FC2ブログ

白兵戦章 (Nahkampfspange) 

こんにちは、エーデルマンです。本日は以前こちらでアップした白兵戦章(Nahkampfspange)について詳細に記事にしたいと思います。

白兵戦の語源は刀や剣、ナイフなどの武器を白刃と呼ぶことからだそうです。近接で殺し合う白兵戦は、弓矢や石弓が存在していた中石器時代のみならず、小銃やさらに短機関銃といった遠距離武器が発達した近代においても、勝敗を決する時にはしばしば行われました。

CCCsilver4_2020053117031210b.jpg CCCsilver5-1.jpg
ドイツ軍の教本(ヘルメットの形状からナチス政権時代に発行されたと思われる)に掲載されている銃剣攻撃を防御する方法(左)と銃剣攻撃の訓練するドイツ軍兵士(右)

shovel0-1.jpg 
銃剣やナイフや以外に、スコップも即席の打撃武器として使用されたことは良く知られています。
白兵戦は戦士として本来の資質と勇敢さが必要とされる戦いであり、それに勝ち残った兵士は称賛に価されました。

ドイツ軍は勇敢な兵士を称える為、1939年12月20日に歩兵突撃章(Infanterie-Sturmabzeichen)が陸軍総司令部のヴァルター・フォン・ブラウヒッチェによって制定されました。

Brauchitsch.jpg 
ヴァルター・ハインリヒ・アルフレート・ヘルマン・フォン・ブラウヒッチュ(長い・・・)は1881年にシレジア貴族で代々軍人の家系に生まれます。士官学校を卒業後、貴族出の軍人らしく順当に少佐まで昇進。第一世界大戦後はライヒスヴェーアで少将になったところでナチス政権が樹立、ヒトラーに陸軍元帥に任命されます。

歩兵突撃章(銀章)
IAB1.jpg 

歩兵突撃章(銅章)
PD17_11.jpg
機械化歩兵や山岳猟兵に対しては銅章が1940年6月1日に制定されます。

歩兵突撃章の授章条件は、その名の通り、突撃を3回以上行い、それぞれで第一線で武器を取り、肉弾戦を行った者となっていました。
CCCsilver13.jpg
しかしながら1941年に独ソ戦が始まると、戦闘はこれまでにない程に激しさを増し、歩兵突撃章の上位の戦功章が求められるようになります。

CCCsilver12-2.jpg
セヴァストポリの戦い(1941年9月~1942年7月)で負傷した戦友を運ぶドイツ軍兵士

そこで、1942年11月25日に白兵戦章(Nahkampfspange)が制定され、戦闘日数によって金章(III. Stufe)、銀章(II. Stufe)、銅章(I. Stufe)が授与されることになりました。(なお重度の負傷により、これ以上の戦闘続行が不可能と判断された場合、規定の日数はそれぞれ40日、20日、10日に短縮されます)

15日:銅章(I. Stufe)
CCC.jpg 

30日:銀章(II. Stufe)
CCCsilver1-1.jpg

50日:金章(III. Stufe)
CCCgold1.jpg

授章対象は国防軍兵士他、武装親衛隊で銅章が3万6400人、銀章が9500人、金章が631人に授与されたようです。

CCCsilver6_20200531101511c28.jpg
金章の栄誉は騎士鉄十字章にも匹敵し、ヒトラーが直々に授与することもありました。

CCC14.jpg 
こちらは銅章のバックプレートと刻印。A.G.M.u.K(Arbeitsgemeinschaft Metall und Kunststoff)はメーカー名でGABLONZは工場があった地名(ズデーデン地方の都市 現:チェコ共和国)です。A.G.M.u.K製の白兵戦章にバリエーションが6種類あり、こちらは"ラージフォント"と呼ばれています。
CCCsilver9-1.jpg
銀章、金章には3つの〇にそれぞれF、L、Lの文字が入った記号があります。これはメーカー名でFriedrich Linden, Lüdenscheidを表します。また、金・銀・銅いずれも左側に"FEC.W.E. PEEKHAUS BERLIN"の刻印がありますが、"FEC"はラテン語の"Fecit"の短縮形で“~製”、"W.E. PEEKHAUS"は、多くの戦時メダルをデザインしたグラフィックアーティストのWilhelm Ernst Peekhausを意味します。

