と呼ばれていたようです。
元々は膝下までの長さだった長靴を、皮革素材の節約のため1939年11月付けの通達で短くすることになりました。
(それでも、他国の行軍靴や中期に採用された編み上げ靴に比べて十分長いのですが・・・)

ng12.jpg

そんなに長くないような・・・

ただし短くなったのは官給品だけの話。自費(給料の一部)で装備をオーダーメイドすることが許されている将官は、スタイリッシュな膝下までのブーツを好んで履いていました。

1.jpg

余談ですが、野戦服も長靴も将官のオーダーメイド品より、官給品の方が圧倒的に入手困難です。絶対数では将官の方が遥かに少ないはずなのに何故でしょう?
私が勝手に想像するに、司令室で指示を出している将官(全員が全員ではないでしょうが・・)に比べて、現場で戦っている兵士の装備品のほうが消耗が激しく残存率が低い=入手困難ではないかと考えています。
またコレクターの常として、希少性を求める一方で定番は持っておきたい、そんな心情が品薄の背景にあるのかも知れません。
boots14.jpg  
さてこの半長靴、見た目はとっても勇ましくてカッコ良いのですが、当時の感覚でも好ましくない点が多々あります。
まずはその重さ。だいたい両足で2Kg位あります。おまけにオール革製。こんな靴で一日何十キロメートルも歩かされた日には足はたちまちタコやマメだらけ、中は汗や湿気でムレムレ状態なので水虫にもなります。

靴底の鋲がこれまたくせ者で、スパイクとして機能するのは地面の上だけ、ヨーロッパ街並みによくある石畳などツルツル滑って危険だったのではないでしょうか。

boots9.jpg
靴底。ほとんどの鋲が抜け落ちています。良いのが欲しい・・・

この鋲は靴底を貫通しており冬は地面の冷気がビシビシと伝わってきたことでしょう。
東部戦線では、靴下を二重に履くか布や新聞紙を足に巻きつけないと大変なことになります。
霜焼けならまだマシ、最悪は凍傷です。

私は山登りをするので、靴の大切さはよく判ります。何故なら自然の環境では小さいマメが足に出来ただけで、遭難するケースがあるからです。

このような靴で戦場に赴かなければならなかった兵士に心から同情します。
まぁ、でもゴアテックス、ビブラムソールが無かった時代、防水性や耐久性を考えればこれしかなかったんでしょうね。
(やはり最強の戦闘靴は日本の地下足袋でしょう)

SaM1941_258_1#

SaM1941_160_1#
関連記事
スポンサーサイト


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
eBay
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

Flag Counter
QR CODE
QR