fc2ブログ

M40 オーバーコート (Mantel 40)

 こんにちは、エーデルマンです。仕事柄、海外とコミュニケーションを取ることが多いのですが、最近よく聞かれるのが『オリンピックは開催するのか?』です。日本国民がビッグイベンドについてどう思っているのか非常に関心があるようです。個人的にはプロ野球のように感染対策をしっかりとやった上で開催しても良いかと思いますが、反対意見は結構多いようですね。

さて本日のネタはドイツ軍兵・下士官用のオーバーコート、M40マンテル(Mantel 40)です。
M40coart1-0.jpg
ドイツ軍のオーバーコートは以前、M36マンテルで紹介しましたが、こちらは襟の本体と同じフェルドグラウに変更したタイプとなります。寒冷時に野戦服の上に着用する防寒着として全ての兵・下士官へ支給されました。

M40coart10.jpg
真ん中の乗馬ズボンを履いた兵士を挟んで、左側2人の兵士はM40マンテル、右側の兵士はM36マンテルを着用しています。写真が撮影された時期や場所は不明ですが、コートを着てない兵士もいることから1940年の秋頃でしょうか?
M40coart9.jpg
M36マンテル(左)との比較。襟の色がフェルトグラウに変更されましたが、サイズや形はほぼ同じです。この変更は野戦服が1940年春にM40野戦服に変わったのと同時期に変更されたと思われます。

coat4b.jpgcoat6b.jpg

なお、M36マンテルでは上記のような左前合わせ、右前合わせどちらもできたのですが、1939年12月1日付の規定で、左前身頃のボタンホールが廃止され左前合わせができなくなってしまいます。
M40coart8-1.jpg
このように左前見頃にボタンホールがありません。(一番下のボタンホールは、裏地にあるボタンで留める為のものです)よって左前身頃のボタンは完全に飾りとなります。

M40coart13.jpg
肩章のパイピングがレモンイエローなので通信課となります。第246中隊のストラップが付いています。

M40coart1-2.jpg
こちらは後見頃の写真です。

M40coart5.jpg
ウエストの幅を調整するベルト。二つのボタンでウエストを絞ることが出来ます。

M40coart3.jpg

センターベントはボタンで割り丈を調整できるようになっています。

M40coart12.jpg
裾の先端には、フックが付いていてサイドのループに引っ掛けることで裾をたくし上げることができます。なお、このフックは

coat42.jpgcoat4374.jpg
M36マンテルの記事の時にフィギュアで再現してみました。

M40coart4.jpg
内装はコットン製で生地は腰までとなっており、防寒というよりウールの摩耗を防止することが目的と思われます。
M40coart7.jpg
野戦服に付けたベルトフックを出すスリットがあります。なお、この服にはM36マンテルにあったウエストベルトを通すスリットがありません。

M40coart6.jpg
サイズと被服廠のシュテンペル。

41〟 襟から肩の長さ 〝49〟 首回り
88〟 胸囲
117〟 着丈 〝61〟 袖丈
〝H40〟 ハノーファー 1940年製

M36マンテルの記事でも書きましたが、M36,40マンテルはロシアの厳冬期では不十分で凍傷や低体温症症にかかる兵士が多く発生しました。
PD17_1_2020050512210353a.jpg
M40マンテルを着用してロシアで雪中行軍する第17装甲師団兵士。(1941年)

M40coart14.jpg
この後、襟を大型化した42年型(M42マンテル)、さらに裾まで内装を広げ、フードと胸部ポケットを追加した44年型(M44マンテル)が導入され、だいぶ防寒性は改善されますが、コートはどうしても機動性に欠ける為、より迷彩効果に優れたアノラックに置き換わっていきます。


FC2 Blog Rankingに参加しています。

←ポチっと応援お願いします!

この記事へのコメント

- Date - 2021年06月01日 20:35:25

またコメント失礼します、初期の簡略化が垣間見れる一品でいいですね、とても興味深いです。血っぽい汚れなどがついているところも、wikipediaやyoutubeなどでは仕入れることができない貴重な情報です。

- Date - 2021年06月01日 20:49:31

コメントを2つに分けて申し訳ありません、質問なのですがmantelなどは兵士に支給された時裾を折られずにそのまま支給され、裾の仕上げがされていないというのは本当ですか?(俗に言う切りっぱなし)
私の持っているmantelも購入時(今でも)裾が切りっぱなしで生地がほつれてきそうなのですが、実物はどのような仕上げがされているのですか?