所有証明書:BESITZZEUGNIS
PD21
Besitzzeugnis (所有証明書)

(Dienstgrad)(階級)
Dem Unteroffizier(伍長)
 
(VOR-UND FAMILIENNAME)(氏名)
Heinrich Stretz  (ハインリヒ・シュトレッツ)

(TRUPPENTEIL)(所属部隊)
StabII. / Pz.Gren.Rgt.40
(第40装甲擲弾兵連隊第2大隊司令部)


VERLEIHEICH FÜR TAPFERE TEILNAHME 
AN 15 NAHKAMPFTAGEN

(勇敢な15日間における近接戦闘参加に対し)

DIE 1.STUFE DER 
NAHKAMPFSPANGE

(白兵戦章 銅)

(ORT UND  DATUM) (場所・日付)
Im Felde, den 1.6.1943
(1943年6月1日前線にて)

(UNTERSCHRIFT)(署名)
gez. Henrich
*gez=gezeichnet 署名省略

(DIENSTGRAD UND DIENSTSTELLE)(階級と職務)
Oberst und Rgt.-Kdr.
(大佐 連隊長)


Für die Richtigkeit(代理署名)
Lt. und Rgt.Adj. (少尉 連隊長副官)


この勲記は第40装甲擲弾兵連隊第2大隊司令部(StabII. / Pz.Gren.Rgt.40)所属のハンイリヒ・シュトレッツ 伍長に授与された銅賞の勲記です。1943年3月初旬~中旬にハリコフ第3次攻防戦での戦闘で授章条件を満たしたようです。(詳細はこちら

/GR103-4-2.jpgBesitzzeugnis (所有証明書)

(Dienstgrad)
(階級)
Dem Unteroffizier.(伍長)
 
(Vor-und Familienname)(氏名)
Karl Lindner  (カール・リントナー)

(Truppenteil)
(所属部隊)
I. / Pz.Gren.Rgt 103
(第103装甲擲弾兵連隊第1大隊第1中隊)

Verleihe ich für tapfere Teilnahme
an 15 Nahkampftagen
(勇敢な15日間における近接戦闘参加に対し)

die 1.Stufe der
Nahkampfspange

(白兵戦章 銅)

Rgt.-Gef.-St., den 28.12.1944.
(1944年12月28日連隊司令部にて)

Oberst u. Rgt.-Kommandeur
(大佐 連隊長)


Walter Palm大佐による署名 。1945年3月20日に最後の第14装甲師団長として就任。

※こちらの所有証明書はゼラチン複写版=ヘクトグラフ(Hektograph)で作られています。印刷された証明書が手元にない場合、仮発行用とされました。

こちらは第14装甲師団第103装甲擲弾兵連隊第1大隊第1中隊(I/Panzergrenadier-Regiment 103)のカール・リントナー伍長の勲記。クールラント包囲戦で行われた15日間の近接攻撃参加により1944年12月28日に銅章を授章しました。(詳細はこちら
CCCsilver0-3.jpg
上記で紹介した白兵戦章の所有証明書とハンリヒ・シュトレッツ伍長のポートレート。歩兵突撃章や白兵戦章は現場対応能力が問われる戦功章で、子供の頃からケンカが苦手でヘタレ(関西弁で"臆病な")な自分としてはずっと憧れの存在でした。

関連記事


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

この記事へのコメント

- otto - 2020年06月02日 10:30:49

白兵戦章は映画『イングロリアスバスターズ』でもクローズアップされていましたね。悲惨だけれど印象的なシーンでした。かつて銅章の良品を所持していましたがバーター後、縁が無くなってしまいました...。因みにKunstoffはKunststoffだと思いますのでご確認を。コロナと悪天候の続く中で非常に退屈していますので、コンテンツアップが嬉しいです。

白兵戦でのスコップとは異なりますが、何年か前のテレビ番組で略帽を被った陸軍兵士が人の字形の枝を持ってダウジングをしている写真が一瞬「超能力を軍事利用していたソ連兵」として紹介されてビックリしました。水脈でも探していたのか、気になる所です。

さて今回は”Die Deutsche Infanterie ”又は”so kämpft nur unsere infanterie”
「ドイツ歩兵」又は「唯我が歩兵、かく闘う」で知られる曲を貼っておきます。
1942年に発表された軍歌としては末期のもので、43年までにレコード化された正式な軍歌は他に二曲程のみと思われます。43年2月のゲッベルスによる総力戦宣言以降、レコードは息抜きの娯楽用に流行歌がクローズアップされ状況も悪くなっていったので軍歌の新譜は発表されなくなります(日本では逆に数々の決戦歌が作られました。島国では状況は全く異なったのですね)。

名演奏乍ら42年にして既に悲壮感に溢れており、歌詞もそれまでの物とは異なり過酷な最前線をテーマにしています。私の大好きな曲の一つです。
https://www.youtube.com/watch?v=JozocxJcL3g

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2020年06月03日 08:21:07

ottoさん

間違いご指摘ありがとうございます。しかし、よくぞ気づかれましたね~隅々まで読んでいただいて感謝です。
他にも間違いがあればご教示願います。
『イングロリアスバスターズ』は好きな映画です。
どちらかといえば一級鉄十字章の方がクローズアップされていましたが、マニアは白兵戦章(銀章?)を見逃しませんね。
ビビリまくっていた若い兵士と違って、古参兵の方は殺される最後まで堂々としていて勇敢さを表現していました。

軍歌のご紹介ありがとうございます。
1943年以降、新譜は作られなくなるんですね、知りませんでした。
それまでに戦意高揚目的の軍歌は十分なほど作られていたでしょうし、スターリングラードでの敗北あたりからヤバいかも?という空気になって、制作する方も聞く方も制作へのモチベーションが一気に低下したのかも知れません。
島国日本は、同調圧力が強く国民は従順なので、お上が作れ~歌え~となったらホイホイ従ったのだと思われます。
(今のコロナ下の状況と同じです)

- otto - 2020年06月03日 11:14:17

済みません、もう二つ見つけてしまいました。リンドナーはリントナーと発音します。またGBLONZはGABLONZが正しいです。ここはLUEDENSCHEIDの様にバッヂやアクセサリー製造業者の街でしたが戦後のチェコ人によるドイツ人追放の結果、バイエルン州にNeugablonzと言う町が出来ました。
今回は併せてKampfmesserを並べておいても良かったですね。

軍歌や映画の娯楽優先に関してはゲッベルスの強い方針でした。1942年には既に一般に思われているよりも酷い空襲被害が出ており、ドイツ国内がHeimatfrontとなっていきました。同時期、他に作られたうちの一曲も離れた恋人を思うかなり切ない歌です。国民が疲弊する中、娯楽を提供した方が得策と心得ていたのですね。流石に宣伝の天才は違います。

昨日アベノマスクが届きました。また昨今では手作りマスクの寄付が美談として報道されますが、ウィルスとマスク生地の穴のサイズを調べれば症状のある罹患者の装着以外は無意味な事はすぐに解ります。千人針や竹槍と全く同じレヴェルです。全国的に『はだしのゲン』の町内会長が出現していますし、現在の日本を見ていると本当に先の敗戦から学ばなかった事が良く解ります。
また5/28の日経では1895年にコレラの蔓延した村で殉死した警察官が一面で紹介されていましたが、これがまた本当に軍国調で喜んでよいのかどうなのか......。

因みに先月小さめの郵便局で20分ほど待たされる案件が有りその間M30ガスマスクを着用していましたが、金融機関にも拘らず通報も注意もされませんでしたw

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2020年06月04日 08:30:46

ottoさん

またまたご指摘ありがとうございます。校正役を押し付けたようで申し訳ないです。白兵戦章の生産地は元々アクセサリーで有名な街だったんですね。
Kampfmesser、載せたかったんですが、実は持ってないんですよ~。海外ではしばしば売られていますが、刃渡り的に輸入が微妙なので・・・
わが町にはまだアベノマスクまだ届いていないようです。はだしのゲンの町内会長とそのバカ息子は、現在でも自粛警察としても機能していますね。そして従わない者は徹底的にたたく、今も昔も変わりません。
M30ガスマスク着用は愉快ですね。今度、免許更新で警察署に行くときに着用しましょうか(笑)