質問多くて本当にすいません

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2021年06月02日 08:11:31

Dateさん

再びコメントありがとうございます。兵・下士官用のマンテルに限って言えば、裾は切りっぱなしなのが標準のようです。

- 何時も見てます - 2021年06月10日 20:46:19

あの真ん中の兵士が着ているのは、初めて見ました
靴は山岳部隊用でしょうか?

Re: タイトルなし - エーデルマン - 2021年06月13日 13:25:50

何時も見てます さん

真ん中の兵士が着ているのはイタリア迷彩生地で作られた服ですね。イタリア迷彩は迷彩効果に優れていた為、ドイツ軍に摂取されてジャケットやズボン、帽子、ヘルメットカバーなどありとあらゆるものに使われました。なお、イタリア迷彩生地を使ったツェルトバーンはこちら。
http://gerhard03.blog61.fc2.com/blog-entry-219.html

あ、確かに靴は山岳靴ですねー教えてもらうまで気づきませんでした。

トラックバック

URL :

Profile

エーデルマン

Author:エーデルマン
脳内の99%をドイツ軍が占めている、そんなアラフィフ親父です。
注)当時のドイツ軍の装備・生活用品に興味がありますが、特定の団体・思想を支持するものではありません。

↓管理人へのMailはこちらからどうぞ↓

Category
検索フォーム
FC2 Counter
Comments
Archive
Links
エーデルマンの参考文献
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
Ss-brigadefuhrer Und Generalmajor Der Waffen-ss Theodor "Teddy" Wisch
個人秘蔵の未公開写真が満載でLSSAHファンは必読の書。著者は友人

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちI

著者は日本有数のコレクター。ヴィーキング師団隊員の生き生きした表情が印象的

第5SS装甲師団「ヴィーキング」写真集 大平原の海賊たちII


SSの軍装―UNIFORMS OF THE SS 1938‐1945

SSの軍装のすべてがこの一冊に

WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
WWII ドイツ軍兵器集 〈火器/軍装編〉 (1980年) ワイルドムック
長年教科書だった本。小宮氏の「ドイツ軍の全貌」の解説がすごい

最強の狙撃手
最強の狙撃手
ドイツ軍No.2スナイパーの回顧録。狙撃シーンもすごいが、当時の兵士の生活も垣間見れる一冊

第2次大戦ドイツ軍装ガイド
第2次大戦ドイツ軍装ガイド
鮮明な写真による軍装品説明はブログ写真撮影の参考にしています

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで
軍装品のカタログとも言えるボリュームは圧巻。実は密かに打倒を狙っていたり・・・

第2次大戦ドイツの自動火器
第2次大戦ドイツの自動火器
実物のFG42実射レポートを読めるのはこの本だけ

“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
“グロースドイッチュランド”師団写真史―東部戦線におけるGD機甲擲弾兵師団1942‐1944
ドイツ国防軍好きなら買って損はなし

図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
図説ドイツ軍用銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ Modern Warfare MW)
ドイツの軍用銃の専門書でビジュアル的に見ていて楽しい

ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツの小銃拳銃機関銃―歩兵兵器の徹底研究 (光人社NF文庫)
ドイツ軍用銃のバイブル的な書。ドイツ軍スナイパートップ3への一問一答が興味深い

Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
Feldbluse: The German Soldier's Field Tunic, 1933-45
M33からM44までドイツ陸軍の野戦服を網羅。特にM36以前の野戦服は必見

Rations of the German Wehrmacht in World War II
Rations of the German Wehrmacht in World War II
とにかく当時のドイツ兵が食べていた糧食にこだわった一冊

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解
迫撃砲はどうやって砲弾を飛ばすのか?小銃擲弾は?ほかにも大砲や爆弾のしくみを源文マンガでわかりやすく解説

グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
グラフィックアクション GRAPHIC ACTION 1993年 No.17
このシリーズは市場で見つけたら買うべし

ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)
WSS専門だけど全部実物!

鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈上〉 (新潮文庫)
映画「スターリングラード」の原作本的な内容だが100倍面白い

鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)
鼠たちの戦争〈下〉 (新潮文庫)


スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
スターリングラード 運命の攻囲戦 1942-1943 (朝日文庫)
塹壕から故郷へ送った兵士の手紙が興味深い「クリスマスはドイツ風に」の章は涙なくしては読めません

ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ケルベロス 鋼鉄の猟犬 (幻冬舎文庫)
ヒトラーが暗殺された後の撤退戦を描いた架空小説。小道具にこだわるところがマニアっぽい

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート (大日本絵画)

ナルヴァ戦線で活躍したオットー・カリウスの自伝を宮崎駿監督が漫画化。「ティーガー薬局」を営むカリウスを訪問しインタビューという企画が素晴らしい

Flag Counter