- otto - 2020年06月04日 11:01:37

Kampfmesserをお持ちでないのは意外でした。現在では刃物はかなり厳しくなっていますので手を出さない方が良いでしょう。

- otto - 2020年06月04日 19:03:02

そう言えば、白兵戦章に付いて思い出した話を一つ。
2000~2001年は3度渡欧し一年の約3/4をヨーロッパで過ごした時の事です。
ヴィーンの裏通りに在った、貴族の家柄の店主が経営する老舗軍装品店は特にバッヂ、布製徽章類の半分近くが古いフェイクと言う得難い試練を与えてくれた店でした。
その日も黙々と襟・肩章類の山から玉と石を選り分けていた最中、50代の女性が入って来たのです。場違いな客層が何を求めて来たのか気になっていた所、「白兵戦章銀章ってあります?」とコアな質問を。店主は「ええ、ありますよ」と言って商品で一杯の目前のガラスケースから取り出して渡しました。手に取ってしばし眺めた女性は「おいくら?」、「700シリングです(¥5,000.-勿論フェイク)」「じゃあ頂くわ!」と。 ありゃりゃ...と思っていると「実はお父さんが戦時中にこれを貰ったんだけど混乱の中で無くしてしまったの。もうすぐお誕生日だから今年はこれをプレゼントしようと思って」との事。
さぞや素敵な家族だろうと思いました。

フェイクもたまにはこうして良い効果を発揮したのですね。しかし1945年5月8日以降もどれだけ多くの「実物」が生産され続けたのか? どれほど綺麗な色に変わった物があったのか? 気になる所です。

最後に白兵戦ではありませんが、市街戦シーンが凄い考証と演技で異常にクオリティの高かった映画を紹介しておきます。本作はコメディであり市街戦シーンにも少々演出が有りますが、過去に見た映画と比較して群を抜いていました。映画としても良くできているので未見なら吹き替え版で映像に集中するのがお勧めです。
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2020年06月06日 07:28:58

ottoさん

ウィーンの老舗軍装品店での出来事は良い話ですね~。値段が5000円という価格は当時の相場がそうなのか、或いは店主も最初からフェイクとして売ったのでしょうか?2000年頃の事はあまり覚えていませんが、今とあまり変わらなかったような気がします。
元ドイツ兵のお父さんはさぞかし喜んだでしょうね。娘さんの心遣いが嬉しかったと思います。
ご紹介の映画、公開時に劇場で鑑賞しました。私も低級なコメディー映画かと思いきや、結構シリアスな内容かつおっしゃる通り戦闘シーンが迫力で驚きました。BDが出たら買いたい作品です。
また欧州で買い付けされた時の面白い話を思い出したら、投降、じゃない投稿いただけると嬉しいです。

- otto - 2020年06月06日 10:41:42

当時でも¥5,000.-では買えませんでしたし、店主は全てを熟知していました。こちらがどのレヴェルの客なのかをチェックする質問も何回かありましたね。これは欧州の店やコレクターでたまに経験します。他店では1938年の流行歌のタイトルを訊かれ無事クリアした事もありました。まるで偽GI狩りの様ですw

BDは6/3に発売されています。私が調べたところ下記が最安値でした。
https://books.rakuten.co.jp/rb/16269997/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_109_0_10000546

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2020年06月06日 11:25:51

ottoさん

1938年の流行歌・・・うーん『リリー・マルレーン』しか知りません。(ググったら作曲されたのは1938年ですが、本格的に流行ったのは1941年のようなのでハズレですね)そんな質問に答えられるのは当時の人間か、研究者位かと思いますが、正解するとホンモノを売ってもらえる感じでしょうか?当時だったら私はとても相手にしてもらえなかったでしょうね。ここまで曲がりなりにも続けてこれたのはインターネットが普及したお陰です。
あらら、BDは既に発売されていましたね。さっそくポチりました。ありがとうございます。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter